豊臣秀次のニュース

【真田丸】豊臣秀次を弔う瑞泉寺のサイトがポップかわいい! イラストは住職自ら担当 [オタ女]

ガジェット通信 / 2016年07月19日13時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』、豊臣秀次事件の回が新解釈で描かれて歴史クラスタが騒然となりました。 ※参考記事 『真田丸』三谷幸喜の新説“秀次事件”が秀逸! 歴史の謎に一石 http://getnews.jp/archives/1492498 この回を受けて、ある『Twitter』ユーザーが次のようにツイート。 豊臣秀次の自決後、側室や一族もろとも秀次の首と共 [全文を読む]

【真田丸】「悲劇の関白」豊臣秀次の切腹に新説を描く

しらべぇ / 2016年07月20日05時30分

豊臣秀次という人物がいる。豊臣秀吉の姉の息子にして、秀吉の養子だ。秀吉は子に恵まれなかった。だから姉の智(日秀尼)の子を養子にするという手段に打って出る。そのうちのひとりが、秀次。彼は小牧・長久手の合戦では大敗したが、それでも秀吉に期待をかけられていたようで最終的に関白の座を譲り受けている。ところが秀吉と淀君の間に健康な男子(のちの豊臣秀頼)が誕生すると、 [全文を読む]

豊臣秀次が運命託した! 大抜擢・岸井ゆきのが語る『真田丸』

WEB女性自身 / 2016年07月18日17時00分

次回、時代劇に出ることがあったら、もう少しリラックスして演じたいですね」 岸井が演じたたかは、7月17日放送の第28回で自ら命を絶った父、豊臣秀次(新納慎也)が生前、信繁に運命を託した娘。「少しミステリアスというか、何かを背負ってきた人だと台本を読んで思いました。たかのセリフにもあったのですが、父の秀次が波のある人なので、彼女はその反面教師なのかな?(笑) [全文を読む]

『真田丸』三谷幸喜の新説“秀次事件”が秀逸! 歴史の謎に一石

ガジェット通信 / 2016年07月18日13時00分

大河ドラマ『真田丸』第28回(2016年7月17日放送)で描かれた、豊臣秀次切腹のストーリーは従来の定説を覆す、三谷版 “新説・秀次事件”とも呼べる秀逸な回だった。 側室・茶々との間に生まれた最初の子供を早くに亡くした秀吉は、甥の秀次に関白の座を譲るが、諦めかけていた男子(後の秀頼)が生まれたことで亀裂が生まれ、遂には秀次に謀反の疑いをかけ切腹させてしまう [全文を読む]

「真田丸」豊臣秀次役・新納慎也が語るこれからの見どころ

WEB女性自身 / 2016年07月03日06時00分

秀次さん って、街で知らない人から声をかけられる日がくるとは、今でも信じられない(笑)」 こう語るのは、NHK大河ドラマ『真田丸』で、豊臣秀次を演じる新納慎也(41)。その強烈な個性と確かな演技力で多数の舞台作品で活躍し、本作で大河に初挑戦。彼が演じる秀次は、屈託のない人だが、政治や戦の場では少々頼りない男。視聴者からは、親しみをこめて アホぼん と呼ば [全文を読む]

「真田丸」秀次役の新納慎也が語る三谷幸喜との縁!

Smartザテレビジョン / 2016年06月29日05時01分

そんな中、今後のキーマンとなるのが関白・豊臣秀次(新納慎也)だ。秀吉のおいであり、後継者と目されてきたが、次第に秀吉との関係に変化が生じる。これまでは暗愚で残虐、秀吉の怒りを買って切腹を命じられたとされてきたが、「真田丸」では最新学説に基づいて、これまでとは違う描かれ方をするという。そんな秀次役の新納を直撃し、役への思いや、脚本の三谷幸喜とのエピソードを聞 [全文を読む]

琵琶湖や彦根城も満喫!日本遺産と桜を楽しむ滋賀の絶景クルーズ5選

Walkerplus / 2017年03月31日15時00分

そこで、滋賀ならではの絶景と桜を楽しめる5つのクルーズを紹介しよう!■ 近江八幡水郷めぐり豊臣秀次が、雅な宮中の舟遊びに似せて船巡りをしたのがはじまりと言われる「近江八幡の水郷めぐり」。ヨシの群生地帯を手こぎの舟で80分かけて巡る優雅なクルーズが、4月から11月にかけて実施されている。水路脇の桜並木が満開になるとさらに風情あふれる景観が楽しめる。■近江八幡 [全文を読む]

色気ダダ漏れアラフィフ俳優・佐々木蔵之介が舞台で挑んだ、「極限の状況下における同性愛」演技をふり返る

messy / 2017年03月29日14時00分

朝ドラといえば、健気で哀れなルディを演じたのは15年の「花子とアン」でヒロインのひとりと駆け落ちする大学生を演じた中島歩、妖艶な女装姿が作中の見どころでもあるグレタはやはりNHKの大河ドラマ「真田丸」で豊臣秀次役の新納慎也が演じています。NHKで注目を浴びる俳優は、ハードな舞台での修業経験が重視されているのかもしれませんね。 [全文を読む]

雑な脚本に視聴者離れが加速?柴咲コウ「おんな城主 直虎」第9回は14.0%

デイリーニュースオンライン / 2017年03月07日21時00分

歴史上の謎である「豊臣秀次切腹事件」について、疑心暗鬼になるあまりに自身の感情に押しつぶされてしまった悲劇の人として秀次を描き出した新解釈が大きな反響を呼びました。同じように、直盛はなぜ中野を後見人に指名したのか、奥山はなぜあんなに政次に強硬な態度を取ったのか。その辺りがこれまでの回で説明されていれば、もっと話がおもしろくなったに違いありません。主人公が政 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中川大志が“真田丸ロス” 堺雅人や竹内結子と別れを惜しみ「父上の陣羽織をこっそり」

TechinsightJapan / 2016年12月21日11時25分

これは秀吉の姉方の甥・豊臣秀次役の新納慎也が6月13日に『新納慎也オフィシャルブログ「ニイロの思考カイロ」』で「小日向さん演じる秀吉の陣羽織。初めて見た時はそのあまりの可愛さに爆笑してしまいました」と披露して注目されたものだ。 中川大志はそんな場面などを思い出しながら「こっそり」着て見たくなったのだろう。12月30日(金)にはNHK総合『真田丸総集編』が放 [全文を読む]

真田丸『第43話』裏解説。「籠城」作戦は本当に愚策といえるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月30日22時00分

旅行代金 5,500 円 コース番号 03339-098 でお問い合わせ下さい ★『図解・戦国の城がいちばんよくわかる本』 KK ベストセラーズから発売中 ★『復元イラストで見る「東国の城」の進化と歴史』河出書房新社から発売中 ★『真田丸』がより一層楽しめる4コマ漫画、『ふぅ〜ん、真田丸』発売中 今週の『真田丸』SNS反応【編集部まとめ】 武田勝頼様・北 [全文を読む]

小4男子が『真田丸』の自由研究→NHKから大絶賛が

しらべぇ / 2016年10月14日10時00分

だが、そういう発想でいる限りは「豊臣秀次の切腹はアクシデントだったかもしれない」、「石田三成は日本史上稀に見る秀才だった」ことが絶対に分からない。歴史とは、複雑な感情を持った者同士のぶつかり合い。そこには心理戦が発生する。真田昌幸は、強敵に心理戦を仕掛けることで戦国を生き残ろうとした。だからこそ、歴史研究は大きな意味を成すのだ。■軍師の素質あり!これは、と [全文を読む]

「真田丸」草刈正雄が大坂城で『ぬかりなく』!

Smartザテレビジョン / 2016年10月09日22時24分

また、この日の大阪城公園では「大河ドラマ『真田丸』いざ!大坂の陣!!~WE LOVE SANADA!~」と題したイベントも行われ、こちらには豊臣秀次役の新納慎也が登場。天守閣前本丸にて、800人を集めたトークショーを行い、「音声さんが止めに入ろうとするほど、大きな鼓動がしていた」という自刃シーンの裏話などを明かした。さらに、集まった観客には、残された秀頼 [全文を読む]

真田丸 中川大志が宣言『大坂の陣、絶対勝ちます』

Smartザテレビジョン / 2016年10月08日23時22分

同イベントには、豊臣秀頼役の中川大志、豊臣秀次役の新納慎也、片桐且元役の小林隆が登場。 大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で描かれた華々しい豊臣の時代と、今後、徳川との決戦に向かう展開について、出演者ならではの視点でトークを繰り広げた。 若武者に成長した秀頼がついに作中に登場、というタイミングでの中川のトークショー出演ということもあり、会場には雨にもか [全文を読む]

「真田丸」三成&且元が“絶対譲れない城”名胡桃城へ

Smartザテレビジョン / 2016年08月04日19時23分

これまでも真田昌幸役の草刈正雄、関白・豊臣秀次役の新納慎也ら「沼田裁定」に関わった人々が訪れており、北条家の重臣・板部岡江雪斎役の山西惇は「名胡桃は北条のモノ!」と“所有権”を訴える動画も撮影したほど。 山本と小林が演じる三成と且元は、豊臣家の審判役として裁定に参加していたが、山本と小林は段丘上から沼田市を見下ろす風景を見て、真田家がこの場所を死守した理由 [全文を読む]

いよいよヤバそうな秀吉、ようやくデレた(?)吉田羊、そして盛大に建つ兄弟別離フラグ……『真田丸』第29話「異変」レビュー!

おたぽる / 2016年07月26日23時00分

次代を担うはずの豊臣秀次(新納慎也)の退場に続き、めっきり追い込んだ秀吉(小日向文世)、謎の難病にかかった大谷吉継(片岡愛之助)、そして仲良しさんに戻りはしたが、より明確に打ち出された真田信幸(大泉洋)と信繁(堺雅人)の兄弟別離のフラグ……。何気にターニングポイントだったと思える大河ドラマ『真田丸』(NHK総合)第29話「異変」を今週もレビュー! 第29話 [全文を読む]

【真田丸】戦乱の世は「震災期」 地震と日本史の関係を考察

しらべぇ / 2016年07月24日05時30分

・合わせて読みたい→【真田丸】「悲劇の関白」豊臣秀次の切腹に新説を描く(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一) [全文を読む]

ありがとう秀次、安らかに秀次…秀吉&秀次の凄まじい演技力にファン感涙!『真田丸』第28話「受難」レビュー

おたぽる / 2016年07月22日14時00分

予告の段階で分かっていたことではあったが、今話で豊臣秀次(新納慎也)が退場。いよいよ豊臣政権崩壊待ったなし! という重苦しい展開となったが、それでも古い歴史好き・大河ドラマファンにはうれしいネタがぶっ込まれたり、楽しい見どころもあった大河ドラマ『真田丸』第28話「受難」。なお、前回は参院選の影響で数字を落としていたが、今回の視聴率は17.0%(ビデオリサー [全文を読む]

真田丸『第28話』裏解説。黄金の城「聚楽第」は、なぜ壊されたのか?

まぐまぐニュース! / 2016年07月17日22時00分

三成公好きには頷けますね(`;ω;´)#真田丸 — 歴ドル・小栗さくら@さくらゆき (@oguri_sakura) 2016年7月17日 豊臣秀次の子供は殆ど処刑されたが、一ノ台の娘で、後に信繁に嫁いだドラマ名「たか」と、後に梅小路家に嫁ぐ姉と、小督局の娘お菊の三人が助かったと伝えられる。理由はドラマでは大きな娘だが実際は赤子だったためという。実際に信繁の [全文を読む]

「真田丸」秀次の命日に“運命的”な巡り合わせが!

Smartザテレビジョン / 2016年07月15日16時00分

滋賀・近江八幡の瑞龍寺で「豊臣秀次公顕彰法要」が行われ、大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で秀次を演じる新納慎也が出席した。 法要が行われたのは秀次の命日と伝わる7月15日。図らずも7月17日(日)放送の「真田丸」では、秀次の最期が描かれることになっている。 厳かな雰囲気の中、法要を終えた新納は「(秀次に)『やっと来ることができました。あなたのことを本 [全文を読む]

フォーカス