大隅良典のニュース

ノーベル賞受賞・大隅良典氏が教えてくれた1勝9敗からの成功

まぐまぐニュース! / 2016年10月05日04時30分

今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者に、生物が細胞内でたんぱく質を分解し再利用する「オートファジー」の仕組みを解明した東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏が選ばれました。この話題を受け、無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、「好きなことを続けること」の大切さとそれをビジネスに活かす方法 [全文を読む]

大隅氏ノーベル賞の一方で…日本の研究者が置かれた苦しい現状

まぐまぐニュース! / 2016年11月23日12時37分

2016年のノーベル生理医学賞を日本人の大隅良典さんが受賞したことは、今年の大きなニュースとなりました。2014年から3年連続でノーベル賞受賞者が出たことは日本にとってとても名誉なことですが、まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、「クマムシ博士」こと堀川大樹さんの記事によると、日本の科学研究の状況は、決して明るいものではないようです。堀川さんによ [全文を読む]

ノーベル賞・大隅良典さん 六畳一間新婚生活支えた妻の奮闘

WEB女性自身 / 2016年10月15日06時00分

だってあの人、ちょっと子どもっぽいじゃないですか」 そう微笑むのは、大隅良典東京工業大学栄誉教授(71)の妻・萬里子さん(69)だ。細胞が不要なタンパク質などを分解して栄養源に再利用する「オートファジー」という仕組みの解明により、ノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅さん。パーキンソン病やアルツハイマー病治療への活用も期待されている世紀の大発見だ。受賞翌日の [全文を読む]

ノーベル賞・大隅良典さん 結婚45年妻に贈った感謝のバラ

WEB女性自身 / 2016年10月15日06時00分

(写真・AFLO)細胞が不要なタンパク質などを分解して栄養源に再利用する「オートファジー」、その仕組みを解明した功績によってノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅良典東京工業大学栄誉教授(71)。その妻・萬里子さん(69)は本誌にこう語る。 「夫はいい加減でずぼらなのに、どうして実験がうまくいくのか不思議でしたね。家の中だと脱いだものを片づけないし、靴下が片 [全文を読む]

祝 ノーベル医学・生理学賞受賞 大隅良典先生 。『子供の科学』11月号の付録は、ノーベル賞の歴史がわかる「科学の発見史」特大年表!

PR TIMES / 2016年10月13日10時42分

[画像1: http://prtimes.jp/i/12109/200/resize/d12109-200-647451-0.jpg ]2016年のノーベル賞では、東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんが医学・生理学賞を受賞。3年連続で日本人研究者が受賞する快挙に、子供たちの間でも科学研究への興味関心が集まっています。『子供の科学』11月号の付録は、創刊から9 [全文を読む]

大隅良典教授のノーベル賞受賞で茂木健一郎さんの過去ツイートが再び注目される

ガジェット通信 / 2016年10月04日20時45分

10月3日、大隅良典・東京工業大学栄誉教授がノーベル医学生理学賞を受賞。TVなどでも大きく報じられているが、そんな中でネット上では脳科学者の茂木健一郎さん(@kenichiromogi)の過去のツイートが注目を浴びている。 ひとつは2013年10月のもの。茂木さんは 日本のマスコミも、そろそろノーベル賞思考停止で有り難がるの、やめたら。田舎くせえよ。 とツ [全文を読む]

ノーベル医学・生理学賞に日本の研究者―東工大の大隅良典栄誉教授

インターネットコム / 2016年10月03日19時00分

2016年のノーベル医学・生理学賞に東京工業大学の大隅良典栄誉教授に授与すると正式発表があった。Twitterでも伝えている。 発表では人間を含めさまざまな生物の細胞が自らの一部を分解し、エネルギー源などとして再利用する「オートファジー(自食作用)」の仕組みを解明した功績をたたえている。 大隈氏は、1990年代にパン酵母を使った「華麗な実験」によりオートフ [全文を読む]

日本に毎年嫉妬。韓国がノーベル賞を取れない本当の理由

まぐまぐニュース! / 2016年10月07日05時00分

10月3日、大隅良典東工大栄誉教授のノーベル生理学医学賞受賞決定の報を受け歓喜に湧いた日本ですが、未だ自然科学分野での受賞がないお隣韓国はと言うと…。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では、毎年日本に嫉妬し「日本はノーベル賞を金で買った」とまで言う韓国人の「ノーベル症」なるものを紹介、さらに彼らが受賞できない「本当の理由」 [全文を読む]

韓国科学界が考える「日本のノーベル賞受賞の原動力」とは?=韓国ネット「今さら後悔しても遅い」「韓国には無理!」

Record China / 2016年10月04日16時20分

ペク・ソンヒソウル大学生命科学部教授は「今年のノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典氏は『オートファジー』の分子メカニズムを解明した“最初”の科学者」とし、「『オートファジー』分野は日本が主導する学問であり、今回の受賞に異議があるわけがない」と述べた。 スウェーデンのノルウェー・ノーベル委員会は3日、東京工業大学の大隅良典栄誉教授(71)を2016年ノーベ [全文を読む]

日本が3年連続!ノーベル医学生理学賞に東工大・大隈名誉教授

しらべぇ / 2016年10月03日19時30分

初日は医学・生理学賞が発表されたが、日本人では東京工業大学名誉教授の大隅良典氏(71歳)が「オートファジー」の研究により受賞した。日本人のノーベル賞は3年連続、アメリカ国籍を取得した人を含め25人目となる。医学生理学賞の受賞は、昨年の大村智さんに続き4人目。■「オートファジー」って何?そもそも「オートファジー」とはギリシャ語で「自分」+「食べる」という意味 [全文を読む]

朝日小学生新聞が国立・私立50校の入試問題を調査

PR TIMES / 2017年02月24日16時53分

また、ノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典さんのオートファジーのしくみも東京・学習院中等科などが取り上げ、どのような研究内容か選ばせる問題がありました。 朝日学生新聞社のウェブサイトは www.asagaku.com *朝日小学生新聞 朝日学生新聞社が発行する日刊の全国紙。月ぎめ1769円(税込み)。2017年4月で創刊50年を迎える。企業プレスリリース [全文を読む]

高学歴ワーキングプア「ポスドク問題」は解決できたか!?

プレジデントオンライン / 2017年02月17日09時15分

ロックフェラー大学は、もともと医学研究所で、古くは野口英世、最近では昨年ノーベル生理学・医学賞を受賞された大隅良典教授が在籍した大学。いまは生物系の大学院大学です。学部というものがなく、学生はみんな生命系の研究をしています。私は脳の研究、具体的には霊長類の顔認識。私たちが他人の顔を見たときに、脳がどのように活動して、どんな情報を伝えるかを調べていました。 [全文を読む]

『シリーズ〈本と日本史〉(3) 中世の声と文字 親鸞の手紙と『平家物語』』(大隅和雄著/集英社新書)が1月17日に発売!

DreamNews / 2017年01月13日17時00分

2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した、東京工業大学・大隅良典栄誉教授の実兄。【お問い合わせ】集英社 広報部 03-3230-6314 [全文を読む]

150年以上前の講義を味わう ファラデーが説くロウソクの科学と彼の人柄とは

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月17日06時30分

本書は、2016年にノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典・東京工業大学栄誉 教授が科学の道を志すきっかけとなった愛読書でもある。 『ロウソクの科学』が出版されたのは1861年 のこと。世界各国で学校の教科書の副読本として読み継がれており、現在も当時の内容がそのまま出版されている。科学の進歩は著しいが、「ロウソクの科学」で扱うような基礎的な部分は今でも変わ [全文を読む]

“王道”小山薫堂に“余裕の塊”太田和彦…知的オーラの「大人の男」

anan NEWS / 2016年11月10日12時00分

学者や作家、建築家…知性を感じる大人の男の魅力について、作家の山内マリコさん、放送作家の勝木友香さん、ライターHが女子トークで盛り上がります! * * * ライターH(以下H):大人の男の中でもここでは“知的な大人の男”の魅力を語り尽くそうと思うわけですが、そんな矢先、今年も日本人がノーベル賞を受賞したというニュースが! 山内:大隅良典栄誉教授ですね。最近 [全文を読む]

日本の科学研究、知られざる深刻な地盤沈下の実態…論文の被引用数の圧倒的少なさ

Business Journal / 2016年11月08日06時00分

昨年の梶田隆章・東京大学教授(物理学賞)や今年の大隅良典・東京工業大栄誉教授(医学・生理学賞)が受賞した背景には、1980~90年代の日本人研究者のがんばりがあった。 では、日本の科学研究は、今もノーベル賞級の研究を次々と生み出しているだろうか。 科学研究の成果は、学術雑誌に論文というかたちで発表され、世界に認められることになる。ところが、日本人研究者が発 [全文を読む]

「2016年度蔵前ベンチャー賞」受賞のお知らせ

PR TIMES / 2016年11月01日09時21分

また、2009年に設置されました、社会の進歩に顕著に貢献した個人または企業を表彰する「蔵前特別賞」は、2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した東京工業大学栄誉教授である大隅良典氏を含む2名が受賞しております。 なお、2016年度蔵前特別賞・ベンチャー賞の授与式・記念講演会は、2016年12月1日(火)17時より東京工業大学大岡山キャンパスにて開催予定で [全文を読む]

認知症治療薬開発はノーベル賞を受賞した日本人の研究が鍵に

認知症ねっと / 2016年10月27日20時00分

受賞した大隅良典さんの研究は、様々な病気の治療に応用が可能だとして期待されていますが、その一つが、アルツハイマー病の治療です。 アルツハイマー病では、「アミロイドβタンパク」というタンパク質が脳内に多くたまると、神経細胞の働きが邪魔されて脳が萎縮してしまう、という病気ですが、現在アルツハイマー病の治療に使われている薬は、このタンパク質に直接関与するもので [全文を読む]

ノーベル文学賞に反応しないボブ・ディランは「本物のロック」だ

メディアゴン / 2016年10月18日07時40分

【参考】<整理番号ぐらいでグダグダ言わない!>シーナ&ザ・ロケッツの35周年ライブに見たロックの神髄2016年のノーベル生理学・医学賞は東京工業大学の大隅良典栄誉教授に授与された。大隅氏はインタビューで、 「基礎研究の重要性を訴え、現状を憂い、そして一億に近い賞金をあげて若手を育てるために役立てたい。これに対してマスコミや首相は応用面のことにしか触れず、文 [全文を読む]

【ノーベル賞】不食人間とはオートファジーが超活発なニュータイプか!? 科学ライターが解説!

tocana / 2016年10月17日09時00分

今年のノーベル医学・生理学賞を授与された東京工業大学の大隅良典栄誉教授(71)。その受賞理由は、飢餓状態に陥った細胞が自らのタンパク質を分解してリサイクルする“自食作用”、すなわち「オートファジー」という仕組みを解明した功績によるものだ。このオートファジーは、細胞内に侵入した不要な物質や有害物質、病原菌などを分解し、細胞を防御する役割も果たしていることが解 [全文を読む]

フォーカス