木村ひさしのニュース

松本潤主演『99.9』、シリーズ初の前後編に キャラクターを深掘りした「前話」を振り返る

リアルサウンド / 2016年05月22日06時10分

前回のコラムで、演出家が変わってドラマのテイストが好転してきていることに触れたばかりではあるが、第5話では再びチーフディレクターである木村ひさしの演出に戻ったようだ。金子文紀が演出を務めた前2回は、依頼人のドラマが大きな比重で描かれている点で、法律的視点を求める層ではなく、もっと漠然とドラマらしいストーリーを楽しみたい視聴者に訴求するものを狙っているように [全文を読む]

松本潤主演「99.9」シーズン2放送決定!新ヒロインは木村文乃

ザテレビジョン / 2017年06月09日12時41分

2018年1月期のTBS系日曜劇場で、嵐・松本潤が主演を務める「99.9―刑事専門弁護士― SEASONII」が放送されることが決定した。本作は、個性的な刑事専門弁護士たちが“逆転不可能”と思われる刑事事件に挑んでいく痛快リーガル・エンターテイメントドラマで、2016年4月に放送されたSEASONIは、全話平均視聴率でも17.2%と同クール内でもトップを記 [全文を読む]

“プレミアム矢部フライデー”にファンがズラッと集結!?

Smartザテレビジョン / 2017年03月07日21時11分

矢部の三代目部下・秋葉原人を演じる池田鉄洋と、シリーズを通して演出を手掛けている木村ひさし監督によるトークショーなどを予定している。 他にも、ファンに喜んでもらえる企画を実施予定。本物の矢部ファンがズラっとそろった“カミってる”イベントは、見ているだけで髪の毛がフサフサになってしまいそうだ。 [全文を読む]

織田裕二主演の『IQ246』 繰り返し見て気づくネタ仕込む

NEWSポストセブン / 2016年10月02日07時00分

天才同士では中谷さん演じる法医学専門医とどうかかわっていくかも見もの」(カトリーヌさん) またカトリーヌさん、木村さんともに注目するのは演出を担当する木村ひさしさん。 「チーフディレクターを務めた『99・9-刑事専門弁護士-』(TBS系)でも録画して繰り返し見てやっと気づくようなところに小ネタを仕込んだりと、遊び心のある監督。今回も何度か見ないとわからない [全文を読む]

話題沸騰の岸井ゆきのが 最新映画で“裏主役”に!

Smartザテレビジョン / 2016年06月29日07時01分

――加奈子のしゃべるときに首をふる芝居はどのように生まれたんですか?最初、(木村ひさし)監督から「せりふの途中でため息をついてくれ」って言われたんですが、その間に沈黙ができることが怖くて…。シンガーソングライターの役だし、歌にそういうフリがあるってことにしてやってみたら、それがそのまま使われて‥。そんな流れで回を重ねるごとに監督が「ここで加奈子のあれやって [全文を読む]

嵐・松本『99.9』、16.5%に視聴率ダウン……「プロレスうざい」「マナー違反」と小ネタに批判

サイゾーウーマン / 2016年06月13日17時05分

「まずは、演出を務める木村ひさし氏がプロレス好きだからという理由で起用されているともいわれるプロレスネタ。第1話から続くこの小ネタには元々賛否両論あったのですが、今話では、事件とはまったく関係ない場所でレスラーが何人も登場して時間を割いたため『ほんと、プロレスネタしつこい』『誰かわからないし、必要性も感じない』『こんなことするならほかのレギュラー出演者を [全文を読む]

『99.9』、小ネタの嵐が「狂気の沙汰」! テレビ関係者が唸った“細かすぎるネタ”検証

サイゾーウーマン / 2016年06月04日12時45分

今作のチーフディレクターを務める木村ひさし氏は、かつてSMAP・中居正広主演の『ATARU』を手がけた演出家としても知られており、『99.9』の1話に早くもそれを喚起するシーンが出てきたという。「松本演じる深山に、斑目法律事務所の所長・斑目春彦(岸部一徳)が初めて声を掛けたオープンカフェの壁に、かつて『ATARU』で中居演じるチョコザイが好んで吸っていたs [全文を読む]

松本潤「99.9」の視聴率が爆下げ!視聴者からは「小ネタがウザい」の不満も…

アサジョ / 2016年05月27日09時58分

そのため今後、純粋に弁護士モノのストーリーを楽しみたい視聴者にチャンネルを替えられ、視聴率低下に繋がる可能性があります」(前出・テレビ誌記者) 演出を務める木村ひさし氏は、「トリック」などで有名な堤幸彦作品にかつて助監督で参加していたため、「99.9」でもそのギャグ要素を受け継いでいるのかもしれない。しかし一部の視聴者からすると、あまりに高い小ネタの頻度に [全文を読む]

松本潤主演『99.9』、演出家の違いでドラマはどう変化した? 「0.1%の真実」の描き方

リアルサウンド / 2016年05月15日10時52分

第2話までの木村ひさしに変わって、第3話と今回の第4話は金子文紀が演出を勤めている。連続ドラマでは短期間に撮影から編集までの一連の工程を進めなくてはならないため、回ごとに演出家が変わることは常であるが、それによって全体的なテイストが大きく変わってきているようにも見える。1、2話は主人公達弁護士の働きを見せるドラマとして、彼らの特徴を強く描き出していた。と [全文を読む]

嵐・松本潤主演ドラマ「99.9―」視聴率大躍進の理由は?

Smartザテレビジョン / 2016年04月25日16時19分

演出は「民王」(’15年テレビ朝日系)での軽妙な演出が記憶に新しい木村ひさし氏や「木更津キャッツアイ」(’01年TBS系)シリーズなどの金子文紀氏が担当。またトリック監修には「TRICK」(’00年ほかテレビ朝日系)などを手掛けた蒔田光治氏が参加している。 共演者も、香川照之、榮倉奈々をはじめ、岸部一徳、青木崇高、片桐仁、マギー、渡辺真起子、奥田瑛二ら個性 [全文を読む]

フォーカス