濱口竜介のニュース

映画「ハッピーアワー」がスイス・ロカルノ国際映画祭や仏・ナント三大陸映画祭で受賞した濱口竜介監督による特別講義を横浜で開催!

PR TIMES / 2015年12月22日15時27分

濱口竜介監督の最新作『ハッピーアワー』公開を記念して、特別講義「『幸せな時間』とはなにか?」が、12月27日(日)に母校の東京藝術大学大学院(横浜)で開催されます。 [画像: http://prtimes.jp/i/13670/111/resize/d13670-111-518245-1.jpg ] 映像文化都市づくりを推進する横浜市は、東京藝術大学大学院 [全文を読む]

新しい手法でリアリティを追求した魔法の映画『ハッピーアワー』 - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月13日15時30分

<国際的な評価を受けている濱口竜介監督の映画『ハッピーアワー』は、これまでの映画の虚構性をいったん否定して、再定義した意欲作>(画像:映画では30代後半の4人の女性の「リアル」を描く) 濱口竜介監督といえば、酒井耕監督と共同演出した東北記録映画三部作『なみのおと』『なみのこえ』『うたうひと』が話題になりましたが、最新作の『ハッピーアワー』は、4人の主演女優 [全文を読む]

フランス最大の日本映画祭で『ハッピーアワー』がグランプリ受賞

Smartザテレビジョン / 2017年01月20日18時49分

11回目を迎えたフランス最大の日本映画祭「KINOTAYO(キノタヨ)現代日本映画祭」で、濱口竜介監督の『ハッピーアワー』がソレイユ・ドール観客賞(グランプリ)に輝いた。日本とフランスの文化交流の一翼を担ってきたこの映画祭では、毎年幅広いジャンルの日本映画を上映しており、過去には山田洋次監督の『小さいおうち』や沖田修一監督の『横道世之介』がグランプリを受賞 [全文を読む]

蓮實重彥+岡田秀則 対談〜スマホ時代の映画体験

ガジェット通信 / 2017年06月07日14時00分

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』 (執筆者: Rの広報ガール) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか [全文を読む]

【緊急決定】渋川清彦×村上淳トークゲスト登壇!!映画『ソレダケ/that’s it』 約束の復活上映5/27(土)一挙オールナイト上映イベント

PR TIMES / 2017年05月25日20時00分

[画像: https://prtimes.jp/i/3481/633/resize/d3481-633-722736-0.jpg ] 今回は同作の主演3人で、日本映画界において欠かせない演技派の渋川、村上、そして染谷将太が共演した『不気味なものの肌に触れる』(濱口竜介監督)、『生きてるものはいないのか』(石井岳龍監督)、そして本作の3作品一挙オールナイト [全文を読む]

『ソレダケ/that’s it』 約束の復活上映!染谷将太×渋川清彦×村上淳 共演3作、5/27(土)一挙オールナイト上映決定!!

PR TIMES / 2017年05月01日17時00分

今回は同作の主演3人で、日本映画界において欠かせない演技派の染谷将太、渋川清彦、村上淳が共演した『不気味なものの肌に触れる』(濱口竜介監督)、『生きてるものはいないのか』(石井岳龍監督)を加えての3作品一挙オールナイト上映で見るスペシャル企画。 「『ソレダケ/that’s it』しか見ていなかった!」「3人が出演した3作を大画面で続けて見たい!」そんな新 [全文を読む]

『害虫』の塩田明彦監督初ロマンポルノ作品『風に濡れた女』が国際映画祭へ出品!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年07月13日18時30分

『ハッピーアワー』(濱口竜介監督)主演の川村りら、三原麻衣子、菊池葉月、田中幸恵が最優秀女優賞受賞 [全文を読む]

内藤瑛亮監督の新境地!『ドロメ』 リアルな青春描写の秘密を聞いた!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年03月30日23時16分

濱口竜介監督の『ハッピーアワー』、塚本晋也監督の『野火』、夕張で観た小林勇貴監督の『孤高の遠吠』とか、インディペンデントで制作された素晴らしい作品にたくさん出会ったんですよね。昨年の日本映画で良かったのって、商業映画よりインディペンデントばかりで。無名俳優が主演している橋口亮輔監督『恋人たち』も最高でしたし。監督が本当に語りたい話を語る切実さや覚悟が作品 [全文を読む]

総尺5時間17分! 揺れ動く友情や悩みを丁寧に描く注目作

NeoL / 2015年12月30日23時01分

ぜひチェックを! ハッピーアワー 監督:濱口竜介 出演:田中幸恵、菊池葉月、三原麻衣子、川村りら ほか (2015年/日本) 公開中 © 2015 神戸ワークショップシネマプロジェクト http://hh.fictive.jp/ja/ 関連記事のまとめはこちら http://www.neol.jp/culture/ [全文を読む]

上映時間5時間超 4人の演技未経験女性が演じる新感覚作品

NEWSポストセブン / 2015年12月10日16時00分

濱口竜介監督の「ハッピーアワー」は予想をはるかに超えるしなやかな素晴らしい作品。荒っぽいところ、居丈高なところ、自己陶酔のところがない。離婚をはじめ女性たちの厳しい現実を見据えているが、決して重々しくならずどこかさわやかな微風が吹いている。 神戸に住む三十代後半の四人の女性を主人公にしている。看護師のあかり(田中幸恵)、専業主婦で中学生の息子のいる桜子( [全文を読む]

なぜ無名女性たちの演技が国際的評価を得た? 『ハッピーアワー』監督が語る“傾聴”の演技論

リアルサウンド / 2015年12月05日07時10分

同作の監督を務めたのは、『不気味なものの肌に触れる』などの作品で知られる濱口竜介監督。それぞれに切実な悩みを抱える30代後半の女性4人の人間関係を、その日常とともに丁寧に描き出した本作は、なぜ世界的に評価される鮮烈な作品となったのか。濱口監督らが行ったこれまでにない試みと、その独特な演技論について、監督本人に話を聞いた。参考:深田晃司監督が明かす、『さよう [全文を読む]

国立初の映画大学として設置され、10周年を迎えた東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻の、これまでの軌跡を追う、特別映画上映会を横浜で開催。

PR TIMES / 2015年09月04日19時14分

そうしたプログラムなら、内外の映画祭で注目を受けたり、作品の力を認められて劇場公開された諸作品……、たとえば『PASSION』(濱口竜介・2期)、『彼方からの手紙』(瀬田なつき・2期)、『しんしんしん』(眞田康平・5期)、『神奈川芸術大学映像学科研究室』(坂下雄一郎・7期)、『息を殺して』(五十嵐耕平・8期)等が挙がってくるでしょう。ここでは、修了制作とし [全文を読む]

映画『東北記録映画三部作』に見る地方の可能性 - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2015年04月16日12時03分

併せて、共同で三作を監督した酒井耕、濱口竜介両監督を交えたトーク・イベント、そして三部作の「完結編」である『うたうひと』に出演している児童文学者の小野和子氏の講演も行われています。 この3部作ですが、大きな特徴が2つあります。1つは、その撮り方です。3つの作品『なみのおと』、『なみのこえ』、『うたうひと』(制作はサイレント・ヴォイス)は東北の震災を描いた映 [全文を読む]

映画配信サービス「LOAD SHOW」の英語サイトをオープン 海外向けに国内インディペンデント映画のダウンロード販売を開始

@Press / 2013年09月06日10時30分

▼染谷将太主演、濱口竜介監督最新作『不気味なものの肌に触れる』 英語サイトページ http://www.atpress.ne.jp/releases/38430/2_1.png 今後はWeb上の映画祭として、一般公募のもとコンペティションを開催するとともに、映画作品を販売できるECサイトとして、広く作品の募集をおこなっていく予定です。 ■サイト概要 サイ [全文を読む]

あなたもなれる 映像翻訳者! 入賞者にプロデビューのチャンス 1000時間ヒアリングマラソン開講30周年記念 第16回映像翻訳コンテスト開催

PR TIMES / 2012年02月29日10時31分

■実施概要■ <課題作品> ◇日本語字幕部門 Huluオリジナル作品 「Battleground」 ◇英語字幕部門 「ニッポン・コネクション」出品作品 「親密さ」 (136分/濱口竜介監督) 応募URL http://www.alc.co.jp/jimaku/ ※公式ページ公開は3月16日(金)です 参加費:無料 締切日:2012年4月16日(月) 結果 [全文を読む]

フォーカス