大隅良典のニュース

ノーベル賞受賞・大隅良典氏が教えてくれた1勝9敗からの成功

まぐまぐニュース! / 2016年10月05日04時30分

今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者に、生物が細胞内でたんぱく質を分解し再利用する「オートファジー」の仕組みを解明した東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏が選ばれました。この話題を受け、無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、「好きなことを続けること」の大切さとそれをビジネスに活かす方法 [全文を読む]

大隅氏ノーベル賞の一方で…日本の研究者が置かれた苦しい現状

まぐまぐニュース! / 2016年11月23日12時37分

2016年のノーベル生理医学賞を日本人の大隅良典さんが受賞したことは、今年の大きなニュースとなりました。2014年から3年連続でノーベル賞受賞者が出たことは日本にとってとても名誉なことですが、まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、「クマムシ博士」こと堀川大樹さんの記事によると、日本の科学研究の状況は、決して明るいものではないようです。堀川さんによ [全文を読む]

ノーベル賞・大隅良典さん 結婚45年妻に贈った感謝のバラ

WEB女性自身 / 2016年10月15日06時00分

(写真・AFLO)細胞が不要なタンパク質などを分解して栄養源に再利用する「オートファジー」、その仕組みを解明した功績によってノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅良典東京工業大学栄誉教授(71)。その妻・萬里子さん(69)は本誌にこう語る。 「夫はいい加減でずぼらなのに、どうして実験がうまくいくのか不思議でしたね。家の中だと脱いだものを片づけないし、靴下が片 [全文を読む]

ノーベル賞・大隅良典さん 六畳一間新婚生活支えた妻の奮闘

WEB女性自身 / 2016年10月15日06時00分

だってあの人、ちょっと子どもっぽいじゃないですか」 そう微笑むのは、大隅良典東京工業大学栄誉教授(71)の妻・萬里子さん(69)だ。細胞が不要なタンパク質などを分解して栄養源に再利用する「オートファジー」という仕組みの解明により、ノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅さん。パーキンソン病やアルツハイマー病治療への活用も期待されている世紀の大発見だ。受賞翌日の [全文を読む]

祝 ノーベル医学・生理学賞受賞 大隅良典先生 。『子供の科学』11月号の付録は、ノーベル賞の歴史がわかる「科学の発見史」特大年表!

PR TIMES / 2016年10月13日10時42分

[画像1: http://prtimes.jp/i/12109/200/resize/d12109-200-647451-0.jpg ]2016年のノーベル賞では、東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんが医学・生理学賞を受賞。3年連続で日本人研究者が受賞する快挙に、子供たちの間でも科学研究への興味関心が集まっています。『子供の科学』11月号の付録は、創刊から9 [全文を読む]

大隅良典教授のノーベル賞受賞で茂木健一郎さんの過去ツイートが再び注目される

ガジェット通信 / 2016年10月04日20時45分

10月3日、大隅良典・東京工業大学栄誉教授がノーベル医学生理学賞を受賞。TVなどでも大きく報じられているが、そんな中でネット上では脳科学者の茂木健一郎さん(@kenichiromogi)の過去のツイートが注目を浴びている。 ひとつは2013年10月のもの。茂木さんは 日本のマスコミも、そろそろノーベル賞思考停止で有り難がるの、やめたら。田舎くせえよ。 とツ [全文を読む]

ノーベル医学・生理学賞に日本の研究者―東工大の大隅良典栄誉教授

インターネットコム / 2016年10月03日19時00分

2016年のノーベル医学・生理学賞に東京工業大学の大隅良典栄誉教授に授与すると正式発表があった。Twitterでも伝えている。 発表では人間を含めさまざまな生物の細胞が自らの一部を分解し、エネルギー源などとして再利用する「オートファジー(自食作用)」の仕組みを解明した功績をたたえている。 大隈氏は、1990年代にパン酵母を使った「華麗な実験」によりオートフ [全文を読む]

日本に毎年嫉妬。韓国がノーベル賞を取れない本当の理由

まぐまぐニュース! / 2016年10月07日05時00分

10月3日、大隅良典東工大栄誉教授のノーベル生理学医学賞受賞決定の報を受け歓喜に湧いた日本ですが、未だ自然科学分野での受賞がないお隣韓国はと言うと…。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では、毎年日本に嫉妬し「日本はノーベル賞を金で買った」とまで言う韓国人の「ノーベル症」なるものを紹介、さらに彼らが受賞できない「本当の理由」 [全文を読む]

韓国科学界が考える「日本のノーベル賞受賞の原動力」とは?=韓国ネット「今さら後悔しても遅い」「韓国には無理!」

Record China / 2016年10月04日16時20分

ペク・ソンヒソウル大学生命科学部教授は「今年のノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典氏は『オートファジー』の分子メカニズムを解明した“最初”の科学者」とし、「『オートファジー』分野は日本が主導する学問であり、今回の受賞に異議があるわけがない」と述べた。 スウェーデンのノルウェー・ノーベル委員会は3日、東京工業大学の大隅良典栄誉教授(71)を2016年ノーベ [全文を読む]

日本が3年連続!ノーベル医学生理学賞に東工大・大隈名誉教授

しらべぇ / 2016年10月03日19時30分

初日は医学・生理学賞が発表されたが、日本人では東京工業大学名誉教授の大隅良典氏(71歳)が「オートファジー」の研究により受賞した。日本人のノーベル賞は3年連続、アメリカ国籍を取得した人を含め25人目となる。医学生理学賞の受賞は、昨年の大村智さんに続き4人目。■「オートファジー」って何?そもそも「オートファジー」とはギリシャ語で「自分」+「食べる」という意味 [全文を読む]

フォーカス