大場翔太のニュース

2014ドラフト決定、豊作年とは無関係? 歴代“重複指名”ランキング

週プレNEWS / 2014年10月25日06時00分

6球団になると、79年の岡田彰布、85年の清原和博と大物が並び、近年では07年の大場翔太、超高校級の逸材といわれた09年の菊池雄星、10年の大石達也がいる。5球団が集中した5人中4人は高校生だ。 表にはないが、4球団の指名重複においても、田中将大(駒大苫小牧高)、ハンカチ王子の斎藤佑樹(早稲田大)、寺原隼人(日南学園高)、中田翔、藤浪晋太郎の大阪桐蔭高コン [全文を読む]

交流戦で今年も「パ・リーグ」が圧倒的なワケ なぜ、「セ・リーグ」野球は差を付けられたのか

東洋経済オンライン / 2017年06月07日18時10分

大学・社会人と高校生のドラフトが別々に行われた2007年は、大学・社会人で6球団が競合した大場翔太(東洋大)をソフトバンク、5球団が指名した長谷部康平(愛工大)を楽天が獲得。高校生は4球団が競合した中田翔(大阪桐蔭)を日本ハム、2球団がかぶった唐川侑己(成田高)をロッテが獲り、セは5球団競合の佐藤由規(仙台育英)をヤクルトが引き当てて一矢を報いるのがやっと [全文を読む]

【プロ野球】大場翔太が競輪転向!? バンクで輝く元プロ野球“競輪選手”たちをまとめてみた!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月14日17時05分

2007年に大学生・社会人ドラフトで6球団が競合し、ソフトバンクと中日を渡り歩いた大場翔太が昨秋、戦力外になったことを受け、競輪界挑戦の決意を明らかにした。 これまでもプロ野球界から競輪界へは多くの選手が転身を果たしている。競輪界の元プロ野球選手をまとめてみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■「現役競輪選手」の元プロ野 [全文を読む]

【プロ野球】V奪回の使者となるか!? 今ドラフトの目玉・田中正義(創価大)がホークスにやって来るぞ!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月27日17時05分

「(王貞治)会長は6分の1を引き当てたことがある」と工藤監督は話したが、6球団競合の末に王球団会長が交渉権を引き当てたのは大場翔太。2007年のことだ。 2008年3月、大場はデビュー戦で完封勝利と華々しいスタートを切るも、その後は8年間で15勝どまり。 2016年には中日に移籍。心機一転、巻き返しを図ったが、1年で自由契約になってしまった。複数球団競合 [全文を読む]

スカウトの眼力はホンモノか? 過去20年間のプロ野球ドラフト1位競合選手を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2015年10月29日11時30分

【2007年・高】佐藤由規(仙台育英高・投手) ○ヤクルト ×楽天、巨人、中日、横浜 【2007年・大社】大場翔太(東洋大・投手) ○ソフトバンク ×日本ハム、オリックス、巨人、阪神、横浜 【2007年・大社】長谷部康平(愛知工業大・投手) ○楽天 ×西武、ロッテ、広島、中日 【2009年】菊池雄星(花巻東高・投手) ○西武 ×日本ハム、楽天、ヤクルト、 [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 最終回 新垣渚と秋山幸二の「捲土重来」(1)

アサ芸プラス / 2012年09月21日10時59分

大隣、岩いわ嵜さき翔(22)、大場翔太(27)の若手の3人に加えて、勝利の味を知っているベテランが必ず復活してくれると思うよ」 秋山には今シーズン、新垣の復活について勝算があったのだろう。 秋山の期待が如実に表れていたのは、開幕カードでの新垣の起用だった。第3戦、しかも地元でのオリックス戦でいきなり先発させたのだ。 その大胆とも言える采配に、近鉄、横浜で優 [全文を読む]

SB和田・杉内の穴埋めに名乗り 3年目川原は球界最速左腕

NEWSポストセブン / 2012年01月24日16時00分

昨季も14勝を挙げた攝津正に岩嵜翔、大場翔太、山田大樹、そして移籍の帆足。もう一つ空いている「椅子」に名乗りを挙げそうなのが、今季3年目の川原弘之投手だ。 福岡大大濠高から入団、今季21歳の若武者。185cm・84kg、均整抜群の体躯から投げ下ろす速球で押しまくる投球の大型左腕。和田、杉内の将来展望を織り込み済みだったソフトバンクは、「その時」を見越して数 [全文を読む]

フォーカス