尾上菊五郎のニュース

尾上菊五郎「大名跡を寺島しのぶの息子に」の真意を語る

NEWSポストセブン / 2016年04月14日16時00分

尾上菊五郎(73才)が長女・寺島しのぶ(43才)の長男、つまり孫の眞秀(まほろ)くん(3才)に、音羽屋の大名跡である梅幸を継がせると明言した。眞秀くんは寺島とフランス人の夫の間に生まれた子供で、実現すれば伝統を重んじる歌舞伎界で、公には初めて“ハーフ役者”が誕生し、しかも歴史ある大名跡を名乗ることになる。 音羽屋は市川團十郎家の成田屋に次いで長い歴史を誇る [全文を読む]

“坂東三津五郎”への「尾上菊五郎ユーモア弔辞」で気になる梨園の常識

アサ芸プラス / 2015年03月14日09時57分

膵臓ガンで世を去った歌舞伎俳優・坂東三津五郎(享年59)の葬儀で、独特の表現で故人をしのぶ弔辞を尾上菊五郎(72)が読むと、葬儀場内に一瞬、笑いが起きた。が、世間とは異なる梨園の「常識」も浮き彫りになったのだ。 “ユーモラスな弔辞”が飛び出したのは去る2月25日。東京・青山葬儀所で営まれた告別式でのこと。立ち会ったスポーツ紙記者が言う。 「城郭マニアと女好 [全文を読む]

今後の歌舞伎界中心は尾上菊五郎、松本幸四郎、中村吉右衛門

NEWSポストセブン / 2013年02月18日07時00分

「現在、人気・実力ともに兼ね備えた役者は、尾上菊五郎さん(70才)や松本幸四郎さん(70才)・中村吉右衛門さん(68才)兄弟とされ、歌舞伎界をけん引していくことが予想されます。また、上方歌舞伎には、人間国宝である坂田藤十郎さん(81才)がいます。そのかたたちが中心となって、若手をまとめていくようになるでしょう」 集客だけを考えれば、人気のある若手役者や、 [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】幕府公認のたった3つの芝居小屋とは? 江戸時代の芝居雑学クイズ4問

サライ.jp / 2017年03月14日19時00分

では、江戸三座にあてはまらないのは、次のうちどれでしょう?(い)結城座(ろ)市村座(は)森田座(に)中村座【クイズ2】荒事で人気を博した江戸歌舞伎の初代市川団十郎に対し、和事で評判を呼んだ上方歌舞伎の人気役者は誰でしょう?(い)3代目尾上菊五郎(ろ)3代目中村歌右衛門(は)初代坂田藤十郎(に)5代目松本幸四郎【クイズ3】歌舞伎十八番のひとつでもある人気芝居 [全文を読む]

博多座・夏の風物詩“船乗り込み”に3万人のファン集まる

Walkerplus / 2017年05月29日20時06分

同公演では、坂田藤十郎をはじめ、尾上菊五郎、人間国宝の中村東蔵(とうぞう)、中村梅玉(ばいぎょく)、中村時蔵(ときぞう)、中村魁春(かいしゅん)、中村鴈治郎(がんじろう)、尾上菊之助ら、豪華な顔ぶれにも注目だ。 チケットは現在発売中。平日・昼の部の席には、まだ空きがあるので、早めに予約しよう!【福岡ウォーカー編集部/杉山はづき】 [全文を読む]

強制じゃないのになぜ? 歌舞伎界から役者が消えない理由

citrus / 2017年05月29日19時00分

まだ4歳ながら「魚屋宗五郎」という作品で、酒屋の丁稚与吉役として立派にセリフを言い、祖父である尾上菊五郎とともに、芝居を大いに盛り上げました。5月の歌舞伎座では、眞秀くんの他にも新 坂東彦三郎の長男 侑汰くんが六代目坂東亀三郎として襲名披露をしています。こちらは、襲名披露ですのできちんと正座してのご挨拶。観客も目を細めて大喜び。やんやの大喝采でした。襲名披 [全文を読む]

寺島しのぶ、執念実って高笑い

NewsCafe / 2017年05月20日00時59分

2年前の『團菊祭』千秋楽では、寺島の父、尾上菊五郎(74)が眞秀をだっこして舞台に初登場したけど、今回は正式デビューだ」 記者「寺島は自分が女のために歌舞伎役者になれないことで悔しい思いを長年抱き、長男を授かってからは英才教育に余念がなかったそうです」 デスク「執念だな、執念。眞秀は寺島とフランス人の夫とのハーフだから確かに容姿は気になってたけど、和風の顔 [全文を読む]

寺島しのぶ、ハーフ息子の歌舞伎デビューで叶えた積年の悲願

アサジョ / 2017年05月14日10時14分

団菊祭五月大歌舞伎で、尾上菊五郎の娘である寺島しのぶの息子、眞秀君が歌舞伎デビューを果たした。常々「男に生まれて歌舞伎がしたかった」と公言してきた寺島の息子であることに加え、夫がフランス人で、公式には歌舞伎界初のハーフの役者が誕生することもあり、話題になっている。「寺島は、弟の菊之助が歌舞伎で初舞台を踏んだ時に、家が弟を中心に回り始め、自分が舞台に立てない [全文を読む]

寺島しのぶ 眞秀くん初お目見え叶えた2歳からの超英才教育

WEB女性自身 / 2017年05月13日06時00分

《弟が6歳で初舞台を踏んだ時、「どうして年上の私が舞台に立てないの」と腹が立つやら悲しいやらで、それに男中心の梨園ですから、我が家は弟を中心に回っていて、私一人が取り残されていく気がして 》(『週刊現代』15年10月17日号) そのため人間国宝の父・尾上菊五郎(74)や女優の母・富司らに反発したこともあったという。そんななか、女優業に自らの居場所を見つけ [全文を読む]

寺島しのぶが“母の顔”に! 寺嶋眞秀くんと「徹子の部屋」登場

Smartザテレビジョン / 2017年05月05日05時05分

歌舞伎の人間国宝・尾上菊五郎の孫でもある彼は、歌舞伎が大好きなんだそう。 ちょっと恥ずかしがり屋の眞秀くんだが、大きな声で発声練習に励んでいる稽古のVTRを紹介。その成果をスタジオで見せてくれる? 演技派女優でドラマや舞台に引っ張りだこの母・しのぶだが、今回はすっかり息子を心配する母の顔に…。そんなしのぶも今年、幼い頃からの夢だった歌舞伎の舞台に初挑戦した [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】市川海老蔵、寺島しのぶ長男との2ショットに反響「お人形さんみたいに可愛い!」

TechinsightJapan / 2017年02月13日10時04分

昨年12月、寺島の父である人間国宝の尾上菊五郎がインタビューで「(眞秀くんは)来年5月の舞台が正式な初お目見えになる」と明かしていた。結婚会見で「男の子ができたら歌舞伎役者にしたい」と宣言していた寺島しのぶにとっては、その日を誰よりも楽しみにしていることだろう。 出典:http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa (Techinsigh [全文を読む]

六本木歌舞伎の舞台に立った寺島しのぶ 海老蔵がオファー

NEWSポストセブン / 2017年02月10日07時00分

寺島の父は人間国宝である尾上菊五郎(74才)、母は女優の富司純子(71才)。歌舞伎の名家に生まれた彼女が最初に試練を味わったのは5才の時。音羽屋の跡継ぎとなる弟・尾上菊之助(39才)の誕生がきっかけだった。寺島はこう述べている。《歌舞伎の家に女として生まれるということは、私にとってすごく過酷だったんですよ。弟が生まれるまでは「蝶よ花よ」となんでもやらせて [全文を読む]

吹石一恵ほか「実は二世だった」意外な芸能人ベスト5

日刊大衆 / 2017年01月02日11時00分

彼女は芸能家系で、父は歌舞伎俳優の七代目尾上菊五郎(74)、母は女優の富司純子(71)、弟は五代目尾上菊之助(39)だ。青山学院大学在籍中から劇団の文学座に所属し、2000年に『シベリア超特急2』で映画デビュー。当初は母と比較され悩んだというが、今では日本を代表するアカデミー賞女優だ。 第2位は、その寺島しのぶやPUFFYの吉村由美(41)、蒼井優(31) [全文を読む]

「ミスター・長嶋茂雄」を育んだ佐倉ものがたり(8)父・利が最期に遺した言葉

アサ芸プラス / 2016年12月09日12時56分

六代目・尾上菊五郎(近代歌舞伎の伝説的名優)の熱烈なファンであった。 その芝居好きの息子が、後年プロ野球に入り、「千両役者」になる。これほど痛快な物語もないだろう。 利が亡くなったのは、1954年6月2日。茂雄は立教大学1年生で、砂押邦信監督から“月下の千本ノック”を見舞われているとき、「チチキトク スグカエレ ハハ」という電報を受け取ったのである。茂雄が [全文を読む]

三田寛子 中村芝翫を支える貫禄の「あくび姿」

NEWSポストセブン / 2016年11月09日16時00分

尾上菊五郎さんや市川左團次さんが芝翫さんの不倫いじりをしてテレビで何回も取り上げられてましたけど、三田さんとしても“ニンマリ”なんじゃないですか。“転んでもタダじゃ起きない”のが、これまたすごいですよ」(前出・梨園関係者) 「不倫は芸の肥やし」──。 ※女性セブン2016年11月24日号 [全文を読む]

中井貴一、棒読みで感情が伝わる俳優になることを目指す

NEWSポストセブン / 2016年11月05日07時00分

小津安二郎監督が、祇園で六代目の尾上菊五郎さんと飲んだ時のことです。小津先生の前で菊五郎さんはだいぶお酒が進んで、踊りを始めたそうなんです。 着ていた着物を脱いでふんどし一枚になって、そこにいた芸妓に三味線を弾かせながら踊った。最初は立役(男)で踊り始めて、途中から女形になり、最後はまた立役に戻る。 それを見た小津監督がおふくろにこう言ったそうです。『でぶ [全文を読む]

藤原紀香は大丈夫? 不倫や離婚…梨園の妻になって浮いた人、沈んだ人6名!

tocana / 2016年10月20日09時00分

1972年に七代目尾上菊五郎と結婚。芸能活動を続けながらも、梨園の妻を務めた。富司は結婚後すぐに長女・寺島しのぶを産んだが、跡継ぎがなかなか誕生せずに悩んでいたらしい。2006年12月19日号の「女性自身」(光文社)では「結婚してすぐに妊娠したものですから。次もすぐにできると思っていたんです。でもなかなかできない。『次のお子さんはまだ?』『こんどは男の子な [全文を読む]

愛之助・紀香、結婚披露宴での「異常事態」が波紋…浮かれる紀香の女優活動に暗雲

Business Journal / 2016年10月04日07時00分

出席者も約600人に上り、坂田藤十郎、尾上菊五郎、尾上菊之助、松本幸四郎、市川海老蔵、中村獅童、中村勘九郎、中村七之助と歌舞伎界に重きをおいた顔ぶれでした」 芸能界では藤原とS社長の強い結びつきは有名だが、挙式と披露宴の欠席には、事情があるようだ。スポーツ紙関係者は語る。 「今年3月の結婚会見以前から、S社長は2人の結婚を喜んではいなかったようです。S社長 [全文を読む]

片山萌美、“離れG乳”オフショット披露でファン歓喜! 女優業ではヌードシーンも厭わず?

日刊サイゾー / 2016年09月28日18時00分

また片山は、11月から始まる舞台『悲しき天使』で、舞台初主演を務めますが、娼婦役を演じるとあって、『ヌードシーンはないだろうけど、生の彼女を見るのは楽しみ』『着物姿でのG乳谷間披露あるかな?』などと期待する声が高まっています」(同) 太地は、三國連太郎、十八代目中村勘三郎、七代目尾上菊五郎、志村けんなど、錚々たる面々との熱愛を取り沙汰され、魔性の女としても [全文を読む]

芸能人梨園妻トップの富司純子 謂れなき非難を受けた過去も

NEWSポストセブン / 2016年07月02日07時00分

富司の夫は「成田屋」と並ぶ超名門「音羽屋」を束ねる人間国宝・尾上菊五郎(73)。そんな彼女でも謂れなき非難を受けた時代があったという。 結婚後すぐに長女・寺島しのぶ(43)を産んだが、その後跡継ぎがなかなか誕生しなかった。当時の苦悩を富司はこう明かしている。 〈結婚してすぐに妊娠したものですから。次もすぐにできると思っていたんです。でもなかなかできない。「 [全文を読む]

フォーカス