田沼意次のニュース

大谷翔平が紅白ゲスト審査員受けた条件を栗山監督明かす

NEWSポストセブン / 2017年01月31日07時00分

栗山英樹(以下、栗山):去年のソフトバンクとのCSの最中、2敗してかなり追い込まれたときに、ちょうど(井沢)先生が出演した番組(BSジャパン『逆説の日本史』)を見て、田沼意次(江戸幕府の改革派老中)の生き方が参考になったんです。今の評価と、将来評価されることには大きな違いがある、100年後にならないとわからないこともあるんだというお話に、勇気をもらいまして [全文を読む]

<消される笑い>日本の「風刺」の笑いがおもしろくない理由

メディアゴン / 2017年05月07日07時30分

賄賂政治で汚職の象徴だった田沼意次の失脚後に改革を断行した松平定信(白河藩主)の政治が、クリーンを追求しすぎたため、むしろ生きづらいく感じる(ので、田沼時代の方がなくかしい)という見事な風刺だ。徳川家斉がモデルなどの噂がでた、柳亭種彦の『偐紫田舎源氏』。著作が禁令を犯したということで、手鎖50日の刑を受けた山東京伝。これらは、江戸時代の日本では風刺が影響力 [全文を読む]

なぜ、神道小学校の理念は間違いなのか。誤解された明治時代の教育

まぐまぐニュース! / 2017年02月28日05時00分

農本主義がおかしいと商業からも税金を取ろうとした田沼意次が失脚したことで、江戸時代は終わったように感じる。 今の日本の問題は 江戸時代が終わった原因は、幕府に金がなかったことによる。今の政府と同じである。税金の取り方や使い方が歪になると、その政府は、いつか潰れる。しかし、潰れると庶民にも大きな不の影響を与えるので、早く経済成長するモデルに変更する必要がある [全文を読む]

真田丸でもああだったけど…なぜ石田三成は家康に勝てなかった?

まぐまぐニュース! / 2017年02月24日11時16分

わいろまみれだったかもしれないが、濁ってるぐらいの田沼意次の治世が恋しい) と風刺されるのに近いものがあるかもしれません。もちろん、私も不正がまかり通る世の中が良いとは言いません。ただ、何でもかんでも「こうあるべき」「こうするべき」でびしびしやりすぎた結果、まとまるものがまとまらなかった…という三成の生き方を見ていると、寂しさを感じるのも事実です。 関が原 [全文を読む]

名著復刊!霊山、山伏、ミイラ、大仏、そして曼荼羅から日本文化の魂を探る立東舎文庫『古代金属国家論』(内藤正敏、松岡正剛 著)、11月18日発売

PR TIMES / 2016年11月11日11時34分

「義経は山伏集団のリーダーだった」「秀吉と家康のマンダラ対決」「田沼意次は金属国家の仕掛け人、田中角栄」「大和政権=華厳思想 VS.奥州藤原氏=浄土思想」などなど、さまざまな歴史的な事象が山伏、ミイラ、大仏、鉱物(金属)、植相などをキーワードに縦横無尽に語られていきます。そのスピード感は、工作舎のプラネタリー・ブックスならではだと言えるでしょう。【CONT [全文を読む]

清廉潔白女子よりも腹黒い女子がモテるってホント!?

恋学 / 2015年09月06日07時00分

元の田沼意次のブラックな政治のほうがよっぽど良かった」という意味が隠されています。 男性にとって、清廉潔白な女性は意外と居心地が悪いもの。むしろ、ちょっとくらい黒い部分がある女性のほうが、リラックスできたりするものです。 そういう意味では、自分自身の黒歴史をカミングアウトするのもアリ。「恥ずかしながら、こんな時代がありました」的なエピソードを、ユーモアを交 [全文を読む]

あの悪徳&賄賂政治家、実は日本を飛躍的に発展させた革新的リーダーだった!

Business Journal / 2015年08月28日06時00分

江戸時代の「賄賂政治家」といえば、田沼意次の名を出す人も多いだろう。昭和の時代には、教科書にも「賄賂がしきりに行われて、役人の地位も金で売買されるようになったから、幕府の統制力も衰えるようになった」と書かれていた。 現代の教科書には、田沼は行き詰まった幕府の財政を立て直すために商人の力を利用しようとしたことに触れ、おかげで「民間の学問・文化・芸術が多様な発 [全文を読む]

CS時代劇専門チャンネルの人気作品をニコ生で50時間一挙放送!

ITライフハック / 2015年03月08日15時00分

■番組概要番組名:『時代劇法廷』復活記念 ニコニコ生放送×時代劇専門チャンネル ちょんまげ祭り50時間一挙放送!放送日時:3月20日(金)午後11時~3月23日(月)午前1時※「時代劇法廷」最新作「時代劇法廷スペシャル 被告人は坂本龍馬」は3月21日(土)22時より放送■放送タイトル「時代劇法廷」最新作:「時代劇法廷スペシャル 被告人は坂本龍馬」「時代劇法 [全文を読む]

風雲児たちガイドブック「解体新書」刊行のお知らせ

@Press / 2015年01月29日15時45分

登場人物は、徳川家康・徳川秀忠・保科正之・杉田玄白・前野良沢・平賀源内・小田野直武・高山彦九郎・林子平・田沼意次・松平定信・大黒屋光太夫・最上徳内・伊能忠敬・間宮林蔵・シーボルト・高野長英・渡辺崋山・大塩平八郎・江川太郎左衛門・阿部正弘・ジョン万次郎・佐久間象山・吉田松陰・ペリー・プチャーチン・勝海舟・坂本竜馬・西郷隆盛・大村益次郎。いずれも劣らぬ歴史的 [全文を読む]

都内スラム街“山谷”住人の悲痛な叫び! 「テレビが見えねぇ」「人魂がいる」 “幽霊騒動”の実態に迫った30日

ハピズム / 2013年06月14日21時00分

しかし、平賀源内の死後、当時大名であった老中田沼意次の手記に源内が現役で活躍している様子がたびたび登場することから、生前発明した不老不死の妙薬によって生き返ったという説もある。 [全文を読む]

フォーカス