斎藤綾子のニュース

“伝説のモダンダンサー”ロイ・フラーの人生を描いた「ザ・ダンサー」を採点!

文春オンライン / 2017年06月06日17時00分

斎藤綾子(作家) ★★★★☆ルイ伯爵への友情と、イサドラに恋い焦がれるロイの哀れに心を掻き毟られた。光の中で舞う、踊る動きの美しさに陶酔。 森直人(映画評論家) ★★★☆☆ソーコの太い存在感が肝。リリー=ローズとの少女漫画的なライバル関係も面白い。教則本通りの演出にもう一味あれば。 洞口依子(女優) ★★★★☆SOKOのフラーに心酔。光と薄絹で彩る革命的 [全文を読む]

ハゲ散らかしたマシュー・マコノヒーが熱演 「ゴールド/金塊の行方」を採点!

文春オンライン / 2017年06月05日17時00分

斎藤綾子(作家) ★★★★☆マコノヒーの変化ぶりには脱帽。どこに種明かしが隠されているか繰り返し見たくなる。何を騙し誰を笑わせたか必見。 森直人(映画評論家) ★★★★☆マコノヒーの芝居が楽しい。トゥマッチな役作りがハマる人。冒険譚とカネの狂騒を接続させた作劇にも粋の精神がある。 洞口依子(女優) ★★★☆☆冒険感弱い物語。だが、インドネシアとウォール街 [全文を読む]

ウルヴァリンシリーズの最高傑作か 「LOGAN/ローガン」を採点!

文春オンライン / 2017年05月30日17時00分

斎藤綾子(作家) ★★★★☆老いて能力が衰え、身を潜めて生きるミュータントたち。だからこそ結末で少女ローラに呟くローガンの言葉は泣けた。 森直人(映画評論家) ★★★★★名作の域。まさか『X-MEN』がラスト・カウボーイ的な哀愁を応用した砂埃舞う活劇になろうとは。監督の持ち味も全開。 洞口依子(女優) ★★★★★ウルヴァリンシリーズの最高傑作。ヒーロー像 [全文を読む]

映画業界の裏方の人生に迫ったドキュメンタリー 「ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー」を採点!

文春オンライン / 2017年05月29日17時00分

斎藤綾子(作家) ★★★☆☆映画をいかにリアルに見せるか、リリアンの美しさと聡明な語りに魅了された。映画好きには刺激的な逸話がいっぱい。 森直人(映画評論家) ★★★★☆ハリウッドの舞台裏秘話としては出色。映画の奥深さ、仕事の姿勢、家庭の幸福。あらゆる点で学ぶこと多し。ほぼ満点。 洞口依子(女優) ★★★★☆映画の信管とも言える絵コンテ作家とリサーチャー [全文を読む]

孤島で暮らす夫婦のもとに流れ着いた死体と赤ん坊……「光をくれた人」を採点!

文春オンライン / 2017年05月23日17時00分

斎藤綾子(作家) ★★★☆☆灯台に続く長い階段のある島の風景が孤独を求めるトムの姿と重なる。シアンフランス監督好みのセンチメンタルは苦手。 森直人(映画評論家) ★★★☆☆キリスト教的な二元論が物語をやや窮屈に規定。語りに力はあるが、自罰的な主人公の葛藤と判断が独り善がりにも映る。 洞口依子(女優) ★★★★☆心の闇を描くのが上手い。風景を情景に一変させ [全文を読む]

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が手がけた異色のSF作品 「メッセージ」を採点!

文春オンライン / 2017年05月22日17時00分

斎藤綾子(作家) ★★★★☆夢か記憶か、時間をシャッフルする展開が面白い。具体的な死の光景を承知で生きる過酷さは、誰もが体験する未来か? 森直人(映画評論家) ★★★★☆優秀。SF映画の伝統的な作法に則ったうえで、ジャンルの可能性を拡張する度胸も見せる。視覚効果も音響もすごく丁寧。 洞口依子(女優) ★★★★☆芸術性に富んだ監督の妙技に唸る。表意文字とア [全文を読む]

ケイシー・アフレックのオスカー受賞作「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を採点!

文春オンライン / 2017年05月16日17時00分

斎藤綾子(作家) ★★★☆☆悲しみを背負って生きるリーの繊細さをC・アフレックが好演。結末も心に沁みた。だが大事な場面の選曲にゲッソリ。 森直人(映画評論家) ★★★★☆倉本聰のドラマ等を連想。田舎町を包む淡色の詩情。個々の事情を丹念に描いた市井の群像劇として秀逸。回想も巧み。 洞口依子(女優) ★★★★☆壊れゆく人々に焦点を合わせ滑稽にシンコペーション [全文を読む]

3人の女子高生が23の人格を持つ謎の男に拉致監禁 「スプリット」を採点!

文春オンライン / 2017年05月15日17時00分

斎藤綾子(作家) ★★★★☆猟奇的だが可笑し味もあり、不気味な結末なのに続編を期待してしまう。幼いケイシーの姿が闇の深さを突きつける。 森直人(映画評論家) ★★★★☆電波ビリビリの生っぽい奇想にヤラれた。ヒッチコックのおばけみたいな変態性。もうちょい尺がタイトなら熱狂支持の域。 洞口依子(女優) ★★★★☆マカヴォイの怪演、あの清々しさは監督との信頼関 [全文を読む]

若かりし頃のウディ・アレンを思い出させる最新作 「カフェ・ソサエティ」を採点!

文春オンライン / 2017年05月03日17時00分

斎藤綾子(作家) ★★★☆☆衣装や車が豪華。街並みは美しい。ボビーのもどかしいキスシーンは若かりし頃のアレンのよう。男の純情を楽しめた。 森直人(映画評論家) ★★★★☆『アニー・ホール』以降のアレン節が総合的に蘇る。安っぽいラブソングに諸行無常の深みを持たせる円熟の語りを堪能。 洞口依子(女優) ★★★☆☆クリステンの些細な表情や衣裳。光と陰の巨匠スト [全文を読む]

マッチョ好きにはたまらない 「ワイルド・スピード ICE BREAK」を採点!

文春オンライン / 2017年05月01日17時00分

斎藤綾子(作家) ★★★★★冒頭場面から心が躍る。空撮から地を這うカメラアングルにも興奮。車が勝手に動き出すゾンビタイムは大迫力の怖さ。 森直人(映画評論家) ★★★★☆話は時折停滞するが、職人監督グレイの活劇魂に燃える。亡きポールの分まで頑張ったクルーに敬意を表して星1つ追加。 洞口依子(女優) ★★★★☆キューバのホッドロッド! コルヴェットC2の赤 [全文を読む]

フォーカス