荻野目慶子のニュース

荻野目慶子も驚いた熊本・天草の大根料理

ぐるなび / 2014年02月24日17時10分

2月22日の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、毎週土曜午前8時)では、女優の荻野目慶子さんが熊本県を旅し、上天草市の日本料理店「天慎」を訪れた。 出身地とはいえ生まれただけで、熊本のことをほとんど知らないという荻野目さんは、天草諸島から旅をスタートさせ、イルカを見ることができるシークルーズを楽しんだ。また、「野菜が大好きなので、天草ならではの野菜をぜ [全文を読む]

萩原健一、深作欣二は「めったにいない頼れる監督」

アサ芸プラス / 2012年11月21日10時00分

実際には3人の中年男(萩原、千葉真一、石橋蓮司)が銀行強盗で得た金を若いカップル(木村一八、荻野目慶子)に持ち逃げされ、奪い返すまでを描いたストーリーではあるのだが‥‥。 このタイトルには変遷があり、深作と脚本家・笠原和夫が「仁義──」の直後に準備した「実録・共産党」が出発点だ。同作は諸般の事情により東映では見送られたが、映画界の風雲児となった角川春樹が「 [全文を読む]

今夏、松尾スズキの衝撃作「業音」を再演!

ザテレビジョン / 2017年06月10日12時00分

「日本総合悲劇協会」の3作目として、’02年に荻野目慶子主演で上演された衝撃作「業音」。“悲劇”をテーマに、限りなく深い人間の“業”の闇を描いた大人計画の代表作が、15年ぶりに再演される。今回は’02年に荻野目が務めた元アイドル役を平岩紙が演じ、フランス・パリでの海外公演も行う。本作の作・演出を手掛ける松尾スズキと主演の平岩に、見どころなどを聞いた。■ 「 [全文を読む]

松尾スズキ作・演出舞台「業音」再演!15年前の初演舞台写真が公開

CinemaCafe.net / 2017年05月26日20時00分

荻野目慶子を主演女優として迎え、人間の業や執念、情念を描き、現代の日本人の生々しい感情をさらけ出した人物造形が当時大きな話題に。そんな本作が、今回15年の時を経て再演。今回の舞台では固有名詞をはずし、より普遍性を高めた物語へ改訂していくという。そして今回、荻野目さんをはじめ片桐はいり、村杉蝉之介、皆川猿時、松尾さん、伊勢志摩らが出演した初演時の舞台写真が公 [全文を読む]

今回だけじゃない!? “不倫三昧”疑惑も浮上した渡辺謙にワイドショーから「過剰な擁護」の怪

日刊サイゾー / 2017年04月03日11時00分

「もっとも渡辺さんは、前妻との離婚時も、法廷で多数の女優との“不倫三昧”を暴露されていて、池上季実子、高島礼子、斉藤由貴、若村麻由美、荻野目慶子らの名前も挙がった無類の“女好き”」(前出記者) 渡辺は1983年に結婚した前妻との間に大と杏の2人の子が生まれたが、2005年に離婚。同年に南と再婚したが、交際時は前妻と婚姻中だったといわれる。 前出記者の話によ [全文を読む]

「渡辺謙不貞報道」で思い出される「離婚裁判」で実名が出た「5人の女優」

アサ芸プラス / 2017年03月31日17時59分

その時、前妻側の弁護士は若村麻由美、斉藤由貴、池上季実子、荻野目慶子、高島礼子という5人の女優の実名をあげたのです。渡辺は不貞関係を否定しましたが、前妻側は口頭弁論の前に渡辺の不貞に関する資料も提出していたと報じられています。当時、前妻は『釈尊会』という宗教団体の会長から多額のお金を借り入れ、完済できずにいたというバックボーンもあり、一部では5人を指して『 [全文を読む]

有名人「歴史的大不貞」はこんなに甘美だった!(4)今井美樹は山下久美子に離婚届を投函

アサジョ / 2017年03月26日17時00分

荻野目慶子は90年に、自身のマンションで不貞関係にあった映画監督が首を吊り自死するというショッキングな経験をしている。 ようやく女優業に復帰したのが91年公開の「いつかギラギラする日」だったのだが、監督の深作欣二と再び不倫という関係になり、深作が没するまで9年半も続いた。 晩年の深作は前立腺ガンに侵されていたが、それでも抗ガン剤治療を拒否。その理由を、荻 [全文を読む]

長澤まさみ 舞台『キャバレー』で大胆演技に挑戦した理由

NEWSポストセブン / 2017年02月01日16時00分

松尾氏といえば、2002年の舞台「業音」で、荻野目慶子を脱がせ、観客に向かってナマのお尻を見せる過激な演出で話題に。今回も「推定Fカップ」の巨乳・長澤の大胆な“エロス”が見られるはずと本誌記者もたまらず劇場へ駆けつけた。 開演するとすぐ、胸元が大きく開いたタイトな衣装で長澤が登場。ダンスをしながら脚を大きく広げたり、前かがみになって谷間を見せつける。ステ [全文を読む]

男がとろけた「芸能界・魔性の女」を徹底追跡!(3)男と女の十大事件簿

アサ芸プラス / 2017年01月30日12時57分

こうした「死の連鎖」で共通するのは藤あや子(55)と荻野目慶子(52)の2人。「藤あや子は20歳で結婚し、女児も産んだが、翌年に離婚。やがて元夫が自殺した。さらに藤のデビュー後には、不倫関係にあった担当ディレクターが藤の自宅で自殺するというショッキングな報道もありました」(芸能レポーター) 荻野目は妻子持ちの映画監督と不倫に陥り、別れ話から監督は荻野目の [全文を読む]

2016年が特別ではない!有名人たちが味わった「不貞」の甘い蜜

アサ芸プラス / 2017年01月22日09時59分

02年、みずからの不貞を著書で記したのが女優の荻野目慶子だ。「荻野目は、そもそも90年に、不貞関係にあった映画監督が自身のマンションで首をつり自ら命を絶ったという経験があります。のちに出演した映画の監督である深作欣二とも9年半にわたって不貞関係を続けました。晩年の深作は前立腺ガンに侵されていましたが、抗ガン剤治療を拒否。荻野目の著書によるとその理由は『抗 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(3)芸能レポーター座談会「石川敏男・二田一比古・長谷川まさ子が見た戦国ウラ現場」

アサ芸プラス / 2016年10月12日05時57分

二田 僕は荻野目慶子と不倫関係だった映画監督が自殺した時かな。彼女のマンションで監督が首をつったけど、所轄の警察に行って粘っていたら、担当が調書を置いたままトイレに行った‥‥。──それは「見てもいい」という暗黙の了解ですか?二田 わからないけど、のぞいたら「部屋には若い男がいた」と。荻野目は愛人が首をつっている姿に驚いて腰を抜かしたんだけど、死んでいる人間 [全文を読む]

オリヴィエ・アサイヤス監督『アクトレス ~女たちの舞台~』インタビュー

NeoL / 2015年10月22日21時36分

この素晴らしい三人を、もっともっと、ずっとずっと見ていたい!」 荻野目慶子(女優) 「このスリリングな演技の「火花」の炸裂は見逃せない! 息を呑むほど美しいスイスの絶景の絵、女優魂が眩しくて、 新鮮なクリステンにはノック・アウト!」 白石加代子(女優) 「薄い膜を境に、実人生と役柄とを行き来するうちに、不意にたち現れる真実。私の心の襞に隠している部分を覗か [全文を読む]

広瀬姉妹に浅田姉妹... セクシー系の姉とキュートな妹が“美人姉妹“の鉄板!?

メンズサイゾー / 2015年06月22日10時00分

倍賞千恵子(73)・美津子(68)、荻野目慶子(50)・洋子(46)、石田ゆり子(45)・ひかり(43)、中山美穂(45)・忍(42)など、これまで多くの美人姉妹が芸能界で活躍してきた。そもそも親が同じであれば同じ遺伝子を受け継ぐワケで姉妹そろって美人というのは当たり前の話なのかもしれないが、"美人姉妹"という言葉には特別な響きを感じる人も多いだろう。 そ [全文を読む]

板野友美、妹のCMデビューで比較される“アノ部分”

アサ芸プラス / 2015年04月04日09時59分

芸能界入りすれば、話題性は十分と活躍を嘱望されていました」(芸能デスク) 古くは石野真子・陽子、荻野目慶子・洋子、最近では広瀬アリス・すずなどのように美人姉妹の相乗効果で成功する例となりそうだ。 とはいえ、揚々たる妹の前途とは裏腹に姉の行く手は暗雲垂れ込めているという。「2013年夏にAKBを卒業、直後にソロ歌手デビューを果たしたものの、その後は泣かず飛ば [全文を読む]

「科捜研の女」で東宝シンデレラの“先輩・後輩”共演が実現!

Smartザテレビジョン / 2014年12月10日05時00分

また、今回の年末スペシャルでは、マリコの母・いずみ役で星由里子が8年ぶりに「科捜研の女」に帰ってくるほか、荻野目慶子、下條アトムら魅力的なゲストが結集。豪華キャストたちの味わい深い演技と「科捜研の女」ならではの緻密で迫力あふれる映像が重なり、“科捜研”史上最高にスリリングなミステリーが綴られる。テレビ朝日の藤本一彦プロデューサーは「すがすがしい笑顔で、一 [全文を読む]

「怪奇恋愛作戦」ゲストキャストに成海璃子、真野恵里菜らが決定!

Smartザテレビジョン / 2014年12月03日18時11分

今回発表された25人は、赤堀雅秋、スチャダラパー・ANI、伊藤ヨタロウ、入江雅人、荻野目慶子、オクイシュージ、小澤征悦、加藤賢崇、木野花、銀粉蝶、鈴木浩介、高橋ひとみ、中村メイコ、成海璃子、萩原聖人、ピエール瀧、松井健太、松尾スズキ、マギー、真野恵里菜、毬谷友子、見栄晴、ミッキー・カーチス、森岡龍、山本龍二。 中でも成海璃子は、これまでの黒髪イメージとは [全文を読む]

【ウラ芸能】杏、ドラマ好調でも心配なコト

NewsCafe / 2014年01月03日15時00分

それでも母親を捨てず、金銭的にもずっと支えてきた、と聞きます」デスク「なんで杏は迷惑をかけられた母を守るか分かる?」記者「さあ…?」デスク「父の渡辺は元妻と離婚前には女優、荻野目慶子(49)、若村麻由美(46)、池上季実子(54)ら多くの女優と浮き名を流し、そんな奔放な女性関係を持つ父に、杏は嫌悪感を抱いたんだよ」記者「なーるほど」デスク「今でも渡辺のこと [全文を読む]

「ごちそうさん」のヒロイン・杏が歩むドラマ以上に波乱万丈な人生

アサ芸プラス / 2013年12月17日09時59分

それでも杏はそんな母親と一緒に暮らし、生活の面倒を見ているんです」(前出・プロダクション関係者) それにしても、なぜここまで苦労をかけられた実母に尽くすのか? 「父の渡辺は元妻と離婚前には荻野目慶子、岩村麻由美、池上季実子など数多くの女優達と浮名を流しました。そんな父を見て育ったからからこそ、父親への嫌悪感の方が強く、その思いが母への愛情に転嫁されているの [全文を読む]

昼ドラ200作の歴史“ドロドロ路線”になるまで

WEB女性自身 / 2013年07月05日07時00分

荻野目慶子の体を張った演技が評判を呼んだ。“異色路線”ともいうべき中に出てきたのが、大ブームとなった『真珠夫人』だ。「なんたって『たわしコロッケ』ですから。原作の菊池寛先生も、思いもよらなかったでしょう(笑)。脚本の中島丈博さんによる独特のセリフと発想、ドラマの真髄ともいうべき傑作です。主演の横山めぐみさんも、この作品で脱皮した感があります」 その後、大河 [全文を読む]

あの新婚女優が話題作で“眼帯ファック”を披露!

メンズサイゾー / 2013年01月09日16時45分

そんななか、女優の荻野目慶子も昨年の12月31日に2歳年上の一般男性と結婚していたことが発表された。 「荻野目といえば、過去に河合義隆と深作欣二という映画監督と連続して愛人関係にあったといわれワイドショーに賑わせた女優。とくに、河合は荻野目の自宅で首吊り自殺という最期を遂げたことから当時は大きな話題となりました。続いて、出演映画『いつかギラギラする日』で監 [全文を読む]

フォーカス