古川登志夫のニュース

大御所声優集結“スラップスティック”ライブに冨永みーな、松野太紀、野島健児が特別応援ゲストとして出演

okmusic UP's / 2013年08月30日15時15分

日本の声優界を先導し今なお第一線で活躍を続けている野島昭生、古谷徹、古川登志夫、三ツ矢雄二らによる伝説のバンド“スラップスティック”のライブ&イベントとして、2013年9月13日(金)~16日(月・祝)天王洲 銀河劇場にて開催される“スラップスティック・リメンバー・コンサート ~曽我部和恭・鈴置洋孝を偲んで~”に、冨永みーな(15日)、松野太紀と野島健児( [全文を読む]

アニメ出演声優でオーディオブック化した『銀河英雄伝説ユリアンのイゼルローン日記』が『黄金の翼』『ダゴン星域会戦記』を含めた15枚組のCD完全版 BOXとなって登場!キクボンで予約販売開始となりました。

DreamNews / 2017年05月15日14時00分

特典音源は予告なく追加されることがあります) 【Disc 1】銀河英雄伝説ユリアンのイゼルローン日記 第一章 偶数年のできごと 特典: 堀川りょうインタビュー&一言『くたばれ!カイザーに対する返事』(出演:堀川りょう) 【Disc 2】銀河英雄伝説ユリアンのイゼルローン日記 第二章 はじめての給料 特典:オリジナルミニドラマ『再会』(出演:佐々木望、古川登 [全文を読む]

今夜の最終回は2時間スペシャル! 岡本麻弥さんがゲストの柴田秀勝『新宿 ゴール伝ガイ・パラダイス』

ガジェット通信 / 2017年03月21日18時30分

参考記事:声優界のレジェンドが伝説のBarからニコ生に参戦!? 柴田秀勝『新宿 ゴール伝ガイ・パラダイス』 http://getnews.jp/archives/1052372 2015年 7月 古川登志夫 8月 キートン山田 9月 小山茉美 10月 小林祐介 11月 山田真一・竹本英史 12月 斉藤貴美子 2016年 1月 菊タロー・飯田里樹 2月 中 [全文を読む]

テレ朝『声優総選挙』に出演した乃木坂46の生駒里奈さんが炎上! ブログで土下座謝罪

ガジェット通信 / 2017年01月10日11時30分

ランキングが発表されていく中、生駒さんはゲスト声優の平田広明さんや古川登志夫さん、森川智之さんたちに呼びかけてもらい大興奮。それぞれ「ワンピース」のサンジ役とエース役、「NARUTO」の波風ミナト役として知られる皆さん。なんともうらやましいシチュエーションだが、反感も買ってしまい炎上となってしまった模様である。また、古川さんがエース役だったというのに当初 [全文を読む]

日高のり子がウサ耳で登場! 声優たちの素顔が見えた「日本俳優連合チャリティー・イベント東日本大震災復興支援2014」

おたぽる / 2014年12月24日23時30分

中でも大のフィギュア好きと知られる古川登志夫(『うる星やつら』諸星あたるなど)は、自身が声をあてた『ONE PIECE』のエースのフィギュアを出品していました。 また、このイベントは声優とファンの距離が近いのも特徴。日高のり子(『タッチ』浅倉南など)がウサ耳カチューシャをつけて声優のペットの写真集を販売したり、『名探偵コナン』の出演者が来客にサービスすると [全文を読む]

大御所声優集結“スラップスティック”ライブ追加公演決定

okmusic UP's / 2013年07月05日19時28分

日本の声優界を先導し今なお第一線で活躍を続けている野島昭生、古谷徹、古川登志夫、三ツ矢雄二らによる伝説のバンド“スラップスティック”のライブ&イベントとして、2013年9月13日(金)~16日(月・祝)天王洲 銀河劇場にて開催される“スラップスティック・リメンバー・コンサート ~曽我部和恭・鈴置洋孝を偲んで~”の追加公演が、9月14日(土) 19時に行われ [全文を読む]

「ギネス認定」の声優・野沢雅子は「ドラゴンボール」のあのキャラが大嫌い!?

アサ芸プラス / 2017年02月02日17時58分

「それはピッコロ役の古川登志夫と、フリーザ役の中尾隆聖です。野沢は長く孫悟空を演じてきたため、悟空の気持ちになりきってしまうそうで、孫悟飯に厳しい修行をするピッコロと、悟空を虫けらのように扱うフリーザが大嫌い。そのため、2人の役を演じている古川と中尾まで嫌いになってしまったそうです。頭ではピッコロと古川、フリーザと中尾が別であることはわかっているそうですが [全文を読む]

“土下座謝罪”乃木坂・生駒に擁護の声「オタクなら当然」

日刊大衆 / 2017年01月17日11時00分

今回の『声優総選挙』で第9位にランクインした『ONE PIECE』のエース役の古川登志夫氏(70)が、エースの名場面を生駒の名前を使って再現したんですが、生駒は“どうしよう、エース……”と泣き出してしまったんです。この生駒の姿に古川氏も感動したようで、自身のツイッターに“生駒里奈さんが僕の生セリフに涙ぐんでくれて、嬉しかったなあ”とコメントを残していました [全文を読む]

アニメファンから攻撃された乃木坂46生駒里奈の“迅速な土下座”に称賛の声

アサ芸プラス / 2017年01月12日17時59分

生駒は大の漫画・アニメ好きとして知られており、人気漫画「ワンピース」の大ファンでありながらも、同ランキングで9位にランクインしたベテラン声優・古川登志夫氏が同作のアニメ版で人気キャラクター・エースの声を担当していることを知らず、「エースだったんですね。スゴい!」と発言してしまったことで、声優ファンを一斉に敵に回してしまったのだ。「生駒はアニメや漫画に関わる [全文を読む]

“声優総選挙”開催!「ドラゴンボール」の戦闘シーンも生再現!?

Smartザテレビジョン / 2017年01月09日10時00分

野沢雅子、山寺宏一、古川登志夫、三ツ矢雄二といったまさにオールスターともいえる豪華声優陣が、ここでしか話せない、そして今だから語れる声優業界のマル秘裏話を公開する。 野沢、山寺、古川、三ツ矢ら、これほどたくさんの声優が一堂に会する番組はめったになく、野沢と山寺も「まずありえないようなメンバーだったのでとても楽しかったです」(野沢)、「先輩がたくさんいらっし [全文を読む]

GoodsPress 2月号は「ガンプラ」の“今”に迫る大特集!

&GP / 2017年01月06日08時00分

そうマイスター関田さんが語るピンクの成形色はもちろん、腰部のアーマーなどに使われているワンレッドカラーも渋い! このほかにも、カイ・シデン役の古川登志夫さんによるガンキャノンの最新キットレビューをはじめ、作品別のガンプラ最新カタログ、ガンプラ同好会に所属する人気声優らの“推しキット”談議、ガンプラ女子の千倉里菜さんが挑戦する川口名人流の最新ウェザリング講座 [全文を読む]

ゴールデン街劇場で伝説誕生? 柴田秀勝『新宿G伝ガイパラダイスSP』に大物シークレットゲスト続々!

ガジェット通信 / 2016年07月20日19時30分

これまでのゲストは 2015年 7月 古川登志夫 8月 キートン山田 9月 小山茉美 10月 小林祐介 11月 山田真一・竹本英史 12月 斉藤貴美子 2016年 1月 菊タロー・飯田里樹 2月 中友子 3月 忍者烈風チーム 4月 山本正之 5月 潘恵子 6月 三宅淳一 (敬称略) という、なんとも豪華な顔ぶれ! それぞれ貴重なお話ばかりだったが、中でも山 [全文を読む]

柴田秀勝『新宿G伝ガイパラダイス』1周年記念SP! 小村哲生さんや潘恵子さん登場

ガジェット通信 / 2016年07月19日12時00分

古川登志夫さんをはじめキートン山田さん、小山茉美さん、潘恵子さんといった声優界のレジェンド、はたまたアニソン界のレジェンドである山本正之さんなどの多彩なゲストを招いてトークが繰り広げられている。 #13 1周年SP\(^o^)/感謝を込めて 柴田秀勝の『新宿 ゴール伝ガイ・パラダイス』 http://live.nicovideo.jp/watch/lv26 [全文を読む]

若き日のラインハルトとキルヒアイスの活躍を描いた「銀河英雄伝説 黄金の翼(著:田中芳樹)」を広中雅志のキルヒアイスと堀川りょうで、キクボン(http://kikubon.jp/)が初音源化!(敬称略)

DreamNews / 2015年12月24日16時00分

■配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、アップフェルラント物語(朗読:吉崎亮太)、ゼピュロシア・サーガ 西風の戦記(朗読:浅井晴 [全文を読む]

待望の大作!唯一アニメ化されてない長編作品「銀河英雄伝説ユリアンのイゼルローン日記」がキクボン(http://kikubon.jp)にてアニメ版の声優を加えた豪華オリジナルキャストで音源化し販売開始!

DreamNews / 2015年12月21日13時00分

現在、キャンペーン中!フォームに「kikubon会戦」を入力する事でポイントプレゼント!配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、ア [全文を読む]

界王さま(84)も療養で…『サザエさん』に続き『ドラゴンボール』にも押し寄せる高齢化の波

おたぽる / 2015年09月29日21時00分

さらに、物語の主軸となる孫親子を演じる野沢雅子(78)をはじめ、亀仙人・佐藤正治(69)、ピッコロ・古川登志夫(69)、ミスターサタン・石塚運昇(64)、魔人ブウ・塩屋浩三(60)、クリリン・田中真弓(60)と、主要キャラクターを演じる声優が、揃って60歳以上。 同じフジテレビ系の国民的アニメ『サザエさん』も、今月いっぱいで磯野フネ役の麻生美代子(89)が [全文を読む]

アニソン50周年記念コンサートに“四天王”ら大集結、渡辺宙明、松橋繁、田中公平もビデオで登場

okmusic UP's / 2015年09月28日19時27分

司会の古川登志夫による「今日は最初からずっとクライマックスだぞー!」の掛け声に観客が歓声で応じると、水木一郎の「マジンガー Z」(作品『マジンガー Z』)で幕を開ける。その後、堀江美都子が「ボルテスVのうた」(作品『超電磁 マシーン ボルテスV』)、ささきいさおが「ゲッターロボ!」(作品『ゲッターロボ』)で客席を圧巻し、“アニソン四天王”より早々のレジェン [全文を読む]

アノ大物声優○○とそっくり声帯を持つと評判!ゲーム実況者「おついち」とは…

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月24日08時00分

出だしの「よぉルフィ」の時点で、声優の古川登志夫さんを知っている方なら「!?」となるはず。そう、本当に声がそっくりでいらっしゃるんです。古川さんは他にも『ドラゴンボール』のピッコロ役の声優などもされているので、おついちさんも「例の緑の人の声」と評されることもあるようです。「この声は!」と足をとめてそのままファン化した人、数知れず。顔出しする機会の少ない実況 [全文を読む]

ミュージックシーンを席巻する声優アーティスト!その成功の秘訣とは!?【パート1】

日本タレント名鑑 / 2015年06月06日10時55分

男性ユニットによって作られた歌手活動のスタイル声優の歌手活動についてあらためて振り返ってみると、古くは70年代後半に結成された野島昭生、曽我部和恭、古川登志夫、古谷徹らのバンドユニット「スラップスティック」が人気を博したり、アイドルから声優へと転向した日高のり子(注・高は「はしご高」)、アニメ系イベントでのコスプレで素人時代からアイドル的な人気を誇ってい [全文を読む]

「『ドラゴンボール』の台本は今でも手書き」「みんな声が同じ」 大御所声優が明かした声優今昔語

おたぽる / 2015年05月28日08時00分

番組ナレーションを務めていた声優・古川登志夫(『ドラゴンボール』ピッコロ役など)も、『ドラゴンボール』の台本は「今でも手書き」だと言及していた。 こうした秘話だけでなく、大御所声優の3人が最近の若手声優に苦言を呈する一幕も。タバックにストックされていた神谷初主演作『バビル2世』の台本中の「う~む」というセリフについて、神谷が「今の人(声優)だったらそのまま [全文を読む]

フォーカス