村上正邦のニュース

元参議院のドンが暴露する、日本会議の実体! 安倍政権に多大な影響を与える“霊的な力”とは

週プレNEWS / 2017年01月10日06時00分

発売に先立って、同書で菅野氏と対話した日本会議誕生の経緯を知るキーパーソン、元自民党参議院議員の村上正邦(まさくに)氏との刊行記念トークショーが開催された。そこで語られた「日本会議の実体」とは? ■生長の家への接近は「票」のためだった 2016年の年の瀬を迎え、忘年会客で賑(にぎ)わう東京・渋谷の繁華街。その一角にあるイベントスペースで行なわれたトークシ [全文を読む]

憲法9条より改正したい24条…“女性蔑視”の真意とは。元参議院のドンが暴露する、日本会議の実体!

週プレNEWS / 2017年01月11日10時00分

発売に先立って、同書で菅野氏と対話した日本会議誕生の経緯を知るキーパーソン、元自民党参議院議員の村上正邦(まさくに)氏との刊行記念トークショーが開催された。そこで語られた「日本会議の実体」とは?(前編記事⇒「元参院のドンが暴露。これが日本会議の実態! 安倍政権に多大な影響を与える“霊的な力”」) * * * 参院選の勝利で盤石の基盤を築き、党内でも圧倒的 [全文を読む]

村上正邦氏「安倍首相はリオ五輪でワケの分からん恰好した」

NEWSポストセブン / 2016年10月13日07時00分

参院のドンと呼ばれた村上正邦氏(84)は現役時代、元号法制化を進めるなど、皇室と政治の問題や調整に深く関わってきた。だからこそ、天皇の生前退位に対する安倍政権の対応に憤る。 * * * 政府は識者から幅広い意見を聴取し、天皇陛下の生前退位を特措法制定によって可能にすることを検討するなんぞと言っておるようだ。安倍さんはことが大きくなれば念願の憲法改正が困難に [全文を読む]

日本会議の生みの親 「何を怖がっているのという感じ」

NEWSポストセブン / 2016年08月26日16時00分

村上正邦氏(84)、平野貞夫氏(80)、筆坂秀世氏(68)の3氏が存分に語り合った。 村上:安倍さんは皇室典範についてはまったく発言しないじゃない。安倍(晋三)さんが積極的じゃないのは日本会議が皇室典範改正に反対してきたからだと言われるけど、日本会議が何を言おうと、この問題については、理屈が通らないと思うね。 もし安倍さんが日本会議の言い分を尊重しようとし [全文を読む]

村上正邦氏 「憲法改正より皇室典範の改正を先にすべき」

NEWSポストセブン / 2016年08月24日16時00分

村上正邦氏(84)、平野貞夫氏(80)、筆坂秀世氏(68)の3氏が存分に語り合った。ここでは8月8日に天皇陛下が語られた11分間にわたる「お気持ち」についてだ。村上:五輪なんかよりさ、天皇陛下のご発言についてどう考えるかが重要でしょう。私ももう84歳で、平野先生も筆坂先生もそうだけど、80歳超すといつお迎えが来るかわからんですよ。そのお気持ちはよくわかる。 [全文を読む]

【鳩山会館】渦中の鳩山由紀夫元首相と村山富市元首相に会いに行ってみた

東京ブレイキングニュース / 2015年04月27日17時00分

4月21日に開かれた第二回さとやま・草莽の会に参加してきました! 同会は、村山富市元首相や村上正邦元労働相らが3月11日に結成した、自民党による一強多弱の政治状況を憂う勉強会です。どうしてこれに参加したのかというと、その前の週に永田町駅で月刊日本の南丘喜八郎大先輩に「参加しなさい。都合が悪ければ、別の人をよこしなさい」と言われたからです。大先輩に命じられた [全文を読む]

ネットに過剰反応する安部首相は「はしたない」と元公明議員

NEWSポストセブン / 2014年12月12日16時00分

村上正邦氏(元自民・82歳)、矢野絢也氏(元公明・82歳)、筆坂秀世氏(元共産・66歳)の3人の政界大物OBが、今回の選挙の意義について語った。 * * * 矢野:今回は政権交代はないが、この選挙を通じて民意というものが、やはり流れとして出てくる。前回だって比例区では、野党票のほうが自民党よりも多かったわけで、野党がバラバラだったから議席にならなかっただけ [全文を読む]

元自民議員が明かす 小沢、宗男ら参加の新党「悪党」構想

NEWSポストセブン / 2014年12月08日16時00分

与党圧勝ムードが漂う今回の衆院選について、週刊ポスト名物企画「老人党座談会」に集った政界大物OB、村上正邦氏(元自民・82歳)、矢野絢也氏(元公明・82歳)、筆坂秀世氏(元共産・66歳)の3人が歯に衣着せず斬りまくる。 ──安倍首相の突然の解散を受けて急遽、「老人党」の皆さんに集まっていただきましたが、今回は常連メンバーの平野貞夫氏(79歳、元民主)がいま [全文を読む]

政治家 村上正邦氏が指摘する「嫌われ仕事」買って出るべき

NEWSポストセブン / 2014年03月28日07時00分

村上正邦・元自民党参議院議員会長が書いた『だから政治家は嫌われる』(小学館刊)だ。 村上といえば、2001年にKSD事件をめぐる受託収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕され有罪となり収監、2010年に刑期満了で釈放となったが、いま再審請求中の身だ。永田町の世界では「完全に終わった人」である。それだけに本音で日本の政治家と政治の姿を赤裸々に語っている。 安倍晋三政 [全文を読む]

昭和天皇と偽物の指輪のエピソード 元参議院のドンが明かす

NEWSポストセブン / 2014年03月07日16時00分

かつて“参議院のドン”と呼ばれた村上正邦・元自民党参議院議員会長が、新刊『だから政治家は嫌われる』(小学館刊)の中で、昭和天皇の知られざるエピソードを明かした。 * * * たぶん、昔の人なので覚えている人も少ないと思うけど、重宗雄三さんという参議院議長をされていた方がおられてね。佐藤栄作内閣の頃に参議院議長をされていた。 これはその重宗さんから聞いた話だ [全文を読む]

X-JAPANのYOSHIKI 1999年に皇后さまの耳の良さに驚いた

NEWSポストセブン / 2014年03月05日07時00分

かつて“参議院のドン”と呼ばれた村上正邦・元自民党参議院議員会長は、1999年11月の今上天皇の御在位10年の祝賀行事に、X-JAPANのYOSHIKIを抜擢した。その後開かれた皇居でのお茶会では、美智子皇后がYOSHIKIの演奏について言及したという。村上氏の新刊『だから政治家は嫌われる』(小学館刊)では、当時の様子をこう振り返っている。 * * * 和 [全文を読む]

YOSHIKIとGLAYを茶髪呼ばわり?「だから政治家は嫌われる」を読んで...『ほぼ日刊 吉田豪』連載119

東京ブレイキングニュース / 2014年02月14日17時40分

元自民党参議院議員会長・村上正邦氏の『だから政治家は嫌われる』(小学館)に、YOSHIKIを天皇即位10年祝典に呼んだエピソードが出てたんですけど、それが非常に興味深かったです。皇居の天皇行事には「若い人が集まらない」ので頭を悩ませていたとき、「YOSHIKIを呼べばGLAYも来る」「GLAYならライブに20万人集める」と聞いて、「私はもちろん、その当時、 [全文を読む]

元民主議員 セシウム137の半減期を2か月にする技術の存在指摘

NEWSポストセブン / 2014年01月11日16時00分

政治の世界を裏の裏まで知り尽くした政界OB、村上正邦氏(元自民・80歳)、平野貞夫氏(元民主・77歳)、筆坂秀世氏(元共産・65歳)の3人が、議論を交わした。 ──現役政治家に代わって、小泉元首相の「原発ゼロ」発言が話題になったが。 筆坂:私は、そんなにインパクトを与えたと思ってない。要は、元総理で人気のあった小泉さんがいったから、マスコミが騒ぎ、社民党か [全文を読む]

元共産議員 有権者と接触ない比例代表は本物の政治家なれず

NEWSポストセブン / 2014年01月08日07時00分

政治の世界を裏の裏まで知り尽くした政界OB、村上正邦氏(元自民・80歳)、平野貞夫氏(元民主・77歳)、筆坂秀世氏(元共産・65歳)の3人が、今の選挙制度の問題点を議論した。 村上:法律一つまともにつくれない。政治が劣化しているわけですよ。原因は、やっぱり選挙制度にあると思う。小選挙区制が政治を劣化させているんだよ。 筆坂:同感です。早い話が、小泉チルドレ [全文を読む]

98歳中曽根康弘氏 官邸の机にバナナでカリウム摂取した

NEWSポストセブン / 2016年11月03日16時00分

さらにヨーグルトもたくさん摂ることで、血圧を正常に保つカリウム、骨を作るカルシウム、抗炎症作用を持つマグネシウムをたくさん摂ることができ、脳卒中を予防できるのです」 元参議院議員の村上正邦氏が、現在98歳になる中曽根康弘元総理について、こんな話を明かした。 「官邸の執務室の机のひきだしやカバンにバナナをしのばせて、いつもバナナを食っていたな」 バナナはカリ [全文を読む]

三女・アーチャリー「“秘”講演会」で明かされた麻原彰晃の「拘禁生活」!(1)面会を177回以上断られた

アサ芸プラス / 2016年10月25日05時53分

10月5日、村上正邦元参院議員が主催する、企業の幹部らを招いた限定的な勉強会にゲストとして登場。長年オウム問題を取材し、アーチャリーと交流がある映像ジャーナリスト・森達也氏が同席した。いわば“秘”講演会の席で、アーチャリーは次のように続ける。「父と最後に話したのは、21年前の5月。私が12歳になったばかりの時でしたが、その時の父と逮捕後の父がどうしても関 [全文を読む]

山崎拓氏「自民党のいいところは多様性だが今は単色」

NEWSポストセブン / 2016年10月05日07時00分

村上正邦。藤井裕久。ある者は会見を開き、ある者は雑誌に寄稿し、ある者は共産党機関紙「しんぶん赤旗」のインタビューにまで登場し、現政権の暴走に警鐘を鳴らした。 一方、本来なら真っ先に声をあげたはずの男は沈黙した。加藤紘一。自民党でも生粋のハト派として知られた加藤なら、政権批判のトーンも一際強いものになったに違いない。 だが、加藤は声をあげられなかった。長きに [全文を読む]

老人党3氏 小池百合子都知事、森喜朗氏について激論交わす

NEWSポストセブン / 2016年08月23日07時00分

村上正邦氏(84)、平野貞夫氏(80)、筆坂秀世氏(68)の3氏が存分に語り合った。村上:安倍総理はいつまで天下を謳歌できるかねぇ。都知事選では小池百合子が勝った。筆坂:だいたい覚悟が違うよ、小池百合子は。もしあれで負けてごらん。自民党から除名され、年齢的にも政界復帰なんて不可能ですよ。本当に退路を断って都知事選に挑んだわけで。村上:あの状況で小池が勝つと [全文を読む]

平野貞夫氏「安倍さんは革命のルーツ持つ共産党に脅えてる」

NEWSポストセブン / 2016年08月20日07時00分

村上正邦氏(84)、筆坂秀世氏(68)、平野貞夫氏(80)の3氏が存分に語り合った。村上:今回の内閣改造・党役員人事で、二階(俊博)さんが幹事長になったでしょう。私はさっそく彼に「貧乏くじを引いたな」と言ってやったんです(笑い)。次の衆院選は苦戦必至で、敗戦の責任を負わされるからね。筆坂:それはそうですね。7月の参院選は民進党の負けといわれているが、3年前 [全文を読む]

勝手国民投票 力も良識も失われた参議院は必要か?

NEWSポストセブン / 2016年07月22日16時00分

自民党の参院議員会長を務めた重宗雄三氏、村上正邦氏、青木幹雄氏らは「参院のドン」「法王」などと呼ばれ、絶大な影響力を誇った。 その“力の源泉”の一つとなっていたのが、「特例公債法案」の存在だ。予算案は衆院の議決が優越するが、予算が税収だけで賄えない場合は毎年、特例公債法を成立させて赤字国債を発行しなければならなかった。この法案が参院で否決されれば、予算が執 [全文を読む]

フォーカス