佐々木洋のニュース


年忘れ「にっぽんのプロ野球」覆面スクープ座談会(4)日ハム・大谷翔平のメジャー挑戦は…

アサ芸プラス / 2017年01月04日09時56分

D 入団当時は「メジャー志向は花巻東高校の佐々木洋監督(41)が裏で糸を引いている」なんて噂が流れたけど、最近、大谷に接触しようとしているメジャー関係者が妙なことを言っているんだよ。「入団時に父親が球団から5億~6億円もらっていた」って。当時、悪者扱いされた佐々木監督には球団が正式に謝罪して、結果的に、大谷のお目付け役として、佐々木監督の国士舘大学の後輩で [全文を読む]

「大谷翔平」メジャー容認で早くも「ニセ代理人」が登場

WEB女性自身 / 2016年12月15日06時00分

「そもそも入団前の大谷は、いわれているほどメジャー志向があったわけではなく、むしろ教え子を世界へという思いは、花巻東高の佐々木洋監督のほうが強かったのです」 前出の日ハムOBは、「メジャー容認は、球団側から切り出した」と証言する。 「上限額への思惑はもちろんあるが、ダルのときの教訓が大きい。彼は2010年オフに、メジャー行きを直訴したが、突然すぎて補強プ [全文を読む]

紫外線から目を守れ! ブロッコリーやかぼちゃがオススメ

NEWSポストセブン / 2016年09月07日16時00分

金沢医科大学眼科学教授の佐々木洋さんは「瞼裂斑は小学校3年生くらいから出始める場合もある」と言う。「ただ、子供にサングラスは現実的ではないので、UVカットレンズのついためがねがいいでしょう。サングラスと違って横から少し紫外線が入りますが、レンズ自体の効果は同じです。めがねの機能は視力調整だけではありません。紫外線から目を守る道具として使いましょう。コンタク [全文を読む]

紫外線による目の病で白内障リスクも

NEWSポストセブン / 2016年09月06日07時00分

「紫外線による目の病気は、大きく分けて急性障害と慢性障害の2種類がある」と言うのは金沢医科大学眼科学教授の佐々木洋さん。「急性障害は肌の日焼けで、皮膚の皮がむけて痛くなるのと同じです。強い日差しにあたると充血したり、紫外線角膜炎といって、目の表面がむけて“びらん”ができて強い痛みを伴います」(佐々木さん) こういった日焼けを繰り返していると、慢性的な障害に [全文を読む]

喫茶店らしいレトロな味わいの「ナポリタン」

ぐるなび / 2016年05月16日14時10分

5月13日放送の「なるほどストリート」(テレビ東京系、午後17時20分~)では、東京の吉祥寺通りを各界の専門家と一緒に巡りながら気づきにくい情報を教えてもらうコーナーで、お笑いコンビの塙宣之(ナイツ)さんと土屋伸之(ナイツ)さん、教育の専門家である松永暢史さん、生活経済ジャーナリストの柏木理佳さん、動物の専門家として活動している佐々木洋さんが「カヤシマ」( [全文を読む]

岩手・花巻東高校野球部の伝統行事に長島三奈が涙…

Smartザテレビジョン / 2015年07月08日10時00分

そして、メンバー外の3年生はそれぞれのポジションからバッターボックスに立つ恩師の佐々木洋監督へ向けて、涙ながらに、監督やチーム、仲間たちへの思いを大声で叫ぶ。 その声を聞いた佐々木監督は選手一人一人に対して、1球だけノックを打つ。外野から順番に最後のキャッチャー全員が終わるまで、このノックは続けられる。 その後、監督が選手に言葉を掛け、最後に全員で校歌を [全文を読む]

尾野真千子が偏屈な昆虫博士役で主演

Smartザテレビジョン / 2014年12月23日08時00分

また、主人公が生き物の進化の過程を想像するシーンを、映像作家・加藤隆のアニメーションで表現するほか、自然案内の専門家である“プロ・ナチュラリスト”佐々木洋氏が昆虫監修を引き受けている。さらに、サニーデイ・サービスの曽我部恵一が音楽を担当し、温かな世界観を作り上げる。曽我部は「誰もが経験する“大人への階段における物語”だと思います。特別な青春物語になるよう、 [全文を読む]

洗濯物干しで白内障に!? 怠たると危険な「目の紫外線対策」とは

WooRis / 2014年05月22日17時00分

そこで今回は、金沢医科大学眼科学教授の佐々木洋先生を講師に迎えたジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニーのセミナー「紫外線が眼に与える影響と対策」の情報を参考に、日常生活に潜む目の紫外線被ばくのリスクと対策法をご紹介します。 ■無防備な洗濯物干しは“白内障”や“結膜充血”の恐れも 洗濯物干しや買い物、通勤など日常的な活動の中で、お肌の紫外線 [全文を読む]

眼疾患のリスクも!子どもの紫外線対策は大人より重要だった

WooRis / 2014年05月18日17時00分

というのも、ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニーが、金沢医科大学眼科学教授の佐々木洋先生を講師に迎えたセミナー「紫外線が眼に与える影響と対策」の記録によると、「子どもが18歳になる前に、一生の間に受ける紫外線曝露の50%を受ける可能性がある」そうなのです。では、なぜ子どもだけがそんなに影響を受けてしまうのでしょうか? 今回は、セミナーの記 [全文を読む]

怠るとリスク増大!「女性の3割しか意識しない」アノ部分の紫外線対策

WooRis / 2014年05月03日17時00分

そこで今回は、ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニーが、金沢医科大学眼科学教授の佐々木洋先生を講師に迎えて実施したセミナー「紫外線が眼に与える影響と対策」の記録を参考に、眼の紫外線対策を怠ると生じる危険性と、紫外線から目を守る具体的な対処法をご紹介します。 ■“眼”の紫外線対策を怠ることの危険性 ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケ [全文を読む]

TM NETWORK、ハウス食品「オー・ザック」とコラボ&30周年記念オリジナルグッズ完成!

okmusic UP's / 2014年04月18日18時30分

更に、1988年にリリースされ今や名盤として語られているアルバム『CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991~」のイラストを担当し、社会現象アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を制作したGAINAXのアニメーター佐々木洋氏描き下ろしの「TM NETWORK×GAINAX」 のTシャツ、トートバッグ、タオルが販売されるなど、ファンにはた [全文を読む]

大谷翔平、日ハム入団に「恨み節」が大爆発

アサ芸プラス / 2012年12月21日09時54分

日本ハム入団に傾きかけてきた段階で、花巻東の佐々木洋監督(37)に確認の電話を入れていたようですが、『交渉に関しては関知していないのでわからない』の一点張りでラチが明かなかった。高校生本人に詰め寄るわけにもいかず、関係者に『あれだけ言ってまさか日本ハムに行かないよな』と脅しのような電話もあったと聞くが、後の祭りでした」(球界関係者) 10月25日のドラフト [全文を読む]

菅野、大谷、藤波、東浜、ドラフト会議を裏中継!

アサ芸プラス / 2012年11月01日10時57分

「栗山英樹監督(51)はキャスター時代に大谷をインタビューし、佐々木洋監督とも懇意にしていた。中田翔、吉川光夫、中村勝ら若手が育つなど、育成システムにも自信があり、ダルビッシュの例でわかるように、早い段階でのメジャーへのポスティング移籍もできる。こうした材料で口説けば、(交渉期限の)3月31日までには何とかできると思っているのです」 大谷自身は「入団の可 [全文を読む]

本当にメジャー挑戦? 花巻東・大谷の先に待つイバラ道

週プレNEWS / 2012年10月31日10時00分

雄星のときは日本のプロ入りを強く勧めた花巻東の佐々木洋監督が、今回は大谷自身に判断を任せたのが大きく影響したのでは」(田尻氏) そんななか、10月25日のドラフト会議では北海道日本ハムがドラフト1位で強行指名。来年3月31日までは日本ハムが交渉権を持つが、大谷を翻意させることは難しいとみられている。 メジャーリーグ評論家の福島良一(よしかず)氏はこう語る。 [全文を読む]

日ハムGM「大谷は現時点で投手より打者としての完成度高い」

NEWSポストセブン / 2012年10月30日16時00分

* * * 花巻東監督の佐々木洋は「しばらくは雄星(菊池雄星・現埼玉西武ライオンズ)のように怪物と呼ばれるような選手とは出会わないでしょう」と話していたが、すぐに同等以上の才能が入学し驚いていた。 入学時、佐々木と大谷が交わした目標は160キロのストレートだった。その後、目標は上方修正された。 「雄星を超えようと思っていたら雄星以上にはなれない。160キ [全文を読む]

日ハム強行指名の大谷 両親が明かすメジャー決断までの経緯

NEWSポストセブン / 2012年10月29日16時00分

それが同校監督である佐々木洋らの意見だった。 [全文を読む]

大谷翔平の両親 メジャーとの面談で育成方針の話を主に聞く

NEWSポストセブン / 2012年10月25日07時00分

その一方では、『結果が何ひとつ出ていないのに、どうしてこんなに騒がれるのでしょうか』と佐々木洋監督に不思議がっていたぐらいなんです。これからの野球人生のほうが長い。長い目で見てやってください」 甲子園の実績では、今年の春夏甲子園を連覇したライバルの大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手(18才)には遠く及ばない。しかし、大谷投手は今夏の岩手大会準決勝で、高校生として史 [全文を読む]

160キロの球投げた史上最速球児 163キロが目標だったと監督

NEWSポストセブン / 2012年07月30日16時00分

それでもスピードガンは143キロを計測し、佐々木洋監督は大事に、大きく育てようと心に秘めた。佐々木監督が内実を明かす。 「本当は160キロではなく163キロを目標にしよう、と大谷とは話していたんです。目標設定の仕方として、OBである菊池雄星(現西武)のような投手になりたいと思っていたら、雄星を超えることはできない。160キロを出したいと思っていたら、15 [全文を読む]

フォーカス