乾隆のニュース

【女性チャンネル♪LaLa TV】中国ドラマ「宮廷の秘密~王者清風」日本初放送決定!

PR TIMES / 2014年11月19日15時27分

******本作は、中国・清の時代に実在した、第5代皇帝・雍正帝“ようせいてい”の第四皇子である愛新覚羅 弘暦“こうれき”(乾隆帝“けんりゅうてい”)が長寿の秘訣を記した「洗髄経」と歴代皇帝の秘宝を探す冒険に臨み、そして様々な事件に巻き込まれながら清朝を揺るがす自身の出生の秘密に挑んだ歴史エンターテインメント超大作。近年中国・清朝宮廷ドラマとしては、「宮廷 [全文を読む]

中国人収集家、乾隆帝の印章を約26億円で落札も代金未払い、競売店へも連絡せず―中国メディア

Record China / 2017年01月02日23時00分

2016年12月31日、大洋網は記事「中国人バイヤー、1.6億元で乾隆帝の玉爾落札も、代金未払い、競売店へも連絡せず」を掲載した。 フランス・パリの競売大手ドルーオは14日、清朝の皇帝、乾隆帝の玉爾(印章)をオークションに出品した。9匹の龍がからみあう精細な細工がほどこされた玉爾は想定以上の高額である2100万ユーロ(約25億8000万円)で中国の企業家、 [全文を読む]

18世紀の二大都市「江戸」と「北京」を徹底比較!「江戸と北京 18世紀の都市と暮らし」展

サライ.jp / 2017年02月19日11時30分

(~4月9日まで) 「乾隆八旬万寿慶典図巻」〔清時代・1797(嘉慶2)年 中国・故宮博物院蔵〕 本展の見どころを、東京都江戸東京博物館の学芸員、江里口友子さんにうかがいました。 「見どころは、江戸・日本橋の賑わいを描いた『熈代勝覧(きだいしょうらん)』と、乾隆帝80歳の式典に沸く北京の風景を描く、日本初公開の『乾隆八旬万寿慶典図巻』、そして康熙帝60歳の [全文を読む]

ハゲでもやっぱりカッコいい!ウォレス・フォ、「宮廷の諍い女」姉妹版で皇帝役―台湾メディア

Record China / 2016年08月24日16時20分

原作者は同じく女流作家の流瀲紫(リウ・リエンヅー)で、「宮廷の諍い女」が5代皇帝・雍正帝の時代を描いたのに対し、「後宮如懿伝」は6代皇帝・乾隆帝の後宮が舞台。乾隆帝の継皇后となったウラナラ氏をヒロインにしている。 このドラマで後宮の支配者・乾隆帝を演じるのが、台湾の俳優ウォレス・フォ。クランクインセレモニーに姿を見せたが、清朝の皇帝を演じるため髪をすっきり [全文を読む]

藤田美術館の歴史的「300億円落札」は、なぜ日本で話題にならなかったのか

文春オンライン / 2017年04月19日07時00分

その上に作品の状態も良好、美術品の目利きであった乾隆帝の印もあるし、乾隆帝の公式書画編纂目録にも掲載されている。その作品がモネの「睡蓮」と同じ価格レベルで取引されることに違和感はなかった。落札予想価格が結果の40分の1弱というのは諸事情も多少あったかもしれないが、市場にこれに比類するクラスの作品が出品されていなかった証でもある。 落札者は公表されていないが [全文を読む]

台湾人が提示する、中国が台湾を「日本の一部」と見なしていた証拠

まぐまぐニュース! / 2016年06月15日19時30分

18世紀、乾隆帝時代の清国で完成された官定の正史『明史』には、台湾北部の鶏篭国(高山国)は「外国列伝」のなかで紹介され、「日本に属する」とも記されている。当時の支那人は、古代台湾を東方海上に浮かぶ日本の一部だと誤認していたのだろう。 確かに、清朝占有前の台湾は、倭寇暗躍の地であり、倭寇の「巣窟」とみなされていたため、日本の領土の一部だと誤認してもおかしく [全文を読む]

ファン・ビンビン、美しい皇后役で話題の中仏合作映画をメルヴィル・プポーとPR―カンヌ映画祭

Record China / 2017年05月27日17時30分

「Woman in Picture Frames」は18世紀の清朝の宮廷を舞台に、乾隆帝の皇后ウラナラ氏をファン・ビンビンが、彼女の肖像画を描くフランス人宣教師ジャン=ドニ・アティレをメルヴィル・プポーが演じており、この2人はいずれも実在の人物だ。意欲的に海外進出を図るファン・ビンビンの代表作の一つとして注目されているが、13年にクランクインし、15年の [全文を読む]

アートを投資と捉える人に、アートの女神は微笑むのか?

Forbes JAPAN / 2017年04月08日10時30分

乾隆帝の書をメトロポリタン美術館に寄託しておけば、国を追われた時のリスクヘッジになるだけでなく、西洋文明が衰退するような危機にも対応できる。一方、単に投機対象としてしか捉えない人に、アートの女神はなかなか微笑まない。それには、アート取引の特性が深く関わっている。まず、転売目的の投資家と分かった瞬間に本当によい作品はまわってこない。門外漢に対する単なる意地悪 [全文を読む]

故宮博物院の所蔵品、186万点以上に―中国

Record China / 2017年03月31日20時20分

主に増加したのは新しく整理された乾隆帝の原稿や書簡、甲骨文、陶磁器などの文化財(標本)だ。単院長によると、これは三年間の整理作業から得た段階的な成果で、まだ完了していない整理作業は今後も継続し、最新の所蔵状況が随時公表されるという。(提供/人民網日本語版・編集/KN) [全文を読む]

【北京】お肉ぎっしりで噛めば肉汁こぼれる。まるで小籠包のような絶品焼売

TABIZINE / 2017年02月25日10時00分

元々は名もなき小さな料理屋だった所、乾隆帝が訪れて気に入りこの店名をつけたという逸話があるそうです。これがその時の再現シーンかな? 中はほぼ満席。自分で空き席をみつけないといけませんが店員さんにお願いしたら空いた所をさっと取ってくれました。メニューは中国語のみ。蟹肉の文字にひかれて1番上のものを注文。10分位待ってやってきました。 花弁のようになっていて美 [全文を読む]

フォーカス