御手洗冨士夫のニュース

富士フイルム・古森会長、独裁色強まる…狂う世界一へのシナリオ、社長解任説広まる

Business Journal / 2017年01月17日06時00分

午後3時36分、同所発」 また、安倍首相は元日、キヤノンの御手洗冨士夫会長と同じゴルフ場でプレーした。17年1月2日付時事ドットコム「首相動静」を見てみる。「午前7時32分、静養先の東京・六本木のホテル『グランドハイアット東京』発。同8時26分、神奈川県茅ヶ崎市のゴルフ場『スリーハンドレッドクラブ』着。経団連の御手洗冨士夫名誉会長、榊原定征会長、渡文明JX [全文を読む]

安倍一強で「モノ申さない」経団連 政権との距離感に内部批判も

J-CASTニュース / 2017年06月07日07時00分

経団連が再び献金を中止したのは2010年で、御手洗冨士夫会長(キヤノン会長)が決断。前年に誕生した民主党政権が企業・団体献金を禁じたためだった。御手洗会長に次ぐ米倉弘昌会長(住友化学会長)は東日本大震災や原発事故などをめぐり民主党政権と対立。アベノミクスの目玉となる大規模な金融緩和を「無鉄砲」と批判するなど、政権に復帰した安倍首相とも疎遠となった。日本商工 [全文を読む]

“日本ラグビーの聖地”下鴨神社 糺ノ森でワールドカップ成功を祈願

Walkerplus / 2017年05月11日16時00分

下鴨神社の新木直人宮司とラグビーワールドカップ2019組織委員会の御手洗冨士夫会長による挨拶に続き、京都蹴鞠保存会による「蹴鞠」の実演がスタートした。 約1400年前、仏教伝来とともに中国大陸から伝わったとされる蹴鞠は、中国や東南アジアで廃れていったのに対して、日本で独自の発達を遂げて、鎌倉時代になる頃には、宮中で親しまれるようになった。蹴鞠の“和を以っ [全文を読む]

東芝医用ファイナンス株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ

PR TIMES / 2017年02月21日15時22分

キヤノン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役会長 CEO:御手洗冨士夫、以下「キヤノン」)は、東芝医用ファイナンス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:関尚平、以下「東芝医用ファイナンス」)の株式を株式会社 東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長:綱川智、以下「東芝」)から取得し東芝医用ファイナンスを子会社化することを決定し、本日、株式譲渡契約を締 [全文を読む]

高齢実力者がずっと実権を握り続けるキヤノンと富士フイルムとセコム

Business Journal / 2017年01月29日06時00分

キヤノンは昨年3月、眞榮田雅也氏が社長兼COOに就任したが、会長兼社長兼CEOだった御手洗冨士夫氏は会長兼CEOとして引き続きグループ全体を統括する。御手洗氏が“最高実力者”である構図に変わりはない。 富士フイルムホールディングスは昨年6月、助野健児氏が社長兼COOになった。古森重隆会長兼CEOは続投し、経営の最終決定権を握り続けている。 ファナックは昨 [全文を読む]

有力トップが大予測!「2017年、日本経済はトランプ・ショックを乗り越えられるか?」

プレジデントオンライン / 2017年01月12日09時15分

でないと長くもちませんから」 トランプ政権の動向次第だとみるのは経団連の名誉会長でキヤノン会長兼CEOの御手洗冨士夫氏だ。 「今年は今までに比べれば景気はいいだろうと思います。しかしいろいろ不透明なところもあります。トランプが20日に何を話すかによって変わってくるんじゃないでしょうか。トランプがこれまで主張してきたような極端な保護貿易が本当にできるのか、私 [全文を読む]

東芝メディカルシステムズ株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ

PR TIMES / 2016年12月19日16時47分

キヤノン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役会長 CEO:御手洗冨士夫、以下「キヤノン」)は、東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、代表取締役社長:瀧口登志夫、以下「東芝メディカル」)の株式取得について、所要の競争法規制当局のクリアランス取得が完了したため、東芝メディカルの株式取得(子会社化)を行うことを、本日開催した取締役会で決議し [全文を読む]

「老害」経営者に蝕まれる日本企業…高収益企業・キヤノンの没落、巨額買収連発も効果なし

Business Journal / 2016年12月13日06時00分

元経団連会長の御手洗冨士夫会長兼CEO(最高経営責任者)が率いるキヤノンは、今期3度目の業績下方修正をした。2016年12月期(通期)の連結純利益は、前期比25%減の1650億円。従来予想の18%減の1800億円から減益幅が広がる。売上高は前期比12%減の3兆3600億円、営業利益は34%減の2350億円になる見通し。業績見通しを引き下げるのは4月、7月 [全文を読む]

「安倍首相のポチ」榊原経団連会長、経済界で総スカン…政府の要求を次々と安請け合い

Business Journal / 2016年10月06日06時00分

「経団連の御手洗冨士夫名誉会長、榊原定征会長、渡文明前審議員会議長とゴルフ」とある。安倍首相が財界人とゴルフをするときは、このメンバーが多い。 [全文を読む]

大前氏 日本に必要なのは働き方改革ではなく「休み方改革」

NEWSポストセブン / 2016年09月25日07時00分

たとえば、御手洗冨士夫・元経団連会長(現在は名誉会長)が会長を務めているキヤノンは「国内生産回帰」を高らかに宣言しながら、今も半分ほどは珠海やベトナムを中心とした海外生産で、国内雇用はほとんど増えていない。 いま日本に必要なのは、政府による強制的・一律的な働き方改革ではなく、国民が自由に長期間の休暇を楽しめるようにする「休み方改革」の施策である。 観光庁が [全文を読む]

HP Inc.、サムスン電子のプリンタ事業買収によって、550億ドル規模のコピー機セグメントの破壊を加速

JCN Newswire / 2016年09月13日12時02分

」と、 キャノン会長でCEOの御手洗冨士夫氏は述べました。「この取引によって、両社の協業はさらに発展し、両社に成長をもたらすでしょう。」この買収は、コストシナジーと強力な財務モデルによって、クロージング後最初の1年間で増収に転じる見込みです。取引は、保留中の規制当局の審査や他の慣習的なクロージング条件を、12か月以内に完了する予定です。クロージング後、サム [全文を読む]

創業家によるお家騒動相次ぐが「大政奉還」も目立つ

NEWSポストセブン / 2016年07月18日16時00分

トヨタのV字回復がまさにそうでした」 キヤノンも欧州債務危機で業績が悪化すると経団連会長まで務めた御手洗冨士夫・会長(創業者の甥)が社長に再登板し、事業の再構築を大胆に進めた。逆に、サントリーは創業家の佐治信忠会長がキリンとの統合計画を進めたが不首尾に終わると、2014年にはローソン社長だった新浪剛史氏を社長に抜擢した。だが、これも将来の大政奉還をにらんだ [全文を読む]

キヤノンを蝕む危機…「博打的」巨額買収で急速に財務体質悪化、負債膨張で格付け引き下げ

Business Journal / 2016年07月01日06時00分

キヤノンの御手洗冨士夫会長兼社長は、「2020年に連結売上高5兆円以上に再挑戦する」との目標を掲げる。主力のカメラや複写機が伸び悩むなかで、監視カメラと商業印刷、そして医療用機器を次の成長の柱に据えた。つまり、東芝メディカルは社運を賭けた買収であり、絶対に落とせなかったのだ。 しかし、外部の評価は冷ややかだ。格付け会社ムーディーズ・ジャパンは、キヤノンの [全文を読む]

社長に再登板する大物経営者 ユニクロ、キヤノン、スズキ等

NEWSポストセブン / 2016年06月30日11時00分

キヤノンの御手洗冨士夫氏(80)は2006年に会長に退き、経団連会長に就任したが、その任期を終えた2012年に7歳年下の社長を相談役に退かせ、社長に復帰した。「創業者・御手洗毅の甥という立場で、後継者と認められる人物がいなかったということでしょう。今年3月にようやく、カメラ畑出身の真栄田雅也氏(63)に社長が交代しましたが、まだCEO(最高経営責任者)の肩 [全文を読む]

鴻海・郭台銘会長 シャープへの固執は日本への期待感の表れ

NEWSポストセブン / 2016年04月15日16時00分

郭台銘が東京のキヤノンの御手洗冨士夫社長(当時)に会いにいったとき、帝国ホテルに泊まった。そこで郭台銘は「このホテルは高過ぎる。8千円のホテルで十分じゃないか」と言って、本当にホテルを値段の安いところに変えてしまったという。 郭台銘に最も近い日本人と言われるホンハイ特別顧問で、ファインテック(東京都大田区)社長の中川威雄は、シャープへの過剰なほどの固執は [全文を読む]

東芝メディカルシステムズ株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ

PR TIMES / 2016年03月17日15時49分

キヤノン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役会長兼社長 CEO:御手洗冨士夫、以下「キヤノン」)は、東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、代表取締役社長:瀧口登志夫、以下「TMSC」)の株式を株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長:室町正志、以下「東芝」)から取得しTMSCの子会社化(以下「本件子会社化」)を行うことを決定し、 [全文を読む]

日本郵政、西室社長退任が濃厚に…完全に崩れた「上場」成長戦略、マイナス金利が直撃

Business Journal / 2016年03月12日06時00分

日本郵政の指名委員会は委員長が新日鐵住金相談役名誉会長の三村明夫氏、委員は西室氏のほか、キヤノン会長兼社長CEOの御手洗冨士夫氏、東京海上日動火災保険相談役の石原邦夫氏、現在上級副社長を務める元総務省事務次官の鈴木康雄氏の5人である。 後任候補には民間の企業経営者を起用する案が浮上しているが、引き受け手がおらず難航が予想される。大株主である政府が最終判断す [全文を読む]

キヤノン老害・御手洗会長、同郷人優遇し20年権力保持の異常経営…成長鈍化の要因か

Business Journal / 2016年02月17日06時00分

会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)の御手洗冨士夫氏は会長兼CEOとして引き続きグループ全体を統括するため、実態として御手洗氏が実権を握る構図は変わらない。 御手洗氏は1995年に社長、2006年に会長となった。10年に経団連会長を退任後、経営の第一線に返り咲き、12年から社長を兼務してきた。 最初の社長時代の御手洗氏はキヤノンを日本有数の高収益企業に変貌 [全文を読む]

社長交代続々 ニトリ・ヤマダら創業家以外からの抜擢に注目

NEWSポストセブン / 2016年02月16日16時00分

「2012年に社長に復帰した御手洗冨士夫氏が、カメラ畑出身の眞榮田氏を後継者に選んだ。御手洗氏が『何より評価したのは生産技術を高めてきたこと』というだけに、生産改革を実現できるかが問われる」(同前) ※週刊ポスト2016年2月26日号 [全文を読む]

超優良企業・キヤノンの凋落…老害・御手洗会長、責任取らず20年居座る異常さで皇帝扱い

Business Journal / 2016年02月04日06時00分

「『2020年に売上高5兆円』に再挑戦する」 キヤノンの御手洗冨士夫会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)は昨年来、ことあるごとにメディアに、こう語ってきた。 5カ年(16~20年)の中長期経営計画「グローバル優良企業グループ構想フェーズ5」では、連結売上高5兆円以上、営業利益率15%以上、純利益率10%以上(為替の前提は1ドル=125円、1ユーロ=135円 [全文を読む]

フォーカス