村井國夫のニュース

東宝芸能50th Musical チャリティコンサート『Espoir ~希望をもって~』9月19日・20日に東京国際フォーラムで開催!使用楽曲も決定

@Press / 2014年09月05日16時30分

・「So in love」キス・ミー・ケイトより 一路真輝、今井清隆・「Take me to heaven」シスター・アクト ~天使にラブ・ソングを~より 瀬奈じゅん・「世界が終わる夜のように」ミス・サイゴンより 昆夏美、石井一彰・「アデレードの嘆き」ガイズ&ドールズより 高橋由美子・「Hello,young lovers」王様と私より 一路真輝・「My [全文を読む]

浅田次郎作品、いよいよWOWOWでドラマ化!「連続ドラマW きんぴか」60秒予告編をWEBで公開!!

PR TIMES / 2015年12月27日10時10分

また同じころ、政治家・山内龍造(村井國夫)の優秀な秘書・広橋秀彦(ユースケ・サンタマリア)は山内の収賄容疑をかぶり逮捕され、離婚の危機に。そんな“崖っぷち”2人にも向井が声を掛け、健太、大河原、広橋がそろった。向井は「肚、腕、頭、三つぞろいの悪党がそろったんだ。理不尽を我慢するこたぁやめて、好きにやってみろ」と言い放つ。かくして、“3人の悪党”の快進撃が始 [全文を読む]

YG所属俳優 大和孔太、連続ドラマレギュラー出演決定!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月05日10時00分

【作品概要】WOWOW土曜オリジナルドラマ連続ドラマW「きんぴか」2016年2月13日(土)スタート(全5話)【第1話無料放送】 / 毎週土曜夜10:00原作:浅田次郎「きんぴか」シリーズ(光文社文庫刊)脚本:久松真一 / プロデュース:東康之 / プロデューサー:浅野澄美(FCC) / 演出:西浦正記(FCC) 出演:中井貴一 ユースケ・サンタマリア ピ [全文を読む]

『美女と野獣』早くもMovieNEXに!アニメ&実写の名シーン“比較”映像到着

CinemaCafe.net / 2017年07月25日12時00分

エマ・ワトソンを主演に豪華キャストを迎え、今年、洋画邦画合わせてNo.1の大ヒットを記録した『美女と野獣』が、早くもMovieNEXでリリース決定。これを記念して、アニメーション版・実写版の名シーンの数々を徹底比較できる特別映像が公開された。 魔女の呪いによって野獣の姿に変えられてしまった、美しいが高慢な王子。呪いを解く鍵は、魔法のバラの花びらが全て散る前 [全文を読む]

カイ(超特急)、実写映画『東京喰種 トーキョーグール』ヒデ役に抜擢!

okmusic UP's / 2017年05月22日12時00分

■【映画概要】タイトル:『東京喰種 トーキョーグール』 原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「週刊ヤングジャンプ」連載 出演:窪田正孝 清水富美加/鈴木伸之/蒼井優/大泉洋 村井國夫/桜田ひより/相田翔子/浜野謙太/佐々木希/栁俊太郎 監督:萩原健太郎 脚本:楠野一郎 配給:松竹 公開:7月29日 全国公開 ■公式サイト http://w [全文を読む]

「美女と野獣」山崎育三郎らミュージカルスターそろい踏み

Smartザテレビジョン / 2017年01月31日23時03分

そして、ポット夫人役を岩崎宏美、モーリス役を村井國夫、ガストン役を吉原光夫、ル・フウ役を藤井隆、ルミエール役を成河、コグスワース役を小倉久寛、マダム・ド・ガルドローブ役を濱田めぐみ、プリュメット役を島田歌穂、チップ役を池田優斗が務めることが発表されている。 [全文を読む]

『美女と野獣』日本語吹替版の野獣役は山崎育三郎!ミュージカル界のスターが集結

Movie Walker / 2017年01月31日13時08分

この日は、昆、山崎、岩崎宏美(ポット夫人)、村井國夫(モーリス)、吉原光夫(ガストン)、藤井隆(ル・フウ)、成河(ルミエール)、小倉久寛(コグスワース)、濱田めぐみ(マダム・ド・ガルドローブ)、島田歌穂(ブリュメット)、池田優斗(チップ)が登壇した。 発表会はピアノとチェロ演奏で幕開けし、キャスト陣が珠玉の名曲「美女と野獣」を生披露した。実力派の豪華キャス [全文を読む]

「美女と野獣」ミュージカル期待の若手・昆夏美がベル役

Smartザテレビジョン / 2017年01月31日12時06分

そして、ポット夫人役を岩崎宏美、モーリス役を村井國夫、ガストン役を吉原光夫、ル・フウ役を藤井隆、ルミエール役を成河、コグスワース役を小倉久寛、マダム・ド・ガルドローブ役を濱田めぐみ、プリュメット役を島田歌穂、チップ役を池田優斗が務める。 実力派の俳優が顔を揃えた会見では、キャスト陣により主題歌である名曲「美女と野獣」が生歌披露され、その圧倒的な歌唱力で本 [全文を読む]

アメリカ演劇の金字塔がケラ演出で上演…『8月の家族たち』を中村靖日が語る

anan NEWS / 2016年05月03日20時00分

◇父(村井國夫)が失踪し、家族が久々に集まる。だが薬物の過剰摂取で錯乱状態の母(麻実)と三姉妹(秋山、常盤、音月)との関係はギクシャク。そこに新たな火種が投下され…。 ※『anan』2016年5月4日‐11日合併号より。写真・中島慶子 インタビュー、文・望月リサ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】瀧本美織が仰天発言。「バカボンのパパにめちゃくちゃにされてもいい」「Mです(笑)」

TechinsightJapan / 2015年05月23日13時53分

23日土曜日の朝早く、新宿バルト9にて長編アニメ映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』の初日舞台挨拶に登場したのは主演・監督を務めたFROGMAN(バカボンのパパ役)、瀧本美織(ネロ役)、濱田岳(西河内好平役)、犬山イヌコ(バカボン役)、ダチョウ倶楽部・上島竜兵(レレレのおじさん役)、村井國夫(ダンテ役)の6名。 「秘密結社 鷹の爪」シリーズの作 [全文を読む]

瀧本美織はM?「パパにめちゃくちゃにされたい」

Movie Walker / 2015年05月23日13時08分

赤塚不二夫生誕80周年記念作『天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜』の初日舞台挨拶が5月23日に新宿バルト9で開催され、監督のFROGMAN、瀧本美織、濱田岳、犬山イヌコ、上島竜兵(ダチョウ倶楽部)、村井國夫が登壇。瀧本が「(バカボンの)パパについていきたい。めちゃくちゃになってもいい!」と大胆発言で会場を沸かせた。 「天才バカボン」を初めて長編映画化し [全文を読む]

まさかのコラボレーション!映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』 監督・脚本 FROGMAN 氏 インタビュー

PR TIMES / 2015年05月22日18時52分

http://www.creativevillage.ne.jp/cafe/frogman.html ■作品情報 『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』 5月23日(土) 全国ロードショー [画像: http://prtimes.jp/i/3670/413/resize/d3670-413-502149-0.jpg ] (C)天才バカヴォン製作委員会 [全文を読む]

瀧本美織がふざける!キレる!バカになる!映画「天才バカヴォン」とは一体…

Woman Insight / 2015年05月21日15時50分

ネロ役の瀧本さんだけでなく、バカボン役には犬山イヌコさん、暗黒組織・インテリペリの総帥ダンテ役には村井國夫さんなど、豪華声優陣にも注目です。 さらにオープニングテーマはチームしゃちほこ、主題歌はクレイジーケンバンドが担当! 贅沢要素盛りだくさんで、笑いあり、涙ありの映画となっております。ぜひ劇場でご覧ください。(鈴木 梢) 『天才バカヴォン~蘇るフランダー [全文を読む]

瀧本美織、『フランダースの犬』実写版にも意欲

Movie Walker / 2015年05月14日19時46分

映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』(5月23日公開)の完成披露試写会が5月14日に新宿バルト9で開催され、監督のFROGMAN、瀧本美織、犬山イヌコ、上島竜兵(ダチョウ倶楽部)、村井國夫、主題歌を担当することに決まった横山剣(クレイジーケンバンド)が登壇した。 赤塚不二夫の代表作「天才バカボン」初の長編劇場版アニメとなる本作。『天才バカボン』と [全文を読む]

「天才バカヴォン」×「フランダースの犬」、超異色作に瀧本美織、濱田岳ら声優として参加

Entame Plex / 2015年04月03日16時00分

さらに、レレレのおじさんにはダチョウ倶楽部の上島竜兵、暗黒組織インテリペリを率いるダンテを村井國夫。その他にも、豪華な顔ぶれが集まっている。 監督、脚本、さらにはバカボンパパの声優を務めたFROGMANは「はい!天才バカヴォンの監督のフロッグマンです!はい!自分は、普段、鷹の爪っていう、変なアニメを作ったりしてます!でも今回は、天才バカボンってことで、す [全文を読む]

『エクスペンダブルズ3』日本語吹替声優陣もヤバすぎる 洋画ファンにマッスルリベンジャー

AOLニュース / 2015年02月26日18時05分

3月18日(水)にパッケージで再登場する『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』の日本語吹き替え版のメンバーが、最強すぎて胸熱キャスト状態であることが判明した! バーニー・ロス=シルヴェスター・スタローン役のささきいさおを筆頭に、ジェイソン・ステイサム役の山路和弘、ドルフ・ラングレン役の大塚明夫、ハリソン・フォード役の村井國夫、アーノルド・シュワルツェ [全文を読む]

フォーカス