中川一郎のニュース

鈴木宗男が伝授する“勝てる握手”とは? 「握手をすれば何票入るかわかる」

週プレNEWS / 2016年10月13日11時00分

―今までで記憶に残る握手はありますか? 鈴木 18歳のとき、中川一郎先生が大学の保証人になってくれたんです。そこで「鈴木くん、頑張れ。何か困ったことがあったら来い!」って、握手された。その頃は純情だから、特別に声をかけられたと感激したものです。今思えば政治家の常套句(じょうとうく)でしたね(笑)。あとは2000年にクレムリンでプーチンさんと会ったとき。手 [全文を読む]

ムネオの娘が語る「父と世襲」

文春オンライン / 2017年04月30日07時00分

私には兄が2人いるのですが、どちらも父が中川一郎先生の秘書を東京でしている時の子どもなんです。私だけが政治家・鈴木宗男になってから生まれた子ども。私だけ道産子なんです。当時の旧北海道5区(中選挙区)は日本一広い選挙区ですから、東京と地元を行き来している父が自宅に帰ってこられるのは月に1、2回でした。兄は2人とも中学から寮生活しているし。私、幼稚園の時に七夕 [全文を読む]

診断書にまつわる数々の犯罪〜虚偽の記載・診断、偽造、改竄、隠匿、不正請求......

ヘルスプレス / 2017年02月24日22時03分

大物政治家の自殺を隠して虚偽の診断書を発行 昭和58(1983)年、自民党の中川一郎代議士が、北海道のホテルで亡くなりました。当初は「心臓病で急死」という報道でしたが、後に首吊り自殺であったことが判明。死亡を確認した医師は、「ある人から自殺であることを伏せてほしいと強く依頼され、虚偽の診断書を発行した」と聞いています。 死亡診断書は、亡くなった原因を医学的 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「鈴木宗男」(1)露に変わってから問題が動き始めた

アサ芸プラス / 2017年01月24日12時55分

拓殖大学在学中から衆議院議員・中川一郎氏の秘書を務める。83年、衆議院議員選挙に初当選。その後、防衛政務次官、外務政務次官、衆議院議院運営委員長、北海道・沖縄開発庁長官、内閣官房副長官、自由民主党副幹事長、同総務局長などを歴任する。02年、外務省を巡る疑惑事件に巻き込まれて自由民主党を離党。同年、斡旋収賄の容疑で逮捕される。03年に保釈。05年、「新党大地 [全文を読む]

日米安保を対等な条約にするための試み

クオリティ埼玉 / 2016年11月24日11時00分

勝田吉太郎京大教授、加藤寛慶大教授、福田信之筑波大学副学長、村松剛筑波大教授、栗栖弘臣前統幕議長、三輪良雄元防衛事務次官などが理事、顧問として桜田会長、中曽根康弘、中川一郎、金丸信、春日一幸各衆議院議員などが、名を連ねた。 ホテル・オークラにおいて、発足披露パーティが催され、桜田会長をはじめ政官財界から多くの出席をえて、丸山防衛事務次官をはじめとする来賓が [全文を読む]

北方領土問題にらみ安倍首相が仇敵・鈴木宗男氏と手を組む

NEWSポストセブン / 2016年11月14日07時00分

「鈴木さんと私が組むというのは、昭一さんにとっては複雑な心境だろうなぁ」 元財務大臣・中川昭一の父、中川一郎の秘書を務めていた鈴木宗男と中川家との間には、壮絶な軋轢の歴史(※注2)がある。 [全文を読む]

日航ジャンボ墜落事故は「撃墜」だった? 謎多き「怪死」の真相は究明されるのか!?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月29日06時30分

例えば1983年の「中川一郎代議士縊死事件」。「縊死」とは首吊り死のことだが、中川氏の自殺の背景に鈴木宗男氏が関わっているというものだ。記事では鈴木氏のインタビューを掲載。本人はその疑惑を無論、否定している。まあ実際、中川氏が派閥の領袖であり総理候補と目されていた当時、突如として自ら命を絶ったことは事実だ。さまざまな憶測が流れるのは当然で、当時の秘書だった [全文を読む]

安倍首相の一言で動揺。鈴木宗男氏がこぼした官邸の「甘いケーキ」

まぐまぐニュース! / 2016年02月21日19時00分

せっかく培って来た良好な関係を壊してまで目指すものとは一体なにか? 「反共の政治家」中川一郎元農水大臣の秘書だった鈴木さんの共産党嫌いはよくわかる。 だが、それならば、かつてのように地域政党として是々非々の立場を貫けばいいだけの話だ。転じて、安倍政権への急接近は、どう考えても理屈として成り立たないだろう。 「安倍総理とはですね、必ずやると話したんですよ。 [全文を読む]

路チュー騒動の中川郁子農水政務官が「週刊新潮」記者の首に手を回し「チューしましょうか」と...

リテラ / 2015年07月24日08時00分

ほとんど報道されていないが、故・中川一郎氏の未亡人、中川郁子農水政務官がまたやらかしたらしい。 安保法案国会真っ只中の6月30日、中川議員はそんなの関係ないとばかりに門博文衆院議員と逢瀬を愉しんでいたのである。門議員は「週刊新潮」(新潮社)3月12日号で "不倫路チュー"をスッパ抜かれた相手。この2人、あれだけ世間を騒がせたにもかかわらず、いまだにその関係 [全文を読む]

鈴木宗男氏 若い政治家の酒離れと岡田副総理の割り勘癖嘆く

NEWSポストセブン / 2012年06月22日16時00分

亡くなった中川一郎先生に秘書としてお仕えしていた頃、私もよくいわれました。“人を知るにはお茶なら1年かかるが、酒なら1週間でわかる”と。 類:いい言葉ですね。最近は酒を飲む人も減っているし、部下を酒に誘えばまるで悪事のようにいわれちゃう。だけど酒には人間関係を一気に縮める魔力があることを忘れちゃいけない。僕の地元の土佐(高知県)では、“飲まなかったら商売が [全文を読む]

フォーカス