佐々木洋のニュース

一年中UVケアが必要なのは、肌より「目」でした

cafeglobe / 2017年04月24日06時45分

その場所は、目 金沢医科大学の眼科学講座教授、佐々木洋氏によると、肌と同じくらい目のUVケアもおこなったかどうかが、ものをいうのです。 「肌(頭頂部)が浴びる紫外線量は、夏と冬では約5倍の差があるのに対し、目は冬になっても夏の約半分程度の紫外線を浴びます。肌は、春から夏の10時〜14時がもっともUV対策の必要な時期ですが、目は一年中、朝から夕方まで対策が [全文を読む]

年忘れ「にっぽんのプロ野球」覆面スクープ座談会(4)日ハム・大谷翔平のメジャー挑戦は…

アサ芸プラス / 2017年01月04日09時56分

D 入団当時は「メジャー志向は花巻東高校の佐々木洋監督(41)が裏で糸を引いている」なんて噂が流れたけど、最近、大谷に接触しようとしているメジャー関係者が妙なことを言っているんだよ。「入団時に父親が球団から5億~6億円もらっていた」って。当時、悪者扱いされた佐々木監督には球団が正式に謝罪して、結果的に、大谷のお目付け役として、佐々木監督の国士舘大学の後輩で [全文を読む]

「大谷翔平」メジャー容認で早くも「ニセ代理人」が登場

WEB女性自身 / 2016年12月15日06時00分

「そもそも入団前の大谷は、いわれているほどメジャー志向があったわけではなく、むしろ教え子を世界へという思いは、花巻東高の佐々木洋監督のほうが強かったのです」 前出の日ハムOBは、「メジャー容認は、球団側から切り出した」と証言する。 「上限額への思惑はもちろんあるが、ダルのときの教訓が大きい。彼は2010年オフに、メジャー行きを直訴したが、突然すぎて補強プ [全文を読む]

武蔵野大学工学部環境システム学科の学生が、12月17日(土)に環境の祭典『じゅんぐり祭2016』を開催

Digital PR Platform / 2016年12月12日08時05分

◆じゅんぐり祭2016◆ 【開催概要】 日 時 : 2016年12月17日(土)10:00~16:00 場 所 : 武蔵野大学 有明キャンパス (江東区有明3-3-3、最寄駅:国際展示場、国際展示場正門駅) 主 催 : 武蔵野大学工学部環境システム学科 テーマ : 「楽しさのタネから地球にやさしく」 【内容】 ◇体験・展示ブース うにランプづくり、竹箸づ [全文を読む]

紫外線から目を守れ! ブロッコリーやかぼちゃがオススメ

NEWSポストセブン / 2016年09月07日16時00分

金沢医科大学眼科学教授の佐々木洋さんは「瞼裂斑は小学校3年生くらいから出始める場合もある」と言う。「ただ、子供にサングラスは現実的ではないので、UVカットレンズのついためがねがいいでしょう。サングラスと違って横から少し紫外線が入りますが、レンズ自体の効果は同じです。めがねの機能は視力調整だけではありません。紫外線から目を守る道具として使いましょう。コンタク [全文を読む]

紫外線による目の病で白内障リスクも

NEWSポストセブン / 2016年09月06日07時00分

「紫外線による目の病気は、大きく分けて急性障害と慢性障害の2種類がある」と言うのは金沢医科大学眼科学教授の佐々木洋さん。「急性障害は肌の日焼けで、皮膚の皮がむけて痛くなるのと同じです。強い日差しにあたると充血したり、紫外線角膜炎といって、目の表面がむけて“びらん”ができて強い痛みを伴います」(佐々木さん) こういった日焼けを繰り返していると、慢性的な障害に [全文を読む]

喫茶店らしいレトロな味わいの「ナポリタン」

ぐるなび / 2016年05月16日14時10分

5月13日放送の「なるほどストリート」(テレビ東京系、午後17時20分~)では、東京の吉祥寺通りを各界の専門家と一緒に巡りながら気づきにくい情報を教えてもらうコーナーで、お笑いコンビの塙宣之(ナイツ)さんと土屋伸之(ナイツ)さん、教育の専門家である松永暢史さん、生活経済ジャーナリストの柏木理佳さん、動物の専門家として活動している佐々木洋さんが「カヤシマ」( [全文を読む]

岩手・花巻東高校野球部の伝統行事に長島三奈が涙…

Smartザテレビジョン / 2015年07月08日10時00分

そして、メンバー外の3年生はそれぞれのポジションからバッターボックスに立つ恩師の佐々木洋監督へ向けて、涙ながらに、監督やチーム、仲間たちへの思いを大声で叫ぶ。 その声を聞いた佐々木監督は選手一人一人に対して、1球だけノックを打つ。外野から順番に最後のキャッチャー全員が終わるまで、このノックは続けられる。 その後、監督が選手に言葉を掛け、最後に全員で校歌を [全文を読む]

尾野真千子が偏屈な昆虫博士役で主演

Smartザテレビジョン / 2014年12月23日08時00分

また、主人公が生き物の進化の過程を想像するシーンを、映像作家・加藤隆のアニメーションで表現するほか、自然案内の専門家である“プロ・ナチュラリスト”佐々木洋氏が昆虫監修を引き受けている。さらに、サニーデイ・サービスの曽我部恵一が音楽を担当し、温かな世界観を作り上げる。曽我部は「誰もが経験する“大人への階段における物語”だと思います。特別な青春物語になるよう、 [全文を読む]

洗濯物干しで白内障に!? 怠たると危険な「目の紫外線対策」とは

WooRis / 2014年05月22日17時00分

そこで今回は、金沢医科大学眼科学教授の佐々木洋先生を講師に迎えたジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニーのセミナー「紫外線が眼に与える影響と対策」の情報を参考に、日常生活に潜む目の紫外線被ばくのリスクと対策法をご紹介します。 ■無防備な洗濯物干しは“白内障”や“結膜充血”の恐れも 洗濯物干しや買い物、通勤など日常的な活動の中で、お肌の紫外線 [全文を読む]

フォーカス