豊島将之のニュース

「第2期叡王戦」佐藤天彦九段が優勝。来春に将棋ソフト「PONANZA」と対局決定

ITライフハック / 2016年12月13日13時00分

また同日、大晦日に行なわれる「電王戦合議制マッチ」の対戦者など詳細を公開したほか、10月に行われた叡王戦本戦トーナメントで久保利明九段の遅刻による豊島将之七段の不戦勝となった一戦をエキシビションマッチとして12月18日(日)に実施することを発表した。■第2期叡王戦 決勝三番勝負 結果 ◆第1局:2016年12月4日(日)会場:万国津梁館(沖縄県名護市)【先 [全文を読む]

振り駒は野球殿堂入りの古田敦也氏『電王戦 × TOYOTA「リアル車将棋」』詳細発表

ITライフハック / 2015年01月28日17時00分

なお、対戦相手の豊島将之七段の駒となる”現行車“8車種は、イベント当日に発表される。<玉将>トヨペット クラウン<飛車>カローラレビン(AE86)<角行>ランドクルーザー(40系)<金将>プリウス(初代)<銀将>アルテッツァ<桂馬>bB(初代)<香車>MR-S<歩兵>Vitz(初代)■駒を自由自在に動かす7人体制の精鋭ドライバーチーム結成それぞれの陣営で駒 [全文を読む]

総視聴者数は213万人!第3回将棋電王戦が閉幕 超会議3の囲碁・将棋ブースの内容発表

ITライフハック / 2014年04月16日15時00分

同ブースでは、第3回将棋電王戦に出場した5つのソフトに挑戦できるコーナーや、豊島将之七段が対戦相手だったソフト「YSS」とタッグを組み、電王戦出場ソフト「ponanza」「ツツカナ」「習甦」の合議制と勝負するイベントなど、電王戦をはじめとしたニコニコの将棋コンテンツを実際に楽しめる企画を展開する。■第3回将棋電王戦 実績数※視聴者数にタイムシフト視聴は含ま [全文を読む]

22歳どうしのフレッシュな熱戦 佐々木五段―千田五段:第2期 叡王戦本戦観戦記

ニコニコニュース / 2016年11月04日17時00分

羽生善治三冠も木村一基八段との王位戦第6局で採用している(木村が変化したため別の将棋になった)し、最近ではJTプロ公式戦決勝の佐藤天彦名人―豊島将之七段戦もこの戦型だ。 そして、叡王戦においても広瀬章人八段―千田翔太五段戦、深浦康市九段―豊島将之七段戦と何局もこの戦型が出ている。 [全文を読む]

将棋・久保利明九段が対局場に現れず不戦敗!その理由に驚き

しらべぇ / 2016年11月01日21時00分

30日14時から、東京の将棋会館で豊島将之七段との対局が予定されていた。対局の模様はニコニコ生放送で中継されたが、開始時間になっても久保九段が登場しない。豊島七段がひたすら盤の前で正座し待つ模様が流れ、「電車が遅延しているのではないか」「トラブルに巻き込まれたのでは」などの憶測が飛んだ。その後、対局規定で「1時間を経過しても来ない場合は不戦敗」のアナウンス [全文を読む]

羽海野チカ『3月のライオン』11巻(ジェッコミックス/白泉社)が9月25日発売! 前代未聞、羽生善治名人をはじめとした11人のトップ棋士が集結した「3月のライオン×11人の棋士」キャンペーンを展開!

DreamNews / 2015年08月25日10時00分

羽海野チカ『3月のライオン』11巻(ジェッコミックス/白泉社)が9月25日発売! 前代未聞、11人のトップ棋士が集結した「3月のライオン×11人の棋士」キャンペーンを展開!<出演棋士>羽生善治名人(王位・王座・棋聖)/糸谷哲郎竜王/渡辺明棋王/郷田真隆王将/谷川浩司九段 /森内俊之九段/加藤一二三九段先崎学九段/行方尚史八段/広瀬章人八段/豊島将之七段全1 [全文を読む]

話題の藤井聡太四段はリアル・桐山零? 『3月のライオン』の登場人物を実在のプロ棋士に例えてみた

ガジェット通信 / 2017年05月01日15時30分

(連載当時、藤井四段は将棋をはじめていませんが、現実が漫画を追い越しました) 佇まい指し方は、豊島将之八段を元にしており、映像参考資料としても使用しました、棋譜も多く取って来ています。でも、それ以上に神木さんの桐山零くんは将棋指しっぽい雰囲気を出しておりました。 【二海堂晴信→ 村山聖九段】 (病気を抱えながらも懸命に将棋と向き合った熱血漢) 僕は村山先生 [全文を読む]

関西俊英同士の準決勝 豊島七段―千田五段:第2期 叡王戦本戦観戦記

ニコニコニュース / 2016年11月17日17時36分

豊島将之七段と千田翔太五段による関西俊英同士の対決は、11月12日に東京・将棋会館で行われた。 準決勝の見どころといえば、何といっても和服姿での対局だ。この日は棋士御用達の「白瀧呉服店」の主人、白瀧五良さんが早くから着付けのために将棋会館を訪れていた。豊島はタイトル戦などで和服を着慣れているが、千田は今回が初めての経験である。「11月4日に試着をしました。 [全文を読む]

対局は意外な結末 久保九段―豊島七段:第2期 叡王戦本戦観戦記

ニコニコニュース / 2016年11月04日17時00分

不思議に思いながら対局室へ向かうと、ちょうど豊島将之七段の姿が見えた。「今日はよろしくお願いします」と声をかけると、硬い表情で「久保先生が......」。様子がおかしい。すべての写真付きでニュースを読む 事情を日本将棋連盟の職員に聞くと、久保利明九段が14時開始なのを19時開始と勘違いしたため、到着がかなり遅れるという。思わぬ出来事があったものだ。スタッフ [全文を読む]

経験豊富な深浦九段と期待の若手・豊島七段が対決:第2期 叡王戦本戦観戦記

ニコニコニュース / 2016年10月17日16時00分

叡王戦公式サイトすべての写真付きでニュースを読む流行の形 タイトル獲得3期の実績を持つ深浦康市九段と、驚異的な勢いで今期をひた走る豊島将之七段が相まみえた。10月11日、振り駒を終えて両者が盤の前に座ると、深浦から「もう並べていいんですか」の問いかけ。思えば深浦は今回が初の本戦。豊島は前期に続いての本戦進出である。 対局が始まると、スラスラと手が進んで角換 [全文を読む]

第1期 叡王戦本戦観戦記 郷田真隆九段 対 阿部光瑠六段(君島俊介)

ニコニコニュース / 2015年11月16日13時00分

1回戦の郷田-豊島将之七段戦や三浦弘行九段-行方尚史八段戦でも端の駆け引きがあった。 端をどうするかの問題は以前からあって、1994年に出版された島朗九段の名著『角換わり腰掛け銀研究』でも、端を工夫する指し方がページを設けられている。また、60年以上前の名人戦で後手が1筋の位を取らせる将棋も指されていた。定跡は歴史であり、歴史はらせん状に進んでいく。 郷田 [全文を読む]

第1期 叡王戦本戦観戦記 郷田真隆九段 対 豊島将之七段 (内田晶)

ニコニコニュース / 2015年10月22日14時00分

■新時代を担う棋士 開幕戦と同日の10月17日に1回戦第2局の郷田真隆九段-豊島将之七段戦が行われた。第1局と同様に両対局者も実に対照的である。 豊島は昨年に行われた第3回 将棋電王戦において、5人で編成されたプロ棋士側で唯一の勝ち星を挙げた棋士として知られる。対局前の事前準備としてコンピュータ将棋ソフト(以下・ソフト)と1000局以上の実戦を重ねて周囲を [全文を読む]

棋士16名の対戦カード決定!「第1期叡王戦」10月17日より本戦トーナメント開催

ITライフハック / 2015年10月15日15時00分

■第1期叡王戦概要日時:10月17日(土)14時~対局:山崎隆之八段 vs 青嶋未来四段視聴ページ: http://live.nicovideo.jp/watch/lv237708592日時:10月17日(土)19時~対局:郷田真隆九段 vs 豊島将之七段視聴ページ: http://live.nicovideo.jp/watch/lv237710160日時 [全文を読む]

作家・林真理子と棋士・羽生善治が“パソコンゲーム(笑)”を蔑み、ゲーマーが激怒!?

おたぽる / 2015年09月28日23時00分

そして、7月に行われた第86期棋聖戦五番勝負で豊島将之七段を下し、棋聖戦8連覇を達成するなど現在4つのタイトルに在位する棋士・羽生善治。両氏がある雑誌で対談を行い、その中で以下のような言葉を交わした。 「将棋は頭のいい子を育てるというので、将棋をやらせる親御さん、多いみたいですね。パソコンゲームやってて頭がいい子って、あんまり聞きませんけど」(林氏) 「あ [全文を読む]

「3月のライオン」×西武・そごうのコラボレーションが登場! 羽海野チカ監修「3月のライオン」コラボ和菓子が9/25(金)~29(火)期間限定発売!

DreamNews / 2015年09月18日14時00分

9/25発売の最新11巻では、11人のトップ棋士【羽生善治 名人(王位・王座・棋聖)/糸谷哲郎 竜王/渡辺明 棋王/郷田真隆 王将/谷川浩司 九段 /森内俊之 九段/加藤一二三 九段/先崎学 九段/行方尚史 八段/広瀬章人 八段/豊島将之 七段】が出演する「3月のライオン×11人の棋士」キャンペーンでも注目を浴びている。 ◎最新刊情報羽海野チカ『3月のライ [全文を読む]

『3月のライオン』×11人の棋士記念ポスターが完成度高し! で、広瀬八段はなぜビニ傘を…?

おたぽる / 2015年08月30日08時00分

登場する棋士は、言わずと知れた羽生善治名人をはじめ、幼い頃から羽生名人としのぎを削ってきた森内俊之九段、“ひふみん”の愛称で親しまれ、最近はバラエティ番組でも人気の加藤一二三九段、糸谷哲郎竜王、渡辺明棋王、郷田真隆王将、谷川浩司九段、先崎学九段、行方尚史八段、広瀬章人八段、豊島将之八段と錚々たる面々。日本を代表する棋士たちの真剣な眼差しを切り取った、見事な [全文を読む]

2016年春、新棋戦優勝者 vs .最強ソフトの対局「第1期電王戦」開催決定

ITライフハック / 2015年06月04日13時00分

■新棋戦概要開催時期:2015年6月20日(土)~ 2015年12月予定出場資格:現役プロ棋士(エントリー制、優勝者は「第1期電王戦」に出場)対戦形式:段位別予選と本戦からなるトーナメント戦(2015年4月1日時点の段位)対局日程:<段位別予選> 2015年6月20日 ~ 9月下旬出場者:エントリーした全棋士ルール:持ち時間各1時間(チェスクロック方式)・ [全文を読む]

電王戦FINAL第5局 観戦記 野月浩貴七段

ニコニコニュース / 2015年04月16日18時00分

私自身は第2回で佐藤慎一五段対Pоnanza、第3回では豊島将之七段対YSSの対局で解説を務めさせていただいた。また8年前に行われた、棋士対コンピューター戦の先駆けと言われる渡辺明竜王(当時)対Bоnanzaの一戦でも将棋連盟の映像班として撮影用ビデオカメラの横で対局を見守らせていただいた。 コンピューター将棋の実力は年々目覚ましい進歩を遂げていて、今や [全文を読む]

「リアル車将棋」の感動をもう一度!ダイジェスト版、3月1日に放送決定

clicccar / 2015年02月24日19時03分

この史上初の壮大な対局を行った羽生善治 名人と豊島将之 七段。両棋士の激しい戦いは94手、8時間以上にも及び、初めて将棋戦を視聴した人々に将棋の熱さや戦いの厳しさに感動を呼び起こさせたことは、画面に流れるコメントからも明らかです。 また、将棋の駒として用意されるトヨタの数々のクルマたちも注目を集め、特に王将を務めた新旧のクラウンは大いに話題となりました。 [全文を読む]

乃木坂46伊藤かりんが「リアル車将棋」解説にテンパる

dwango.jp news / 2015年02月14日21時26分

「電王戦×TOYOTA リアル車将棋」ではプロ棋士の羽生善治名人と豊島将之七段が、埼玉・西武ドームのグラウンドに設置された55m×33mにおよぶ大型将棋盤にて、将棋駒の代わりにTOYOTAの自動車を使用して対局。朝10時から夜8時近くまで長時間にわたり対局が繰り広げられ、壮大なスケール感の対局に視聴者からたくさんのコメントが寄せられた。またこの日の西武ドー [全文を読む]

フォーカス