中野翠のニュース

【書評】鋭い観察眼で中野翠が見たあの著名人の60年代

NEWSポストセブン / 2017年05月25日16時00分

【書評】『あのころ、早稲田で』/中野翠・著/文藝春秋/1500円+税 【評者】坪内祐三(評論家) 中野翠の書き下しが刊行された。タイトルにあるように「あのころ」の早稲田大学キャンパス界隈を回想した自伝だ。「あのころ」というのは中野氏が早稲田大学に入学した昭和四十(一九六五)年から、卒業する昭和四十四年、さらに一九七〇年代初頭だ。 ちょうど早大闘争が始まる頃 [全文を読む]

“伝説のモダンダンサー”ロイ・フラーの人生を描いた「ザ・ダンサー」を採点!

文春オンライン / 2017年06月06日17時00分

中野翠(コラムニスト) ★★★☆☆ヒロインの不敵な面構えとアール・ヌーボーの時代色が見もの。独創的ダンスを生み出したプロセスをもっと見たかった。 芝山幹郎(翻訳家) ★★★★☆虚構の部分は陳腐だが、フラーの創出した捨身のスペクタクルは舞踊史の1ページだ。主演女優の頑丈な肉体も効果的。 斎藤綾子(作家) ★★★★☆ルイ伯爵への友情と、イサドラに恋い焦がれる [全文を読む]

ハゲ散らかしたマシュー・マコノヒーが熱演 「ゴールド/金塊の行方」を採点!

文春オンライン / 2017年06月05日17時00分

中野翠(コラムニスト) ★★★☆☆M・マコノヒーがハゲ散らかしての熱演。一直線のハデな展開で結末はどうなるのかと期待したのだが、肩すかし気分に。 芝山幹郎(翻訳家) ★★★☆☆『黄金』とウォール街映画の交配種を狙った野心作だが、意外に弾けない。山師の浮き沈みという定番に忠実すぎたか。 斎藤綾子(作家) ★★★★☆マコノヒーの変化ぶりには脱帽。どこに種明か [全文を読む]

ウルヴァリンシリーズの最高傑作か 「LOGAN/ローガン」を採点!

文春オンライン / 2017年05月30日17時00分

中野翠(コラムニスト) ★★★★☆ストーリーがよくつかめないまま、異形のミュータント達の悲壮美に引き込まれた。少女役の形相が凄い。未来は暗い? 芝山幹郎(翻訳家) ★★★★★滅びに直面する超能力者、という設定が終末感あふれる哀歌の土台だ。感傷に流れず、観客を正気に引き戻す姿勢に拍手。 斎藤綾子(作家) ★★★★☆老いて能力が衰え、身を潜めて生きるミュータ [全文を読む]

映画業界の裏方の人生に迫ったドキュメンタリー 「ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー」を採点!

文春オンライン / 2017年05月29日17時00分

中野翠(コラムニスト) ★★★★☆映画愛で結ばれたユニークな夫婦。60年代からの名作の断片や創作の背景がたっぷりと紹介されていて興奮。貴重な記録。 芝山幹郎(翻訳家) ★★★★☆絵コンテとリサーチ。映画を支える縁の下の力持ちは、ドキュメンタリーと相性がよい。渋い切り口のハリウッド裏面史。 斎藤綾子(作家) ★★★☆☆映画をいかにリアルに見せるか、リリアン [全文を読む]

小保方晴子さん 瀬戸内寂聴との対談で容姿にも注目集まる

NEWSポストセブン / 2016年05月26日16時00分

コラムニストの中野翠さんも「誌面を開いた瞬間、釘付けになった」という。 「まず驚いたのはファッション。ピンクの花の刺繍がほどこされた丸襟つきで、透け感のある白いレースのミニワンピース。足下は細いストラップつきの白いハイヒールという清純少女スタイル。“エッ!? どうしたの”とつい思ってしまう。ハッキリ言って似合っているとは思えない。研究者時代の紺色のワンピー [全文を読む]

池上彰、児玉清、椎名誠ら23人が本棚について語ったエッセイ

NEWSポストセブン / 2013年09月26日07時00分

本書は、理想の本棚を作るため自宅にある本の総延長を計った小野不由美、本棚が埋まり、床が抜ける恐怖に耐えるか本を棄てるかで苦悩する児玉清をはじめ、椎名誠、中野翠、池上彰など23人の著名人が本棚について語ったエッセイ集。好きな本や読書体験などの貴重な話も多く、おおいに楽しめる。 ※女性セブン2013年10月10日号 [全文を読む]

フォーカス