江守徹のニュース

【速報イベントレポ】「超新星」ユナク、映画「マクベス」で俳優江守徹から演技のアドバイス&テーマ曲入りアルバムもリリース決定

7 / 2016年05月13日22時35分

公開初日の13日(金)、東京・お台場シネマメディアージュにて行われた舞台あいさつに、同作の日本版テーマソングを担当したユナク(超新星)が「マクベス」をはじめとするシェイクスピア4大悲劇の全てに出演歴持ち、現在、文学座の劇団代表としても活躍中の俳優江守徹と共に登壇した。光沢のあるブラックのジャケットとブラックのパンツにホワイトのインナーを合わせたシックな装い [全文を読む]

【取材レポ】ユナク(超新星)、“名優”江守徹と揃って、初日舞台あいさつで映画「マクベス」を絶賛!

5 / 2016年05月14日21時36分

公開初日となる5月13日(金)、東京・お台場シネマメディアージュにて行われた舞台あいさつに、同作の日本版テーマソングを担当したユナク(超新星)が、「マクベス」をはじめとするシェイクスピア4大悲劇の全てに出演歴持ち、現在、文学座の劇団代表としても活躍中の俳優江守徹と共に登壇した。長年の映画ファンだという江守徹はシェイクスピアを題材にした映画の中で同作が一番い [全文を読む]

【Audible(オーディブル)】名優・江守徹氏朗読による「ハリー・ポッター」シリーズ 第一巻・第二巻が日本初のデジタル・オーディオブックで登場!

4 / 2016年06月16日12時22分

江守徹氏の朗読は、既に本を読んだ方にもハリー・ポッターの冒険に「浸る」ような新しい読書体験をもたらしてくれます。同作品はAudibleより配信され、スマートフォンをお持ちの日本人のファンであれば、どなたでもJ・K・ローリングのイマジネーションに富んだ広大な世界をお手軽にお楽しみいただけます」日本では2003年より静山社が、俳優の江守徹氏の朗読でオーディオ [全文を読む]

江守徹 俳優にとって大事なのは何度も台本読み理解すること

4 / 2015年07月16日11時00分

デビューから現在も文学座に所属する俳優の江守徹だが、時代劇での活躍も数多い。江守が語る時代劇での所作や勧善懲悪を単純なドラマに陥らせないために工夫を重ねた経験を語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 江守徹は1973年の『国盗り物語』、1974年『勝海舟』とNHK大河ドラマに立て [全文を読む]

江守徹 毎日の人生を敏感に一生懸命生きれば演技につながる

4 / 2015年07月03日07時00分

俳優の江守徹はデビューから現在まで一貫して文学座に所属しているが、舞台演劇にこだわって文学座をスタート地点に選んだわけではなかった。しかし舞台の面白さに目覚め、しだいに自然な演技とは何かを考えるようになった。江守が語る自然な演技についての言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏による週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 江守 [全文を読む]

超新星ユナク、江守徹との対面にドキドキ!ドラッグクィーン役のアドバイス懇願

3 / 2016年05月13日17時28分

シェイクスピア4大悲劇のひとつをマイケル・ファスベンダー主演で映画化した『マクベス』の初日舞台挨拶が5月13日にお台場シネマメディアージュで開催され、俳優の江守徹と日本版テーマソングを担当する超新星のユナクが登壇。大先輩の江守を前にしたユナクが「すごく緊張しています!」とハニカミ笑顔を見せた。 ユナクは「お会いできてうれしいし、光栄です」と口火を切り、「オ [全文を読む]

落語家の時代劇悪役はなぜ怖いのか 春風亭昇太、小朝も

1 / 2017年02月15日07時00分

今川義元は、これまで大河ドラマでは、『功名が辻』江守徹、『武田信玄』中村勘九郎(中村勘三郎)、フジテレビの『女信長』では三谷幸喜、最近では『信長協奏曲』で生瀬勝久など、名優が演じてきたが、この昇太ほど不気味な義元はいない。『下町ロケット』で主人公の町工場を痛めつける非情な銀行融資係から、昇太の敵役はさらに進化した。 しかし、そんな昇太の前に「ちょっと待っ [全文を読む]

いつでもどこでも」本を「耳で楽しめる」オーディオエンターテインメントサービス「Audible(オーディブル)」より「ハリー・ポッター」が俳優・風間杜夫さんによる新朗読で全シリーズ登場

1 / 2016年11月09日18時04分

*1 ハリー・ポッターファンの間では、日本語版への期待が高まっていた中、2016年7月・8月に、俳優・江守徹さんの朗読によるシリーズ第一巻と第二巻の日本初のデジタル・オーディオブックの配信を開始しました。同シリーズ2作品は、2003年より静山社がCD化をしたものを、Audibleが高品質デジタル処理をしてデジタル・オーディオブック化したものです。そのため、 [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第1回・松方弘樹」(2)弘樹のイメチェンを図れ!

1 / 2016年10月18日05時57分

付き人の勝野は、共演の江守徹や地井武男と飲み歩く楽しそうな松方の姿を見る。 ただし、全話の終了後に松方は鋭く批判した。「NHKはモノを作るところじゃない!」 大河の主演という栄誉を、みずから捨てにかかるようだった。さらに、夫婦役で共演した仁科亜希子との不倫から再婚。そして「きつい一発」という流行語にもなった著書では、女たちとのベッドの様子をこれでもかとつま [全文を読む]

春風亭昇太が大河ドラマで今川義元役に大抜擢!ファンから期待の声

1 / 2016年07月14日20時00分

とくに今川義元役は『徳川家康』の成田三樹夫、『武田信玄』中村勘三郎(当時勘九郎)、『功名が辻』江守徹、『風林火山』谷原章介とそうそうたる俳優が演じているだけに、それ相応の演技力とインパクトが必要になることは間違いない。 ■大河ドラマファンに聞いてみると大河ドラマファンに聞いてみた。「大河ドラマの今川義元というと、個人的には『武田信玄』の中村勘三郎を思い出し [全文を読む]

フォーカス