石川秀美のニュース

石川秀美、早見優、松本伊代の3ショット公開に「いい齢の取り方をしてる!」

アサジョ / 2016年07月19日09時59分

薬丸裕英がブログで妻である石川秀美と早見優、松本伊代の豪華メンバーが並ぶ写真を公開した。その1枚に世の男性たちから絶賛の声が上がっている。 7月14日のブログによると、早見と松本は石川秀美の誕生日を祝うために集まり、そこを薬丸が撮影したもののようだ。左から松本、石川、早見と並んでいる。 松本はノースリーブの黒のワンピース姿で、真っ白な二の腕が目に飛び込んで [全文を読む]

長女Remiの“七光り”芸能界デビューで浮き彫りになった、薬丸裕英・石川秀美夫婦の「力のなさ」

日刊サイゾー / 2013年09月25日13時00分

タレントの薬丸裕英と元歌手の石川秀美夫婦の長女Remiが、芸能界デビューすることになった。10月からスタートするBS放送TwellVの新番組『Hawaii×Hawaii』と、シンガポールのケーブルテレビ局StarHubの新番組『WelcomeNippon』(チャンネル「Hello!Japan」内/シンガポールのみで放送)で日本と海外同時デビューするというこ [全文を読む]

82年の河合奈保子と石川秀美(3)秀美は“ボーイッシュな女の子路線”で行こう

アサ芸プラス / 2013年08月07日10時00分

評された石川秀美は、河合奈保子の2年後に「秀樹の妹コンテスト」で優勝してデビューを飾った。実は審査員の中で秀美を推したのは秀樹1人だけで、ほぼ決まっていた別の合格者を引っくり返したというのだ。 そして82年──ホテルニュージャパンで大規模な火災が発生し、世界で初めてCDプレイヤーが発売された年は、アイドル界にとって百花繚乱だった。 松本伊代、堀ちえみ、中森 [全文を読む]

82年の河合奈保子と石川秀美(1)奈保子の高い好感度とグラビア人気

アサ芸プラス / 2013年08月06日09時59分

河合奈保子は80年に、石川秀美は82年にデビューし、ともにアイドル戦国時代を駆け抜ける。結婚を機に静かに去っていったのも、2人に共通した美しさであった。 松田聖子という“稀代のモンスター”には、どうしても勝てなかった。デビューした80年、すべての新人賞に名をつらねた河合奈保子だったが、先行したのは常に聖子だ。 聖子が3作目の「風は秋色」から24作連続の1位 [全文を読む]

石川秀美 サッカー・スペイン2部入りした次男とスカイプ会話

NEWSポストセブン / 2012年02月11日07時00分

単身でスペインに渡り、サッカー・スペイン2部リーグのサバデル・ユースに入団して話題の薬丸裕英(45)と石川秀美(45)の次男・隼人くん(18)。 隼人くんは現地の高校に通いながらサッカーを続け、家事や食事もすべて自分でやっている。生活に必要とはいえ、すでにスペイン語も英語もペラペラだ。 薬丸がこう語る。 「ヨーロッパで高校を卒業するというのが私たちとした唯 [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、巨大セールスの80年代

アサ芸プラス / 2015年09月09日05時59分

堀ちえみ、松本伊代、石川秀美、早見優と、キラ星のごとく同じ時代に飛び出したのだ。 この時代まで、アイドルの多くは「歌手」を意味していたが、別の潮流も生まれた。それは薬師丸ひろ子・原田知世・渡辺典子の「角川三人娘」である。彼女たちの可憐な姿を観たいと劇場は超満員になり、その流れは宮沢りえの「ぼくらの七日間戦争」まで受け継がれていった。 さらに忘れてならないの [全文を読む]

【ウラ芸能】薬丸裕英、50歳前の不安

NewsCafe / 2013年11月12日15時00分

局の正式発表があることを知らないままに、週刊誌の直撃取材で打ち切りのことを知ったりして…」記者「本人は50歳まで続けたかった…と漏らしてたみたいですが、『みのもんたの朝ズバッ!』とセットで打ち切られる格好ですね」デスク「まあこのご時世、50歳前後の中高年となると再就職はどこも厳しいからなあ」記者「はなまる…の場合、NHKが2010年から始めた『あさイチ』に [全文を読む]

早見優語る「花の82年組」アイドルたちのママ交流

WEB女性自身 / 2013年09月26日07時00分

なかでも82年は、アキの母親を演じた小泉今日子(47)、中森明菜(48)、石川秀美(47)、シブがき隊などを輩出し「花の82年組デビュー組」と呼ばれる存在だった。そんな「花の82年組」が同窓会を開いているという情報を本誌はキャッチした!「会うと一瞬にして、高校生のころに戻っちゃいますよ(笑)」と語ってくれるのは、「82年組」の早見優(47)。 今も仕事をす [全文を読む]

82年の河合奈保子と石川秀美(2)奈保子の歌唱力はアイドルでは突出していた

アサ芸プラス / 2013年08月06日10時00分

「おもしろいこと言えなくてごめんなさい!」 奈保子はマネジャーの下隆浩に懸命に頭を下げている。何か大きな失敗をしたわけではない。慣れないバラエティ番組で、機転の利いたコメントが出せなかったと猛省しているのだ。 「そこが奈保子の可愛らしさだし、何年経っても変わらない体育会系な考え。いつも返事は『ハイッ! ハイッ!』だったしね」 仕事に対する責任感は同期の中で [全文を読む]

テレビ業界人が告発! クイズ番組NG、食べ歩きNG……「企画NG」タレントとは?

サイゾーウーマン / 2017年03月12日15時00分

ただ、CMなど大きな仕事の場合は例外だそうで、「一時期、薬丸裕英とその妻である元アイドルの石川秀美が夫婦でCMに出演したときは、今まで番組企画で夫婦での出演をオファーしてきたスタッフが『バラエティはダメで、CMはいいのか』と不満を口にしていました」(テレビ制作スタッフ)とのことだ。 また、太川陽介と蛭子能収といった番組(テレビ東京『ローカル路線バス乗り継ぎ [全文を読む]

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<黄金アイドルの暴走篇『泥酔した小泉今日子が代官山に「落ちている」?』>

アサ芸プラス / 2017年03月01日12時57分

〈街を歩いていて、西城秀樹にスカウトされた〉 秀樹のアイドルを見る目には定評があり、のちに河合奈保子や石川秀美も世に送り出すが、その原点が「街で見かけた浅田美代子」だったとは。 70年代から80年代にかけての、アイドルの登竜門といえば「スター誕生!」(日テレ系)だが、その予選でやらかしたのが中森明菜。ある審査員と「テレビ中継があるのに大ゲンカ」している。「 [全文を読む]

アイドル中古写真集の聖地 蒐集家から1000冊買い取りも

NEWSポストセブン / 2017年01月21日07時00分

ご遺族は『早く片付けてくれ』という感じでしたね(笑い)」 タレントの書き込みが残るドラマの台本を売りに来た人もいれば、石川秀美が1985年に受賞した『日本歌謡大賞 放送音楽賞』のレコード会社製作の記念盾を持ち込んだ人もいた。 一方、購入目的では、「若い頃、私が出ていた雑誌のグラビアが欲しいの」と訪れるタレントや、自分の作品を探しに来るAV女優もいたという。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】きゃりーぱみゅぱみゅの“聖子ちゃんカット” 「超絶きゃわいい!」と大反響

TechinsightJapan / 2016年12月28日13時40分

一般人だけでなく彼女より後にデビューした小泉今日子、堀ちえみ、石川秀美、早見優ら「花の82年組」女性アイドルも、デビュー当時はこぞって“聖子ちゃんカット”だったものだ。日本中の女の子が夢中になった“聖子ちゃんカット”は、「顔の造作を選ばず、万人に似合う」素晴らしい髪型とまで言われていた。 この“聖子ちゃんカット”を、現代風にして挑戦したきゃりーぱみゅぱみゅ [全文を読む]

ガンダムファンにはおなじみ 歌手・森口博子の実力

NEWSポストセブン / 2016年11月19日07時00分

彼女は小泉今日子、堀ちえみ、早見優、石川秀美ら、大手芸能プロダクションやレコード会社が「聖子に続け!」とばかりにイチオシを揃えた「花の82年デビュー組」の一人。前年10月にデビューしていた松本伊代も、この中に含まれている。 新人賞は熾烈な争いで、デビューの年、中森明菜だけが無冠に終わっている。その後の歌手人生において、本当に色々なことがあった彼女だが、松 [全文を読む]

体型が全然違う!石原さとみ「校閲ガール」出演の元アイドルに視聴者が驚愕

アサ芸プラス / 2016年11月05日09時59分

一方で現在の芳本は大物編集長の役にふさわしい貫録を備えており、彼女のアイドル全盛期を知る人でもほとんど気づかなかったようです」 その芳本は同じ事務所の先輩・石川秀美の妹分としてデビューし、計19枚のシングルをリリース。アイドルとしては決して大成したとは言えないが、1990年にゴールデン・アロー賞・演劇新人賞を受賞したのを機に女優業にシフト。それ以来、昼ドラ [全文を読む]

サブカルタウンの中野が「ジャニーズの聖地」になっていた!?

アサジョ / 2016年09月22日09時58分

パパイヤ鈴木、岸谷香、石川秀美。その石川と後に結婚した薬丸裕英もいました。同じシブがき隊の布川敏和と本木雅弘も在籍していました。さらに元男闘呼組・前田耕陽、元光GENJI・大沢樹生、中村繁之も。彼らが勢揃いしているところをぜひ見てみたかったです」(アイドル誌ライター) サブカルタウンとしても知られる中野だが、実はこんな一面も持っていたのである。(北村ともこ [全文を読む]

東山紀之にラブレターを渡した同級生の今は!?

Smartザテレビジョン / 2016年07月12日17時17分

当時の同級生には、少年隊の錦織一清や植草克秀をはじめ、シブがき隊の薬丸裕英、本木雅弘、布川敏和や三田寛子、石川秀美、岸谷香、中村あゆみ、パパイヤ鈴木ら。そうそうたるメンバーが同じ教室で勉学に励んでいたという。 そんな同級生の中で、「自分のことを好きだった」という同級生の記憶があると明かす東山。ラブレターかファンレターをもらったような記憶があるようなのだが、 [全文を読む]

日本で初めてのバウリニューアル啓発団体「一般社団法人バウリニューアルジャパン」が認定制度スタート。

PR TIMES / 2016年07月06日15時22分

日本でも近年、ハワイ州観光局ロマンス親善大使の吉川ひなのさん、結婚25周年を迎えられた薬丸裕英さん・石川秀美さんご夫妻など芸能人の方々がバウリニューアルを行い、注目されています。 ※取材対象は直接お問い合わせください。 [画像1: http://prtimes.jp/i/19042/3/resize/d19042-3-959242-0.jpg ] [画像 [全文を読む]

天真爛漫過ぎた佐野量子 写真家も唖然の仰天ヒッチハイク

NEWSポストセブン / 2016年06月25日16時00分

石川秀美もその一人だが、印象深いのは優しい気配りだったという。 「同じ事務所だった芳本美代子と一緒に撮影した時、秀美ちゃんは自分ばかりにカメラを向けられていると、『みっちょん(芳本)も撮って』といってくる。大人顔負けの気配りなんです」 とはいえ、10代といえば難しい年頃。若いモデルたちをうまく乗せ、知恵と工夫で現場を乗り切ってきた。 「『おニャン子クラブ』 [全文を読む]

森高千里 ウェイトレス姿でアイドルと脚の歴史を変えた

NEWSポストセブン / 2016年05月22日16時00分

1980年代前半こそ、短距離走の速い石川秀美が『オールスター紅白大運動会』で鍛えられた脚を露わにするなど、1970年代同様、健康的な脚が目立っていたが、そのアイドルと脚の歴史を変えたのが森高千里である。 1989年2月発売のシングル『ザ・ストレス』のジャケットでは、ミニスカのウェイトレス姿を披露。スラリと伸びた長い脚を強調したことでファンが一気に増え、次 [全文を読む]

フォーカス