西村賢太のニュース

【新春インタビュー】芥川賞作家・西村賢太「僕は“仕方がない”から風俗に行っているんです」

週プレNEWS / 2014年01月03日16時00分

2011年、芥川賞受賞会見の際に発した名言(迷言?)、「そろそろ風俗でも行こうかな」で話題を集めた小説家・西村賢太氏。あれから3年経った今でも彼は、風俗に通い続けている。 しかし、有名になったこと、年齢を重ねたことでその習慣にも“ある変化”が生まれているそうだ。 *** ■女のコに正体がバレたら、ハードなプレイがしにくくなるでしょう? ――最近はどれくらい [全文を読む]

芥川賞作家・西村賢太が指南する「失敗しないフーゾク選び」

NEWSポストセブン / 2012年05月03日07時00分

2011年、『苦役列車』で第144回芥川賞を受賞した作家・西村賢太氏。受賞会見で「そろそろ風俗に行こうかなと思っていた」との発言がおおいに話題となり、風俗への造詣が深い人物である。そんな西村氏に「失敗しないフーゾク選び」を聞いたところ、以下のような回答をしてくれた。 「失敗しない風俗店の選び方ですか? 僕に聞かれてもねえ……。僕はもはやプロですから(笑い) [全文を読む]

ヒクソン☆高田氏 「芥川賞作家・西村賢太は、私だ」

NEWSポストセブン / 2017年01月03日16時00分

その半生と重なるというのが第144回芥川賞の『苦役列車』(西村賢太・著/新潮文庫/400円・以下価格は税抜き)だ。 「稼いだ金のほとんどを風俗と酒に使うクズ男の物語ですが、そんな自分とそっくりな男の物語が芥川賞を獲り、さらに作者の西村さんが受賞後の会見で、『そろそろ風俗に行こうかなと思っていた』と言い切った。“風俗に走るのはつまらない男だ”という世間の先入 [全文を読む]

西村賢太氏 ブスはコスプレするな騒動に「どうとも思わん」

NEWSポストセブン / 2015年11月21日07時00分

西村賢太」──本誌前号で芥川賞作家の西村氏が「ブスはコスプレするな」と発言した記事がネットで拡散し、賛否両論の大論争となったのだ。 西村氏は、日本でハロウィンが国を挙げてのコスプレイベントになっている現状について、「仮装が許されるのはかわいい子だけ」と断言。「集団の力を使ってブスな女性までが仮装するのは、厚かましいし見苦しい」「ブスな女性は、控えめに生 [全文を読む]

壇蜜と西村賢太が処世術から私生活、SMを語る。電子オリジナル「別冊文藝春秋」11月号発売!

@Press / 2015年10月20日14時00分

この号の巻頭対談は西村賢太さんと壇蜜さんという異色の顔合わせ。お互いの執筆スタイルから始まった話は、処世術や私生活、さらにはSMにまで広がる読み応え十分の対談です。 また新連載も2本。フィリピンで育てられた新日系人を通して、日本人と国籍をめぐる物語を描く橘玲さんの「フィリピーノ」。もう一作は、北海道のボクシングジムから初めて日本チャンピオンを送り出した熱 [全文を読む]

コンテンツリーグ、フジテレビ系列で毎週日曜日 夜9時に放送されている『オモクリ監督 ~O-Creator’s TV show~』のオモブイをDVD化して、本日発売。

DreamNews / 2015年09月16日12時00分

品番:ANSB-55203 価格:¥3,000 + 税 発売日:2015年9月16日発売 発売元:フジテレビ映像企画部 販売元:Contents League / アニプレックス 【収録オモブイ】 「メダル」 「エースをねらえ」 「VIP」 「アイドル」 「土下座」 「マジック」 「宿題」 「こども」 「夢芝居」 「チャンス」 「おめでとう」 「アナウン [全文を読む]

西村賢太も太鼓判! 気軽くおいしく楽しめる! 連日大盛況の人気居酒屋店

ぐるなび / 2015年03月18日15時10分

3月9日放送の「お願い!ランキング」(テレビ朝日系、毎週月~金曜深夜1時56分)では「味はさておき激安店調査隊」のコーナーで、作家の西村賢太さんとタレントの藤社優美さんが「玉金 ~たまきん~ 六本木店」(東京都港区)を訪れた。 同店は、六本木駅からほど近くにある、連日多くの人で大盛況の人気居酒屋だ。今回2人は、国産ハーブ鶏を使用した炭火焼き鳥の「串焼き盛り [全文を読む]

西村賢太イチオシ! 日替わりで15種類の料理を味わえる激安中華バイキング

ぐるなび / 2015年02月09日16時10分

1月28日放送の「お願い! ランキング」(テレビ朝日系、毎週月~金曜深夜1時56分)では「味はさておき激安店調査隊」のコーナーで、作家の西村賢太さんとタレントの藤社優美さんが「小尾羊 巣鴨店」(東京都豊島区)を訪れた。 同店は、全世界で700店以上展開する火鍋しゃぶしゃぶの専門店で、ランチタイムのみ提供される「中華料理食べ放題」(600円 税込み)が評判だ [全文を読む]

テレビと違う一面見せる西村賢太の日記文学 番組降板理由も

NEWSポストセブン / 2015年01月21日16時00分

【書籍紹介】『一私小説書きの日乗 野性の章』西村賢太/角川書店/1728円 芥川賞作家でテレビでもお馴染みの著者が、原稿を書き、大いに呑み食いする日々を綴った日記文学。「買淫」という文学的な表現で風俗通いをごく普通のこととして描いたり、嫌いな編集者を名指しで批判したりしているのは、無頼派の著者らしく痛快。 テレビ番組『ニッポン・ダンディ』を降板した納得でき [全文を読む]

銀座に1975年創業 「らーめん」1杯300円の味に西村賢太も驚き!

ぐるなび / 2014年09月25日17時10分

9月22日放送の「お願い!ランキング」(テレビ朝日系、毎週月~木曜深夜0時50分)、「味はさておき 激安店調査隊!」のコーナーで作家の西村賢太さんとアイドルの藤社優美さんが「らーめん三吉」(東京都中央区)を訪れた。 1975年創業の同店は、海外のテレビで紹介され、ドバイやシンガポール、米国など各地から観光客が訪れるという。看板メニューはメンマ、ネギ、チャー [全文を読む]

フォーカス