水野久美のニュース

醍醐国連事務総長の“百発百中”シーン誕生秘話とは? 『ゴジラ』撮影裏話を宝田明と水野久美が明かす!

おたぽる / 2016年09月05日20時00分

今回は8月28日に行われた、数多くのゴジラ映画でおなじみの俳優・宝田明と女優・水野久美のスペシャルトークショーの模様をお届けする!■“百発百中”の名シーンはこうして生まれた トークショーでは、宝田明と水野久美が共演した3作品『怪獣大戦争』(1965年)、『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966年)、『ゴジラ FINAL WARS』(2004年) [全文を読む]

俺たちをトリコにしたオール「特撮ヒロイン」(1)「水野久美・世紀をまたいで4作のゴジラ映画に出演」

アサ芸プラス / 2016年07月09日09時57分

宇宙人から南海の美女、さらに総理大臣を演じてゴジラを支えたのが水野久美(79)だ。──東宝の専属女優として、早い段階から特撮モノの出演は多いですね。中でも「マタンゴ」(63年)は、若者たちが不気味なキノコに浸食される描写が、トラウマ映画の元祖となりました。水野 私も最後は禁断のキノコを口にして、恍惚の表情で「おいしいわよ」って言うのよね。──そして、初めて [全文を読む]

2017年6月から全国で順次公開予定 エス・エム・エスが映画『ケアニン~あなたでよかった~』に特別協賛

PR TIMES / 2017年05月31日15時00分

・製作:「ケアニン」製作委員会 ・原案・エグゼクティブプロデューサー:山国秀幸 ・監督:鈴木浩介 ・出演:戸塚純貴、松本若菜、山崎一、水野久美ほか ・公開日:2017年6月17日(土)より全国で順次公開 ・公式サイト:http://www.care-movie.com/ ・公式Facebook:https://www.facebook.com/carem [全文を読む]

<映画『ケアニン』監督インタビュー>介護士と認知症の老人とその家族の心の交流を描く

メディアゴン / 2017年05月29日07時40分

認知症の老婦人を演じる水野久美さんの清明な演技に、大変、こころ打たれました。おふたりと監督は演技プランについてどんなお話をなされたのですか。[鈴木監督]介護監修の方が細かくご指導してくれたので、所作とかはお任せしましたが、個の芝居に関しては、特別何をしてほしいということはお話ししなかったです。脚本がすばらしかったので、役者の皆さんがしっかり読み込んでくれさ [全文を読む]

「『シン・ゴジラ』は第1作の精神を踏襲している」宝田明と水野久美が語る“ゴジラ”

おたぽる / 2016年09月06日20時00分

ゴジラ映画を支えてきた俳優・宝田明、そして“特撮ヒロイン”として名高い女優・水野久美に話を聞いた。■『シン・ゴジラ』は第1作の精神を踏襲している――特に第1作の『ゴジラ』と比較して、『シン・ゴジラ』をどう考えていますか?宝田 第1作のゴジラも、海底で静かに眠っていたところ、洋上の水爆実験で彼自身も被爆するという悲しい運命を背負っているので、日本の国民と同じ [全文を読む]

『進撃の巨人』の元ネタ映画「フランケンシュタイン・シリーズ」がトラウマレベルの傑作!!

tocana / 2015年08月24日14時00分

浮浪児は、被爆者の治療に献身するアメリカ人科学者と戸上季子(1957年、『気違い部落』でデビューした水野久美)が勤める国際放射線医学研究所が引き取る。彼の正体は、ドイツから持ち込まれた人工心臓が人間体に成長したフランケンシュタインの怪人だった。 オリジナルのフランケンシュタインの怪物を踏襲した眼窩上部の出っ張りに加え、剥き出しの赤い歯茎に1本欠けた前歯と [全文を読む]

牙狼シリーズで裸体を晒した松野井雅に監督が「大人の特撮は着地点が性行為ではなく、おっぱいだ!」

週プレNEWS / 2015年04月03日11時00分

東宝の『怪獣大戦争』(65年)に登場するX星人を演じた水野久美さんくらいかな、許せたのは。X星人のボディコンの衣装はエロかった。だから、子供の頃の俺が『牙狼』を見たら怒るんじゃないの。なんでおっぱいを出すんだって(笑)。 (取材・文/佐々木 徹 撮影/本田雄士) ●松野井雅(まつのい・みやび) 1988年1月1日生まれ、広島県出身。映画『牙狼〈GARO〉~ [全文を読む]

『夫が多すぎて』出演の石田純一 「僕は“妻が多すぎて”」

WEB女性自身 / 2014年08月13日18時00分

舞台『夫が多すぎて』の制作発表が13日、都内で行われ、主演を務める大地真央(58)の他、石田純一(60)、中村梅雀(58)、徳井優(54)、水野久美(77)が出席した。それぞれが舞台衣装を身につけて登場し、舞台への意気込みを語った。 「かわいいだけでなく、人間らしさをいっぱい引き出して魅力的な女性を演じたい」と話す大地。今回、台本に“かわいい女性”とある主 [全文を読む]

フォーカス