武田健吾のニュース

【プロ野球】奥浪、若月、武田らオリックス高卒入団選手たちに注目!

デイリーニュースオンライン / 2016年06月28日16時05分

5番サード・奥浪鏡、6番レフト・武田健吾、8番キャッチャー・若月健矢。低迷するチーム状況をなんとか変えようとしたのだろう。この3人はいずれも高卒でオリックスに入団した選手だ。これからのオリックスを背負って立つ若手選手の成長に期待したいところだが、今回は4人の若手選手を取り上げたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■奥浪鏡 [全文を読む]

開幕から1週間…今年のMVP候補は!? 交流戦の打撃成績

ベースボールキング / 2017年06月05日22時37分

◆ 野手部門<打率>1位 .556 安達了一(オリックス)2位 .500 中島宏之(オリックス)3位 .462 西川遥輝(日本ハム)4位 .458 柳田悠岐(ソフトバンク)4位 .458 ウィーラー(楽天)6位 .435 村田修一(巨人)7位 .429 ゲレーロ(中日)8位 .409 デスパイネ(ソフトバンク)9位 .389 武田健吾(オリックス)10位 [全文を読む]

江本氏、8連敗の巨人に「マシソンが頑張っていれば」

ベースボールキング / 2017年06月02日23時00分

11回に一死走者なしから今村信貴が安達に勝ち越し本塁打を許すと、西村健太朗が武田健吾にタイムリーを浴び、この回2点を失った。その裏、巨人は長野久義の一発で1点を返すのが精一杯。巨人は5-6で敗戦し、連敗が8となった。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏は「マシソンが頑張っていればなんてことはなかった」としたが、「こういうしぶといゲー [全文を読む]

ロッテ・二木が完投で3勝目 伊東監督「自信になったと思う」

ベースボールキング / 2017年05月27日20時05分

完封を逃したが、続く武田健吾を右飛に打ち取り、プロ2度目の完投勝利を挙げた。 伊東勤監督は試合後、二木のピッチングついて「球数も少ないですし、どんどん追い込んでいました。無四球でしょう。納得できます」と褒めた。「昨年あたりはこの時期ぐらいからバテていた。今年は先発の中でも安定感が増してきた。今日の登板は自信になったと思う。攻めの気持ちが良かったと思います」 [全文を読む]

オリ、サヨナラ負けで8連敗 福良監督「粘りは見せてくれたが…」

ベースボールキング / 2017年05月27日08時15分

一死後、武田健吾のヒットで一、三塁とすると、若月健矢のタイムリーで2点差。さらに二死後、西野真弘の四球で満塁とすると、小谷野栄一が2点タイムリーで同点に追いついた。 4点ビハインドを追いついたオリックスだったが、9回に登板した守護神・平野佳寿が清田にタイムリーを浴びサヨナラ負け。連敗を止めることができなかった。 福良淳一監督は「いい粘りは見せてくれたが、や [全文を読む]

ただひとりの『0.00』…好調・楽天を支える鉄腕

ベースボールキング / 2017年05月21日12時00分

開幕から10試合以上を投げて『防御率0.00』という投手は複数いたものの、ソフトバンクの守護神・サファテが5月17日のオリックス戦で武田健吾に被弾。ソロ本塁打で1点を失い、今季初の自責点がついた。 さらに19日には、広島のジャクソンがビシエドにサヨナラ2ランを被弾。そして20日には西武の牧田和久が柳田悠岐にソロを浴び、こちらも今季初の自責点を喫した。 『 [全文を読む]

巨人・宮国が一軍昇格!ソフトバンク高橋純平も 12日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月12日15時36分

<4月12日の公示情報> ※再登録=4月22日以降 ■北海道日本ハムファイターズ -登録- 67 岸里亮佑/外野手 =抹消= 2 杉谷拳士/内野手 ■福岡ソフトバンクホークス -登録- 47 高橋純平/投手 ■千葉ロッテマリーンズ -登録- 9 福浦和也/内野手 =抹消= 53 江村直也/捕手 ■オリックス・バファローズ -登録- 56 武田健吾/外野手 [全文を読む]

すごいデザインをつくるプロの発想が見えてくる! デザインのためのアイデアメモ、ラフスケッチ資料集 『デザイナーのアイデア戦略 発想を生み出すデザインのスケッチ実例集』発売

PR TIMES / 2017年03月24日12時36分

【掲載デザイナー】相澤事務所 / 赤迫 仁 / Asyl / ampersands / 池田享史 / 石黒篤史 / 居山浩二 / 岩永和也 / 印南貴行 / 上田崇史 / 上平稔人 / 宇賀神正人 / 内田喜基 / AD&D / Enlightenment / 大岩 Larry 正志 / 大澤悠大 / 大谷有紀 / 大原慎也 / 奥野正次郎 / 小野圭介 [全文を読む]

【プロ野球】糸井嘉男の穴をどう埋める? T-岡田、吉田正尚、ロメロ+α。オリックスのレギュラー争い~外野手編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月19日17時05分

武田健吾は昨年のWBSC U-23ワールドカップに出場し、ベストナインに選ばれた。打撃のよさをアピールしたい。 小田裕也は代走や守備固めでの起用が多かった。打撃での成長が求められる。杉本裕太郎は恵まれた体を生かした長打力をアピールできるかがカギ。吉田雄人は昨季、遊撃の練習もしたが1軍での出場はなし。キャンプ途中で1軍に呼ばれたので、ここでチャンスをつかむこ [全文を読む]

【プロ野球】若き侍たちが予選リーグをトップ通過! 第1回WBSC U-23ワールドカップ優勝なるか!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月07日16時05分

日本 15対3 チャイニーズ・タイペイ 1番の武田健吾(オリックス=写真)が満塁本塁打を含む4安打4打点。4番の真砂勇介(ソフトバンク)も4安打4打点と2戦目も打線が活発。7回コールドでも連勝を飾った 日本 10対2 アルゼンチン 初回に青山大紀(オリックス)が味方のエラーもあって2点を失うも、振れている日本打線が3回から7回まで毎回得点を記録。危なげな [全文を読む]

【プロ野球】間もなく開幕、WBCの前哨戦! 侍ジャパンU-23代表のメンバーと今季成績は?

デイリーニュースオンライン / 2016年10月22日16時05分

選手名の前にある番号は背番号) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■U-23侍ジャパン:投手 11/青山大紀(オリックス) 【1軍】1試合:0勝1敗/投球回4/防御率6.75 【2軍】18試合:3勝8敗/投球回91/防御率5.34 14/田嶋大樹(JR東日本) 15/勝野昌慶(三菱重工名古屋) 16/塹江敦哉(広島) 【1軍 [全文を読む]

【プロ野球】昨夏の甲子園のヒーローは今? 将来が楽しみなオリックスファームの2人の投手

デイリーニュースオンライン / 2016年09月25日17時05分

2回まに3失点してしまうが、その裏に武田健吾のホームラン、ボグセビックのタイムリー三塁打などで6対3と逆転。 吉田凌は3回から5回までしっかりと無失点に抑え、その後、味方打線のサポートもあり、12対4で初勝利を飾る。吉田凌は、自身のSNSでも初勝利の喜びを表現した。 9月20日現在のファームでの成績は以下の通り。 11試合:1勝2敗/投球回36/防御率6. [全文を読む]

【プロ野球】確変、いや覚醒か?オリックス・小島脩平”リードオフマン”としての可能性

デイリーニュースオンライン / 2016年06月13日17時06分

■レギュラーの座をつかめるか 今季、スタメンでセンターを守った選手は、ブライアン・ボグセビック、宮崎祐樹、小田裕也、駿太、武田健吾、そして小島だ。当初はボグセビックが守っていたが、打撃不振のため降格。駿太もセンターを多く守ったが、同じく打撃の調子が上がらない。そこに打撃好調の小島がはまった形だ。 今回の打撃好調の要因として小島自身が語っていることは、宮崎 [全文を読む]

フォーカス