藤本麻子のニュース

トーナメントコースレコードタイ!岡山絵里が9バーディ奪取で単独首位発進

ParOn.(パーオン) / 2017年05月19日19時10分

2打差2位に藤本麻子、3打差3位タイにホステスの堀琴音、上田桃子、4打差5位にアマチュアの大里桃子が続いている。今大会の注目組、賞金女王のイ・ボミ(韓国)、12年ぶり参戦の宮里藍は共に1アンダー33位タイと上位発進はならず。同組の地元出身・原江里菜は4アンダー6位タイと好スタートを切っている。また、昨年覇者の鈴木愛は3アンダー13位タイ、2013年の賞金女 [全文を読む]

森田理香子が3打差6位で最終ラウンドへ!西山ゆかりが単独首位

ParOn.(パーオン) / 2017年06月03日18時14分

1打差の2位タイに飯島茜、藤本麻子が続いている。イーブンパーの4位タイには岡山絵里とアマチュアの石井理緒が続く。1オーバーの6位タイには葭葉ルミ、堀琴音、昨年シードを落とし今大会は繰り上がりでの出場となった2013年女王の森田理香子らがつけた。競技は明日最終ラウンドを行う。【第1ラウンドの結果】1位:西山ゆかり(-2)2位T:飯島茜(-1)2位T:藤本麻子 [全文を読む]

昨年覇者・鈴木愛が猛チャージで単独首位に!連覇&2週連続Vなるか

ParOn.(パーオン) / 2017年05月20日17時30分

1打差の2位タイに上田桃子と岡山絵里、2打差の4位タイにはテレサ・ルー(台湾)、笠りつ子、川岸史果、堀琴音、藤本麻子がつけた。イ ボミ(韓国)はこの日5つスコアを伸ばしトータル5アンダー16位タイに浮上。宮里藍はトータル3アンダー28位タイにつけた。森田理香子はトータル8オーバー88位タイで予選落ちとなった。【2日目の順位】1位T:鈴木愛(-10)2位T: [全文を読む]

キム ハヌル、鈴木愛、大和笑莉奈が首位で最終日へ 1差に藤本麻子

ParOn.(パーオン) / 2017年04月29日19時41分

1打差4位に藤本麻子、2打差5位に森田遥、3打差6位にテレサ・ルー(台湾)が続いている。また、アマチュアの勝みなみがこの日2バーディ・ノーボギーと躍動し、トータルイーブンパー7位タイまで浮上。午後から吹き始めた強風に多くの選手が苦しむ中で、この日唯一となるノーボギーラウンドとなった。【2日目までの順位】1位T:キム ハヌル(-5)1位T:鈴木愛(-5)1位 [全文を読む]

背中痛に負けず、吉田弓美子が2季ぶりの優勝!松森姉妹が3位タイ

ParOn.(パーオン) / 2017年04月23日16時21分

3位タイに藤本麻子と鈴木愛と松森彩夏&杏佳姉妹、申ジエ(韓国)が入った。堀琴音はトータル6アンダー10位タイに、イ ボミ(韓国)はトータル4アンダー24位タイで競技を終えた。【最終結果】優勝:吉田弓美子(-12)2位:佐伯三貴(-9)3位T:鈴木愛(-8)3位T:藤本麻子(-8)3位T:松森彩夏(-8)3位T:松森杏佳(-8)3位T:申ジエ(-8)8位T: [全文を読む]

藤本麻子、吉田弓美子が首位T 堀琴音は1差逆転狙い最終日へ

ParOn.(パーオン) / 2017年04月22日18時26分

全選手がホールアウトし、藤本麻子、吉田弓美子がトータル9アンダーで首位に並んでいる。1打差3位にツアー初勝利がかかる堀琴音、2打差4位タイに松森彩夏、松森杏佳、小川陽子、申ジエ(韓国)が続いている。今季初勝利を狙うイ ボミ(韓国)はトータル3アンダー28位タイで最終日へ。昨年覇者の大山志保は4つスコアを落とし、トータル7オーバー94位タイと2戦連続の予選落 [全文を読む]

表純子が単独首位、今季2勝目へ好スタート!

ParOn.(パーオン) / 2016年08月25日22時50分

そして通算1アンダーの9位タイには藤本麻子、全美貞、香妻琴乃、福田真未、笠りつ子、若林舞衣子、ペ ヒギョン、比嘉真美子、李知姫の9人が並んだ。 3打差の中に17人がひしめく混戦模様となってきたが、その中から誰がいち早く抜け出すのか、もしくはこのまま最終日までもつれ込むのか……。ツアーも後半戦に突入し、各選手たちもますます熱い戦いを繰り広げてくれそうだ。<初 [全文を読む]

昨年プレーオフ敗戦でリベンジに燃える鈴木愛とイ ボミが首位タイに浮上

ParOn.(パーオン) / 2016年08月06日18時57分

前年覇者の西山ゆかりは、6バーディ、1ボギーの5アンダー、67と伸ばして、成田美寿々、藤本麻子、三ヶ島かな、永峰咲希、イ ナリ、ジョン ジェウン、武尾咲希と並んで通算4アンダーの9位タイに浮上。逆転連覇の可能性を残した。 リオ五輪日本代表の大山志保は通算2アンダーで21位タイ。米女子ツアーを主戦場とし、今季初、10カ月ぶりの日本ツアーとなる横峯さくらは、 [全文を読む]

三つ巴のプレーオフを制した鈴木愛が今季初勝利!

ParOn.(パーオン) / 2016年05月22日21時03分

最終18番ホールを終えた時点で、通算9アンダーで鈴木愛、上原美希、藤本麻子の3人が並び、決着はプレーオフへともつれ込んだ。 プレーオフ1ホール目で鈴木、上原がバーディを決めたのに対し、藤本はパーで脱落。鈴木と上原の一騎打ちとなった次ホールで、鈴木がピン横数十センチにつける会心のセカンドショットを放ち、勝負あり。2年ぶり、ツアー通算2勝目となる優勝を決めた。 [全文を読む]

【女子プロのエースパター大調査6】藤本麻子 テーラーメイド ロッサ モンザ スパイダー ゴースト バレロAGSIR

ParOn.(パーオン) / 2015年11月07日09時10分

」女子プロのエースパター大調査 一覧へ 使用パター[ネオマレット型]ベントネック長さ不明(身長164センチ)女子プロのエースパター大調査 一覧へ取材/文・小澤裕介、兵藤 宙撮影・大村晋 取材協力・東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)デザイン・雷伝舎週刊パーゴルフ(2015年11月17日号)掲載 [全文を読む]

畑岡奈紗さんと並び首位タイに渡邉彩香、茂木宏美が浮上! 上位は大混戦に

ParOn.(パーオン) / 2015年10月31日16時17分

1打差の4位タイに藤本麻子と武尾咲希、さらに1打差の6位タイには5人が並び、優勝争いは大混戦となった。 4アンダーの単独首位でスタートした畑岡奈紗さん(翔洋学園高校2年・16歳)は、1番でバーディが先行すると前半は3バーディ、1ボギーでスコアを二つ伸ばしたものの、12番でダブルボギー。続く13番もボギーとして後退したが、16番パー5でイーグルを奪い、71で [全文を読む]

【強い女子プロのSW大調査7】藤本麻子 ティアドロップ形・ストレートネック(出っ歯)

ParOn.(パーオン) / 2015年10月29日12時00分

SWは「プロギア iD nabla RS ツアー ウェッジ」「このノーメッキの柔らかい打感がいい!」強い女子プロのSW大調査 一覧へ 使用ウェッジロフト角49度、52度、58度(バンス角10度)ヘッドプロギア iD nabla RS ツアー ウェッジシャフト(FLEX)N.S.PRO950GH(R)アイアンシャフト(FLEX)同上強い女子プロのSW大調査 [全文を読む]

若林舞衣子が単独首位に浮上! イボミと木戸愛が1打差の2位タイ

ParOn.(パーオン) / 2015年10月10日17時23分

初日首位の藤本麻子は72と伸ばせず、通算6アンダーの5位タイに後退した。 5アンダーの2位タイから出た若林舞衣子が4バーディを奪って前半を終えると、後半は10番、14番と2ボギーをたたいたものの16番、18番のバーディで取り戻し、4アンダーの68をマーク。通算9アンダーで単独首位に立ち、2012年の西陣レディスクラシック以来、3年ぶりとなるツアー通算3勝目 [全文を読む]

藤本麻子が単独首位! 1打差の2位にイボミと若林舞衣子

ParOn.(パーオン) / 2015年10月09日18時07分

初日66をマークした藤本麻子が6アンダーの単独首位に立った。今大会で優勝すれば年間獲得賞金新記録を達成するイ ボミ(韓国)と若林舞衣子が5アンダーで2位タイ。前年土優勝のアン ソンジュ(韓国)は1アンダーの15位タイにつけた。 藤本麻子が2バーディを奪って前半を折り返し、11番バーディのあと上がり3ホールを連続バーディで締めくくり、6バーディ、ノーボギーの [全文を読む]

上田桃子、成田美寿々、茂木宏美、藤本麻子の4人が首位タイ発進!

ParOn.(パーオン) / 2015年06月25日18時58分

初日は5アンダーの首位タイに上田桃子、成田美寿々、茂木宏美、藤本麻子の4人が並んだ。ディフェンディングチャンピオンの酒井美紀はイーブンパーの52位タイで初日を終えた。 今季初優勝を狙う上田桃子が、5バーディ、ノーボギーの67をマークし、5アンダーの首位で初日をスタート。その上田と同じく先週予選落ちを喫した成田美寿々も後半5バーディを奪う猛チャージで、7バー [全文を読む]

初日は藤田光里、笠りつ子が首位発進!

ParOn.(パーオン) / 2015年04月10日17時03分

1打差の1アンダーで藤本麻子、福田真未、土岐香織の3人が3位タイにつけている。 難コースに加え、冷たい雨が降るコンディションとなった初日。アンダーパーがわずかに5人と各選手スコアメークに苦しむ中、藤田光里が2アンダーをマークして首位に立った。 2番でバーディが先行した藤田は、4番のバーディのあと5番、8番でボギーをたたいたものの、9番のバーディで前半一つ伸 [全文を読む]

渡邉彩香が逆転でツアー2勝目! 藤本麻子は76と崩れて4位

ParOn.(パーオン) / 2015年04月05日16時09分

首位の藤本麻子が前半でスコアを崩すと優勝争いは混戦となり、4位タイの渡邉彩香が7バーディ、2ボギーの67をマークして、通算7アンダーで逆転優勝。ツアー通算2勝目を挙げた。 4打差の首位からスタートした藤本麻子が、2番、5番でボギーをたたき、9番のダブルボギーで通算3アンダーに後退すると、優勝争いは最終組のイボミ、一つ前の組で回る渡邉彩香と前田陽子を含めた4 [全文を読む]

首位キープの藤本麻子が完全優勝に王手! 2位にイボミが浮上

ParOn.(パーオン) / 2015年04月04日16時19分

7打差の首位でスタートした藤本麻子は74で回り、二つスコアを落としたが、通算7アンダーで単独首位をキープした。通算3アンダーのイボミ(韓国)と三塚優子の二人が2位タイに並んだ。 通算9アンダーで2位に7打の大差をつけた藤本麻子。2番でボギーが先行すると、5番でダブルボギー、続く6番もボギーと前半でスコアを4つ落とした。後半も10番でボギーをたたいたが、終盤 [全文を読む]

藤本麻子が7打差で首位独走! 斉藤愛璃が2位に浮上

ParOn.(パーオン) / 2015年04月03日18時43分

首位スタートの藤本麻子が5バーディ、1ボギーの68と4つ伸ばして通算9アンダー、2位に7打差の独走状態で首位をキープした。通算2アンダーの2位には斉藤愛璃、ディフェンディングチャンピオンのアンソンジュ(韓国)ら5人が並んだ。 初日5アンダーで首位に立った藤本麻子がインスタートの12番、13番を連続バーディで前半二つ伸ばすと、後半も1番をボギーとしたものの、 [全文を読む]

藤本麻子が首位発進! 1打差の2位に藤田光里

ParOn.(パーオン) / 2015年04月02日18時09分

初日は藤本麻子が1イーグル、4バーディ、1ボギーの67をマークして5アンダーの単独首位に立った。藤田光里が4アンダーの2位、先週3年ぶりに優勝した笠りつ子が3アンダーの3位タイにつけている。 2番、3番を連続バーディでスタートした藤本麻子は、7番でボギーをたたくが9番のバーディで前半二つ伸ばすと、後半は11番で4つ目のバーディ。その後はパーを重ねて、最終1 [全文を読む]

フォーカス