内藤廣のニュース

Architect's magazine [アーキテクツマガジン] vol.12 発刊 建築家 内藤 廣氏を特集

PR TIMES / 2015年12月02日09時54分

本号では、「海の博物館」を皮切りに「安曇野ちひろ美術館」など話題性の高い公共建築物を生み出してきた内藤廣氏の軌跡を辿ったインタビュー記事の他、旬の若手建築家を取り上げる『新進気鋭』のコーナーでは、育児と仕事を両立させながら、時代の変化に流されない不変の建築物を追い求める永山祐子氏と、“場所からのデザイン”を重視し顧客の想像を超える提案と新しいモノサシを提 [全文を読む]

ミキモト銀座4丁目本店がグランドオープン、プレスプレビューに滝沢眞規子や蛯原友里ら豪華ゲストが来場

FASHION HEADLINE / 2017年05月31日19時30分

外観は国内外で活躍する建築家の内藤廣が手掛け、約4万個のガラスビーズを使用したファサードデザインが特徴となっている。銀座の新しいランドマークとして機能する同店内では、グランドオープンを記念して新たに発売するコレクション「Praise to Nature」を始め、ハイジュエリーや上質なデイリージュエリー、ブライダルジュエリーなど、多彩なアイテムがラインアップ [全文を読む]

「世界一美しいスタバ」も近所!立山一望の富山県美術館が楽しすぎる

TABIZINE / 2017年04月16日12時00分

設計を担当した内藤廣さんも、環水公園を前庭にするような感覚で設計したのだとか。 公園に面した建物の一面を丸ごと直線に切り落とし、全面ガラス張りのデザインにしています。館内からは環水公園はもちろん、その向こう側にそびえる立山連峰の山並みまで、大パノラマで楽しめるデザインになっています。 富山県の西部には雨晴(あまはらし)と言って、富山湾越しに3,000m級 [全文を読む]

shibuya1000_009 シンポジウム「シブヤ広場合戦」3/14(火)開催!

PR TIMES / 2017年02月06日09時16分

■イベント概要名 称:shibuya1000_009「シブヤ広場合戦」――渋谷について語りあう2時間http://www.shibuya1000.jp日 時:2017年3月14日(火)[第1部] 18:00~20:00(シンポジウム/17:30 開場・受付開始)[第2部] 20:00~21:00(交流会)場 所:渋谷ヒカリエ8F 8/COURT〒150-8 [全文を読む]

個性あふれる幻想的なアート作品大集合。芸術の祭典「茨城県北芸術祭」開催中

TABIZINE / 2016年11月09日18時00分

内藤廣氏設計だそうです。 岡倉天心や横山大観をはじめとする五浦の作家たちの功績を顕彰するとともに、その優れた作品を展示するために開館したのだそう。 まるで太平洋と一体化したような大きなガラスが圧巻な美術館。 太平洋を見渡せるカフェも併設。となるとやっぱりビールでしょ!? 太平洋にかんぱぁ~い!!! 「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」とは [全文を読む]

アートとデザインをつなぐ、来夏開館の富山県美術館。永井一正氏デザインによるロゴマーク・ロゴタイプが決定!10/8(土)-9(日)にPRイベント「ART PICNIC!」開催。

PR TIMES / 2016年10月03日17時17分

建築家内藤廣が設計を担当、「ART PICNIC!」では建築中の現場見学会も実施ピカソ、ミロ、ウォーホール、草間彌生など、20世紀から今日までを代表する有数のアートコレクションを誇る富山県立近代美術館。アートとデザインという2つのコンセプトを融合し、2017年8月に「富山県美術館」として移転リニューアルオープンするのに伴い、このたび新しいロゴマーク及びロゴ [全文を読む]

オランダ人職人が作る和紙 隈研吾氏設計の建築物にも採用

NEWSポストセブン / 2016年10月02日07時00分

小学校で和紙作りの指導もしていて、小学生たちは卒業証書も自分で作るんですよ」 ロギールさんの和紙は、建築家の隈研吾氏や内藤廣氏が設計した建築物の壁紙などにも採用されている。近年、和紙作りを学びに世界各地から工房を訪れる外国人も増えており、時代や国境を超えて人々を魅了する和紙の可能性に確かな手ごたえを感じている。 ■撮影/藤岡雅樹 ※週刊ポスト2016年10 [全文を読む]

shibuya1000_008 シンポジウム「シブヤ上下合戦」3/18(金)開催!

PR TIMES / 2016年02月19日16時16分

■イベント概要名 称:shibuya1000_008「シブヤ上下合戦」――渋谷について語りあう2時間http://www.shibuya1000.jp日 時:2016年3月18日(金)[第1部] 19:00~21:00(シンポジウム/18:30 開場・受付開始)[第2部] 21:00~22:00(交流会)場 所:イベント&コミュニティスペース「dots.( [全文を読む]

デザインと社会を繋ぐコミュニケーションの場「GOOD DESIGN Marunouchi」が丸の内にオープン

FASHION HEADLINE / 2015年10月12日12時00分

同スペースのディレクターには建築家の内藤廣、アートディレクターの廣村正彰、デザインジャーナリストの藤崎圭一郎が就任した。スペース開設後は2015年度のグッドデザイン賞の受賞デザインを2016年春にかけて順次紹介していく展示企画を予定している。 [全文を読む]

【富山】ツウだけが知っている川のほとりの隠れ家アートホテル

TABIZINE / 2015年07月19日13時00分

館内のデザインは数々の賞を受賞した建築家・内藤廣氏によるもので、館内には約300種類のアート作品が飾られており、どれも見応え十分。部屋の数は全部で25あり、全てが異なるデザイン。宿泊者が毎回滞在するごとに違った楽しみを与えてくれるのも大きな特徴の一つとなっています。 (C) facebook/リバーリトリート雅樂倶 (C) facebook/リバーリトリ [全文を読む]

新国立競技場を大迷走させた“悪いやつら”総直撃

WEB女性自身 / 2015年07月16日06時00分

いま検討されている建設費については、現在はお話しする立場にありません」 一方、審査員の1人であり、ザハ氏に1票を投じた建築家の内藤廣氏。長く沈黙を守ってきたが、8日放送の『クローズアップ現代』(NHK)で「もう少し時間が欲しかった」と拙速を認めた。しかし本誌には「会議などが続いていて、取材には対応しかねます」 500億円の負担を求められている舛添要一東京都 [全文を読む]

国内屈指のスモール・ラグジュアリー・ホテル『リバーリトリート雅樂倶』と マネジメント契約を締結

PR TIMES / 2014年10月10日13時17分

日本を代表する建築家・内藤廣氏の設計によるデザイン性に富んだ建築、客室は100m2 を超えるスイート中心、天然温泉の大浴場、充実したスパ施設などが特徴です。敷地内随所に配した現代アートをはじめとする美術品も見どころです。 来年3月の北陸新幹線開通により、全国各地からのアクセスが画期的に向上する富山。これまで以上に多くのお客様にお越し頂けるものと期待しており [全文を読む]

ミキモト銀座本店がリニューアル。2017年春グランドオープン

FASHION HEADLINE / 2014年05月31日19時00分

ファサードデザインを担当するのは、東京大学名誉教授の建築家・内藤廣。「世界のどこにもない、道行く人が思わず心奪われる美しいファサードを生み出したい。表現したいのは“春の輝き”」と内藤氏はコメント。ブランドのラグジュアリー感を保ちつつ、街並みに溶け込みながらも存在感を放つ銀座のランドマークを目指す。 ミキモトは1899年に日本初の真珠専門店として銀座に本店 [全文を読む]

shibuya1000_005『変わりゆく渋谷』開催!

@Press / 2013年03月01日17時30分

会場・時間:<メイン会場> ・渋谷駅地下コンコース 始発時刻~終電時刻 ・渋谷ヒカリエ アーバンコア 10:00~21:00 <期間限定サテライト会場> ・渋谷エクセルホテル東急 5階 11:00~19:00 ・渋谷パルコpart1-3 連絡ブリッジ 10:00~21:00(3月9日~19日のみ開催) ・東急プラザ渋谷1階 9:00~21:00 (3月9日 [全文を読む]

フォーカス