大西洋のニュース

今季初のハリケーン 世界の台風

tenki.jp / 2015年08月22日15時00分

大西洋で今シーズン初めてのハリケーンです。台風の名前はどこにあるか次第台風は、どこに存在するかによって、名前が変わります。 北半球では、日付変更線より西の太平洋で「台風」、大西洋や日付変更線より東の太平洋で「トロピカルストーム」、もしくは「ハリケーン」と呼びます。 今年7月、トロピカルストームが日付変更線を越えて台風12号になった事例を思い出した方もいるか [全文を読む]

脱出したアトランティス人が南米アンデスに渡っていた!【後編】

週プレNEWS / 2014年11月09日06時00分

古代アトランティス人たちは、イタリア半島に渡りギリシャ・ローマ文明につながる人たちと、大西洋に出て、南米大陸にまで移り住む人たちに分かれていた! ■ストーンヘンジもマルタ文明と関係か? しかし、これでアトランティスの謎すべてが解けたわけではない。なぜならマルタ巨石文明の生存者には“地中海残留組”だけでなく、もっと遠方に新天地を求めて旅立った人々がいた形跡 [全文を読む]

後援も協賛もなし!無人ソーラーボートが大西洋を横断中!

FUTURUS / 2016年07月25日11時11分

■ 自動ソーラーボート・Solar Voyager ソーラー・パネルが設置されたボート、その名もSolar Voyager(ソーラーボヤージャー)が今年の6月1日、アメリカのマサチューセッツをあとにして大西洋を横断しつつ、ポルトガルまで約4000キロの海路を行く旅に出帆したという。 「ソーラーボート?今さら、珍しくもないでしょ?」とおっしゃるなかれ。このボ [全文を読む]

イオンは、豊かな水産物の恵みを次世代につなぐ取り組みを推進しています アジア初※!“MSC認証さば”をトップバリュから3/1に発売

PR TIMES / 2017年02月27日14時10分

「おいしいさばを世界でずっと楽しめるように」国境を越えた資源保護の想いから生まれた大西洋の“MSC認証さば” このたび販売するMSC認証のさばは、大西洋で水揚げされたさばです。大西洋のさばは、大西洋に接する各国がそれぞれに漁業を行ったことで、一時期著しいダメージを受けました。この事態を深刻に受け止めた各国と漁業者は、国境を越えて漁業同盟を結成し、持続可能 [全文を読む]

ブルガリから新フレグランス「ブルガリ アクア プールオム アトランティック」を発表

PR TIMES / 2017年01月23日14時50分

海の偉大さに対する敬服の念をもつ男性のための香り ブルガリから、広大な大西洋の力強さにインスピレーションを得た爽快な「アクア」コレクションから新フレグランス、「アクア プールオム アトランティック」が誕生します。爽やかさと官能性がコントラストを織りなし、パワフルで独特な香りを生み出しました。 [画像1: https://prtimes.jp/i/5631/ [全文を読む]

絶滅寸前の危機? クロマグロを増やす方法とは

週プレNEWS / 2012年12月27日06時00分

日本近海も例外ではなく、近年、減少傾向が著しい東大西洋では漁を厳しく制限。その効果あってか、クロマグロの生息数は回復傾向にあると大西洋まぐろ類保存国際委員会の科学委員会が10月に発表した。 ならば、日本近海でも制限をかけたら、数が増えるのか。環境保全団体WWFジャパンの水産プロジェクトリーダー、山内愛子さんはクロマグロ保護の効果についてこう話す。 「大西洋 [全文を読む]

日本のテレビ初の完全密着!北大西洋の日本のクロマグロ漁ドキュメント

PR TIMES / 2017年02月16日09時25分

これが日本の遠洋マグロ漁だ!豪華出演陣もオドロキの映像満載の特別番組 番組は、北大西洋で操業する日本の遠洋マグロ漁に日本のテレビクルーとして初潜入。 1カ月以上におよぶ密着取材に成功しました。 迫力の映像満載で漁業の過酷さや魅力、男と男の心の交流をたっぷりお伝えします。 [画像1: https://prtimes.jp/i/23768/1/resize/d [全文を読む]

【ガチ滅亡論】やはり地球は氷河期に向かっていることが最新科学で判明! ある日突然、『デイ・アフター・トゥモロー』状態に!

tocana / 2017年01月09日07時30分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/01/post_11959.html】 研究チームは、これまでの気候モデルが、赤道付近の暖かい海水を高緯度海域まで届ける「大西洋子午線逆転循環(AMOC)」の働きが、“常に安定しいる”という過度なバイアスがかかったうえでの計算によって作成されたものであると指摘。仮にこのバイアスを除いて、 [全文を読む]

神によって与えられたアメリカという土地

クオリティ埼玉 / 2016年04月27日13時01分

南のメキシコのさらに南に、太平洋と大西洋よって挟まれた回廊のように、中米があって、小国が連なっている。 カナダは、いまでも人口が希薄で、3500万人あまりでしかないし、メキシコをはじめとして、中米諸国も、アメリカに深刻な脅威をおよぼすような力がなかった。 ここで、アメリカという、不思議な国の成り立ちについて、語ろう。一言で言えば、アメリカは、突拍子もない [全文を読む]

世界の台風 エルニーニョの影響は?

tenki.jp / 2015年12月12日21時12分

大西洋 平年より少ない】 アメリカ海洋大気庁(NOAA)によると、2015年の大西洋では発達した熱帯低気圧の発生数が平年より少なくなりました。エルニーニョ現象によって風向きなどが変わり、熱帯低気圧が大西洋で発達しにくくなったとしています。アメリカ大陸に上陸したハリケーンは0個でした。 【北東太平洋 平年より多い】 アメリカ海洋大気庁(NOAA)によると、 [全文を読む]

【独占インタビュー】NY地下鉄車両の終着駅とは

TABIZINE / 2015年05月21日16時00分

(C)All Images courtesy of Stephen Mallon and Front Room Gallery. 辿りついたのは、大西洋。 (C)All Images courtesy of Stephen Mallon and Front Room Gallery. 地下鉄車両は、なんと海中へ。 (C)All Images courte [全文を読む]

デルタ航空とヴァージン アトランティック航空、戦略的提携関係を構築

PR TIMES / 2012年12月12日16時26分

デルタ航空は3億6,000万ドルを投じてヴァージン アトランティック航空の株式の49%を取得、新規共同事業により大西洋路線の拡大と顧客利益の増加を目指す*本リリースは12月11日に米国および英国で発表されたリリースの翻訳です。【米国アトランタ、英国ロンドン、2012年12月11日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)とヴァージン アトランティック航空は本日 [全文を読む]

ミッドウェー海戦75年 “次の太平洋戦争”見据える米専門家 中国は旧日本軍の選択を分析

NewSphere / 2017年06月08日11時32分

ホームズ氏は、ミッドウェーの勝利の鍵となったのは、当時、アメリカが太平洋と大西洋に全軍規模の艦隊をそれぞれ持っていたことだと指摘。ほぼ無傷の大西洋艦隊が予備戦力として太平洋に向かっていることを知っていたからこそ、当時の指揮官たちは大胆な作戦を実行できたのだと書く。その背景には、現用の空母の名前にもなっているカール・ビンソン下院議員らの尽力で、太平洋戦争開 [全文を読む]

日本の優れたモノ・コト・サービスを世界へお届けする新業態のスペシャリティストアISETAN The Japan Store Kuala Lumpu クアラルンプールにオープン。

PR TIMES / 2016年11月08日16時05分

[動画: http://www.youtube.com/watch?v=1T8p6VAuo9Q ]■外観[画像1: http://prtimes.jp/i/8372/322/resize/d8372-322-375843-7.jpg ]■オープニングセレモニー テープカットの様子[画像2: http://prtimes.jp/i/8372/322/resi [全文を読む]

Hibernia Networks、主要金融センターを結ぶ低レイテンシネットワークプラットフォームを拡大

JCN Newswire / 2016年09月23日11時13分

これらの新経路は、レイテンシパフォーマンス向上のために最適化された最先端の大西洋横断ケーブルシステム、Hibernia Express経由で低レイテンシの大西洋横断接続を活用します。「新興市場では、金融取引活動が著しく成長しています。」と、Greenwich Associates市場構造および技術リサーチ責任者のKevin McPartland氏は述べまし [全文を読む]

ゴッホ、ピカソ、モネら集結の「デトロイト美術館展」 全作品撮影OK

太田出版ケトルニュース / 2016年09月21日11時30分

10月7日(金)より、東京・上野の「上野の森美術館」にて、世界屈指のコレクションを誇るデトロイト美術館から選りすぐりの作品を紹介する『デトロイト美術館展 ~大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち~』が開催される。 デトロイト美術館は1885年、自動車産業により大きく発展した工業都市・デトロイトに開館。自動車業界の有力者たちの援助を受けて、古代エジプト美術から現 [全文を読む]

怒りのデス・ロードに本物の怒りが集中

ニューズウィーク日本版 / 2016年04月01日18時10分

アクションシーンが撮影されたのは大西洋に面した都市スワコプムント近くの国立公園だ。ツアーガイドのトミー・コラードが撮影後、公園内の砂丘地帯に荒らされた痕跡があると告発。地元メディアがこの問題を大きく取り上げた。 何らかの影響があったことは否めない。キャストとスタッフは総勢800人。おまけにクレージーな改造車両が砂漠でカーチェイスを繰り広げた。【参考記事】 [全文を読む]

世界の台風 急速に発達したハリケーン

tenki.jp / 2015年10月03日15時07分

そのうち、大西洋にあるハリケーン「ホアキン」は日本が急速に発達した低気圧に見舞われていた頃、急速に発達して、バハマ諸島を襲っていました。今後は、アメリカに大きな影響を与える恐れがあります。世界の台風は3個3日9時、世界の台風は3個です。 南シナ海の台風22号、太平洋にある大型の台風23号、大西洋のハリケーン「ホアキン(Joaquin)」です。 ハリケーン「 [全文を読む]

日本人の“トロ信仰”により世界最古の漁法が消滅危機? 地元スペインは天然好む

NewSphere / 2015年06月15日11時49分

◆4日間で6ヶ月分の漁獲 EU諸国では、乱獲により激減した大西洋クロマグロの資源回復を図るため、2006年から15年計画で厳しい漁獲制限を導入している。スペイン、フランス、イタリア、ギリシャなど地中海・大西洋沿岸の8ヶ国で漁獲枠を分けあい、漁期も5月末から約1ヶ月間に制限。その結果、この9年間で相当な資源回復が科学的に確認されたという。計画を監督する大西洋 [全文を読む]

ナミビアでの軍港建設で狙う中国の大西洋覇権

ニューズウィーク日本版 / 2015年04月20日12時05分

だが軍事的プレゼンスの拡大(それも大西洋岸での軍港建設)となると、まったく次元の異なる問題だ。 アフリカ南西部ナミビアでの軍事基地建設計画は、1月にナミビアの英字紙で暴露された。先月下旬に中国の代表団が訪問し、ウォルビス湾に中国艦艇6隻の拠点となる軍港を建設する協議を詰めることになっていたという。 中国もナミビアも公式には認めていないが、両国にとって地政学 [全文を読む]

フォーカス