田村隆平のニュース

“ヒロインは東城?”『いちご100%』の続編決定! 「ジャンプ」復帰の作家が週刊連載の厳しさを吐露!?

おたぽる / 2017年03月27日20時00分

「新連載6連弾」で久しぶりに連載復帰した『腹ペコのマリー』の田村隆平と『ROBOT×LASERBEAM』の藤巻忠俊が“週刊連載”の厳しさ(?)を語っている。 「連載して早速体重増加の兆し。ジャンプには魔物がいる。ベヒモス先輩がいる。」(藤巻) 「だんだん思い出してきました。週刊連載ってすごい大変だ。忘れてた。」(田村) 今回は冗談半分だが、過労で作画が荒れ [全文を読む]

「ジャンプ」ラブコメ戦国時代突入!? 『ブラクロ』『ヒロアカ』は“下書き掲載”で作者を心配する声が……

おたぽる / 2017年02月27日20時00分

作者は『べるぜバブ』の田村隆平。田村はおよそ3年ぶりの連載復帰で、巻末の目次でも「また帰ってこれて感無量です」と言葉を残している。 『腹ペコのマリー』は、“バトルラブコメ”。現在の「ジャンプ」には、すでに『ゆらぎ荘の幽奈さん』『僕たちは勉強ができない』といった2作のラブコメがあるが、これに『腹ペコのマリー』も加わることに。ちなみに、12年にも『ニセコイ』『 [全文を読む]

「ジャンプ」新連載作に電マとモザイク!? 「新連載6連弾」の裏で、一挙2作の連載が打ち切りへ

おたぽる / 2017年02月21日22時00分

次号から『べるぜバブ』の田村隆平の新作『腹ペコのマリー』、14号から『アイシールド21』の稲垣理一郎が原作を務める『Dr.STONE』、16号から『黒子のバスケ』の藤巻忠俊の新作『ROBOT×LASERBEAM』がスタートする予定。 はたして、この6作で生き残るのはどの作品になっていくのだろうか。そして、大ヒット作品へと成長する作品は現れるのか。最近良く言 [全文を読む]

『黒バス』藤巻忠俊の新作など、“新連載6連発”の「ジャンプ」 その裏で打ち切られてしまう作品とは……

おたぽる / 2017年01月30日21時00分

「ジャンプ+」の人気作『マジカルパティシエ小咲ちゃん!!』の作者・筒井大志の『ぼくたちは勉強ができない』からはじまり、ほかにも『べるぜバブ』の田村隆平の新作『腹ペコのマリー』、『アイシールド21』の原作・稲垣理一郎がBoichiとタッグを組んだ『Dr.STONE』、『黒子のバスケ』藤巻忠俊の新作ゴルフマンガ『ROBOT×LASERBEAM』といった注目作が [全文を読む]

過去の遺産に頼りすぎ? 「ドラゴンボール室」設立に「ジャンプ」ファンは……

おたぽる / 2016年10月17日21時00分

第2弾となる「みんなのこち亀」では、田村隆平の『べるぜバブ』が約2年ぶりに「ジャンプ」に登場。主人公の男鹿辰巳ら不良たちが、両さんから熱血指導を受けるというストーリーを展開している。 今回、「ジャンプ」まわりで注目したいトピックスは超人気作品のニュース。先週12日、集英社は「ドラゴンボール室」を今年の6月21日付で新設していたことを発表した。 「ドラゴンボ [全文を読む]

「両津愛がすごいわ」『こち亀』トリビュートがついに始動! トリコ、ヒロアカ、斉木ら一挙5作品登場で各ファンが大絶賛!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月04日06時30分

10月17日(月)発売の46号では、『べるぜバブ』の田村隆平がトリビュートに登場。まだまだ冷めない『こち亀』フィーバーを見逃さないようチェックしよう! [全文を読む]

『黒子のバスケ』舞台化&主人公に小野賢章が決定!ファンからは「適任者を選んでくれた!」との声

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月29日15時00分

『暗殺教室』の松井優征や『べるぜバブ』の田村隆平なども受賞した同賞にて、見事十二傑賞を受賞。翌2007年、『赤マルジャンプ』に読切で掲載され、2009年2号より晴れて『週刊少年ジャンプ』で連載開始となった。【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 舞台は誠凜高校バスケット部。かつて“キセキの世代”と称された最強の天才中学生5人を、“幻の6人目(シックスマン [全文を読む]

2.5次元ブームとは一味違う!? 「週刊少年ジャンプ」表紙でも盛り上げる『ONE PIECE』歌舞伎化

おたぽる / 2015年01月05日20時00分

また、今号には現在「ジャンプNEXT!!」で『べるぜバブ 番外編』を連載している田村隆平による読み切り『タイガー兄とドラゴン』も掲載されているので、こちらもチェック。 今号の注目は、表紙でももり立てられている『ONE PIECE』の歌舞伎化だ。今回、『ONE PIECE』が歌舞伎化されるのは、四代目市川猿之助を中心に据えた現代風歌舞伎「スーパー歌舞伎II( [全文を読む]

伏せられた『食戟のソーマ』の印税は、1億1600万円!? 企画ずくめの「少年ジャンプ」最新号

おたぽる / 2014年04月28日13時30分

海賊風のサメの風体を取るキャラクター・シャーキングをデザインしたのは、『べるぜバブ』の作者・田村隆平。『べるぜバブ』は、番外編が5月7日に発売される増刊誌「ジャンプNEXT!! vol.2」より連載開始となるので、ファンはどちらもチェックを。 さらに巻頭の企画ページでは、現在公開中の映画『アメイジング・スパイダーマン2』のプロデューサーであるアヴィ・アラド [全文を読む]

過去最大級の大型サイネージプロモーションが始動 Jスターズ ビクトリーバーサス サイネージバトル! 開催

PR TIMES / 2014年02月24日14時48分

<製品概要> 【タイトル】Jスターズ ビクトリーバーサス 【発売日】2014年3月19日(水) 【ジャンル】チームバトルアクション 【対応機種】PS3/PS Vita 【メーカー希望小売価格】 PS3 通常版:7,980円(税込) PS Vita 通常版:6,980円(税込) PS3 アニソンサウンドエディション:10,980円(税込) PS Vita [全文を読む]

『斉木楠雄のψ難』が破竹の勢いを見せた!「ジャンプ」が育てたいのはギャグマンガ!?

おたぽる / 2013年12月22日16時00分

作者の田村隆平は目次コメントで「来年は成長の年にしたい」と語っているが、物語の展開も終盤を匂わせる内容で、そろそろ風呂敷を畳み始めていくのか? 反対に、先週に比べギャグマンガ『斉木楠雄のψ難』の掲載順位が急上昇。『トリコ』や『黒子のバスケ』といったアニメ化作品に次いで6番目に入っている。 『斉木楠雄のψ難』は、今週のとじこみ付録「COOL POSTER C [全文を読む]

フォーカス