豊田喜一郎のニュース

日本の工業を米から守る。トヨタ自動車の創業者が胸に誓った決意

まぐまぐニュース! / 2017年01月22日11時00分

今や日本を代表する企業として不動の地位を築き上げた「トヨタ自動車」ですが、その裏には創業者である豊田喜一郎氏の血の滲むような努力がありました。紡織工場を営んでいた父の「これからは自動車の時代だ」という遺志を受け継ぎ、自動車生産に乗り出した喜一郎氏でしたが、そこには高い壁が立ちはだかっていたのです。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国 [全文を読む]

原点は手織り機!意外と知らないクルマメーカーの歴史・トヨタ編

clicccar / 2015年10月07日14時33分

その原点が、実は“手織り機”だということをご存じでしょうか? “手織り機”の開発に邁進したのが、トヨタ自動車を含めたトヨタグループの創業者である豊田喜一郎の父親である豊田佐吉でした。 (画像引用:https://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/より) 生まれ育った静岡県湖西市山口は綿織物業が盛んで、 [全文を読む]

「俺達は、すべてやり切ったと言えるのか!!」TOYOTAがル・マン24時間レースにかける思い

Walkerplus / 2017年05月19日14時11分

発表会にて北澤GR統括部長は、「トヨタ自動車の創業者である豊田喜一郎は生前、モータースポーツこそが車の改良をもたらす、それがファンの興味を沸かすのであるという言葉を残しています。我々は、その言葉の通り、私達は草の根レースから世界選手権まで戦っています。WECに関しては、昨年はとても悔しい思いをした。WECはトヨタのハイブリッド技術の進化と成長の場です。培 [全文を読む]

トヨタ自動車の豊田家 家訓「お金を使わず知恵を出せ」

プレジデントオンライン / 2017年03月06日09時15分

その年、トヨタは倒産の危機に瀕し、銀行から融資を受ける代わりに豊田喜一郎の社長退陣と、1600名の解雇を行った。これは「社員は家族であり、会社の宝である」と従業員を家族のように大切にする「温情友愛」を旨とした喜一郎にとっても、トヨタの役員にとっても痛恨の出来事でした。以来、トヨタは危機に陥らないように努力を続けています。 この考えをトヨタに徹底したのが、喜 [全文を読む]

日清食品、マクドナルド、トヨタ 創業者の至言

NEWSポストセブン / 2017年01月30日16時00分

(『Den Fujitaの商法(1) 頭の悪い奴は損をする』(ワニの新書)藤田田著】 ●豊田佐吉(トヨタグループ創始者) 「安易に金を貸してくれる人間は、こっちが一番カネのほしいときに、返済を迫ってくる」 トヨタ自動車の創業者、豊田喜一郎の父である豊田佐吉(1867~1930)は生涯をかけて発明主義に徹した。その過程で多額の借金を背負った佐吉の苦い経験は、 [全文を読む]

トヨタ、今度こそ本気で電気自動車の開発に取り組む

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年12月03日19時00分

なぜなら、その新リーダーが、トヨタ創業者である豊田喜一郎氏の孫、豊田章男氏だからだ。代表取締役副社長の加藤光久氏と寺師茂樹氏もこの新たなEV部門に関わるようだ。章男氏は、2009年よりトヨタ自動車の社長兼CEOを務めているため、トヨタがEVに本格参入するという方向性に、もはや疑問の余地はないだろう。何しろ、リーダーである社長が関わっているのだから。 エンジ [全文を読む]

調達購買改革を巡る誤解 その3/野町 直弘

INSIGHT NOW! / 2016年09月23日16時00分

トヨタ自動車は創業者である豊田喜一郎氏が作られた購買係心得にも書かれているように複数社発注(2社が基本)が基本方針です。一方でトヨタ自動車は系列関係などサプライヤとのパートナーシップを重視しています。この二つの基本方針を同時に実現するために、彼らは品目群ごとに複数社のサプライヤを競争させているのです。それにより「協調」と「競争」のバランスをとっています。つ [全文を読む]

トヨタ生産方式は欠陥だらけ?熊本地震による生産中止は「最強さ」の証明?

Business Journal / 2016年07月20日06時00分

ジャスト・イン・タイムという、トヨタ自動車創業者である豊田喜一郎の思想を現実化したものであり、これが生産とは良き「流れ」をつくること、すべてが加工されている状態、付加価値が生産されている状態を理想とする。だから、加工されていない状態、在庫は無駄であるという考え方につながる。トヨタ生産方式は、在庫を徹底的に排除する方式である。 [全文を読む]

トヨタ原点回帰!5大陸走破プロジェクトの全貌とは?

Walkerplus / 2016年03月24日12時00分

過酷な体験を通して、創業者である豊田喜一郎の理念「『いいクルマをつくる人』を育てるためのモータースポーツ」を継承・実践している。 「TOYOTA GAZOO Racing」の活動の一つ「5大陸走破プロジェクト」では、2014年のオーストラリア走破に始まり、2015年の北米走破、そして2016年は南米走破にチャレンジする。今回は、同プロジェクトを技術面で支え [全文を読む]

シリコンバレーにも影響を与えた「トヨタの働き方」

Forbes JAPAN / 2016年03月13日16時01分

豊田喜一郎や英二を投資家に置き換えると、主査はベンチャー企業の社長。投資家が社長をスカウトして、投資しているわけです」豊田市と同じ三河地方である愛知県岡崎市出身の酒井はこう言い切る。「誤解している日本人が多いのですが、いまのアメリカに新しいものはほとんどない。すべてトヨタを生んだ三河式経営の焼き直しにすぎません」例えば、顧客の注文に応じて組み立てたパソコン [全文を読む]

【東京モーターショー15】トヨタの下請けをしていた本田宗一郎氏!?

clicccar / 2015年11月07日14時33分

豊田喜一郎氏と本田宗一郎は同郷でした。戦後、本田宗一郎は毎日お酒を飲んで過ごしていたのですが、日本の混乱期に奥さんが自転車で買い出しに行く際に重い荷物を持って帰るのを見て、奥さんを楽にさせたいと、軍から払い受けたエンジンを自転車に付けて走り回っていました。 浜松の街を走り回る姿を見て、周囲から欲しいというニーズがわき起こり、最初は軍からの払い下げのエンジ [全文を読む]

トヨタの新車開発がCMになった! 「TNGA STORY」公開へ

FUTURUS / 2015年11月01日21時00分

■ 個性的な「TNGA」プロジェクトメンバー達 チームリーダー役を演じるのは、同社創業者の豊田喜一郎をモデルにしたTVドラマ『リーダーズ』で主役を演じた佐藤浩市、そして新人役には若手女優の黒木華を起用している。 source:http://prtimes.jp/ 開発各部門を担当する個性的なメンバーが登場、熱血タイプのチームリーダーとぶつかりながらも、「 [全文を読む]

トヨタ 「自動運転」と「走らせる喜び」の2方向で進化想定

NEWSポストセブン / 2015年10月28日16時00分

実は昨年1月の「2014年モータースポーツ活動発表会」の会見で、章男社長は創業者・豊田喜一郎氏が亡くなる直前に書いた「オートレースと国産自動車工業」という文章を引用し、「耐久性や性能試験のためのオートレースにおいてその自動車の性能のありったけを発揮してみて、その優劣を争うところに改良進歩が行なわれ、モーターファンの興味を沸かすのである」という内容を紹介し [全文を読む]

佐藤浩市、永作博美、鈴木浩介、黒木華、三浦友和が熱演!TNGA誕生秘話をドラマ化した「TNGA STORY」公開!

PR TIMES / 2015年10月28日11時24分

リーダー大西を演じるのは、2014年に放送されたトヨタ自動車創業者の豊田喜一郎をモデルにしたドラマで、主役を演じた佐藤浩市さん。新人長野を演じるのは、演技力が高い評価を受けている若手女優の黒木華さん。そんな2人を中心に、各話では個性的な部門担当者が登場します。彼らはみな共通して、熱血のリーダー大西とぶつかります。しかし、その根底にはみな「もっといいクルマづ [全文を読む]

トヨタのお膝元でタミヤが新作「トヨダAA型」を発表!

clicccar / 2015年06月14日19時03分

「トヨダAA型」は豊田喜一郎を中心にトヨタ自動車の前身である豊田自動織機製作所の自動車部が1936年に完成させ、トヨタ初の量産乗用車として市販を開始、太平洋戦争中の1943年までに1,404台が製造されました。 同車は当時の米国車(フォード、シボレー)の影響を色濃く受けており、設計にはメートルではなく「インチ」規格が採用されていました。 全鋼製ボディを採 [全文を読む]

トヨタが恩賜発明賞を受賞したFCVの「逆転の発想」とは?

clicccar / 2015年05月27日06時03分

今回トヨタが受賞した「恩賜発明賞」は、皇室からの御下賜金を拝受し、最も優れた発明の完成者に贈呈される全国発明表彰の象徴的な賞で、1926年に豊田佐吉が、1938年には豊田喜一郎が、自動織機に関する発明で受賞しています。 (Avanti Yasunori) 【画像をご覧になりたい方はこちら】 http://clicccar.com/2015/05/23/3 [全文を読む]

トヨタ、「MIRAI」に採用した燃料電池関連の発明で全国発明表彰「恩賜発明賞」を受賞

JCN Newswire / 2015年05月21日16時14分

なお、発明に対する恩賜賞は、授与が始まった1926年に豊田佐吉が、1938年には豊田喜一郎が、自動織機に関する発明で受賞している。豊田綱領にも掲げられた当時の研究と創造の精神を、トヨタは、創業期から今日まで受け継いでおり、今後も革新的な技術の研究開発に取り組んでいく。本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。 http://newsroom.toyot [全文を読む]

トヨタ、すべてのモータースポーツ活動を「Gazoo Racing」に一本化

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年04月13日16時30分

豊田章男社長は「創業者である豊田喜一郎が貫いてきた、モータースポーツ活動がクルマづくりの進化、自動車産業の発展に不可欠なものであるとの想いを受け継ぎ、GAZOO Racingのもと、『道が人を鍛え、人がクルマを鍛える』の実践として、人づくり、クルマづくりを推進し、クルマファン拡大に結び付けたい」と述べている。 また、トヨタは4月1日付でモータースポーツ本 [全文を読む]

トヨタ、GAZOO Racingによるモータースポーツ活動の強化を発表

JCN Newswire / 2015年04月09日17時00分

豊田章男社長は「創業者である豊田喜一郎が貫いてきた、モータースポーツ活動がクルマづくりの進化、自動車産業の発展に不可欠なものであるとの想いを受け継ぎ、GAZOO Racingのもと、『道が人を鍛え、人がクルマを鍛える』の実践として、人づくり、クルマづくりを推進し、クルマファン拡大に結び付けたい」と述べている。2015年4月1日に設立したモータースポーツ本部 [全文を読む]

トヨタが「もっといいクルマづくり」でモータースポーツ事業を集約!

clicccar / 2015年03月10日08時03分

トヨタの創業者である豊田喜一郎はかつて自動車メーカーがモータースポーツ活動に取り組む意義について「オートレースは、単なる興味本位のレースではなく、日本の乗用車製造事業の発達に必要欠くべからざるもの」と述べていたといいます。 同社は2009年に、より地域に密着したマーケティング機能を発揮すべく、100%子会社として「TMSM」(トヨタモーターセールス&マー [全文を読む]

フォーカス