蟹江敬三のニュース

蟹江敬三さん 名優のルーツは「劇団仲間だった妻が託した夢」

WEB女性自身 / 2014年05月24日07時00分

「今日は、あなたにどうしてもお別れを言いたかったという方たちが来てくださるのよ」 5月13日、東京・青山葬儀場で開かれた蟹江敬三さん(享年69)のお別れの会。花と遺影、遺骨だけのシンプルな祭壇に、妻の綾子さん(70)はこう語りかけたという。蟹江さんが所属していた「劇団青俳」の1年先輩で、演出家でルポライターの石飛仁さん(72)は、蟹江さんと綾子さんの出会い [全文を読む]

亡くなる直前に蟹江敬三さん語った「あまり考えず現場入る」

NEWSポストセブン / 2014年05月17日07時00分

3月末日、胃がんのために亡くなった俳優の蟹江敬三さんに、昨年11月に映画史・時代劇研究家の春日太一氏は2時間に及ぶロングインタビューを行った。そのときに蟹江さんが発した演技に臨むときの気持ちについて、春日氏がつづる。 * * * 今年3月に亡くなった蟹江敬三には、本連載では1月に御登場いただいている。昨年の11月末にインタビューをさせていただいたのだが、そ [全文を読む]

能年玲奈、「事実を受け止められない」 “あまちゃん”で共演の蟹江敬三さんに追悼コメント

モデルプレス / 2014年04月10日18時06分

女優の能年玲奈が、先月30日に胃がんのため死去した蟹江敬三さんに追悼のコメントをした。 ◆能年玲奈、“じいちゃん”蟹江敬三さんとの思い出を振り返る 2人は、能年のブレイクのきっかけとなったNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で共演。10日、自身のオフィシャルブログで「うまく事実を受け止められません。こういった事が、どういう事なのか、頭の中で整理がつきませ [全文を読む]

「スマホでUSEN」朗読番組追加のお知らせ

PR TIMES / 2014年04月10日13時57分

~名優 蟹江敬三氏が、読み手を務めた朗読作品2作品を先行配信~ 株式会社USEN(本社:東京都港区、代表取締役社長:田村公正、以下USEN)が運営する定額音楽配信サービス「スマホでUSEN」において、4月10日(木)15:00より、新たに朗読チャンネルを2チャンネル追加して配信致します。 「スマホでUSEN」では、4月中旬より順次「NHK朗読」シリーズの配 [全文を読む]

蟹江敬三 「役は魂を入れ、『作る』のではなく『なる』もの」

NEWSポストセブン / 2014年02月05日07時00分

個性派俳優として広く知られる蟹江敬三が語った『役作り』という言葉に感じる違和感を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が解説する。 * * * 蟹江敬三は名脇役として数々のテレビドラマを支えている。中でも、刑事ドラマや時代劇などで相手の独白を聞く「受けの芝居」をする際の情感あふれる表情は絶品で、そこに蟹江がいるだけで感動的な名シーンになってしまう。こうした場合 [全文を読む]

数多く悪役を演じた蟹江敬三 人は何に恐怖を感じるかを語る

NEWSポストセブン / 2014年01月31日16時00分

舞台俳優からキャリアをスタートさせ、映画やテレビドラマなど多くの場面で活躍してきた蟹江敬三といえば、常軌を逸した悪役のイメージが強くあった。悪役を演じるうえで意識してきた「悪」について蟹江が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が解説する。 * * * 1970年代、蟹江敬三は数多くの刑事ドラマや時代劇で悪役を演じてきた。しかも、そのほとんどは『G [全文を読む]

蟹江敬三 ロマンポルノで強姦魔を演じたときの感覚を語った

NEWSポストセブン / 2014年01月20日07時00分

舞台俳優として若き日の蜷川幸雄らとともに劇団を旗揚げした俳優の蟹江敬三は、映画やドラマ、にっかつロマンポルノなど多岐にわたって活躍してきた。故・勝新太郎の監督デビュー作に主演した当時や、「強姦の美学」とまで異名をとったロマンポルノ出演時の思い出について蟹江が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が解説する。 * * * 1960年代終わりから197 [全文を読む]

引っ込み思案だった蟹江敬三 偶然立った舞台で役者の道志す

NEWSポストセブン / 2014年01月10日07時00分

刑事ドラマに二時間サスペンス、大河ドラマなどに数多く登場する個性派俳優、蟹江敬三はかつて、いまは世界的な演出家となった蜷川幸雄氏とともに劇団を結成して若者から大きな支持を得ていた。劇団で活動していた当時の蜷川氏との思い出について蟹江が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が解説する。 * * * 蟹江敬三は元々、引っ込み思案なタイプだったという。そ [全文を読む]

追悼・蟹江敬三さん 個性派俳優が魅せた狂気の演技(1)谷ナオミと水原ゆう紀が怪演を振り返る

アサ芸プラス / 2014年04月22日09時58分

3月30日、名脇役の蟹江敬三さん(享年69歳)が、胃ガンで亡くなった。昨年ブームとなったドラマ「あまちゃん」では憎めない役柄でファンに愛された。だが、その俳優としての地位を確立したのは、ロマンポルノでの怪優ぶりだった。 「初めてご一緒した時は、蟹江さんは髪の毛も真っ黒でしたが、最近はドラマでヒゲも真っ白になって、蟹江さんも私もお互い年を取ったなと懐かしく拝 [全文を読む]

蟹江敬三さん 好演した『あまちゃん』で叶えた長年の夢

WEB女性自身 / 2014年04月10日07時00分

名脇役として知られた俳優の蟹江敬三さんが、3月30日、胃がんのため都内の病院で亡くなった。69歳だった。蟹江さんは今年1月には12年間ナレーターを務めてきた『ガイアの夜明け』(テレビ東京系)を降板。「2月18日から3月18日放送分までの1ヵ月間だけは復帰しました。そのときは、本人もがんとわかっていたようです」(テレビ局関係者) 66年、『おかあさん』(TB [全文を読む]

フォーカス