八木沼純子のニュース

浅田真央「次大会ではトリプルアクセル」宣言に八木沼純子が「跳ばないで!」

アサジョ / 2016年10月28日09時59分

それだけにフィギュアスケート関係者の間では『無理して跳ばなくても』という声が少なからずあり、解説者の八木沼純子さんも『私は跳ばないでほしい』と語っていました。浅田の演技構成や技術点の高さなら、完璧な演技ができればトリプルアクセルを跳ばなくても優勝できるんです。しかし、昔から浅田真央はトリプルアクセルに大変なこだわりを持っています。アメリカ大会では故障がある [全文を読む]

制服姿の元SKE柴田阿弥が過去の恋愛事情を告白!?

Smartザテレビジョン / 2016年10月14日20時00分

■ “お嬢様学校”に通っていた八木沼純子、神田愛花、柴田阿弥が制服姿で登場! 10月18日(火)日本テレビ系ほかにて放送の、チュートリアル・徳井義実、フットボールアワー・後藤輝基、HKT48・指原莉乃がMCを務めるバラエティー「今夜くらべてみました」(毎週火曜夜11:59-0:54ほか)に、今年8月にSKE48を卒業したばかりの柴田阿弥が初出演することが分 [全文を読む]

浅田真央の引退発表を受けてテレ朝が緊急生特番を放送

Smartザテレビジョン / 2017年04月11日15時23分

MCは富川悠太アナ、竹内由恵アナが務め、ゲストとして松岡修造、八木沼純子、織田信成、鈴木明子、小塚崇彦が出演。 [全文を読む]

フィギュア関係者も驚愕! 得点上昇率比較でわかった宇野昌磨の「驚異的進化」

アサジョ / 2017年04月11日10時15分

「昨年の世界選手権では表彰台を逃して号泣していた彼の進歩には、解説の八木沼純子さんをはじめ多くのスケート関係者たちも仰天するほどで、この1年で2シーズン分くらいの驚異的な進歩だといいます」(スポーツライター) シーズンベストの数字を比較すると、シニアデビューの15‐16年はGPファイナル銅メダルで276.79点。それが16‐17年シーズンの世界選手権では3 [全文を読む]

V6井ノ原、中学時代から“一流のエンターテイナー”秘話明らかに

Smartザテレビジョン / 2017年04月06日12時10分

堀江貴文、八木沼純子の同級生の現在を追う。 [全文を読む]

浅田真央、心に秘める引退と後継者たちの台頭

日刊大衆 / 2016年11月24日11時00分

解説者の八木沼純子氏も“私は跳ばないでほしい”と語り、大功労者にこれ以上の無理をしてほしくないというのが、スケート界の一致した意見でした」(スポーツ紙記者) だが、浅田をよく知る専門誌の記者はこう語る。「それでも、真央ちゃんの跳びたいという気持ちも分かります。ソチ五輪でメダルを逃し現役続行か引退か、“ハーフハーフ”の言葉を残した後、並々ならぬ決意を持ってリ [全文を読む]

指原莉乃「総選挙絶対自分で入れたでしょ」元SKE48柴田に疑惑

dwango.jp news / 2016年10月19日11時23分

神田愛花、柴田阿弥、八木沼純子。みな、お嬢様ぶりを披露するが、八木沼のみご先祖に総理大臣が2人もいる本物のお嬢様。家族会は高輪プリンスの貴賓館で行うという規格外。 元SKE48柴田阿弥に関しては、卒業が人気絶頂のときだったことから指原も「すごいタイミング」と解説。所属事務所のセント・フォースでの憧れの人を聞かれると柴田は「神田先輩」と一緒に出演した神田愛花 [全文を読む]

八木沼純子も「たまらん!」焼き肉ホルモンの嬉しい効果とは?

アサジョ / 2016年07月08日17時58分

でも、ちょっと見た目に抵抗があるホルモンにも、たまには注目してみましょう! あの元フィギュアスケート選手の八木沼純子さんが、ホルモンを目の前に「たまらん!」の声を上げています。 そんなホルモン、美味しいだけではなく、女性にとっては見逃せない嬉しい効果も多いのです。例えば、ホルモンの代表「レバー」。含まれる「ビオチン」が持つ、皮膚や髪を健康に保つ効果や糖の代 [全文を読む]

高橋大輔、初舞台「木下グループpresents LOVE ON THE FLOOR」が華々しく開幕!各界著名人も大興奮!

PR TIMES / 2016年07月01日19時43分

公演前のレッドカーペットには、世界的バレエダンサーの熊川哲也、俳優の石田純一、元フィギュアスケーターの八木沼純子、高橋の後輩スケーターである村上佳菜子、俳優としても人気を集めるバレエダンサー宮尾俊太郎ら各界から著名人が駆けつけ、公演への注目の高さがうかがわれた。本公演はアメリカの人気ダンサー、シェリル・バークが構成・演出・主演を務め、トップスケーターたちと [全文を読む]

横浜でポートランドの“食”と“ヘルシーライフ”を体感するイベント開催!

FASHION HEADLINE / 2016年04月21日12時00分

全4部で構成され、第1部(13時30分から14時まで)はプロフィギュアスケーターでフィギュアスケート解説者の八木沼純子による「アスリートと食生活の関係性」、第2部(14時から14時30分まで)はシェフの田村なを子による「ポートランドの豊かな食と地域との繋がり」、第3部(14時30分から15時まで)はインテリアデザイナーの上原メグミによる「ポートランダーの食 [全文を読む]

おかもとまりも「簡単」と絶賛する「ぎゅうぎゅう焼き」が超美味!

アサジョ / 2016年04月14日17時58分

芸能人では、フィギュアスケーター・解説者の八木沼純子さんや、おかもとまりさん、三井智映子さんがいち早くブームをかぎつけ、トライしていましたよ! オーブンをもてあましている人は、ぜひ今すぐ作ってみましょう! [全文を読む]

羽生結弦・浅田真央から注目の女子ジュニア選手も紹介 『フィギュアスケートベストシーン 2』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月09日15時00分

さらに、カメラマンの視点からみた田口と能登の今シーズンのベストショットの解説に加え、2015~2016シーズンで引退となった小塚崇彦のインタビュー、元フィギュアスケーターで現在はテレビ解説などでも活躍する本田武史・八木沼純子による各選手の演技の魅力や解説も紹介している。 美しいモノクロの写真が印象的な『FIGURE SKATING BEST SCENE [全文を読む]

あの大人気ライダーヒロインが赤面珍解答を連発?

Smartザテレビジョン / 2015年06月10日05時00分

今回は元プロフィギュアスケーターの八木沼純子、元プロ野球投手の小宮山悟、元シンクロナイズドスイミング選手の青木愛らが参戦。 現役時代は各界の第一線で活躍し、現在はスポーツキャスターを務める文武両道のメンバーを率いて、勝利と100万円ゲットを目指す。 一方、美女ナインには、タンゴショーを開催したり、タレント養成したり、化粧品をプロデュースしたりと多方面で活 [全文を読む]

「羽生選手は常に役者」と八木沼純子が解説!

Smartザテレビジョン / 2015年03月08日13時31分

メーンMCを務める元フィギュアスケート選手の八木沼純子は番組について「フィギュアスケートのファンの方や、初めてフィギュアスケートを見る方など、いろいろな方に楽しめるようなものを作っていければ。堅苦しくなく、柔らかくというか、楽しく見られる番組にできればいいなと思っています」とコメント。 また、若手のスケーターたちに感じることを「本当に高い技術を備えた10 [全文を読む]

「ダークサイドなんで」自虐キャラの安藤美姫、バラエティタレントは困難!?

メンズサイゾー / 2014年04月04日17時35分

ベテランの八木沼純子や金メダリストの荒川静香など、フィギュアの解説者枠は激戦区ですから、このままではあえて安藤を起用する意味も薄れていきかねません。引退か現役続行かで揺れている浅田真央も、もし引退となれば当然各局から引っ張りだこになるでしょうから、さらに安藤の出番は減っていくかもしれませんね」(芸能ライター) 解説の椅子が危うい安藤は、最近バラエティ番組に [全文を読む]

安藤美姫 アツい松岡らアク強すぎ周囲に苦戦の解説デビュー

NEWSポストセブン / 2014年02月24日16時00分

放送終了後には、“華がない”などと噛みつくメディアも出ました」(スポーツ紙記者) フィギュアの解説者は、金メダリスト荒川静香を筆頭に、八木沼純子、村主章枝ら、ただでさえタレント揃いの狭き枠。これだけ喋りが問題視されると、安藤の“第2の人生”に差し障るのではないだろうか。テレビ局関係者が語る。 「初の解説で慣れないところがあったでしょうから、すぐに解説者失格 [全文を読む]

美人だけでは務まらぬスポーツキャスター 田中理恵の期待度

NEWSポストセブン / 2014年02月04日07時00分

例えば、冬季種目の花形であるフィギュア界は、金メダリスト・荒川静香(32)と八木沼純子(40)がオファーを二分している。 「荒川には日本人として初めて五輪のフィギュアで金メダリストになったという抜群の実績があり、現役時代の実績では他の追随を許さない存在。しかし、荒川はキャラクター的にちょっと堅すぎるところがある。 日テレとのつながりが強く、他局が簡単に仕 [全文を読む]

驚異のイケメン・美人率 ボートレース初心者向け番組に潜入

NEWSポストセブン / 2013年03月31日07時00分

ゲストは、グラビアアイドルの田代さやかさんと、プロフィギュアスケータ―の八木沼純子さんという顔ぶれだ。司会巧者の島崎さんのリードで、息の合った和気あいあいとしたやり取りから番組は快調にスタートする。 まず注目したのが、この日に放送されるレース中継の出走予定選手紹介。レース中はヘルメットをかぶっていて見ることができない選手たちの素顔が次々と映し出されると、噂 [全文を読む]

羽生結弦が早大進学 伝統の「フィギュア王国」が遂に復活か

NEWSポストセブン / 2012年12月26日16時00分

八木沼純子:カルガリーオリンピック代表、愛称「ジュンジュン」。現在は解説者として活躍■井上怜奈:アメリカに渡り、ペアスケーターに。がんを克服し、全米選手権を制す■村主章枝:ソルトレイク、トリノ五輪出場。現役にこだわり、仕事と両立中■荒川静香:言わずと知れた、トリノ五輪金メダリスト■中野友加里:トリプルアクセル、美しいドーナツスピンなどで人気を博す。鈴木明 [全文を読む]

キャスター転身有力の潮田玲子 しゃべりも適性充分と専門家

NEWSポストセブン / 2012年07月21日07時00分

過去には同じバドミントンの先輩の陣内久美子や女子フィギュア出身の八木沼純子などが、スポーツ界からキャスターに転身して活躍中だ。では、潮田のキャスターとしての適性は? 女子アナウォッチャーの北川昌弘氏はこう分析する。 「取材対応や会見などを見ていると、コメントがとても聞きやすく、人前で話をすることが好きそうだなと感じられます。“しゃべり”の適性は感じられま [全文を読む]

フォーカス