堀江敏幸のニュース

写真家 植田正治 作品集『SHOJI UEDA』が発売決定。

NeoL / 2015年11月25日01時50分

さらに出版社たっての希望により、作家の堀江敏幸氏(『雪沼とその周辺』『熊の敷石』など)から、植田正治の卓越した宇宙と響きあう、本書の為に書き下ろされた短編小説が巻末に収録されている。 12月3日(木)にはVACANTにて堀江敏幸(作家), 大竹昭子(作家), 増谷寛(植田正治事務所)の3人によるトークショーが開催予定だ。 『SHOJI UEDA』 作家:植 [全文を読む]

森見登美彦訳「竹取物語」から江國香織訳「更級日記」まで、人気作家が平安王朝文学を新訳した待望の新刊発売

PR TIMES / 2016年01月14日20時12分

第2期のはじまりは、企画発表以来、その新訳作家陣の豪華さから刊行が待望されていた第3巻『竹取物語/伊勢物語/堤中納言物語/土左日記/更級日記』(森見登美彦/川上弘美/中島京子/堀江敏幸/江國香織訳)。 第一線の作家たちが工夫に満ちた見事な訳で、平安王朝文学の魅力を現代によみがえらせました。 恋と冒険と人生を描く平安王朝文学は、現代につながる物語のはじまり [全文を読む]

群像70周年記念特大号(2016年10月号)永久保存版「群像短篇名作選」電子版配信!

PR TIMES / 2016年09月09日10時44分

〈内容〉 ・座談会「群像70年の短篇名作を読む」辻原登、三浦雅士、川村湊、中条省平、堀江敏幸 ・群像短篇名作選 ・評論「『群像』の70年の轍」清水良典 ・評論「『群像』で辿る〈追悼〉の文学史」坪内祐三 ・名物コラム「侃々諤々」傑作選 〈群像短篇名作選 掲載作〉 太宰 治「トカトントン」(1947年1月号)/原 民喜「鎮魂歌」(1949年8月号)/大岡昇平 [全文を読む]

戦後70年の文学が一冊に! 「群像」創刊70周年記念号・永久保存版「群像短篇名作選」が発売

PR TIMES / 2016年09月07日10時40分

[画像1: http://prtimes.jp/i/1719/1094/resize/d1719-1094-136111-2.jpg ] ●群像2016年10月号 ●発売日/2016年9月7日(水) 頁数/800 特別定価/1500円 〈内容〉 ・座談会「群像70年の短篇名作を読む」辻原登、三浦雅士、川村湊、中条省平、堀江敏幸 ・群像短篇名作選 ・評論「 [全文を読む]

“フランスを象徴する一枚”を生んだ、写真家の生涯に迫るドキュメンタリー

NeoL / 2017年04月25日22時58分

パリが愛した写真家/ロベール・ドアノー〈永遠の3秒〉 監督:クレモンティーヌ・ドルディル 出演:ロベール・ドアノー、ダニエル・ペナック、サビーヌ・アゼマ、ジャン・クロード・カリエール、堀江敏幸 (2016年/フランス) 4月22日(土)東京都写真美術館ホール、ユーロスペースほか全国順次公開 ©2016/Day For Productions/ARTE F [全文を読む]

パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー写真展「ドアノーのパリ劇場」

NeoL / 2017年04月14日21時35分

監督:クレモンティーヌ・ドルディル 出演:ロベール・ドアノー/ダニエル・ペナック/サビーヌ・アゼマ/ジャン・クロード・カリエール/堀江敏幸 2016年/フランス/フランス語/アメリカンビスタ/80分/原題:ROBERT DOISNEAU: THROUGH THE LENS 配給:ブロードメディア・スタジオ ©2016/Day For Night Prod [全文を読む]

”パリが愛した写真家” 一生を写真に捧げ、家族を愛したロベール・ドアノー

NeoL / 2017年03月08日17時07分

監督:クレモンティーヌ・ドルディル 出演:ロベール・ドアノー/ダニエル・ペナック/サビーヌ・アゼマ/ジャン・クロード・カリエール/堀江敏幸 2016年/フランス/フランス語/アメリカンビスタ/80分/ 原題:ROBERT DOISNEAU: THROUGH THE LENS 字幕翻訳:星加久実/字幕監修:佐藤正子/協力:株式会社コンタクト www.doi [全文を読む]

旅、家族、生きること…「日常の奇跡」を描いた『うさぎのまんが』に吉本ばななも絶賛!人気イラストレーター・MARUU初コミックエッセイ!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月24日11時00分

MARUU氏は、『象の草子』(堀江敏幸)、『鳥たち』(よしもとばなな)などの装画をはじめ、書籍、雑誌などの挿画で、繊細で幻想的な絵を描いているが、この本では、作者がうさぎに成り代わり、ゆるいタッチで人生のおかしみをすくいあげている。 MARUU氏が遠方の友人宅へ遊びにいったとき のこと、仕事があるため、一泊したらすぐ帰るはずだったが、ふと、仕事の時間よりも [全文を読む]

YKK AP窓研究所公式ウェブサイトリニューアル ~デザインを一新し、世界へ向け公開~

PR TIMES / 2016年09月06日17時17分

窓研究所ではこれまで、SANAAの西沢立衛(建築家)や藤本壮介(建築家)、堀江敏幸(芥川賞作家)などへのインタビュー、ホンマタカシ(写真家)とアトリエ・ワンの塚本由晴(建築家)の対談、安東陽子(テキスタイルコーディネーター/デザイナー)によるコラムなど、建築・アート・デザイン等の分野において第一線で活躍する方々とともに“窓”についての情報発信を行なってきま [全文を読む]

出版社自らが「写真集」について語るイベント「フォトブック・シンポジウム」

NeoL / 2016年08月18日11時11分

更に出版社たっての希望により、作家の堀江敏幸氏(『雪沼とその周辺』『熊の敷石』など)から、植田正治の卓越した宇宙と響きあう、本書の為に書き下ろされた短編小説を巻末に収録。2015年に初版発売。 関連記事のまとめはこちら http://www.neol.jp/culture/ [全文を読む]

西加奈子絶賛!『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』翻訳者・都甲幸治、初の対談集発売! 10月22日には朝吹真理子との対談イベントも開催

PR TIMES / 2015年09月10日11時50分

詳しくは http://peatix.com/event/111737■ 書籍定価:(本体1,500円+税)発売:2015年10月9日仕様:四六判/272ページ発行:立東舎発売:リットーミュージック詳しくは http://rittorsha.jp/items/post.html《CONTENTS》いしいしんじ「越境する作家たち」岸本佐知子「翻訳家ができるま [全文を読む]

【今日のインサイト】今さら聞けない、直木賞と芥川賞の違いって?

Woman Insight / 2015年02月24日06時00分

選考委員は小川洋子さん、奥泉光さん、川上弘美さん、島田雅彦さん、高樹のぶ子さん、堀江敏幸さん、宮本輝さん、村上龍さん、山田詠美さんの9名。そして正賞、副賞ともに直木賞と同様となります。 つまり、大衆文芸作品か純文学作品かというところが主な違いなのです。ちなみに2014年下半期の第152回直木賞受賞作品は、西加奈子さんの『サラバ!』。あまり普段読書はしないと [全文を読む]

『源氏物語』を角田光代が、『たけくらべ』を川上未映子が新訳する! 「池澤夏樹 個人編集 日本文学全集」収録作品発表

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月20日11時20分

●池澤夏樹=個人編集 日本文学全集1:古事記 池澤夏樹 訳 ■新訳2:口訳万葉集 折口信夫百人一首 小池昌代 訳 ■新訳新々百人一首 丸谷才一3:竹取物語 森見登美彦 訳 ■新訳伊勢物語 川上弘美 訳 ■新訳堤中納言物語 中島京子 訳 ■新訳土佐日記 堀江敏幸 訳 ■新訳更級日記 江國香織 訳 ■新訳4:源氏物語 上 角田光代 訳 ■新訳5:源氏物語 中 [全文を読む]

フォーカス