小沢昭一のニュース

『永六輔の伝言 僕が愛した「芸と反骨」』(矢崎泰久・編/集英社新書)が8月17日に発売!

DreamNews / 2016年08月16日15時00分

その道程で出会い、 学び、繋ぎ、見送ってきた渥美清、三木鶏郎、野坂昭如、小沢昭一、中村八大……ら、多くの表現者たち。 一途で熱い彼らの生き様と反骨の心意気を、半世紀にわたり永さんに伴走してきた盟友・矢崎泰久が、 本人に成り変わって活写。社会の同調圧力が高まる不透明な時代に、知恵と勇気をくれる「昭和からの伝言」。『永六輔の伝言 僕が愛した「芸と反骨」』編者 [全文を読む]

TBSラジオ「小沢昭一さん追悼特別番組~あしたのこころだ…小沢昭一について考える」 平成25年日本民間放送連盟賞番組部門〔ラジオエンターテインメント番組〕優秀賞 受賞

PR TIMES / 2013年09月19日20時22分

2013年9月19日に発表された「平成25年 日本民間放送連盟賞」においてTBSラジオ&コミュニケーションズ(東京都港区 代表取締役社長 入江清彦)「小沢昭一さん追悼特別番組~あしたのこころだ…小沢昭一について考える」が「ラジオエンターテインメント番組」部門において、優秀賞を受賞しました。 昭和48年から亡くなるまでの約40年間に1万回以上放送され、芸能の [全文を読む]

TBSラジオ「小沢昭一さん追悼特別番組 ~あしたのこころだ…小沢昭一について考える」

PR TIMES / 2013年07月29日18時13分

平成25年 日本民間放送連盟賞 ラジオ東京地区審査 エンターテインメント番組部門 第1位を獲得 7月23日に開催された「平成25年 日本民間放送連盟賞 ラジオ東京地区審査」においてTBSラジオの「小沢昭一さん追悼特別番組~あしたのこころだ…小沢昭一について考える」が「エンターテインメント番組」部門の出品5作品中、第1位を獲得しました。 この特別番組は6月3 [全文を読む]

TBSラジオ 「小沢昭一さん追悼特別番組 ~あしたのこころだ…小沢昭一について考える」 第50回ギャラクシー賞ラジオ部門 特別賞 受賞

PR TIMES / 2013年05月01日12時17分

本日(5月1日・水)、放送批評懇談会の発表によりTBSラジオで2012年12月29日に放送した特別番組「小沢昭一さん追悼特別番組~あしたのこころだ…小沢昭一について考える」が第50回ギャラクシー賞ラジオ部門 特別賞を受賞しました。 小沢昭一さんは1973年からおよそ40年「小沢昭一小沢昭一的こころ」にご出演いただき、長きに渡って、TBSラジオのブランドを [全文を読む]

男がとろけた「芸能界・魔性の女」を徹底追跡!(6)毒婦を味わう傑作シネマ

アサ芸プラス / 2017年02月02日12時57分

小沢昭一と田村正和の2人が、安田演じるナオミによって性のとりこになってゆく。安田はヌードではないが、全身から野性美が漂っていました。 日活では加賀まりこ(73)が小悪魔の魅力を発揮した「月曜日のユカ」(64年)でしょう。ユカ自身はピュアであるが、初老のパトロン(加藤武)も若い恋人(中尾彬)も、結局は振り回されて死に至る。男の死=魔性の女の条件に当てはまり、 [全文を読む]

永六輔と盟友たちとの珠玉のエピソードをCD化

Smartザテレビジョン / 2016年10月14日21時09分

渥美清をはじめ、筑紫哲也や小沢昭一、春風亭昇太、おすぎとピーコ等、錚々たる仲間との貴重なエピソードや、彼らとの歯に衣着せぬトークを収録。最後までラジオと出会いを愛した永六輔の、時におちゃめで社会悪には厳しい視線を投げかける、慈愛に満ちた語りを存分に堪能できる。 ナビゲーターは、番組アシスタントを16年間務めたTBS外山惠理アナウンサーが担当している。 なお [全文を読む]

故・永六輔さん 60年来の仕事仲間と泣き合った最期の日々

NEWSポストセブン / 2016年07月14日07時00分

小沢昭一、野坂昭如、五木寛之とか、中村八大、大橋巨泉、寺山修司にしても、早稲田時代から付き合いのある仲間がね」 60年来の友人で、テレビ草創期から永さんとともに第一線で活躍してきた黒柳徹子(82才)は、永さんの訃報にこうコメントを寄せた。《奥さんの昌子さんが亡くなって14年半、よく一人で頑張りました(中略)私と結婚の話も出ましたが、主に、永さんからですが、 [全文を読む]

左とん平 脇役は腹八分がちょうどいい

NEWSポストセブン / 2016年06月12日16時00分

部屋が僕と緒形拳と三木のり平さんと殿山泰司さんと小沢昭一さんが一緒だった。緒形とはその前から『おがっちゃん』『とんとん』と呼び合う間柄だったんだよ。 みんな凄く酒を飲むんだ。それで遅くまで丁々発止。いろんな芸談からスケベ話まで。それである時、緒形がのり平さんに何か言って、のり平さんがカチンときちゃったんだ。のり平さん、一度へそを曲げちゃったらどうにもならな [全文を読む]

シリーズ「中年が危機」その3 キャリアの危機2「働かないおじさんが辞めないリスク」/増沢 隆太

INSIGHT NOW! / 2016年03月16日06時50分

いかがでしょう、ご同輩(TBSラジオ・小沢昭一的ココロ風にキメてみました) [全文を読む]

合計245才 黒柳徹子が泣いた永六輔と大橋巨泉の3ショット

NEWSポストセブン / 2016年02月16日16時00分

大橋:「植木等さん(享年80)も亡くなったし、ハナ肇(享年63)も亡くなったし、勝新(太郎・享年65)も亡くなったし…おれのことを“おい、巨泉”なんて言うのは、もう永ちゃんしかいないな」 他にも3人は、森光子(享年92)、青島幸男(享年74)、井上ひさし(享年75)、小沢昭一(享年83)ら故人の在りし日の思い出に花を咲かせた。 大橋は永の名前にちなんで長 [全文を読む]

故加藤武さん 笑わせる意識で芝居したら一巻の終わり

NEWSポストセブン / 2016年01月24日16時00分

また、今村組のレギュラー俳優・小沢昭一とは中学から大学までを共に過ごした親友同士だ。「今ヘイ(=今村)は友達だから、俺の性格を見抜いているんだ。『豚と軍艦』は獰猛なヤクザだったけど、実際の俺は獰猛でもなんでもない。顔は怖いけど、臆病で気は小さい。彼はそれをちゃんと知って、あえて人肉を食った豚を食べながら麻雀をやるような役をやらせるんだよ。 小沢は手練れ、油 [全文を読む]

ご長寿ラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』が終了!後任は…

しらべぇ / 2016年01月22日16時00分

— MOTZ (@sss_motz) January 18, 2016『大沢悠里のゆうゆうワイド』は平日朝8時半から13時までの生放送で、「お色気大賞」や「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」、「小沢昭一的こころ」など多種多彩なコーナーで人気が高く、聴取率も常に上位にランクイン。中高年や外回りの営業マンがゆっくりと楽しめる番組として関東圏で高い知名度を誇る [全文を読む]

年の瀬雑感

クオリティ埼玉 / 2015年12月31日17時23分

いまは亡き小沢昭一の俳句三句を掲げて年の瀬雑感といたします。 なにはさてあと幾くたびの晦そば ぬくぬくとこたつで愚痴の身分かな どてらきて無職のAの立ちばなし [全文を読む]

19回目を迎えた文化庁メディア芸術祭「文化の終わりの始まり=国家による選別」に加担しているのは誰か?

おたぽる / 2015年12月01日20時00分

折しも記者発表の前日に、小沢昭一が収集した『日本の放浪芸』のCD版が新たに復刻されるというニュースを目にした。この音楽集が最初にLPで発売されたのは1971年のことだが、そこに収録された芸には、もはや実演を目にすることができないものも多いということは、それを如実に示しているだろう。 大衆文化の本来の価値である民衆からの支持を受けている部分を、国家は決して認 [全文を読む]

阿川佐和子が語る「明治女の“生きる力”」

WEB女性自身 / 2015年03月19日13時00分

これまで漫談家・徳川夢声、俳優・森繁久彌、俳優・小沢昭一と名士が担ってきたが、明治村が開村して50年目にして、初の女性村長が誕生したことになる。 最近は明治時代を扱ったドラマが花盛り。現在、放送中の大河ドラマ『花燃ゆ』、前の朝の連続テレビ小説『花子とアン』、さらには今秋から放送予定の連続テレビ小説『あさが来た』(すべてNHK)は、主人公がすべて明治という時 [全文を読む]

杉村春子に「あんたの芝居は借り物」と指摘された加藤武

NEWSポストセブン / 2014年03月09日16時00分

小沢昭一・フランキー堺・仲谷昇といった、後に同じく俳優となる同級生たちがいた。早稲田大学に進学後も小沢の他に今村昌平・北村和夫らが同級生におり、黄金世代といえる。 演出部しか募集はなかったため、加藤は俳優ではなく裏方として文学座に入る。文学座には小津安二郎監督作品などで知られる大女優・杉村春子がいた。 「入ったはいいが、肉体労働ばかりだった。それをやりなが [全文を読む]

永六輔氏 46年続いたラジオ終了後も小劇場で話すことに意欲

NEWSポストセブン / 2013年10月20日07時00分

小沢昭一、野坂昭如、五木寛之とか、中村八大、大橋巨泉、寺山修司にしても、早稲田時代から付き合いのある仲間がね。──いい仲間たちがいたから、無茶苦茶なやめ方をしても生き残ってこれた。永:うん、生き残った!──テレビではそれだけ喧嘩した永さんが、ラジオでは喧嘩せずに済んで。永:ラジオはいいアシスタントがいて、遠藤(泰子)さんや外山(惠理)君が僕が怒りそうになる [全文を読む]

勘三郎、地井武男、山口美江…2012年著名人物故者を偲ぶ

NEWSポストセブン / 2012年12月31日07時00分

中村勘三郎 宮史郎 三宅久之 桜井センリ 小沢昭一 藤本義一 桑名正博 若松孝二 山田吾一 大滝秀治 アンディ・ウィリアムス ニール・アームストロング 内藤武敏 浜田幸一 津島恵子 三木睦子 山田五十鈴 地井武男 伊藤エミ 遠藤太津朗 中原早苗 日暮修一 小野ヤスシ 三笠宮寬仁殿下 三崎千恵子 尾崎紀世彦 新藤兼人 邱永漢 ホイットニー・ヒューストン 安 [全文を読む]

フォーカス