丸山忠久のニュース

先入観にとらわれることの恐怖 佐藤天彦九段―丸山忠久九段:第2期 叡王戦本戦観戦記

ニコニコニュース / 2016年11月21日18時36分

プロ棋士とコンピュータ将棋の頂上決戦「電王戦」への出場権を賭けた棋戦「叡王(えいおう)戦」。2期目となる今回は、羽生善治九段も参戦し、ますます注目が集まっています。ニコニコでは、初代叡王・山崎隆之八段と段位別予選を勝ち抜いた精鋭たち16名による本戦トーナメントの様子を、生放送および観戦記を通じてお届けします。叡王戦公式サイトすべての写真付きでニュースを読む [全文を読む]

羽生、村山、森内…将棋界「羽生世代」の青春

日刊大衆 / 2016年11月25日21時00分

他にも森内俊之九段(70年生)、佐藤康光九段(69年生)、丸山忠久九段(69年生)と4人の名人経験者を輩出し、藤井猛九段(竜王ほか・70年生)、郷田真隆王将(71年生)など、数多くのタイトル保持者を生んだ。将棋を題材とした大ヒット漫画『3月のライオン』の監修者・先崎学九段も70年生まれだ。 40年以上にわたって棋士たちの姿を撮り続けてきたカメラマン・弦巻勝 [全文を読む]

プロ棋士も対局中はデザート必須?頭を使うと甘いものが欲しくなるのはナゼ?

アサジョ / 2016年11月06日09時58分

また、丸山忠久棋士は、とにかく食欲が旺盛で有名。なんでも夕方早々にはお腹が減って、夕飯を食べてしまうのだそうです。 一般的に脳を使うと糖分をどんどん消費すると言われていますが、こうしたことが棋士の世界でも起こっているのでしょうか。たとえば対局中、うな重などの食事と一緒に、デザートとしてパパイヤマンゴーなどのデザートをセットに必ず頼む人もいるようですが、そ [全文を読む]

将棋界激震のカンニング疑惑 囲碁界は大丈夫か

NEWSポストセブン / 2016年10月19日07時00分

10月15日に始まった七番勝負には、挑戦者決定戦で三浦九段に敗れた丸山忠久九段が繰り上がって出場。挑戦手合出場者が交代するというのは、異例中の異例だ。 三浦九段はカンニング疑惑に対して、「離席して別の部屋で体を休めていた。やましいことは何もしていない。今後の対応は弁護士と相談する」と否定している。本当に三浦九段がカンニングしたのかどうか、確たる証拠は出て [全文を読む]

研究会仲間の丸山九段と千葉六段が相居飛車で激突:第2期 叡王戦本戦観戦記

ニコニコニュース / 2016年10月17日16時00分

叡王戦公式サイトすべての写真付きでニュースを読む研究会仲間 ともに本戦初出場の丸山忠久九段と千葉幸生六段が10月11日の対局でぶつかった。2人は研究会をともにするメンバー同士でもある。この研究会は「振り飛車研」として居飛車党と振り飛車党で構成されていたのだが、「振り飛車党はみんな居飛車党になってしまいました」と千葉。千葉本人もそのひとりである。 戦型は丸山 [全文を読む]

将棋では緊張したことない佐藤天彦名人がガクガク震えた体験

NEWSポストセブン / 2016年07月31日07時00分

28歳4か月での名人獲得は史上4番目の若さで、20代の名人誕生は2000年の丸山忠久八段以来16年ぶり。(肩書は対局当時) 取材・文■大崎善生 撮影■小澤忠恭 ※週刊ポスト2016年8月5日号 [全文を読む]

28歳、佐藤天彦新名人が将棋界に吹き込んだ新しい風

NEWSポストセブン / 2016年07月30日07時00分

28歳4か月での名人獲得は史上4番目の若さで、20代の名人誕生は2000年の丸山忠久八段以来16年ぶり。(肩書は対局当時) 取材・文■大崎善生 撮影■小澤忠恭 ※週刊ポスト2016年8月5日号 [全文を読む]

電王戦出場をかけたコンピュータ将棋ソフトの戦い。「第4回将棋電王トーナメント」エントリー受付開始

ITライフハック / 2016年07月26日09時00分

■「第4回将棋電王トーナメント Supported by GALLERIA」<募集要項> ・参加資格:下記サイトからエントリーの上、出場条件を満たした将棋ソフト https://secure.nicovideo.jp/form/entry/denou2016entry ・募集期間:7月25日(月) ~ 8月22日(月) ・審査期間:8月22日(月) ~ 9 [全文を読む]

森内俊之竜王・名人「一度でいいから壁を越える経験が大事」

NEWSポストセブン / 2014年02月03日16時00分

その結果、31歳で名人位を当時の名人・丸山忠久九段から取ることができました。初めての名人位は1期で失いましたが、一度“名人”を経験したのは大きかったです。越えられないと思っていた名人の壁を越えられた。 壁は越える瞬間が一番大変で、一度越えれば「また越えられる」と思えます。私にとっては、たった一度のタイトル獲得の経験が大きかった。とにかく一度でいいから壁を [全文を読む]

フォーカス