乾隆のニュース

【女性チャンネル♪LaLa TV】中国ドラマ「宮廷の秘密~王者清風」日本初放送決定!

PR TIMES / 2014年11月19日15時27分

******本作は、中国・清の時代に実在した、第5代皇帝・雍正帝“ようせいてい”の第四皇子である愛新覚羅 弘暦“こうれき”(乾隆帝“けんりゅうてい”)が長寿の秘訣を記した「洗髄経」と歴代皇帝の秘宝を探す冒険に臨み、そして様々な事件に巻き込まれながら清朝を揺るがす自身の出生の秘密に挑んだ歴史エンターテインメント超大作。近年中国・清朝宮廷ドラマとしては、「宮廷 [全文を読む]

中国人収集家、乾隆帝の印章を約26億円で落札も代金未払い、競売店へも連絡せず―中国メディア

Record China / 2017年01月02日23時00分

2016年12月31日、大洋網は記事「中国人バイヤー、1.6億元で乾隆帝の玉爾落札も、代金未払い、競売店へも連絡せず」を掲載した。 フランス・パリの競売大手ドルーオは14日、清朝の皇帝、乾隆帝の玉爾(印章)をオークションに出品した。9匹の龍がからみあう精細な細工がほどこされた玉爾は想定以上の高額である2100万ユーロ(約25億8000万円)で中国の企業家、 [全文を読む]

18世紀の二大都市「江戸」と「北京」を徹底比較!「江戸と北京 18世紀の都市と暮らし」展

サライ.jp / 2017年02月19日11時30分

(~4月9日まで) 「乾隆八旬万寿慶典図巻」〔清時代・1797(嘉慶2)年 中国・故宮博物院蔵〕 本展の見どころを、東京都江戸東京博物館の学芸員、江里口友子さんにうかがいました。 「見どころは、江戸・日本橋の賑わいを描いた『熈代勝覧(きだいしょうらん)』と、乾隆帝80歳の式典に沸く北京の風景を描く、日本初公開の『乾隆八旬万寿慶典図巻』、そして康熙帝60歳の [全文を読む]

ハゲでもやっぱりカッコいい!ウォレス・フォ、「宮廷の諍い女」姉妹版で皇帝役―台湾メディア

Record China / 2016年08月24日16時20分

原作者は同じく女流作家の流瀲紫(リウ・リエンヅー)で、「宮廷の諍い女」が5代皇帝・雍正帝の時代を描いたのに対し、「後宮如懿伝」は6代皇帝・乾隆帝の後宮が舞台。乾隆帝の継皇后となったウラナラ氏をヒロインにしている。 このドラマで後宮の支配者・乾隆帝を演じるのが、台湾の俳優ウォレス・フォ。クランクインセレモニーに姿を見せたが、清朝の皇帝を演じるため髪をすっきり [全文を読む]

台湾人が提示する、中国が台湾を「日本の一部」と見なしていた証拠

まぐまぐニュース! / 2016年06月15日19時30分

18世紀、乾隆帝時代の清国で完成された官定の正史『明史』には、台湾北部の鶏篭国(高山国)は「外国列伝」のなかで紹介され、「日本に属する」とも記されている。当時の支那人は、古代台湾を東方海上に浮かぶ日本の一部だと誤認していたのだろう。 確かに、清朝占有前の台湾は、倭寇暗躍の地であり、倭寇の「巣窟」とみなされていたため、日本の領土の一部だと誤認してもおかしく [全文を読む]

ファン・ビンビン、美しい皇后役で話題の中仏合作映画をメルヴィル・プポーとPR―カンヌ映画祭

Record China / 2017年05月27日17時30分

「Woman in Picture Frames」は18世紀の清朝の宮廷を舞台に、乾隆帝の皇后ウラナラ氏をファン・ビンビンが、彼女の肖像画を描くフランス人宣教師ジャン=ドニ・アティレをメルヴィル・プポーが演じており、この2人はいずれも実在の人物だ。意欲的に海外進出を図るファン・ビンビンの代表作の一つとして注目されているが、13年にクランクインし、15年の [全文を読む]

アートを投資と捉える人に、アートの女神は微笑むのか?

Forbes JAPAN / 2017年04月08日10時30分

乾隆帝の書をメトロポリタン美術館に寄託しておけば、国を追われた時のリスクヘッジになるだけでなく、西洋文明が衰退するような危機にも対応できる。一方、単に投機対象としてしか捉えない人に、アートの女神はなかなか微笑まない。それには、アート取引の特性が深く関わっている。まず、転売目的の投資家と分かった瞬間に本当によい作品はまわってこない。門外漢に対する単なる意地悪 [全文を読む]

故宮博物院の所蔵品、186万点以上に―中国

Record China / 2017年03月31日20時20分

主に増加したのは新しく整理された乾隆帝の原稿や書簡、甲骨文、陶磁器などの文化財(標本)だ。単院長によると、これは三年間の整理作業から得た段階的な成果で、まだ完了していない整理作業は今後も継続し、最新の所蔵状況が随時公表されるという。(提供/人民網日本語版・編集/KN) [全文を読む]

【北京】お肉ぎっしりで噛めば肉汁こぼれる。まるで小籠包のような絶品焼売

TABIZINE / 2017年02月25日10時00分

元々は名もなき小さな料理屋だった所、乾隆帝が訪れて気に入りこの店名をつけたという逸話があるそうです。これがその時の再現シーンかな? 中はほぼ満席。自分で空き席をみつけないといけませんが店員さんにお願いしたら空いた所をさっと取ってくれました。メニューは中国語のみ。蟹肉の文字にひかれて1番上のものを注文。10分位待ってやってきました。 花弁のようになっていて美 [全文を読む]

故宮に勤続40年の時計修理士、一躍有名人に―中国

Record China / 2016年12月28日01時10分

王さんは「清代の順治帝、康熙帝、乾隆帝の3人の皇帝は、西洋時計をこよなく愛した。これは皇帝の高級な機械仕掛けの玩具といってもよいだろう」と語る。 王さんが考える「大国の匠」の精神とは、ある業界で仕事にこだわりを持ち、最高を求める精神のことで、この「職人精神」は手工芸の職人だけではなく、どのような業界にも存在するとしている。 王さんによると、このドキュメン [全文を読む]

中国とは国ではなく、文明である

クオリティ埼玉 / 2016年10月09日16時31分

新疆ウイグル自治区と呼ぶのは、清朝6代目の乾隆帝(1711年~1799年)が、遠征軍を派遣して、占領したことによっている。新疆の「疆」は、「境」を意味する。 もっとも、他国を、武力を用いて呑み込んでも、侵略といわずに、「徳化」したのだった。中国が支配下に取り込んだ民族は、みな、中華民族と呼ばれるようになった。 中国は国境がない文明であるから、他国の領海も [全文を読む]

1744年創業の上海蟹料理店を招聘「王宝和酒家 上海蟹フェア」

PR TIMES / 2016年09月13日13時42分

■老舗の名店「王宝和酒家」 上海人が長年愛し続けてきた蟹の王様清の時代の朝乾隆9年の1744年、中国・上海で創業した「王宝和酒家」は、中国浙江省紹興市の“鑒湖の水(湧き水)”を使用し、製造3年以上の貯蔵熟成期間を経て製品化された「王宝和紹興酒」と、蟹料理尽くしの「蟹宴」を中心に店を長年営んできたことにより、“酒の祖先、蟹の王様”店として有名になりました。今 [全文を読む]

ホテルニューオータニ東京と上海王宝和大酒店が日中飲食文化交流―中国

Record China / 2016年08月11日15時10分

「王宝和」のブランドは清朝乾隆9年からすでに270年以上の歴史がある。一方のホテルニューオータニ東京は1964年9月に開業し、国際的なホテルの先がけとして、長年高い評価を受け続けている。 今年10月、上海王宝和大酒店は、ホテルニューオータニ東京とホテルニューオータニ大阪に対し、代々受け継がれてきた王宝和の上海蟹文化を伝授し、日中飲食文化交流を通して、日本の [全文を読む]

京セラ美術館 2016年春季特別展 「伏見歳時記 ~節句人形編~」

@Press / 2016年03月18日14時30分

中国・清朝時代の乾隆ガラス、ピカソ銅版画347シリーズ、東山魁夷や平山郁夫らによる現代日本画等を常設展示しており、開館以来約23万人(2016年2月現在)の方々にご来場いただいています。 常設展示以外の特別展としては、「現代日本画展」(2000年)、「アンセル・アダムス、アメリカ大自然を撮る」(2008年)、「ふるさとの詩 ~中村晋也、日本の心を刻む~」( [全文を読む]

焦る中国の「一人っ子政策」廃止が、世界に危機をもたらす

まぐまぐニュース! / 2015年11月23日19時00分

康煕帝から乾隆帝までの間、清朝の人口は十倍にも増えました。その結果、19世紀には餓死者が1000万人以上にものぼる飢饉が三回もありました。人間どうしの共喰いが12年に一度、全国的な規模で発生していました。 現在の中国の人口がどのくらいあるのかということについては、政府も把握できていません。闇人口があまりに多く、実際の統計が取れないのです。 国務院内の各省 [全文を読む]

アジア初の故宮博物院展実現 本物そっくりの神品「翠玉白菜」登場

太田出版ケトルニュース / 2014年06月16日10時41分

そのほか、嘉慶帝、乾隆帝が有したお宝、北宋・元・明・清の各時代の書、山水画、青磁、刺繍画、彫漆、玉印、冠架け、玉器、多宝格(皇帝がいつも側において楽しんだ観賞用の宝箱)などが展示される。 『台北 國立故宮博物院-神品至宝-』は2014年6月24日(火)~9月15日(月・祝)まで、東京国立博物館(台東区上野公園13-9 JR上野駅徒歩10分)にて開催。開館時 [全文を読む]

中国高官が語った、政治中枢部「釣魚台」の女の幽霊と四人組事件!

tocana / 2014年02月07日16時30分

■中国の政治高官が力説する「釣魚台国賓館」の幽霊譚・政府高官や外国の要人の迎賓館だった「釣魚台」 釣魚台とは、元の時代に、耶律楚材(やりつそざい)の居宅として開発された後、金の皇帝、章宗が同地の池に釣り場を設け、清の皇帝、乾隆帝が皇家園林「玉淵潭(ぎょくえんだん)」を整備した場所だ。そしてさらに、中華人民共和国になった後、大整備が行われ、「釣魚台国賓館」と [全文を読む]

中国 経済発展で清朝末期の格差社会に戻ったのは皮肉と専門家

NEWSポストセブン / 2012年09月17日16時00分

繁栄がピークに達したのは18世紀の乾隆帝の治世だった。インフレ好況はさらに上昇軌道を描き、国力は飛躍的に増大する。この時期の中国は世界のGDPの3分の1を占めていたという話もある。あくまで推計にすぎないが、世界有数の経済規模を誇っていたのは間違いない。 一方で、現在の中国と同様に、発展の裏で格差が拡大していった。 まず空前の好況で人口が激増した。17世紀 [全文を読む]

フォーカス