林昌勇のニュース

日本で事故を起こしたWBC韓国代表選手、無免許発覚で韓国ネットから批判相次ぐ=「国の恥さらし」「違法賭博問題から復帰後にさっそく事故?」

Record China / 2017年02月22日11時30分

2017年2月21日、韓国・東亜日報によると、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表のベテラン選手である林昌勇(イム・チャンヨン)投手が沖縄での合宿中に車で接触事故を起こした問題で、林投手が無免許の状態だったことが明らかとなり、批判の声が相次いでいる。 韓国代表の金寅植(キム・インシク)監督は同日の会見で、「林昌勇が18日、練習を終え車で帰宅 [全文を読む]

韓国球界を代表する4投手、違法賭博に関与もあっさりマウンドに復帰=韓国ネット「大企業の本領発揮」「金と後ろ盾さえあれば住みやすい国」

Record China / 2016年04月04日17時30分

かつてヤクルトでプレーした林昌勇(イム・チャンヨン)、昨シーズンまで阪神で活躍した呉昇桓(オ・スンファン)の日本でも知られる2人のほか、韓国のサムスン・ライオンズに所属する尹盛桓(ユン・ソンファン)、安志晩(アン・ジマン)各投手だ。韓国代表チームはこの問題を受け、昨年11月の世界野球「プレミア12」に、出場選手としてエントリーしていたメンバー3人を急きょ交 [全文を読む]

ヤクルトの守護神といえば…最近10年の最多セーブを振り返る

ベースボールキング / 2017年03月01日10時00分

08年からは韓国のヘテ、サムスンでクローザーを務めた林昌勇が加入。08年からチーム最多の33セーブを挙げると、同年から4年連続でチーム最多セーブを記録した。10年には来日後、自己最多となる35セーブを挙げた。 12年は林昌勇が右肘の故障で離脱したこともあり、バーネットがチーム最多の33セーブ。同年、岩瀬仁紀(中日)とともにリーグ最多セーブのタイトルを獲得 [全文を読む]

2012プロ野球 セ・パのワーストナイン勝手に表彰式

アサ芸プラス / 2012年11月06日10時59分

それは、高額年俸をもらっている選手の義務とも言えますね」 ワーストナインの中で、最も仕事をしなかったのがヤクルトの林昌勇(イム・チャンヨン)。3億6000万円もの年俸をもらっておきながら、わずか9試合しか登板していない。本誌コラムでもおなじみの野球評論家・伊原春樹氏はこう語る。 「林昌勇は大喝ものですよ。外国人は複数年契約を結ぶと働かなくなる。西武時代のカ [全文を読む]

WBCイスラエル代表 韓国・オランダを破る大金星に驚きの声

しらべぇ / 2017年03月10日05時00分

4時間の激闘は延長戦となり、10回表に林昌勇からバーチャムのタイムリー内野安打で勝ち越す。その裏を抑えきり、イスラエルが2対1で勝利したのだ。さらに台湾戦でも打棒が爆発し、15対7と圧勝。同日韓国がオランダに完封負けを喫したため、早々に2次ラウンド進出が決まった。■モチベーションの違いが結果にでた?イスラエルの快進撃で、辛酸をなめたのが韓国と台湾だ。いずれ [全文を読む]

【侍ジャパン】過去3大会の1番打者といえば…

ベースボールキング / 2017年03月02日09時00分

そして、3-3で迎えた延長10回の第6打席で、林昌勇から決勝の2点タイムリー。最後の最後は、イチローが決めた。 【2009年】 イチロー(9試合) ◆ 第3回大会は1番を固定できず… 第1回大会、第2回大会はイチローが不動の1番を務めたが、第3回大会はイチローが代表入りしなかったため、大会通じて固定することができず、長野久義、鳥谷敬、坂本勇人、角中勝也の4 [全文を読む]

日ハム・大谷と阪神・藤浪、同級生エースの「決定的な差」

日刊大衆 / 2016年10月04日13時30分

「日本球界で、160キロを計測した投手はクルーン(横浜、巨人など=引退)、由規(ヤクルト)、林昌勇(ヤクルト、カブスなど=現在、韓国の起亜)、マシソン(巨人)、そして大谷、藤浪の6人。日本人は3人しかいません」(スポーツ紙デスク) 残念ながら由規は肩を痛めて以来、スピードが戻っていない。大谷、藤浪の2人がセ・パの日本人速球王として君臨しているわけだ。思えば [全文を読む]

横や下から投げる人も! 野球のピッチャーのフォームって、どんな違いがあるの?

マイナビ進学U17 / 2016年04月19日12時02分

例えば、元ヤクルトのクローザーとして活躍した林昌勇(イム・チャンヨン)投手はサイドスローでMAX160キロの速球を出したことで有名です。「スリークォーター」は、「4分の3」という意味で、オーバースローとサイドスローの中間の投球フォームです。ややサイド気味に肩口からボールを投げるフォームで、オーバースローと同様にスピードが出やすい上に、コントロールもつけやす [全文を読む]

パ・リーグ新外国人選手を5段階評価 166km守護神候補も

NEWSポストセブン / 2016年02月26日07時00分

【西武】 C.C.リー・29・投・インディアンス・8400万円 ★★★★ 台湾出身の右腕が変則サイドスローから投げる最速156kmのストレートは元ヤクルトの守護神・林昌勇以上と絶賛されている。 バンヘッケン・36・投・韓国ネクセン・1億4000万円 ★★★★ 2014年に最多勝(20勝)も含め、昨年まで韓国リーグで4年連続2ケタ勝利をマーク。193cmか [全文を読む]

あのプロ野球スター選手、暴力団絡みの賭博で有罪判決!

Business Journal / 2016年01月18日06時00分

かつて東京ヤクルトスワローズで活躍した林昌勇(イム・チャンヨン/三星ライオンズ)と、昨季まで阪神タイガースの不動の抑えだった呉昇桓(オ・スンファン)だ。日本でもすでに報じられた通り、2人は一昨年のシーズンオフに中国マカオのカジノでバカラ賭博を行い、不法賭博容疑で韓国検察から取り調べを受け、罰金処分を科された。【詳細画像はこちら】http://biz-jo [全文を読む]

[独占特集] 2014年もっとも多くクリックされたスクープは?

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年12月28日08時00分

他の分野でも<THE FACT>はプロ野球選手のイム・チャンヨン(林昌勇)の結婚間近報道や、サッカー選手イ・チョンヨン結婚発表。ボリョングループの後継者キム・ジョンギュンとミスコリア出身チャン・ユンヒの結婚式。軍野球団の軍紀乱れの現場、国会議員キム・サンミンとキム・ギョンラン女子アナの結婚発表など、スポーツ、政治、経済などさまざまな分野でスクープを報道した [全文を読む]

[独占] “パパ” 林昌勇、一般人女性と5年間熱愛中...「結婚予定」

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年05月16日09時06分

[スポーツソウルドットコム|イ・ソンノ記者] 米メジャーリーグ挑戦を終えて韓国プロ野球の舞台を再び踏んだイム•チャンヨン(林昌勇・38、三星ライオンズ)が、一般人女性のAさんと結婚を前提に交際中だ。まだ正式に結婚式はあげていないが、京畿道・盆唐(プンダン)にあるイム・チャンヨンの自宅で、Aさんそして二人の息子と一緒に住んでいることが、<スポーツソウルドット [全文を読む]

激震空間 プロ野球(4)球界の総額30億円「不良債権」選手を即刻処分せよ!

アサ芸プラス / 2012年07月13日10時58分

同じようにメジャー志向の強い例では、調整遅れで今季二軍スタートとなり、まだ9試合しか投げていなかったヤクルトの林昌勇(36)が右肘手術で今季絶望となった。来季のメジャー移籍を見据え、肩を温存していたのでは、とも言われていましたが‥‥」(前出・スポーツライター) メジャーが次々と不良債権を安く買い叩いていけば、まさにハゲタカファンドそのものであろう。 小笠原 [全文を読む]

フォーカス