小川直也のニュース

春日俊彰「収録でガチギレさせた芸人」を告白

日刊大衆 / 2017年05月12日11時05分

春日は元大相撲力士の把瑠都凱斗(32)、元柔道選手の小川直也(49)、タレントのLiLiCo(46)らと対決した後、最後の相手としてあかつと相撲で対決。しかし、毒霧はまったく効果を発揮せず、春日はあかつに壁まで吹っ飛ばされてしまう。取組後にあかつは「いやいや……」とひと言だけ残し、VTRはそこで終わっていた。 この対決について、春日は5月6日の『オールナ [全文を読む]

「JRA所属選手」がリオ五輪に出場!? 馬でも騎手でもない、あの小川直也も所属「名門・JRA柔道部」が世界の頂点を狙う!

Business Journal / 2016年07月29日15時00分

バルセロナ五輪銀メダリストで、現在はプロレスラー、タレントとしても活躍中の小川直也選手や、シドニー五輪金メダリストの瀧本誠選手もJRA所属。JRAに所属するアスリートは騎手と馬だけではないということだ。 さらに、JRA柔道部は、その環境を存分に活かした「トレーニング」でも知られている。それが、週に1度ほど行う「ダートでのトレーニング」である。 競走馬用のダ [全文を読む]

吉田豪インタビュー企画:長州力「いまでもアキラに言うよ、わざと蹴っただろって」(3)

デイリーニュースオンライン / 2015年10月07日12時30分

プロレスのリングで起きた不穏な試合、マダガスカルで起きた事件、緊急参戦した『朝まで生テレビ』、そしてご自身の「国籍」や日本における差別のことなどを、じっくりと語っていただいた! 前回記事: “成立する試合”と“成立しない試合” ──長州さんが現場監督をやってた時期でいうと、99年1月4日の新日本の東京ドーム大会の小川直也vs橋本真也戦がおかしな試合になった [全文を読む]

【独占直撃】 日本最強の“バカサバイバー”青木真也が大晦日両国に出陣、IGFのリングで闘う理由を激白!

週プレNEWS / 2014年12月20日06時00分

小川直也vs橋本真也のときのような(1999年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会。小川が橋本にプロレスの範疇を超えた攻撃を仕掛け、両陣営が大乱闘)。 道義上どうこうとかそういうことは置いておいて、イベント的には面白い絵だったと思うんですけどね。 ―翌年の大晦日では、長島☆自演乙☆雄一郎選手とのミックスルールマッチがありました(1ラウンドはキックルール [全文を読む]

独占!日本柔道界期待の星・小川雄勢と親父・小川直也が史上初の「世界最強親子対談」!

週プレNEWS / 2014年10月25日15時00分

父は元柔道世界王者の小川直也というサラブレッドだ。今回は週プレ独占で史上初の親子対談が実現! 早くも“親父超え”の快挙を果たした息子の活躍に、思わず親父が嫉妬!? * * * ―日本柔道界期待の新星・小川雄勢くんと、父親で元・柔道世界王者の小川直也さんの世界最強親子対談が実現しました! 小川直也(以下、親父) えっ、俺もしゃべらないといけないのかよ!? 今 [全文を読む]

ディズニーとディズニー/ピクサーのキャラクターが初共演「ディズニーインフィニティ」日本初上陸!

PR TIMES / 2013年09月21日10時51分

ディズニー大好き小川直也&谷花音夢の共演が実現!! 株式会社バンダイナムコゲームス(東京都品川区東品川4-5-15/代表取締役社長:大下聡)は、ディズニーとディズニー/ピクサーのキャラクターが、プレーヤーによって創られた無限のイマジネーションの世界で初共演を果たす初めてのゲーム「ディズニーインフィニティ」(WiiU版)と「ディズニーインフィニティトイ・ボッ [全文を読む]

史上最強の柔道家といえば誰?1位は金メダルのあの人

しらべぇ / 2016年08月09日21時00分

さらに15年間不敗の木村政彦、アテネ五輪金メダリストの鈴木桂治、バルセロナ銀メダリストで世界選手権4回優勝の小川直也の順に。今回オリンピックに出場する現役選手については、軒並み低い割合となった。調査結果をみるかぎり、山下泰裕を支持する声が圧倒的であることがわかる。 ■40代以上から圧倒的支持山下泰裕を支持する人を世代別にみてみよう。40代以上の支持率が5割 [全文を読む]

ももクロ、堂本剛のファッション哲学に「なるほどー!」

Smartザテレビジョン / 2016年06月15日12時45分

そこから、メンバーの父親が誰に似ているかという話題に発展すると、高城は「うちの父は(元柔道選手の)小川直也さんに似ていると言われます」、佐々木は「父は(音楽プロデューサーの)武部聡志さんに似てます!」など、次々と“ビッグネーム”が飛び出す。 そんな父親たちにはどんな服が似合うかというトークで、スタジオは盛り上がる。さらに、堂本が季節を問わず愛用していると [全文を読む]

「戦闘中」に亀田興毅&大毅らアスリートが大集結!

Smartザテレビジョン / 2016年04月15日10時00分

プレーヤーとして出演するのは、石井一久、小川直也、オードリー・春日俊彰、女子プロ野球・加藤優選手、亀田興毅、亀田大毅、室伏由佳、リオ五輪水球日本代表・保田賢也選手ら16人。 さらに、「ステージ制」の導入と、“忍”がプレーヤーの敵として登場する点も、新たな見どころとなっている。 ■加藤優選手コメント 「戦闘中」は想像以上に頭脳戦で、すごく緊張感があり楽しか [全文を読む]

「清原CM」は契約終了していた!DMM.com証券の“売り抜け”に大反響

アサ芸プラス / 2016年02月05日17時58分

シリーズの後半には格闘家の小川直也、とんねるずの石橋貴明も登場し、なんとも豪華な作りであった。「逮捕の半月前という、まさに直前での契約終了に、ネット上では『タイミング良すぎる!』『DMM関係者はほっとひと息』『まさか知ってたのか?』など、さまざまな憶測が飛び交っています。情報が命の証券会社ですから、何らかのルートで知らされていたということもあるのかもしれま [全文を読む]

鈴木砂羽が初代ドラえもん声優・大山のぶ代を熱演!

Smartザテレビジョン / 2015年12月11日13時52分

野比のび太の声優、小原乃梨子役を猫背椿、源静香の声優・野村道子役を田中美里、骨川スネ夫の声優、肝付兼太役を鈴木拓、“ジャイアン”こと剛田武の声優・たてかべ和也役を小川直也が演じる。 [全文を読む]

ローラ困惑!? DMM FXのプロモーションが「斜め上」と話題に

デイリーニュースオンライン / 2015年09月18日16時36分

つい先日まで、ローラ、石橋貴明、小川直也、清原和博といった出演陣が「取引高世界1位」をアピールするCMを、テレビや動画サイトなどで頻繁に目にしたDMM FX。そんな同社が新たに展開しているプロモーション手法が「斜め上」であるとして、SNSなどで話題になっている。 この度公開されたCMやこれまでのプレスリリースなどによると、同社の取引高が世界1位の座を獲得し [全文を読む]

【美化されすぎ?】驚きの3大実写化キャラ!カールおじさんってこんなにマッチョなの?

しらべぇ / 2015年07月31日09時00分

ジャイアン役にはプロレスラーの小川直也が起用されているが、兄妹の設定にも少々無理があるだろう。原作のジャイ子は椿鬼奴にも劣らないダミ声だが、前田は透き通った美声。この変貌はジャイ子本人も本望なのでは?●2:小説『探偵ガリレオ』湯川 学 画像出典:株式会社アベベネクストスクリーンショット 実写化(福山雅治)画像出典:Youtubeスクリーンショットなんとも意 [全文を読む]

モテ要素が満載!男子的最強女子は「PVに出てくる女の子」!

Woman Insight / 2015年06月05日20時00分

アクションとしては地味ながら、つい目を留めてしまう不思議な魅力のあるポーズ! ★映像ディレクターの小川直也さんは語る! 映像でいう視線、つまり“目ヂカラ”ってすごく大事と小川さん。男性は、基本的にナチュラルで薄めメイクが好きですが、顔全体の雰囲気で女性を見ているので、目元を濃いめにしてもあまり気づかないそう。女子のみなさん、アイメイクだけは盛りめで! ■た [全文を読む]

清原和博がケイダッシュ入りへ!? “絶対タブー”破った「お遍路報道」の裏事情

日刊サイゾー / 2015年05月20日11時00分

その第1弾として、川村会長がその記者にお遍路の様子を記事にしてくれるようにお願いしたようだ」(芸能デスク) 川村会長といえば、もともとアントニオ猪木と親交が深く、柔道五輪銀メダリストでプロ格闘家・プロレスラーとしてリングに上がる小川直也、柔道五輪金メダリストでプロ格闘家の石井慧、日米の球界で活躍し今は海外で悠々自適な生活を送る新庄剛志ら、アスリートたちをバ [全文を読む]

政界引退宣言の橋下市長は船木誠勝である|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年05月19日18時00分

よく言われているのは同じ「ハシモト」という呼び名から、かつての「橋本真也 小川直也に負けたら即引退スペシャル」だ。 私も昨年2月に「出直し市長選挙」をきいたとき、『橋下市長が「破れれば政界引退」選挙をやるらしいが、プロレス界では「橋本真也、負けたら即引退スペシャル」をとっくにやってる。』と思わずツイートしてしまった。でも今回の敗北後の橋下氏の記者会見をみて [全文を読む]

AKB48石田晴香 ローションレスリングに巻き込まれる

dwango.jp news / 2015年04月26日17時52分

2日目の開催は”小川直也祭り”として、現N.W.G.チャンピオン ハンゲ太郎、お笑い芸人の響、レディビアードが小川と対戦した。進行はMC初挑戦の鈴木奈々が。桃知みなみ、そしてAKB48石田晴香が熱戦を見守った。ローションの海で格闘する男たちを見た石田は「間近で男性が戦っているところなんて見たことないので、すごい楽しいです!」と興奮気味。動きが思うように取れ [全文を読む]

キスマイが“昔の遊び”最新版に全力投球!

Smartザテレビジョン / 2015年03月21日05時00分

キスマイメンバーとゲストの現役プロレスラー・小川直也選手が、指先や呼吸などの微妙な動きまで感知する高性能な防犯カメラシステムに探知されず、ゴールを狙っていく。■早速収録を終えたメンバーに直撃取材――初回収録の感想をお願いします。北山宏光:“だるまさんが転んだ”で使った防犯カメラは、ちょっと動いただけで反応するので、大人も子供も熱くなっちゃう感じで楽しかった [全文を読む]

日本プロレス史「“10大”伝説のガチンコ試合」(2)“小川 VS 橋本”の裏側

アサ芸プラス / 2015年03月17日09時55分

そして、16年前の一戦とは、99年1月4日・新日本プロレスの東京ドームで組まれた小川直也vs橋本真也のことである。 小川はアントニオ猪木が率いた新団体「UFO」のエースとして新日本に乗り込む。試合前から漂っていた不穏な気配は、開始ゴングとともにあらわとなった。 小川は左ストレートや右のジャブを橋本の顔面に入れて、さらに馬乗りになってパンチを叩き込み、後頭部 [全文を読む]

元K-1王者ホーストが死去前日に見舞った最期の姿、ウイリエム・ルスカの知られざる晩年

週プレNEWS / 2015年02月20日21時00分

猪木が小川直也を引き連れオランダを訪れ、その受け入れ役をルスカが務めた。猪木一行が現地の大会を視察する中、キックボクシングの会場でふたりは数年ぶりにめぐり会う。その様子を目撃していた遠藤氏が回想する。 「年月がルスカさんの怒りを氷解させていました。笑顔でドールマンと握手を交わし、ふたりの心はみるみる柔らかくなっていった。猪木さんを中心にルスカさん、ドールマ [全文を読む]

フォーカス