白羽ゆりのニュース

<女性チャンネル♪LaLa TV>ナレーションはアニメでアンドレ役を担当した志垣太郎!『6~7月「ベルサイユのばら」特集』放送直前ナビ 5/19(金)ほか放送!

PR TIMES / 2017年05月19日10時00分

原作者・池田理代子のインタビューから宝塚歌劇の舞台で共演した湖月わたる、白羽ゆりの対談など盛り沢山でお届け!ナレーションはアニメでアンドレ役を担当した志垣太郎! 平素は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。CS放送女性向けエンターテインメントチャンネル「女性チャンネル♪LaLa TV」では、「ベルサイユのばら」誕生45周年を記念して『6月~7月2カ [全文を読む]

阿部顕嵐、気を抜くと出てしまうくせを告白 上白石萌歌とは稽古以外でも“キキ”と“トンボ”を意識

エンタメOVO / 2017年06月02日09時53分

ミュージカル「魔女の宅急便」公開舞台稽古が1日、東京都内で行われ、出演者の上白石萌歌、阿部顕嵐、岩崎ひろみ、横山だいすけ、藤原一裕(ライセンス)、白羽ゆりが出席した。 本作は、1989年にスタジオジブリによってアニメーション映画化もされた、角野栄子氏による同名児童書が原作。1993年~1996年に故・蜷川幸雄さんの演出でミュージカル化され、今回は若手新進気 [全文を読む]

木下優樹菜推薦の“ゴッドハンド”逮捕の衝撃! 持ち上げたマスコミの罪は……?

日刊サイゾー / 2016年12月11日19時00分

著名な来店者として、元宝塚の白羽ゆりほか、女優の和希詩織、タレントの熱田久美、モデルの佐藤優里亜、伊東亜里沙、水野佐彩、筧沙奈恵、土屋香織、永田明華、垰智子らの写真も掲載されており、前出の読者モデルも掲載されている。こうした宣伝手法により1回5分5万円という超高額な治療費にもかかわらず客が殺到し、月商700万円という触れ込みだった。 しかし、今年6月に消 [全文を読む]

終盤戦で視聴率爆上げ! 殺害に成功した10人の女たちを脅かすのは……!?日テレ系『黒い十人の女』

日刊サイゾー / 2016年11月25日23時30分

トップバッターは、松吉との関係が原因で、夫と別れることになった卯野真衣(白羽ゆり)。松吉との関係が始まった場所でもある、自身の経営するマッサージ店で、今か今かと待ち構えます。 松吉は、出勤前にマッサージ店に寄るのがお決まりのようで、卯野のマッサージを受けていつものように出されたお茶を一口。この中に、予め薬を仕込み、まず最初の1錠が松吉の体に入りました。 セ [全文を読む]

「あのクサレ外道!」船越英一郎、ついに死す!? 日テレ『黒い十人の女』3%台をキープ!

日刊サイゾー / 2016年11月18日23時30分

マッサージ店を経営している卯野真衣(白羽ゆり)は、店舗を利用する松吉と関係を持って4年ほど。卯野の夫は松吉の同僚の火山梅人(山田純大)。火山自身も不倫していることもあり、夫婦間は冷え切り、その寂しさから……ということでした。ちなみに、文坂は卯野の店のスタッフだったので、枕営業で客を取ったということですね。エロい。 そんな卯野と松吉の関係を火山に告げ口し、 [全文を読む]

佐野ひなこは「逆バーター女王」だった!「黒い十人の女」出演の裏事情とは?

アサ芸プラス / 2016年11月10日17時59分

製作協力をホリプロがしていて、船越英一郎など多くの出演者がホリプロのタレントなんです」「10人の女」のうち佐藤仁美、平山あや、白羽ゆり、佐野ひなこの4人がホリプロ所属だ。特に佐野は「バーター出演」が多いという。テレビ局スタッフが語る。「『バーター』とは、要は『抱き合わせ』。人気者や大物を出演させる代わりに、同じ事務所の若手などを出すというもので、よくあるこ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】バカリズムをMEGUMIが濃厚ハグ 「バカリ様天才!」

TechinsightJapan / 2016年11月09日16時30分

他にも同ドラマに出演していた、ちすんや白羽ゆりが、バカリズムを囲んでの女優陣の集合写真や彼とのツーショットを公開している。この盆と正月が一緒に来たようなバカリズムの状況を、山里亮太(南海キャンディーズ)が嫉妬。「さっそく山里警察から連絡が入り、切符を切られた」とバカリズムがツイートしていた。 出典:https://www.instagram.com/me [全文を読む]

「わかっているのに別れられないのが、不倫なの!」9人の愛人、ついに揃い踏み! 視聴率回復の日テレ『黒い十人の女』

日刊サイゾー / 2016年10月28日23時30分

続いて、愛人の卯野真衣(白羽ゆり)を蹴落とすため、卯野の夫で松吉の同僚、火山梅人(山田純大)に密告。着々と駒を進める弥上でしたが、報告を聞いた火山は「いい情報をありがとう!」と、予想外の反応。夫婦間は冷めきっており、火山は離婚を考えていたそう。不倫の一報は、火山にとって渡りに船だったようです。 1話から、松吉との不倫に後ろめたさを感じていた神田は、松吉を呼 [全文を読む]

視聴率下落! “不倫”が題材の日テレ『黒い十人の女』に賛否両論か

日刊サイゾー / 2016年10月21日23時30分

満を持して登場の、7人目は松吉の同僚の火山梅人(山田純大)の妻・卯野真衣(白羽ゆり)でした。前半、火山と松吉が互いの妻について話すシーンがあり、火山は「うちはしっかり働いて、お金さえ入れればあとは用なしなんで」と寂しく語っています。まさか、妻の不倫相手が、今隣にいる松吉だとは思っていないでしょう。怖すぎ。 女優が多数登場する同ドラマでは、毎回、ついつい勘ぐ [全文を読む]

なぜこの9人と一匹は、これほどまでに愛おしいのか?『ど根性ガエル』第9話

日刊サイゾー / 2015年09月14日22時00分

ひろし、ゴリライモ(新井浩文)、五郎(勝地涼)、ひろしの母ちゃん(薬師丸ひろ子)、京子ちゃん(前田敦子)、よし子先生(白羽ゆり)、梅さん(光石研)、町田校長(でんでん)、京子ちゃんのおばあちゃん(白石加代子)、そしてピョン吉。この中の誰一人と誰一匹欠けても成立しない世界として『ど根性ガエル』は描かれている。 ではなぜ『ど根性ガエル』の登場人物はみな愛おしい [全文を読む]

登場人物はなぜ、誰もが魅力的なのか?『ど根性ガエル』第5話

日刊サイゾー / 2015年08月10日19時00分

いつものように、よし子先生(白羽ゆり)へのプロポーズに失敗する梅さん(光石研)。ヒロイン、京子ちゃんのおばあちゃん(白石加代子)は、こんな言葉をぽつりとつぶやく。「自分が手に入らないものを欲しがるようにできてるのよ、人間は。それを片思いって言うのね。人間はみな、何かに片思いをしてるの。それが、生きてるってこと」 その代表的な存在だといえるのが、ひろしだ。今 [全文を読む]

松坂桃李初舞台作品 いよいよWOWOWで放送!!

PR TIMES / 2015年05月18日17時01分

〈映画評論家/ライター くれい響〉 5/23(土)午後5:30 WOWOWライブ 「銀河英雄伝説」銀河帝国篇 原作:田中芳樹 演出:西田シャトナー 出演:松坂桃李、崎本大海、白羽ゆり、宇野実彩子(AAA)、中河内雅貴、東山義久、 貴水博之、ジェームス小野田、堀川りょう、長谷川初範 ほか 今後のWOWOWステージラインナップ http://www.wowo [全文を読む]

宝塚歌劇100周年夢の祭典 『時を奏でるスミレの花たち』ライブ中継決定!

PR TIMES / 2014年02月14日18時10分

宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』総指揮/小林公一 監修/植田紳爾構成・演出/石田昌也、中村暁、中村一徳、木村信司【出演者】<卒業生>(1)4月4日(金)18時~八千草薫、寿美花代、有馬稲子、眞帆志ぶき、朝丘雪路、加茂さくら、八汐路まり、甲にしき、古城都、郷ちぐさ、鳳蘭、大地真央、剣幸、日向薫、紫苑ゆう、こだま愛、安寿ミラ、毬藻えり、 [全文を読む]

Nissy、新曲「ワガママ」から生まれた“ワガママ”なプレゼント発表!?

okmusic UP's / 2013年12月05日10時00分

出演者には、女優・元宝塚、娘役トップの白羽ゆりを西島自らがキャスティング。隅から隅まで西島の描く世界観を作り上げた作品となっている。MV完成後に発信されたNissy自らのコメントでは、「全ての音も、絵も聴き逃さず、見逃さず受け取ってほしいっす!」「多分一回見てもわかんないと思います(笑)。でも、わかってくれたら、ちょー嬉しいです。」と今回の作品に胸を張りな [全文を読む]

吉川晃司、ツアー・ファイナル日本武道館公演の模様を収めたLIVE DVD&Blu-rayを10月2日発売決定!

okmusic UP's / 2013年08月18日16時00分

吉川晃司オフィシャルサイト吉川晃司スペシャルサイト■ミュージカル『SEMPO』-日本のシンドラー杉原千畝物語-9月10日(火)~29日(日) 新国立劇場中劇場 出演:吉川晃司/鈴木ほのか/坂元健児/白羽ゆり/片山陽加・佐藤亜美菜(ダブルキャストAKB48) / 山本芳樹(スタジオライフ)/Kimeru/和田琢磨/永山たかし/マルシア/沢木順 他 [全文を読む]

吉川晃司が“日本のシンドラー”を演じるミュージカル 「SEMPO」再演決定

okmusic UP's / 2013年07月10日14時30分

ミュージカル 「SEMPO」 日本のシンドラー 杉原千畝物語日時:9月10日(火)〜9月29日(日) <24公演> 開演時間:平日 (昼)14:00 (夜)19:00/土日祝(昼)13:00 (夜)17:30 会場:新国立劇場 中劇場 チケット料金:S席¥11,000/A席¥8,000(全席指定・税込) キャスト:吉川晃司/鈴木ほのか/坂元健児/白羽ゆり [全文を読む]

ハリウッド・リメイクも決定! 号泣必至!珠玉のラブストーリー 「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 5th letter」

PR TIMES / 2013年04月08日13時17分

鍵本輝(Lead)×小清水亜美、梶裕貴×白羽ゆり、岸尾だいすけ×貴城けい、KYOHEI(Honey L Days)×新垣里沙、久保田悠来×市川由衣、早乙女太一×佐津川愛美、武田航平×高橋愛、福山潤×原田夏希、別所哲也×茅原実里、米倉利紀×増田有華と、各界で活躍中の豪華人気俳優陣が揃います。各ペアによって、作品の様々な面が引き出され、時に全く別の演目にすら見 [全文を読む]

フォーカス