坂本花織のニュース

グランプリファイナル開幕!ジュニア女子は好調の坂本花織に優勝のチャンスが!

Walkerplus / 2016年12月08日20時13分

坂本花織は好調!優勝への期待が高まる! 今季絶好調なのが坂本花織。朝の公式練習では動きが重たいことが多いのだが、今朝の公式練習ではいつになく好調な仕上がりを感じさせる出来栄えだった。3フリップ+3トウループの安定感は試合を重ねるごとに増している。優勝候補筆頭といわれるツルスカヤが欠場した今大会、優勝の可能性も十分だ。 ■ ジャンプに苦労した紀平梨花。 [全文を読む]

フィギュアスケート・近畿ブロック大会レポート1 【ノービスA男子、ノービスA女子】

Walkerplus / 2016年10月22日18時33分

ジュニアグランプリにおいてトリプルアクセルを成功させた紀平梨花の帰国後初戦であり、また本田真凜、坂本花織、岩元こころといった強豪が一堂に会する機会となり、ブロック大会にもかかわらず多数のメディアが取材に詰めかけたほどだ。シニアではグランプリシリーズ出場を控えた三原舞依が出場。その他、本田4兄妹が全員揃って出場したことなど話題に事欠かず、今季の6つのブロック [全文を読む]

フィギュアスケート・近畿ブロック大会レポート4 【ジュニア女子・後編】

Walkerplus / 2016年10月28日18時21分

■ 全日本ジュニア、ファイナルに向けてこれから急ピッチで仕上げる、坂本花織JGP日本大会で優勝を果たした坂本花織。しかしその後、調子が上がらずにいたようだ。「今日はそれなりの演技が出来たので良かったです。リンクが小さくて、いつも通るコースよりも内に行かなければいけなかったので怖かったです」ショートプログラムではステップでつまづく場面があり、リンクの影響かと [全文を読む]

浅田真央の後継者たち――本田真凜ら期待の10代はロシア勢に対抗できるか?

週プレNEWS / 2017年04月12日19時00分

他にも、全日本ジュニアを初制覇した坂本花織(17歳)はジュニアグランプリファイナルで3位入賞。世界ジュニアでは「ファイナルではロシア勢との差の大きさを実感して悔しかった」という思いをバネにして自己最高得点を獲得し、ザギトワと本田に次ぐ3位に食い込んだ。 春先の骨折で出遅れた上に腰痛を抱えていた白岩優奈(15歳)も世界ジュニアで前年4位に次いで5位になり、 [全文を読む]

まさにシンデレラ・ストーリー!世界選手権は三原舞依に注目! 【前編】

Walkerplus / 2017年03月29日02時49分

ノービスAの最終年に全日本ノービスで表彰台に乗ることはできたが、その頃は樋口新葉、そしてチームメイトの坂本花織の評価が高く、三原舞依への注目度はそれほど高いものではなかった。そんな彼女が初めてスポットライトを浴びたのは2014年、全国中学校大会。下馬評を覆し、樋口、坂本を破って優勝を果たした時だった。この時すでに、現在の彼女にも通ずる試合巧者振りが現れてい [全文を読む]

本田真凜、世界ジュニアでの自己ベスト更新はあの外国人男子選手の影響?

アサジョ / 2017年03月22日14時35分

「1位のザギトワ選手が208.60点、本田選手が201.61点、そして3位の坂本花織選手が195.54点でしたが、ザギトワ選手の点は世界ジュニアの歴代最高得点ですから、本田選手の自己ベスト更新、しかも自身初の200点超えの銀メダルは十分快挙に値する成績です」(スポーツライター) 本田選手の成長ぶりは、解説の佐野稔氏も指摘しており、全日本の時よりステップが格 [全文を読む]

実力は本物! 可愛すぎるフィギュア女子・本田真凜は平昌五輪の金メダルを狙う

週プレNEWS / 2017年03月22日06時00分

GPファイナル進出が危うくなったが、開き直ったフリーで1位の得点を出し、合計では坂本花織に破れたものの2位に食い込んだ。その2週間後のリュブリャナ杯ではまたしてもSPでミスをしながらもフリーで2位に上げて、なんとかファイナル進出を果たした。 続く初制覇を狙った全日本ジュニアではフリーでミスを連発して3位。その時点で世界ジュニア出場権を獲得できなかった。さら [全文を読む]

フィギュア「世界ジュニア選手権」で本田真凜の前に立ちはだかるのは?

アサジョ / 2017年03月17日10時14分

女子は日本から本田真凜、坂本花織、白岩優奈の3選手が出場している。「全日本選手権4位の本田選手が優勝候補ですが、全日本選手権で手袋を落とすという事態がありSPが17位だったものの、FSの健闘で6位に順位を上げた白岩選手も、全日本ジュニアで優勝し、全日本7位の坂本選手も表彰台狙いです。日本の表彰台独占も夢ではありません」(スポーツライター) しかし、他国のジ [全文を読む]

本田真凜、大舞台でインフルエンザ棄権、全日本選手権でリベンジなるか!?

アサジョ / 2016年12月16日10時14分

本田真凜選手、坂本花織選手、紀平梨花選手の3人が日本から参加したのだが、本田選手が試合前にインフルエンザにかかり無念の棄権となった。「男子は残念ながら今大会は出場できませんでしたが、女子は3人がエントリー。誰もが表彰台のチャンスがあると注目が集まり、テレビ放映もされるなど盛り上がっていただけに、残念でしたね」(スポーツライター) 大会は坂本選手が3位を獲得 [全文を読む]

男キム・ヨナと称される14歳 羽生結弦とは全く違うオーラ

NEWSポストセブン / 2016年09月14日16時00分

9月7日~11日にかけては第3戦となる日本大会(横浜)が開催され、女子では昨季のジュニアチャンピオン、本田真凛(15)が出場したこともあり、大きな注目を集めた(結果は坂本花織(16)が初優勝、本田は2位、13歳の山下真瑚が3位)。一方男子では、世界が注目するスケーターが鮮烈なデビューを飾った。「韓国フィギュアの未来」といわれるチャ・ジュンファン(14)が4 [全文を読む]

フォーカス