田山花袋のニュース

「旅に出ると、私はいつも本当の私となった」(田山花袋)【漱石と明治人のことば78】

サライ.jp / 2017年03月19日06時00分

旅に出さえすると、私はいつも本当の私となった」 --田山花袋 田山花袋は島崎藤村とともに、日本自然主義の屋台骨を支えた作家であった。その名を、彼の代表作『蒲団』とともに記憶している人も多いだろう。30代半ばの妻子ある身でありながら、若き女弟子に抱いた恋情。これを赤裸に綴った一種の告白小説である。 女弟子が去ったあと、彼女の残していった蒲団の襟に顔をうずめて [全文を読む]

『青空文庫POD』11月刊行は110作品、330製品-寺田寅彦、徳田秋声、田山花袋などの作品を中心に-

PR TIMES / 2015年11月02日10時10分

なお、11月の刊行は、寺田寅彦39点、戸坂潤15点、豊島与志雄14点、徳田秋声8点、田山花袋6点など17名の作家の作品をセレクトいたしました。今までと同様に3サイズ309点を「Amazon.co.jp」、「三省堂書店オンデマンド」(ポケット版は販売されません)、「ウェブの書斎オンデマンド本 楽天市場店」、「honto.jp」、「ジュンク堂書店池袋本店」に提 [全文を読む]

「誤配」という概念を鍵に近代文学の名作を解く。『なぜ『三四郎』は悲恋に終わるのか』(集英社新書)、3月17日(火)発売!

DreamNews / 2015年03月17日10時00分

夏目漱石『三四郎』『それから』、田山花袋『蒲団』、森鴎外『雁』、川端康成『雪国』、三島由紀夫『春の雪』…近代文学の名作の多くが「悲恋小説」なのはなぜなのか。哲学者ジャック・デリダが用いた「誤配」という概念を鍵にして、近代文学とは何かを浮かび上がらせる、画期的な文学論。はじめに、近代の恋愛小説を読むのになぜ「誤配」という概念が求められるのかを説明しておこう。 [全文を読む]

谷崎記念館・さいたま文学館で「文スト」コラボ展開催!

Walkerplus / 2017年04月20日11時05分

こちらは、中島敦、太宰治、田山花袋といった、埼玉県にゆかりのある文豪の展示のほか、中島敦&太宰治のアニメ描き下ろしイラストの展示や、先着でオリジナルクリアファイルのプレゼントもある。またコラボキャンペーンオリジナルグッズ「さいたま文学館コラボ缶バッジ2種&ポストカードセット」を販売する。【ウォーカープラス編集部/千束】 [全文を読む]

芦屋市谷崎潤一郎記念館とさいたま文学館で『文豪ストレイドッグス』コラボが4月26日より開催!!

PR TIMES / 2017年04月03日17時18分

その他、中島敦や田山花袋などの埼玉ゆかりの文豪を紹介する他、アニメ描き下ろしイラストを使用したグッズセットを販売予定です。さらに先着でオリジナルクリアファイルもプレゼントします。[画像3: https://prtimes.jp/i/7006/3191/resize/d7006-3191-951992-5.jpg ]【イベント概要】文豪ストレイドッグス×芦屋 [全文を読む]

DMM GAMES『文豪とアルケミスト』衣装を獲得できる大型イベント開催のお知らせ!同時に限定文豪の実装や有魂書キャンペーンも開催!

PR TIMES / 2017年03月22日18時20分

今回は「国木田独歩」「田山花袋」「島崎藤村」を対象とし、イベント『調査任務-學問ノススメー桜』にて会派に編成していると、特殊なストーリーが発生するほか、イベントを有利に進行することができます。 開催期間:3月22日(水)メンテナンス後 ~ 4月5日(水)13:59 ▼「金のネコの手」販売開始 イベントの開始に伴いまして、新アイテム「金のネコの手」を実装いた [全文を読む]

DMM GAMES『文豪とアルケミスト』アプリ版リリース決定のお知らせ! さらに内装金貨を獲得できる新イベント開催!

PR TIMES / 2017年03月14日17時19分

本イベントでは島崎藤村・田山花袋・国木田独歩の3名の制服の衣装が獲得できるイベントです。 開催期間:3月22日(水)メンテナンス後 ~ 4月5日(水)メンテナンス前まで [画像4: https://prtimes.jp/i/2581/1927/resize/d2581-1927-840753-3.jpg ] ▼公式サイト http://bungo.dmmg [全文を読む]

DMM GAMES『文豪とアルケミスト』 アプリ版リリース決定のお知らせ! さらに内装金貨を獲得できる新イベント開催!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月14日16時30分

本イベントでは島崎藤村・田山花袋・国木田独歩の3名の制服の衣装が獲得できるイベントです。 開催期間:3月22日(水)メンテナンス後 ~ 4月5日(水)メンテナンス前まで ▼公式サイト ▼公式twitterアカウント ▼運営twitterアカウント ▼製品概要タイトル:文豪とアルケミストプラットフォーム:DMM GAMES権利表記:©DMM GAMES ■報 [全文を読む]

【書評】期日に追われる人にとって最高のサスペンス本

NEWSポストセブン / 2016年10月19日16時00分

田山花袋は追いつめられて、「筆と紙と自分の心との中に悪魔が住んでいる」と、「エクソシスト」みたいになり、井上ひさしは「殺してください」と言う。吉田健一は「何のために自分がそんな目に会わなければならないのか」と被害者意識丸出し。 内田百閒は年内の借金返済のために〆切を守ろうとするが、借金なんて返さなければいいだけだと気づき、一文字も書かずに除夜の鐘を聞く。 [全文を読む]

過去の作品から最新作まで! 林 和美写真展「余白色」を開催へ【Art Gallery M84】

ITライフハック / 2016年04月26日17時00分

「ひひふ」について小説家・田山花袋の言葉に「人間元来一人で生まれて一人で死んでいくのである。」というのがあります。だから孤独は恐れなくていいのだという事だと思います。ならば、ひとりで居るときは、ひとりで居る事を、ふたりで居るときはふたりで居る事を受け入れながらただ生きれば良い。そんな事を思いながら二人の女性を被写体にした作品。装幀写真家 林 和美氏■林 和 [全文を読む]

江戸時代に性タブー存在せず 当時の男性は胸に無関心だった

NEWSポストセブン / 2016年01月27日16時00分

田山花袋の『蒲団』は、その点、見事ですよね。妻子ある中年作家の「私」は、寄宿させていた女学生に恋心を抱くのですが、彼女と、彼女の彼氏の関係を妄想し、小説一本分ぐらい悩んでいる(笑)。明治に入り、海外から近代文学が入ってきたことで、日本の文学者は西洋的な悩みを持ってしまうようになります。要は、うじうじし始めた。 性表現がタブー視されるようになったのも、明治 [全文を読む]

重版決定!!トーチweb連載作品『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』重版のお知らせ

@Press / 2015年10月06日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『濹東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美南 [全文を読む]

だいだい10ページ。”史上最も肩のこらない文学入門” 中島敦『山月記』を読む

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月27日11時00分

今回は特別に、『山月記』をだいたい8ページくらいの漫画で読んでみよう! 有名すぎる文学作品収録作品 太宰治『人間失格』 中島敦『山月記』 梶井基次郎『檸檬』 森鴎外『舞姫』 坂口安吾『桜の森の満開の下』 フランツ・カフカ『変身』 宮沢賢治『注文の多い料理店』 永井荷風『ぼく東綺譚』 泉鏡花『高野聖』 夏目漱石『三四郎』 アンデルセン『雪の女王』 芥川龍之 [全文を読む]

トーチwebから『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』刊行のお知らせ

@Press / 2015年09月10日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『ぼく東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美 [全文を読む]

福沢諭吉、渋沢栄一ら68人の自伝を人物ごとに再編集 eBookJapanが平凡社『日本人の自伝』全巻を電子書籍化!!

PR TIMES / 2012年10月26日09時48分

『日本人の自伝』リリース予定(著者名で表記)【2012年10月】福沢諭吉/渋沢栄一/前島密/植木枝盛/馬場辰猪/田中正造/玉水常治/松山守善/福田英子/内村鑑三/新島襄/木下尚江/鳩山春子/田岡嶺雲/徳富猪一郎/三宅雪嶺/金子ふみ子/高群逸枝/大杉栄/古田大次郎/石川三四郎/片山潜/堺利彦/山川均/河上肇/南方熊楠【2012年11月】宮崎滔天/内田良平/西 [全文を読む]

BS-TBS 特別編成に関するお知らせ 若松孝二さん追悼番組を11月24日(水)に放送

PR TIMES / 2012年10月22日13時08分

田山花袋の小説で、ある作家の元に弟子入りを志願してくる女学生との日々を描いた作品。 出演は、佐野史郎・黒木メイサで、黒木メイサの名が、世間に知れ渡るきっかけとなった作品ともいえる名作です。 企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

フォーカス