平尾昌晃のニュース

【エンタがビタミン♪】SKE48・古畑奈和がAKB48“3代目ディーバ”となるも「力不足すぎて…」と納得できず。

TechinsightJapan / 2014年08月22日13時15分

歌手で作曲家の平尾昌晃など、審査員を務めた音楽界のベテランたちも彼女の歌のテクニックを絶賛していた。しかし、当の古畑奈和は今回の優勝を素直に喜べないようだ。AKB48の“3代目ディーバ”を決める“第3回 AKB48で一番歌が上手いのは誰だ!? ディバチャン”の決勝戦が8月19日の『AKBINGO!』(日本テレビ系)で放送された。前週の放送ではAKB48(兼 [全文を読む]

「歌で繋ごう“ありがとう”を浅草から」5/7~10 浅草公会堂公演決定!

PR TIMES / 2012年04月20日16時05分

5 月7 日(月)は「平尾昌晃と仲間たちによる昭和の名曲」、5 月8 日(火)は「アメリカンポップスと思い出のウェスタンカーニバル」、5 月9 日(水)10 日(木)は「平尾昌晃・布施明・小柳ルミ子によるミニミュージカル<サクラフジヤマ歌劇団>(布施明/作・演出)と珠玉の平尾作品集」と題し、昭和を代表する作曲家 平尾昌晃氏と弊社代表取締役会長 大里洋吉の共 [全文を読む]

畑中葉子 ライブでは3大“攻め曲”で会場大盛り上がり

NEWSポストセブン / 2016年12月20日07時00分

平尾昌晃とのデュエット曲『カナダからの手紙』で大ブレイクし、にっかつロマンポルノにも出演した歌手・畑中葉子が、1983年に発売された写真集『幻視の牡丹』(集英社刊)の思い出と、近況を語る。 * * * 1978年に『カナダからの手紙』でデビューしてから、紅白歌合戦出場、翌年に結婚と離婚を経験し、1980年に発売した『後から前から』が大ヒットしてにっかつロマ [全文を読む]

ささきいさお55周年記念アルバムは初の作家別構成、畑亜貴&Q-MHzによる新曲も

okmusic UP's / 2016年09月23日12時00分

2016年秋 ささきいさお■■ささきいさお デビュー55周年記念アルバム『MOMENT ~今の向こうの今を~』<収録曲> 01. 宇宙戦艦ヤマト (『宇宙戦艦ヤマト』OP) 作詞:阿久 悠 / 作・編曲:宮川 泰 02. 真赤なスカーフ (『宇宙戦艦ヤマト』ED) 作詞:阿久 悠 / 作・編曲:宮川 泰 03. 銀河鉄道999 (『銀河鉄道999』OP) [全文を読む]

紅白歌合戦“ドラマチック歌姫”の60年史!【<78年第29回>「カナダからの手紙」畑中葉子】

アサ芸プラス / 2015年12月07日01時57分

恩師である平尾昌晃とのデュエットで、史上まれに見る幸運なデビューを飾った畑中葉子(56)。紅白への切符も超特急だったが、記念すべき舞台は「師との別れの場」でもあった。「デビューしてすぐに売れた? いや、その前からです。78年1月の発売なのに、その前年の12月には札幌の有線で1位になっていましたから」 日本のカラオケブームの元祖であり、デュエット歌謡の定番と [全文を読む]

あらびき団かよ!平尾昌晃のボンクラ息子のキャラがヤバすぎると話題に

AOLニュース / 2015年08月07日19時00分

8/6木曜の「DX」は★平尾勇気 @yukihirao が初登場★ 父・平尾昌晃と大違い!優雅な別荘での休日も実は...!スタジオでもチャラさ爆発!さらになぜかアントニオ猪木から感謝状? 夜10時から日テレ系で放送! #ダウンタウンDX http://t.co/OqKtUkghMz - 【ダウンタウンDX公式】トスポ (@tospodx) 2015, 8 [全文を読む]

大物二世タレント・平尾勇気がネット上で人気急上昇「ヤバすぎるw」「父親を超える大物」

AOLニュース / 2015年07月08日12時00分

7月7日夜放送の日本テレビ系のバラエティ特番『踊る踊る踊る!さんま御殿!! 女子アナ軍団の逆襲!最強2世&ピョン吉祭』に、歌手で作曲家の平尾昌晃(77)の息子で、DJ・歌手の平尾勇気(34)が出演。そのあまりにぶっ飛んだキャラクターが視聴者の間で注目を集めている。 この日、真っ赤なジャケットに金髪&サングラスという、極めて個性的なファッションで登場した勇気 [全文を読む]

CA志望から演歌界へ「航路変更」した美人歌手・西田あいの夢

NEWSポストセブン / 2014年12月14日07時00分

平尾昌晃ミュージックスクールに通っていた20歳の頃、平尾から「歌謡曲を歌わせたらすごくいい」とスカウトされ演歌の世界へ。 「歌手になりたいという夢もありましたが、当時はCAになるための専門学校に通っていました。航空会社の入社試験を受けようと思っていたところでお声をかけていただいて」 演歌歌手志望ではなかったが、繊細な心の機微を歌い上げる魅力に引き込まれてい [全文を読む]

蒼井翔太の歌声に平尾昌晃が「オリジナルを書きたい」と絶賛! 堺正章も聞きほれた声優の歌声

おたぽる / 2014年09月18日18時00分

番組にゲスト出演していた、五木ひろしや松田聖子などへの曲提供でも知られる作曲家の平尾昌晃には「声優は発声がいいからものすごくいいですね。なに歌っても(歌を)生かす。それと表現力もあるし余裕もあるし」と、たかはしを高評価した。 その後登場したのが蒼井翔太。番組は特に蒼井を積極的に取り上げる様子が見られ、番組序盤から蒼井のライブ映像などを流し、「ライブチケット [全文を読む]

池田勇太、五木ひろしさんら豪華顔ぶれの競演!

ParOn.(パーオン) / 2014年05月13日18時45分

たかの友梨CUP 第37回平尾昌晃チャリティゴルフ(5月13日、千葉県・新千葉CC)が開催された。 これは、歌手・作家として活躍する平尾昌晃氏が、音楽とスポーツを通じて福祉に貢献する理念のもと、1975年から開催。今年も、池田勇太、片山晋呉、香妻琴乃、東尾理子ら豪華なプロゴルファーに加え、五木ひろしさんや石田純一さん、ヒロミさんなど著名人が参加し、大会を盛 [全文を読む]

平尾昌晃チャリティゴルフに各界著名人集結

ParOn.(パーオン) / 2013年10月29日11時26分

たかの友梨CUP 第36回平尾昌晃チャリティゴルフが28日、千葉県の新千葉CCで開催された。4年ぶりの開催となった同イベントには、池田勇太、谷原秀人、小田孔明、小平智ら男子プロ14名、原江里菜、菊地絵理香、青山加織ら女子プロ23名が出場。そのほか俳優の水谷豊さん、里見浩太郎さん、元プロ野球選手の佐々木主浩さん、桑田真澄さんら各界著名人と一般アマチュアら12 [全文を読む]

HANDSIGN、いよいよ新シングル「僕が君の耳になる」発売! 足立梨花出演MVが泣けると話題に

okmusic UP's / 2017年03月28日11時30分

HANDSIGNの最新シングル「僕が君の耳になる」が、3月29日(水)に平尾昌晃氏プロデュースの新レーベル『ジュウバコ』よりリリースされる。【その他の画像】HANDSIGN楽曲は昨年入籍した耳の聞こえない女性と聞こえる男性の実話を基にしたラブソングで、手話を通じてパフォーマンスを届けてきたHANDSIGNだからこそ奏でることのできる渾身の1曲となっている。 [全文を読む]

男がとろけた「芸能界・魔性の女」を徹底追跡!(4)「畑中葉子・後から前から(1980年)」

アサ芸プラス / 2017年01月31日12時57分

78年、平尾昌晃とのデュエット「カナダからの手紙」で歌手デビューと同時に大ヒットを記録したが、その裏では所属事務所との間に軋轢が生じていた。「知らないところで次にデュエットする相手が決まっていたことなどで、会社と対立して。孤立無援の中、平尾先生の事務所の作曲家の卵と恋をして、周囲に内緒で結婚したんです。でも2カ月後には離婚を考えて実家に帰り、会社にも『ま [全文を読む]

原辰徳、落合博満になぜか子役時代の坂上忍まで…! プロ野球選手名盤レコード大賞【前編】

週プレNEWS / 2016年12月30日06時00分

全10曲すべてが爽(さわ)やかなラブソングで、作曲は長渕剛、沢田研二、堀内孝雄、平尾昌晃、弾厚作(加山雄三)、吉田拓郎と超豪華! 歌のほうでも大事な場面(主にサビ)で音程を外すあたりは現役時代、チャンスに弱かった原の真骨頂か。ジャケットで原と並ぶのは愛犬サム。えっ、それでサムシングってこと!? ●最優秀デュエット賞 『そんなふたりのラブソング』落合博満・落 [全文を読む]

【素朴な疑問】スピッツの名曲『ロビンソン』は、どのあたりが「ロビンソン」?

まぐまぐニュース! / 2016年12月19日16時59分

ところで、私は EXILE というのを知らないのですが、昔、平尾昌晃がカバーしていた「恋の片道切符」とは違うのですか? (素朴な疑問集No.738より) なんだかショックです。イケメン集団の歌のタイトルが「汽車ぽっぽ」だなんて・・・。メルマガ読者さんはEXILEをご存知ないようですが。 メルマガ読者からの回答 「Choo Choo」は蒸気機関車が走行する [全文を読む]

聖子・明菜・キョンキョン…あの<黄金アイドル>の蔵出し秘話をプレイバック!(1)

アサ芸プラス / 2016年03月29日05時57分

「先生、私は歌手になって必ず成功するから!」 松田聖子(54)が福岡でレッスンを受けていた頃、平尾昌晃氏に堂々と告げた言葉である。「歌手を『夢みる』子は多いが、自分が成功する姿を『イメージ』できる子は珍しかった」 さらに平尾氏は、聖子特有の「ビロードがかった声」も高く評価し、プロで成功するだろうと感じたそうだ。 そんな聖子と同期で、親友の間柄だった岩崎良美 [全文を読む]

ベッキー不倫騒動と状況が似ている最悪の「不倫殺人事件」とは?

tocana / 2016年01月21日08時00分

ミッキー・カーチス、平尾昌晃、山下敬二郎などが人気を集めていた。黒人音楽のブルースから発展したロックンロールと、白人音楽のヒルビリーやカントリーが融合してメンフィスで生まれたのが、ロカビリー。アメリカでは、エルヴィス・プレスリー、ジェリー・リー・ルイス、バディ・ホリーが代表的なアーティストだ。 昭和37年、克美茂は東芝レコード(現・EMIミュージック・ジャ [全文を読む]

嵐・櫻井翔「大物におべっか使い」、ジュリー氏がマッチに猛ダッシュ! ジャニーズ『紅白』一行情報

サイゾーウーマン / 2016年01月09日09時00分

「2日目のステージ顔合わせ時、エンディングで指揮棒を振る平尾昌晃が登壇したところ、なぜか櫻井が猛ダッシュで駆け寄り、腰をくの字に曲げてお辞儀しつつ握手をしていました」(同) またSexy Zone・佐藤勝利は、実に微笑ましい行動を目撃されていた。 「マスコミも普通に歩いている通路を、佐藤がひとりでウロウロしていました。親しい関係者から『どうしたの?』と声 [全文を読む]

フリーキャスター・徳光正行の男前すぎる行動に称賛の嵐「育ちがいい感じがする」「もっと売れていいと思う」

AOLニュース / 2015年12月22日12時00分

この日、〈欲にまみれた煩悩だらけの芸能人は誰か?〉をテーマに、大物芸能人を父に持つ徳光のほか、作曲家・平尾昌晃の息子である平尾勇気、俳優・松方弘樹&女優・仁科亜季子の息子である仁科克基の3人が登場。架空の番組の打ち合わせで高級店での接待を受け、その後、50万円もの支払いを求められた際に、親のスネをかじる形で、父親名義の"ツケ"をするかどうかのドッキリ型の検 [全文を読む]

「歌唱王」がことしも放送!日本一歌がうまいのは?

Smartザテレビジョン / 2015年12月06日09時45分

日本で一番歌を愛し、日本で一番心に響く歌声の持ち主“歌唱王”の称号と、優勝賞金200万円を懸けて、歌唱力自慢たちが、小室哲哉、平尾昌晃ら10人の審査員を前に熱唱する。 昨年の大会では、全国から1万2000人を超える応募が寄せられたが、ことしは最終的に全国から2万4525人がエントリー。さらにハイレベルな戦いとなる中、厳しい審査を勝ち抜いた20人が、生放送で [全文を読む]

フォーカス