鈴木春信のニュース

江戸の人気浮世絵師たちが豪華饗宴!幻の平木コレクション名品展

サライ.jp / 2017年05月24日21時00分

六大浮世絵師と呼ばれる、鈴木春信・鳥居清長・喜多川歌麿・東洲斎写楽・葛飾北斎・歌川広重の作品を中心に、4つのテーマ「美人画」「役者絵」「風景画」「花鳥画」で紹介します。 重要美術品 歌川国政《市川鰕蔵の暫》〔寛政8年(1796) 公益財団法人 平木浮世絵財団蔵〕 本展の見どころを、佐野美術館・広報グループの深沢香奈さんにうかがいました。 「“美人画”は、例 [全文を読む]

あの「虎子石」も登場 動物を描いた浮世絵展 太田記念美術館にて

太田出版ケトルニュース / 2017年03月27日13時01分

会場には、鈴木春信、葛飾北斎、歌川広重、月岡芳年、河鍋暁斎など、そうそうたる絵師たちが描いた、象、タコ、鳥、猫、豹、サンショウウオ、狆(ちん)、キツネなどの浮世絵が登場。また、太田記念美術館公式ツイッターのアイコンにも採用され、一時期ネットで話題となった「虎子石」(大きな石に虎の手足が生えたもの。歌川芳員の『東海道五十三次之内 大磯 をだわらへ四り』)も [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】お江戸日本を震撼させた傑物4人!クイズ「私は誰でしょう?」(全4問)

サライ.jp / 2017年03月15日19時00分

さて、私は誰でしょう?(い)歌川広重(ろ)鈴木春信(は)葛飾北斎(に)菱川師宣【クイズ3】私は天保6年(1835)、土佐国の郷士の家に生まれました。日本最初の株式会社・亀山社中を興し、海援隊を組織、薩長同盟の成立に貢献しましたが、33歳で凶刃に倒れました。さて、私は誰でしょう?(い)岡田以蔵(ろ)中岡慎太郎(は)武市半平太(に)坂本龍馬【クイズ4】私は17 [全文を読む]

“春画”に着目したオム プリッセ イッセイ ミヤケ「HARUシリーズ」のポップアップが開催中

FASHION HEADLINE / 2016年11月24日18時00分

世界中に愛好家がいる春画は江戸時代、おおっぴらに販売できないものの、確実に需要があるいちジャンルとして、葛飾北斎や喜多川歌麿、鈴木春信といった名だたる浮世絵師が手掛けてきた。その魅力の中には、ときにユーモラスでおおらかな性描写だけでなく、細部まで描き込まれた着物の柄やインテリアの色鮮やかな描写もある。 オム プリッセ イッセイ ミヤケは、江戸時代の粋な生 [全文を読む]

【今週の対決】サントリー美術館vs山種美術館「喫茶店対決」

WEB女性自身 / 2016年09月12日06時00分

「袖が香」(510円)は鈴木春信作品、「朝のけしき」(510円)は歌川広重作品をテーマに作られたもの。そのこだわりようを確認しながら、上品な甘さを口の中で楽しんだ。 軽食の「冷やし豆乳にゅうめん」(1,250円)もおいしかった。展示の美とマッチした食も大満足だ! 【めた坊ジャッジ】芸術も食事も楽しめるなんて、ともに一石二鳥のスポット。展示も味も大満足で、今 [全文を読む]

国宝・重要文化財クラスの名画の魅力と絵師の生きざまをイラストで解説! 『絵とき日本美術 イラストでおぼえる日本の絵師・名画たち』発売

PR TIMES / 2016年09月09日10時44分

〈本書の内容〉 ■絵巻物・日本画 源氏物語絵巻/鳥獣人物戯画/築島物語絵巻/狩野正信/狩野永徳/俵屋宗達/尾形光琳/伊藤若冲/曾我蕭白/円山応挙/長沢芦雪/酒井抱一/鈴木其一/狩野一信/中村芳中/横山大観/上村松園/鏑木清方/小村雪岱/竹久夢二/高畠華宵 ■水墨画・禅画 雪舟/長谷川等伯/本阿弥光悦/白隠慧鶴/与謝蕪村/仙厓義梵/河鍋暁斎 ■浮世絵・版画 [全文を読む]

大英博物館から里帰りした作品も 『初期浮世絵展 版の力・筆の力』

太田出版ケトルニュース / 2016年01月07日15時37分

近世初期風俗画から菱川師宣前後の浮世絵誕生の状況、鳥居清信や鳥居清倍ら、歌舞伎絵界に圧倒的な地位を築いた初期の鳥居派、高度な多色摺木版画技法、錦絵を大成させた鈴木春信など、初期浮世絵の魅力を堪能することができる。 『初期浮世絵展 −版の力・筆の力−』は、2016年1月9日(土)~2月28日(日)まで、千葉市美術館(千葉市中央区中央3-10-8 京成「千葉中 [全文を読む]

たばこと塩の博物館が墨田区に移転・リニューアル後、初の特別展!「浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート」11月3日~12月13日開催

@Press / 2015年10月09日10時30分

このなかから今回は、鈴木春信、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎などをはじめとする約28名の絵師による浮世絵を展示します。一方、素材、形状もさまざまなたばこ盆の逸品、八代目桂文楽旧蔵のたばこ入れコレクションなど、江戸から明治時代に制作されて、美術工芸品としても評価の高い喫煙具もご紹介します。江戸時代に花開いた世界に誇るジャパンアートを、新しくなったたばこと塩 [全文を読む]

話題沸騰! 芸術と評価されている「春画」はやっぱり当時のAV、エロマンガだった? こんなエグい作品も

リテラ / 2015年09月24日12時00分

日本史の教科書でも出てくる菱川師宣、喜多川歌麿、鈴木春信など、有名絵師たちはほぼ全員が春画を描き残した。これがいかに特異なことか、「美術手帖」(美術出版社)15年10月号のなかで、日本近世文学を専門とするロンドン大学教授のアンドリュー・ガーストルはこう語る。「キリスト教の影響で中世以降、一流の画家が性表現を積極的に描くことはなかった。一方で春画には質の高い [全文を読む]

男女の性愛描いた「春画」展が9月19日から開催――細川元首相の「強い意向」で実現

弁護士ドットコムニュース / 2015年09月18日16時25分

展覧会では、大英博物館や日本の美術館のほか、個人所蔵の作品などから集めた、鈴木春信や喜多川歌麿、葛飾北斎など有名な絵師の名作100点以上が展示される。永青文庫の三宅秀和・学芸課長は「春画は、私たちの祖先にとって非常に親しみがあるものだった」「これだけ多くの春画が見られる機会はなかった」と、見どころを強調した。 ところで、春画展の開催にあたって、「わいせつ [全文を読む]

タブーだった日本での春画展 細川護煕氏は「義侠心で開催」

NEWSポストセブン / 2015年08月13日16時00分

北斎、歌麿、鈴木春信らの傑作に加え、狩野派の作品やポケットサイズの豆判版画まで揃えている。 ※SAPIO2015年9月号 [全文を読む]

春画を教材に使う女性研究者「教室はシ~ンとしていますね」

NEWSポストセブン / 2015年05月02日16時00分

春画・艶本の所在目録すら整備されず、「鈴木春信ほどの絵師が春画を残したことを悲しく思う」と嘆く学者さえいた。 そんな中、林美一氏や白倉敬彦氏ら在野の人材が春画研究の第一人者となり、国内外に散逸した春画の情報を整理し、無修正の出版に先鞭をつけた。2000年代に入ると多くの美術雑誌や書籍が春画を掲載した。 石上氏の新著には、中国書物を反映した初期の日本春画、近 [全文を読む]

春画が世界で話題沸騰中!「知らなかった!」春画の豆知識5つ

Woman Insight / 2013年12月14日21時00分

菱川師宣、葛飾北斎、鈴木春信、歌川国芳など、有名無名問わず無数の浮世絵師が全力投球した浮世絵の一大ジャンル、なんと現在春画が見つかっていないのは、東洲斎写楽くらいという説も。 そんな春画を楽しむための5つの豆知識を『和樂』2014年1・2月合併号よりご紹介します。ちなみにページの背景はあの葛飾北斎の『喜能会之故真通』。女性がタコに……というこの春画はあまり [全文を読む]

フォーカス