原田勝弘のニュース

人気コスプレイヤー ユリコ・タイガー「鉄拳7」発売記念特番生放送

dwango.jp news / 2017年05月29日19時18分

ゲストには、鉄拳プロジェクト チーフプロデューサーの原田勝弘氏や、ユリコ・タイガーがコラボする音楽ユニット・SAMURAI APARTMENTが出演し、対戦を一層盛り上げる。 なお、“ユリコちゃんねる”のチャンネル会員(月額540円[税込])になると、生放送や動画を全編視聴できるほか、未公開のコスプレ写真やプライベートショットが掲載されたブロマガなど、チャ [全文を読む]

富士急ハイランド×『艦これ』の「瑞雲祭り」開催! 原寸大模型展示や声優出演のステージも【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2017年06月01日14時00分

今回のイベントには鉄拳プロジェクトのチーフプロデューサーである原田勝弘氏や現在アーケードで稼働中の『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』プロデューサー、池田幸平氏によるスペシャルトークセッションも実施されるという。ほかにもオリジナルドリンクをはじめとしたコラボメニューの提供やライブイベントも予定されており、まさに体全体で『鉄拳』シリーズの世界観を [全文を読む]

人気格闘ゲーム「鉄拳シリーズ」ファン交流イベント! 「TEKKEN NIGHT」開催! 2017年6月30日(金) アニON STATION秋葉原本店にて

DreamNews / 2017年05月31日13時00分

イベントパートでは、株式会社バンダイナムコエンターテインメントより「鉄拳プロジェクト」の原田勝弘さんとナカツこと池田幸平さんを迎えたスペシャルトークセッションを実施いたします。DJ&VJコーナーではサウンドと映像で「鉄拳シリーズ」を体感しながら鉄拳オリジナルドリンクが楽しめるほか、デジタルアート界のスピードスターjbstyle.さんによるライブペイントも予 [全文を読む]

人気コスプレイヤー特別番組「生ユリコ 『鉄拳7』発売記念スペシャル!」 6/1(木)放送決定!

PR TIMES / 2017年05月29日16時19分

ゲストには、鉄拳プロジェクト チーフプロデューサーの原田勝弘氏や、ユリコ・タイガー氏がコラボする音楽ユニット・SAMURAI APARTMENTが出演し、対戦を一層盛り上げます。なお、“ユリコちゃんねる”のチャンネル会員(月額540円[税込])になると、生放送や動画を全編視聴できるほか、未公開のコスプレ写真やプライベートショットが掲載されたブロマガなど、チ [全文を読む]

「ナムコ」の創業者で世界的ヒット作『パックマン』の父、中村雅哉氏が死去【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2017年01月31日14時00分

同社で『鉄拳』シリーズのプロデューサを務める原田勝弘は、自身のTwitter(@Harada_TEKKEN)にて中村氏の逝去に対する思いを吐露していた。中村氏といえば、“Father of PAC-MAN”として海外からも広く親しまれていただけに、今回の訃報には世界中のゲームファンが衝撃を受けたことだろう……。 次に株式会社ソニー・インタラクテイブエンタテ [全文を読む]

海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』はなぜ面白いのか?『鉄拳』原田氏らゲームクリエイターが大いに語り合う

ニコニコニュース / 2017年01月11日11時00分

原田勝弘(以下、原田): 「われら種を播かず」──ちなみにバンダイナムコエンターテインメントの家訓は「アソビきれない毎日を」。バンダイナムコの原田です。よろしくお願いします。木下研人(以下、木下): 「冬来る」──好きな家はスタークです。カプコン『ドラゴンズドグマ オンライン』のディレクターをしております、木下です。よろしくお願いします。十文字青(以下、十 [全文を読む]

エクストリームが海外人気作を国内でパブリッシング展開! 10月下旬から続々配信スタート【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2016年10月12日16時00分

『鉄拳』シリーズのディレクター兼プロデューサーの原田勝弘は、自身のTwitter(@Harada_TEKKEN)で現地での発表による反響について言及。該当ツイートによると、一般のTVでも取り上げられるほどの盛り上がりだったそうだ。 最後はUBISOFT株式会社が、PS4専用レーシング『F1 2016』のTwitterキャンペーン第2弾を開催したというニュー [全文を読む]

世界最大級の格闘ゲーム大会「EVO」、待望の日本開催が決定 ~ EVO主催者とパートナー契約を締結、「EVO Japan」が実現へ~

DreamNews / 2016年07月19日14時00分

EVO Japanについては、平成28年7月17日(日本時間18日)に米国ラスベガスにて開催された「EVO 2016」のFinalsにおいて、EVO主催者の一人であるMark Julio氏によりその開催が告知され、世界的に活躍するゲームプロデューサーの株式会社バンダイナムコエンターテインメント・ゼネラルマネージャー・原田勝弘氏、CAPCOM U.S.A. [全文を読む]

3DCGやVRの技術で、“リアル”なキャラはどうつくられる?『美術手帖』8月号は「キャラクター生成論」特集

PR TIMES / 2016年07月15日09時33分

開発者であるバンダイナムコの原田勝弘、玉置絢のインタビューでは、VRにあわせた新たなキャラクターづくりの取り組みが語られており、今後のゲームやキャラクター表現を考える上で必読の内容だ。また、キャラクター論をめぐる研究者・評論家の座談会には、伊藤剛、岩下朋世、さやわかが登場。さらに表象文化の研究者、石岡良治が語る「キャラクター文化『超』講義」も収録。それぞれ [全文を読む]

ヌマクローから続く悲劇なのか!? 『ポッ拳』にラグラージ参戦かとおもいきや、シャンデラでファンがっかり?

おたぽる / 2016年01月16日16時00分

開発には『鉄拳』シリーズの原田勝弘氏、『ソウルキャリバー』シリーズを開発している星野正昭氏が参加しており、“大人のポケモンの闘い(バトル)が、始まる。”というキャッチコピーのとおり、子どもだけなく、かつて『ポケモン』にハマっていた大人も楽しめる作品となっている。3月18日には、Wii U版も発売される予定だ。 そんな『ポッ拳』には、おなじみの「ピカチュウ」 [全文を読む]

“死にゲー”『DARK SOULS』をチャットコマンドでプレイする企画が無事達成!【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2015年09月30日22時00分

株式会社バンダイナムコエンターテイメントにて、『鉄拳』シリーズを手がけている原田勝弘のTwitter(@Harada_TEKKEN)によれば、本来は「メーカー都合による発売日の見直し」と伝えられるべきところが、一部販売店では「メーカー都合による発売中止」と伝わってしまったことが原因のようだ。発売日の見直し自体、単なる量産ラインの遅れが原因とのことなので、フ [全文を読む]

『鉄拳×ロードオブヴァーミリオン』のサイトが秀逸!! ゲーム各社の“エイプリルフールネタ“【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2015年04月01日22時00分

ちなみに、スクエニの『ロード オブ ヴァーミリオン』プロデューサー・丹沢悠一氏とバンダイナムコの『鉄拳』シリーズプロデューサー・原田勝弘氏が、打ち合わせ中に意見が対立し『鉄拳』らしく拳で白黒をつけようとした結果、原田氏がダウン。その後、「原田氏の負傷を理由に開発中止」という衝撃的なオチで、両社のエイプリルフールネタは締めくくられていた。 またエイプリルフー [全文を読む]

『鉄拳』新作の萌えキャラ、海外で炎上 ディレクター反論で論争も、実は…?

NewSphere / 2014年12月21日11時00分

さらに、ディレクターの原田勝弘氏が海外ゲーマーとTwitterで直接ラッキー・クロエについて議論するなど、この新キャラを取り巻く動きが拡大している。【「この嫌悪感は何だろう」掲示板への書き込み】 ラッキー・クロエが鉄拳7に登場すると伝えられると、ゲーマーのコミュニティNeoGAFのスレッドにはネガティブな書き込みが殺到した。「少しだるいな」「この嫌悪感は何 [全文を読む]

20周年応援マネ就任の佐野ひなこが『鉄拳7』の「ラッキークロエ」コスプレで登場、オリジナルよりカワイいと大問題!

週プレNEWS / 2014年12月13日00時00分

キュッと寄せられた胸の谷間が目立つその姿に男なら大興奮するはずが、『鉄拳』プロジェクトの代表を務める原田勝弘は「ゲームより良くなっちゃってる…」と焦り気味? 「(佐野のほうが)オリジナルよりカワイくなっているので発売までに良くしないと。近づけるように手直しします、まだ間に合うと思うので」とまさかの修正宣言が飛び出した。 さらに、佐野はオリジナルでキャラク [全文を読む]

佐野ひなこ、CGよりスゴいカラダ! 抜群のスタイルで目指すは女優かタレントか

メンズサイゾー / 2014年12月11日10時00分

茶髪で小柄な佐野とは多少印象が異なるものの、そんなクロエのコスプレを披露した彼女には、『鉄拳』プロジェクトの代表を務める原田勝弘氏も、「可愛くてビックリしました」と絶賛。「ゲームのモデルももっとよくしないといけませんね」と舌を巻くほどの仕上がりを見せた。「すでにネット上には、佐野さんのクロエ画像が出回っており、ユーザーたちがコメントを寄せています。中には、 [全文を読む]

ソニーのヴァーチャルリアリティ活用ゲーム、なぜ大反響?商業ベース目前、課題も

Business Journal / 2014年11月10日06時00分

特に『サマーレッスン』に関しては人気格闘ゲーム『鉄拳』クリエイターの原田勝弘氏がプロデュースをされているので、話題になるのも当然といえるでしょう」 ユーザーの期待感は11年2月に販売開始された任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の発売前と重なるものがあると同編集部はみている。 [全文を読む]

『鉄拳』新シリーズの制作が発表 ついにあの因縁の対決に終止符が打たれる!?【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年07月14日23時59分

『鉄拳』シリーズのプロデューサーを務める原田勝弘氏は、7月11日よりアメリカ・ラスベガスにて開催されている世界最大の格闘ゲームイベント「EVO 2014 CHAMPIONSHIP SERIES」最終日である本日、同会場にて『鉄拳7』の制作を発表した。本作のトレーラームービーも、昨日より動画投稿サイトYouTubeで公開されている。ムービーは、『鉄拳』初代主 [全文を読む]

フォーカス