太田道灌のニュース

川越の老舗和菓子店の絶品スイーツ「芋クリームどら焼き」がウマすぎる件

GOTRIP! / 2016年06月12日08時00分

江戸城を作ったことで有名な「太田道灌」によって建築された川越城は、どっしりとした風格のある外観で、建物内には重厚な雰囲気がただよいます。 そんな「川越城」より徒歩2分ほどの距離にある和菓子店が今回ご紹介する和菓子店「道灌」です。 ・築城の名人によって作られた川越城 和菓子店の名前の由来にもなっている人物の「太田道灌」は、室町後期に活躍し、扇谷上杉家に仕え [全文を読む]

ハロウィンといえばなぜ「黒猫」なの?黒猫にまつわる都市伝説あれこれ

Woman Insight / 2016年10月21日11時15分

室町時代の武将・太田道灌が戦で劣勢に立たされ、逃げ惑っている時にお寺まで案内し、命を助けたと言われているんです。太田道灌は江戸城を築き、江戸を開いたとされる人物。そのためこの黒猫は「江戸の恩ねこ」とされています。(『PETomorrow』より) 不吉か幸運か……いずれにしても、「黒猫」にはどこか神秘的なイメージがあるというのは言えるのかもしれませんね。( [全文を読む]

東京にかつて存在した「5つの半島」ーー江戸幕府以前に支配した3人の謎とは?

週プレNEWS / 2017年04月25日11時00分

江戸以前となると武将の太田道灌(どうかん)はともかく、江戸の由来となった中世の江戸氏や古墳時代のことなど話題に上がることもない。 しかし東京の歴史だって捨てたもんじゃない。エジプトがナイルの下流に開けたように、東京は利根川の大デルタ上に発祥した。ローマが7つの丘の上に建てられたように、江戸は武蔵野台地の東端をなす5つの半島に造られた。 半島の位置を現在の地 [全文を読む]

関東で紅葉絶景を楽しむ!編集部おすすめ宿&スポット5選

Walkerplus / 2016年09月21日11時26分

太田道灌の眠る五輪塔がある名刹「龍穏寺」、「鎌北湖」では湖面に映し出される紅葉を楽しもう。「中津峡」では、10月に奥秩父大滝紅葉まつりが開催予定だ。宿に戻れば「松茸会席」などの季節に合わせた料理と、温泉が待つ。 ■ 【おすすめ4】群馬県■伊香保温泉 遊山の里 とどろき⇒伊香保の紅葉 伊香保温泉中心に位置するこちらの宿。秋には紅葉が色付き、情緒の溢れる石段街 [全文を読む]

倉敷美観地区より風情がある?小江戸・川越に行ってみた

メディアゴン / 2016年09月02日07時30分

川越は室町時代、太田道灌の頃に町屋の原型が出来上がり、後に徳川時代の江戸八百八町のモデル都市となったと言うから、実に500年以上の歴史がある。それに対して倉敷美観地区は徳川幕府が「天領」として江戸から代官を派遣したのがことの起こりであるから、川越小江戸に遅れること約200年ほど後に開発され、発展した町である。小江戸・川越の象徴にもなっている「時の鐘」は現在 [全文を読む]

ご好評につき第25弾!銀座の路地裏を散策 歴史ウォーキングツアー 2014年10月13日(月・祝)第一ホテル東京にて開催

PR TIMES / 2014年10月01日17時48分

・銀座4丁目 三愛ビル 招き猫の碑 ・ガス発祥の地 ・京橋 大根河岸跡 ・京橋 歌舞伎発祥の地 ・東京国際フォーラム 太田道灌像 ※コースは変更となる場合がございます。 この件のお問合せは、 第一ホテル東京 営業企画担当/宮谷直也、高橋恵、森山純子、田島麻衣子 TEL(03)3596-7790 FAX(03)3596-7724 発行元:阪急阪神ホールディ [全文を読む]

【夏休みかき氷特集】追分だんご本舗--歴女は餡子の夢を見る

FASHION HEADLINE / 2014年08月16日21時00分

青梅街道と甲州街道の分岐点「新宿追分」(現在の新宿三丁目交差点)で、昭和20年の創業時より、太田道灌ゆかりのだんごを提供している店だ。 こういう歴史ある老舗でいただくなら、やはりトラディショナルな和素材を思う存分堪能できる一品がいいだろう。 そう思い選んだのは、黒蜜きなこ小豆掛け(1048円)。 柔らかな氷全体を覆い尽くす香ばしいきなこの上には、ずっしりと [全文を読む]

好評につきシリーズ開催 ~港区エリアの江戸から近代への足跡を歴史ガイドと訪ねる~ 「歴史ウォーキングツアー」Vol.11 第一ホテル東京にて 2012年11月4日(日)開催

PR TIMES / 2012年10月18日10時30分

<西久保八幡神社> 寛弘年間(1004年~1012年)源頼信によって創建され、室町時代の武将で江戸城主 となった太田道灌が現在の地に遷したと伝えられる。 関ヶ原の戦いに際し、崇源院は戦勝を祈願し後に社殿を造営している。 <外国人接遇所> 開国に伴い、諸外国要人が江戸を訪れるに伴い、外国人専用の宿泊施設を設けていた 場所。現在は飯倉公園となっている。 -- [全文を読む]

フォーカス