宮内義彦のニュース

イチロー×宮内義彦 ビッグ対談「ムダな時間の経験で、ようやく行きたいところに近づける」

プレジデントオンライン / 2017年03月17日08時45分

180cm、77kg 宮内義彦 1935年、兵庫県生まれ。58年関西学院大学商学部卒業。60年ワシントン大学経営学部大学院修士課程修了。現在、ドリームインキュベータ、ACCESSなどの取締役も務める。 ---------- (村上 敬=構成 大沢尚芳=撮影 時事通信フォト=写真) [全文を読む]

イチロー×宮内義彦 ビッグ対談「しんどいときに、どう乗り越えるか」

プレジデントオンライン / 2017年03月17日08時15分

180cm、77kg ●宮内義彦 1935年、兵庫県生まれ。58年関西学院大学商学部卒業。60年ワシントン大学経営学部大学院修士課程修了。現在、ドリームインキュベータ、ACCESSなどの取締役も務める。 【宮内】今日は少し変な話から始めましょう。経営者は「ここから逃げたい」と口が裂けても言えないから、悪夢も見ます。イチロー君も今日は球場に行きたくないという [全文を読む]


以前の私は「株主は神」と思っていました。宮内義彦(オリックス シニア・チェアマン)×牛島信(弁護士、作家)前編

経済界 / 2016年09月27日09時22分

2014年に経営の第一線から退いた宮内義彦氏だが、コーポレートガバナンスに関する鋭い視点は健在だ。今回は長いキャリアを通じて感じてきた日本企業の問題点、企業と株主との関係などについて、牛島信氏と熱い議論を展開する。構成=本誌/吉田 浩 写真=幸田 森ガバナンスのために企業があるわけではない牛島 宮内さんのように総資産が数兆円にもなる企業を作りあげるというの [全文を読む]

似鳥昭雄氏や宮内義彦氏 ノブレス・オブリージュで文化支援

NEWSポストセブン / 2015年08月19日11時00分

文化・芸術面への貢献で知られているのはオリックスの宮内義彦・元会長(79)だ。クラシック音楽好きで、新日本フィルハーモニー交響楽団の理事長として活動を応援してきた。 ゴルフも単なる趣味にはとどまらない。キヤノン会長の御手洗冨士夫氏をはじめゴルフ好きの経営者が数多く参加するのが、毎年3月第2週に沖縄で開催される「ダイキン・オーキッド・レディス」の前日に行な [全文を読む]

異常な超高額報酬を得る経営トップたち、なぜ?ソフトバンク165億、オリックス54億…

Business Journal / 2015年07月17日06時00分

オリックスの2015年3月期有価証券報告書によれば、同社元会長で現シニア・チェアマンの宮内義彦氏に支払われた役員報酬は54億7000万円。内訳は固定報酬3800万円、業績連動型報酬900万円、株式報酬9億5300万円、功労金44億6900万円。役員退職慰労金の意味合いが強い功労金が8割超を占めた。 日綿實業(現双日)出身の宮内氏はオリエント・リース(現オリ [全文を読む]

日本の「規制緩和」が遅々として進まない事情 「司法」は「行政」に遠慮しすぎていないか

東洋経済オンライン / 2017年06月01日08時00分

最も有名なのが森喜朗内閣、小泉純一郎政権時代に設置された「総合規制改革会議」(2001年4月1日~2004年3月31日)で、オリックスのCEOだった宮内義彦議長が、「製造業における労働者派遣事業の解禁」と「郵政民営化」などを答申した。 [全文を読む]

「超高収益企業」カルビー、オリックス宮内氏との「蜜月」…前衛的経営改革を断行

Business Journal / 2017年05月10日06時00分

カルビーはオリックスの宮内義彦シニア・チェアマンを社外取締役に迎える。6月21日に開催予定の株主総会で正式に就任する。日立製作所の川村隆名誉会長は任期満了で社外取締役を退く。宮内氏はオリックスの社長や会長、政府の総合規制改革会議の議長を務めたキャリアの持ち主だが、この人選が注目されたのは別のところにある。宮内氏は日本取締役協会会長として、ガバナンス改革の [全文を読む]

楠木建が考える、早寝早起き早帰りの効用

文春オンライン / 2017年05月09日07時00分

オリックスのシニア・チェアマンの宮内義彦さんと雑談したときのこと。その前日についつい夜の不健康かつ非建設的な考えごとに嵌ってしまったので、「夜寝る前にいろいろと考えをめぐらせてもロクなことがないですねえ」というと、宮内さんいわく、「ああ、それはまだ若いね。僕の歳になると、意識をせずとも夜になると難しいことは一切考えなくなる。百害あって一利なしだから」。ま [全文を読む]

好調・福良オリックス、1勝2敗からの脱却と「また明日」の意味

ベースボールキング / 2017年05月05日15時30分

今年のウチは1勝2敗だったということです」 昨秋、オーナーへのシーズン報告のためオリックス本社を訪れた福良淳一監督とともに会見に臨んだ宮内義彦オーナーは、このように持論を展開した。 貯金生活に入ってから、チームが連敗を喫したのは4月12日からのロッテ戦(ZOZOマリン)と、5月3日からの楽天戦(Koboパーク)という2連敗が2回のみ。ロッテ戦で連敗した後も [全文を読む]

フォーカス