喜多川歌麿のニュース

浮世絵の世界をコインで堪能 喜多川歌麿が描いた美人画の代表作が記念貨に ~300セット限定で2月6日(金)より販売開始~

@Press / 2015年02月06日15時00分

泰星コイン株式会社(本社:東京都豊島区/社長:岡 政博)は、「喜多川歌麿『芸者』10ドル縁なしカラー銀貨3種セット」の日本国内での販売を、2月6日(金)より開始いたします。このセットは、芸術作品の価値を称え発行されたもので、浮世絵師「喜多川歌麿」の美人画3作品がカラーで描かれた記念銀貨が納められています。詳細: http://www.taiseicoins [全文を読む]

138年ぶりに夢の再会! 喜多川歌麿の大作「雪」と「花」が同時展示

マイナビニュース / 2017年05月12日09時29分

喜多川歌麿の三部作「雪月花」のうち、ワズワース・アセーニアム美術館所蔵の「吉原の花」を米国から迎え、同館収蔵の「深川の雪」とともに展示。日本でこの2作品が同時展示されるのは明治12年以来、実に138年ぶりとなる。 三部作「雪月花」は、江戸時代に活躍した浮世絵師・喜多川歌麿によって描かれた一連の肉筆画の大作「深川の雪」「品川の月」「吉原の花」のこと。明治期、 [全文を読む]

下町の本所吾妻橋でタバコの浮世絵を鑑賞

Walkerplus / 2015年10月23日07時00分

注目の作品は、喜多川歌麿の「当時全盛似顔揃(とうじぜんせいにがおぞろい)扇屋内花扇 よしの たつた」(1794年頃~)。「花扇」は吉原遊廓の遊女屋“扇屋”の高級遊女の源氏名で、描かれているのは四代目の花扇。1974年に駆け落ちした関係で、ほかの博物館などでは「花扇」は「花」に、また「よしの たつた」が削除されているなど、名前が明記された作品は、現在はたば [全文を読む]

たばこと塩の博物館が墨田区に移転・リニューアル後、初の特別展!「浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート」11月3日~12月13日開催

@Press / 2015年10月09日10時30分

このなかから今回は、鈴木春信、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎などをはじめとする約28名の絵師による浮世絵を展示します。一方、素材、形状もさまざまなたばこ盆の逸品、八代目桂文楽旧蔵のたばこ入れコレクションなど、江戸から明治時代に制作されて、美術工芸品としても評価の高い喫煙具もご紹介します。江戸時代に花開いた世界に誇るジャパンアートを、新しくなったたばこと塩 [全文を読む]

写楽や北斎についで、奇才・歌川国芳の人気作品がついに登場。江戸時代の文化にふれる人気のはんこシリーズ「浮世絵図鑑」に、ユーモアあふれる9種類の新作が誕生。

PR TIMES / 2017年04月05日14時30分

[画像1: https://prtimes.jp/i/13389/96/resize/d13389-96-955104-0.jpg ]「浮世絵図鑑」は東洲斎写楽、葛飾北斎、喜多川歌麿、歌川広重といった日本を代表する浮世絵師たちの作品を精巧にえがいたイラストに、好きな名前を彫刻してつくるはんこ。今回はSNSから寄せられたリクエストにこたえ、奇才・歌川国芳の作 [全文を読む]

江戸時代の文化をハンコで学ぶ!?ハンコを押すと、写楽や北斎といった絵師たちの名作が登場。日本のうつくしい浮世絵を彫刻したはんこ「浮世絵図鑑」。

PR TIMES / 2016年12月13日16時47分

[画像1: http://prtimes.jp/i/13389/72/resize/d13389-72-270047-1.jpg ]「浮世絵図鑑」は東洲斎写楽、葛飾北斎、喜多川歌麿、歌川広重といった日本を代表する浮世絵師たちの作品を精巧にえがいたイラストに、好きな名前を彫刻してつくるはんこ。[画像2: http://prtimes.jp/i/13389/7 [全文を読む]

“春画”に着目したオム プリッセ イッセイ ミヤケ「HARUシリーズ」のポップアップが開催中

FASHION HEADLINE / 2016年11月24日18時00分

世界中に愛好家がいる春画は江戸時代、おおっぴらに販売できないものの、確実に需要があるいちジャンルとして、葛飾北斎や喜多川歌麿、鈴木春信といった名だたる浮世絵師が手掛けてきた。その魅力の中には、ときにユーモラスでおおらかな性描写だけでなく、細部まで描き込まれた着物の柄やインテリアの色鮮やかな描写もある。 オム プリッセ イッセイ ミヤケは、江戸時代の粋な生 [全文を読む]

お茶づけ商品に東海道五拾三次カード封入を復活!フルセットプレゼントキャンペーンも同時復活!

PR TIMES / 2016年11月10日14時32分

「東海道五拾三次」から徐々に種類を増やし、「喜多川歌麿」「東洲斎写楽」「富嶽三十六景」「ルノワール」「ゴッホ・ゴーギャン」「印象派(マネ、セザンヌ、ドガ、スーラ)」「シルクロード・中国編」「竹久夢二」「日本の祭」の全10種類のシリーズとして展開していました。カードの応募券を規定の枚数で応募すると1セット当たるプレゼントキャンペーンを同時に実施し、キャンペー [全文を読む]

オム プリッセ イッセイ ミヤケが“春画”に着目した「HARUシリーズ」を発表

FASHION HEADLINE / 2016年10月31日19時00分

葛飾北斎の《タコと海女》、《東にしき》、喜多川歌麿の《歌満くら》、鳥居清長の《袖の巻》がモチーフとなった。アイテムは、大胆に春画を配した羽織(10万円)や、裏地が春画を秘めた表裏で羽織れるコート(7万円)とブルゾン(6万円)、春画にストライプをオーバーラップした柄をプリントしたプレスシャツ(2万4,000円)、春画の中に描かれた着物からインスピレーションを [全文を読む]

【素朴なギモン】なぜ「ウタマロ石けん」はまだ今も売れ続けているのか?

&GP / 2016年10月03日21時30分

紙問屋という、石けんメーカーではない会社が誕生のきっかけだったんですね! ちなみにこのユニークな“ウタマロ”という名は、宮井産商の社長が浮世絵を好きだったことから“日本一の洗濯石けんにしよう”と、日本を代表する浮世絵師の喜多川歌麿から名付けられたとのこと。 「誕生した当時はまだ、たらいと洗濯板を使って手洗いをしていた時代でもありました。発売後は関東以北でそ [全文を読む]

フォーカス