椿三十郎のニュース

加山雄三の限りない好奇心 油絵、陶芸、書道、ゲームまで

NEWSポストセブン / 2016年10月28日07時00分

上原謙と小桜葉子の俳優夫婦の間に生まれた加山雄三(79)は、「若大将」シリーズをはじめ、黒澤明監督の『椿三十郎』『赤ひげ』に出演するなど、若くして銀幕のスターとなった。しかし、近年「俳優・加山雄三」を見かけることがない。 「僕は、人生そのものを演じていると思って生きてきました。今、自分の人生を演じるためにメインにしているのは、大好きな音楽であり、絵を描くこ [全文を読む]

加山雄三の心に今も刻まれている黒澤明監督の言葉

NEWSポストセブン / 2016年10月04日16時00分

* * * 黒澤監督に初めてお会いしたのは映画『椿三十郎』(1962年)でした。「とても怖い人だ」と聞いていたので、25歳と若手だった僕は緊張していたんですが、監督はこう言いました。 「お前は白紙でいいからな」 どういうことなのか、僕なりに色々と考えましたが、初めは分からなかった。だが、撮影が進むうちに「白紙の僕に監督が自由に絵を描く」ということだと分か [全文を読む]

「影武者」4Kデジタルリマスター版上映 仲代達矢、秘話披露「3日間ストライキあった」

映画.com / 2017年06月08日18時45分

当初、勝新太郎主演で撮影が進んでいたが、演出をめぐる行き違いから降板し、「用心棒」「椿三十郎」「天国と地獄」に出演した仲代が代役を務めた。 仲代は「年齢のことを言うのはなんですが、84歳になりました。当時は46歳でした。若かったですね。黒澤さんの映画において、役者はアスリートです。なぜかスタントはいないので、救急車が待機していました。川を流されるシーンがあ [全文を読む]

岡田准一&西島秀俊、初共演は“新しい時代劇” 激しいアクションも披露

モデルプレス / 2017年05月24日10時37分

木村さんは、黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』 『用心棒』『椿三十郎』に撮影助手として当時の現場を体験されています。『蜩ノ記』でご一緒した岡田准一さんということで縁を感じました。素敵なめぐり合わせで、この作品は生まれます。誰よりも早く『散り椿』の完成を心待ちにしております。 ■岡田准一コメント 木村大作監督が77歳という年齢になって最高傑作を撮りたい。しかも [全文を読む]

岡田准一VS西島秀俊、初共演!木村大作監督3作目は“美しい”時代劇「散り椿」

映画.com / 2017年05月24日05時00分

黒澤明監督作「隠し砦の三悪人」の撮影助手からキャリアをスタートさせ、「用心棒」「椿三十郎」と黒澤監督に従事してきた木村監督が、満を持して時代劇に初挑戦する。脚本は、「影武者」「乱」「夢」「まあだだよ」など黒澤監督のもとで長年にわたり助監督を務め上げ、監督デビュー作「雨あがる」以降、「阿弥陀堂だより」「蜩ノ記」など良作を手がけてきた小泉堯史が担当。“世界のク [全文を読む]

「本来、葬式はめでたいもんだよ」(黒澤明)【漱石と明治人のことば120】

サライ.jp / 2017年04月30日06時00分

他にも『七人の侍』『赤ひげ』『椿三十郎』『影武者』など、多くの名作を撮った。 掲出のことばは、その黒澤が晩年に製作した映画『夢』(平成2年)の第8話「水車のある村」の中で、笠智衆演じる老人に言わせた台詞。そこには、黒澤自身の死生観が反映しているのだろう。 劇中、老人はこんな台詞も口にする。 「私達はできるだけ昔の様に、自然の暮らし方をしたいと思っているんだ [全文を読む]

加山雄三 健康な肉体と若さを維持する秘訣は?

NEWSポストセブン / 2016年10月29日16時00分

1962年、黒澤明監督『椿三十郎』、1965年同『赤ひげ』に出演。同年リリースの『君といつまでも』がレコード大賞特別賞を受賞。2014年に結成したTHE King ALL STARSでフジロックフェスティバルに出演。今年、画業20周年を迎えた。「画業20周年記念 加山雄三アートの世界展」が10月27~30日/大丸心斎橋店北館14階イベントホール、11月23 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「草刈正雄」(4)今の草刈さんなら三船敏郎も狙える

アサ芸プラス / 2016年10月23日17時57分

椿三十郎」「用心棒」「赤ひげ」みたいな、カッコいい野武士的な役が。草刈 それは、うれしい言葉ですね。テリー これからが、草刈さんの全盛期になっていくんじゃないですか? まあ、私生活は変わらずダメだと思いますけどね(笑)。草刈 アハハハハハ、ありがとうございます。◆テリーからひと言「真田丸」で開花した、草刈さんの新しい魅力、本当にすばらしいね。ぜひ、黒澤明 [全文を読む]

柏木由紀をバックハグしたイケメン俳優に注目集まる

モデルプレス / 2016年04月21日18時28分

2005年に「第1回アミューズ王子様オーディション」で応募者約5000人の中から準グランプリを受賞し、2007年に映画『椿三十郎』でデビュー。代表作にテレビ朝日系「仮面ライダーディケイド」(2009)の海東大樹/仮面ライダーディエンド役、日本テレビ系「ごくせん」(2008)、ほか映画や舞台に多数出演している。 柏木と刺激的なラブストーリーを演じた戸谷は放送 [全文を読む]

TERRA BATTLE、250万ダウンロードを達成。3/31(木)に加山雄三氏による背景画をゲーム内に追加!

PR TIMES / 2016年03月30日12時00分

黒澤明監督の『椿三十郎』『赤ひげ』にも出演。歌手としては'65年に「君といつまでも」が大ヒット。以後も『お嫁においで』など数々のヒット曲を世に送り出す。幼少より作曲を始め、弾厚作のペンネームで、ロック・ポップスからクラシックまで幅広いジャンルの楽曲を創作し続けている。芸能生活45周年においてはニューヨーク・カーネギーホールでのコンサート、また50周年には東 [全文を読む]

フォーカス