立花宗茂のニュース

【真田丸】関ヶ原の勝敗を分けた「関ヶ原の外」の戦いとは

しらべぇ / 2016年08月28日05時30分

大砲を有する立花宗茂の攻撃にも怯まず、関ヶ原で戦いが始まる当日まで西軍を城に引きつけたのだ。9月15日に高次は西軍に降伏し、高野山へ上った。だが西国一の猛者として知られた立花宗茂が関ヶ原に参加できなかったのは、この戦いのためだ。戦後、勝者となった徳川家康は高次を大いに褒め称え、幾度も高野山に使者を送る。結局、高次は若狭8万5,000石の領主となった。こうし [全文を読む]

負けてもただの負け組にはなるな! しぶとく江戸の世を生き抜いた敗将に学ぶ、厳しい時代の生き延び方

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月19日06時30分

立花宗茂と丹羽長重だ。彼らは他の武将とどこが違ったのだろうか? この本の言葉を借りるなら「敗者としての体験を次に活かせたから」だ。 立花宗茂は、領地を奪われ困窮しても詫びを入れ続け、大坂の陣の前に豊臣方からどんなに誘いを受けてもなびかず、ぶれない姿勢を見続けた。一方、丹羽長重は、義兄弟である秀忠の口利きで復活したのだが、それに甘んじず、持ち前の築城技術を関 [全文を読む]

『戦国無双 ヴォーカル・ベストCD』に“加藤清正”の新曲収録!

リッスンジャパン / 2012年03月31日08時00分

描き下ろしのジャケットイラストも必見です!ファミ通.com ゲームミュージックダウンロード----2012.3.28 ON SALE『戦国無双 ヴォーカル・ベストCD』<Disc1>1. 仰ぎて天に愧じず (真田幸村・石田三成・直江兼続)2. 天翔ける竜の如く (伊達政宗)3. 風と雲の掟 (竹中半兵衛・黒田官兵衛)4. 明鏡止水 ~もののふが道~ (真田 [全文を読む]

今後の大河ドラマを占う?主役で見たい偉人を調査してみた

しらべぇ / 2016年10月09日08時30分

・1位:織田信長(6票)・2位:聖徳太子、坂本龍馬(5票)・4位:伊達政宗(4票)・5位:伊藤博文、加藤清正、山本五十六、石田三成、足利尊氏、卑弥呼、明智光秀、立花宗茂(3票)織田信長がトップ。『国盗り物語』(1973年)、『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年)と、すでに2度も主役になっており、三天下の中でも特に人気が高いようだ。坂本龍馬も [全文を読む]

「敗者復活型」人間のプライドと知恵とは? 戦国武将たちの負けと復活から学ぶ、現代ビジネスパーソンの心得

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月23日06時30分

立花宗茂 豊臣側を代表する不敗の猛将として活躍していた宗茂は関ヶ原以降、領地であった筑後柳川を没収される。一時は貧しい生活を余儀なくされるも人望の厚かった宗茂は家臣たちに支えられ見事に復活。徳川と豊臣の最後の戦いである大坂の陣、江戸時代最大級の内乱・島原の乱で活躍し、誠心誠意の奉公で敗将として唯一、没収された領地を取り戻すことに成功した。 ■増田長盛 [全文を読む]

【真田丸】大砲を活用…徳川と豊臣の「金属生産戦争」とは

しらべぇ / 2016年09月11日05時30分

大津城攻撃に参加した立花宗茂の軍勢も、関ヶ原に間に合わなかったとはいえ、やはり大砲を所有していた。関ヶ原の合戦から大坂の陣までの15年間、日本の軍事は「大砲の活用」というテーマを持つことになったのだ。■大砲の恐るべき威力この当時の大砲は、当然ながら現代のそれとはまったく違う。16世紀から17世紀にかけての大砲といえば、ほとんどが青銅製。その理由はふたつあり [全文を読む]

推し武将は東軍?西軍? 勝負時に着たい関ヶ原Tシャツ

&GP / 2016年09月01日21時10分

描かれているのは、東軍8名(本多忠勝、福島正則、井伊直政、 細川忠興、小早川秀秋、徳川家康、黒田長政、藤堂高虎)、西軍8名(島左近、石田三成、大谷吉継、立花宗茂、安国寺恵瓊、宇喜多秀家、小西行長、島津義弘)の計16人をモチーフにしたアイコンで、個性あふれる兜が絢爛に並ぶ。 発売元は名古屋に本拠を持つ、その名もずばりの株式会社戦国。 ふだんは全国各地に点在す [全文を読む]

累計60万部突破!上田秀人のベストセラー時代小説シリーズ最新刊『表御番医師診療禄8 乱用』(角川文庫刊)発売、金の爪楊枝が当たる刊行記念キャンペーン実施!

PR TIMES / 2016年08月30日13時58分

2010年『孤闘立花宗茂』で第16回中山義秀文学賞受賞。14年「奥右筆秘帳」シリーズで第3回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。その他のシリーズに「百万石の留守居役」(講談社文庫)「御広敷用人 大奥記録」(光文社文庫)「闕所物奉行 裏帳合」(中公文庫)「町奉行内与力奮闘記」(幻冬舎時代小説文庫)「禁裏付雅帳」(徳間文庫)「日雇い浪人生活録」(ハルキ時代小 [全文を読む]

大人気ガチャキャンペーン「四國白金ガチャ」開催!!☆5「立花宗茂」など超強力武将を手に入れるチャンス!【スマホRPG『戦国修羅SOUL』】

PR TIMES / 2016年07月25日19時10分

(http://sengokushurasoul.jp)当ガチャは、金武将以上が必ず出現することに加え、立花宗茂の覚醒印・堕天印を含む豪華なおまけが付いてきます。さらには、毎日初回は200金塊でガチャを引くことができるお得なキャンペーンとなっております。この機会に最強武将を手に入れて「戦国修羅SOUL」をお楽しみください。【キャンペーン期間:2016年7月 [全文を読む]

歴史時代小説家の上田秀人さん、著作100冊 目の長篇作品を刊行

PR TIMES / 2016年03月09日17時14分

『孤闘 立花宗茂』(中央公論新社)で中山義秀文学賞を受賞。主なシリーズに「お髷番承り候」「禁裏付雅帳」(以上、徳間文庫)、「闕所物奉行 裏帳合」(中公文庫)、「御広敷用人 大奥記録」(光文社文庫)、「百万石の留守居役」(講談社文庫)、「町奉行内与力奮闘記」(幻冬舎時代小説文庫)、「表御番医師診療禄」(角川文庫)がある。 【書誌情報】 『傀儡に非ず』(くぐつ [全文を読む]

“歴男”谷原章介「敗者から学んで芸能界を生き抜いていきたい!」

Smartザテレビジョン / 2015年12月10日13時45分

番組では、関ヶ原の戦いにおける、石田三成、真田幸村、直江兼続、大谷吉継、立花宗茂の5人の義将たちの生きざまを掘り下げる。谷原はこの中では石田三成が1番好きだと語り、「三成は冷たくて情がないと思われがちなのですが、豊臣家のために関が原の戦いを起こした。情に厚く、民には愛されたという町民の話が残っています。」と説明。番組の見どころを「勝者側だけではなく、敗者 [全文を読む]

Iカップ菜乃花 セクシーにゃんこで甘え顔に絶賛の嵐

dwango.jp news / 2015年11月05日22時03分

また、グラドルが戦国武将の甲冑に身を包み、脱いだらセクシー水着という斬新さで話題を呼んだフジテレビONE/TWO/NEXTの「鎧美女」#8に菜乃花が登場!立花宗茂の甲冑を纏う。放送は11/23(月・祝) 24:30~。是非見逃し無きように。 [全文を読む]

【サードウェーブデジノス】ゲーム推奨パソコン「GALLERIA 信長の野望 Online推奨 12周年記念モデル」を発売

DreamNews / 2015年04月28日13時30分

高橋紹雲 / 立花誾千代 / 立花宗茂 / 江里口信常 / 晶 / 鍋島直茂 / 種子島時尭 / 島津家久 / 梓 【発売製品のスペック】 《GALLERIA 信長の野望 Online推奨 12周年記念モデル XT》 ・CPU: インテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサー(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.00 [全文を読む]

フォーカス