中原誠のニュース

話題の藤井聡太四段はリアル・桐山零? 『3月のライオン』の登場人物を実在のプロ棋士に例えてみた

ガジェット通信 / 2017年05月01日15時30分

【神宮寺崇徳→米長邦雄永世棋聖と中原誠十六世名人】 (日本将棋連盟会長) 原作はどちらかと言うと米長先生寄りですが、映画の神宮寺会長の姿を例えるなら中原誠十六世名人寄りになっておりました。 【柳原朔太郎→米長邦雄永世棋聖と加藤一二三九段 】 (現役最年長棋士であった) 映画は、神宮寺(中原誠十六世名人モデル)さんとコンビだからか、棋士に例えると、ライバル [全文を読む]

「私の履歴書」連載の中原誠氏 林葉直子氏との仲を夫人が説明

NEWSポストセブン / 2016年05月30日16時00分

5月1日から始まったのは将棋の中原誠・名誉王座(68・十六世名人)の連載だ。 米長邦雄、加藤一二三、谷川浩司など名棋士たちとの交流や、1979年の名人戦で見せた将棋史に残る絶妙手「5七銀」など、将棋ファンにはたまらない逸話が盛り沢山だが、誰もが気になったのは、元女流棋士・林葉直子(48)とのドロ沼不倫騒動を「書くか、書かないか」だった。 12歳でプロ棋士に [全文を読む]

「将棋一本で生きてきた人生。これからの将棋界の発展に対する希望と責任は絶対に失わない」引退を間近に迎えた加藤一二三が語る将棋への想い

ニコニコニュース / 2017年02月17日15時30分

前回放送と同じく、アナウンサーの吉川精一さんと共に、加藤九段の将棋人生を語るに欠かせないと言われる、1982年の名人・中原誠との「第40期名人戦七番勝負」を振り返る中で、理屈では語れない将棋の奥深さや勝負の怖さを語りました。最年長現役棋士として長く活躍してきた加藤九段が、順位戦を引退することに対する胸の内とはいったい......?すべての写真付きでニュー [全文を読む]

天才棋士・加藤一二三のテレビ需要が拡大 棋士とテレビの親和性

ORICON NEWS / 2017年06月03日08時40分

先の藤井四段が14歳2カ月でプロ棋士になるまでは、史上最年少プロ棋士記録を持ち(1954年に14歳7カ月でプロ史上初の中学生棋士となる)、大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖などと激戦を繰り広げ、竜王、名人といったタイトルを計8期獲得している“超実力者”なのである。 その一方で、対局内外での“ぶっ飛び伝説”にもすさまじいものがある。『ネク [全文を読む]

羽生棋聖らと交流したり、対局室の特別見学も!加藤一二三九段による大盤解説会にも参加できるプレミアムな宿泊プラン

IGNITE / 2017年05月29日23時00分

今期、羽生棋聖は10連覇だけでなく、大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人と並ぶ棋聖最多の通算16期がかかっている。挑戦者は初のタイトル戦出場となる斎藤慎太郎七段。 宿泊プランは対局前日の6月30日(金)に沼津駅に集合。沼津リバーサイドホテルに移動し、羽生棋聖や斎藤七段、立会人の屋敷伸之九段らが出席する前夜祭に参加できる。 当日は、棋士が対局中の対局室を特別 [全文を読む]

棋聖戦第3局観戦宿泊プラン好評発売中 対局室の特別見学や羽生棋聖らと交流も。7月1日沼津決戦 挑戦者はイケメン棋士・斎藤慎太郎七段 大盤解説会には「ひふみん」こと加藤一二三・九段が登場

PR TIMES / 2017年05月19日08時10分

今期、羽生棋聖は10連覇及び、大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人と並ぶ棋聖最多の通算16期がかかります。挑戦者は初のタイトル戦出場となる斎藤慎太郎七段です。 宿泊プランは対局前日の6月30日(金)に沼津駅に集合。沼津リバーサイドホテルに移動し、羽生棋聖や斎藤七段、立会人の屋敷伸之九段らが出席する前夜祭に参加します。 当日は、棋士が対局中の対局室を特別に見 [全文を読む]

棋聖戦第1局観戦宿泊プラン好評発売中 対局室の特別見学や羽生棋聖らと交流も

PR TIMES / 2017年04月28日10時59分

今期、羽生棋聖は10連覇および、大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人と並ぶ棋聖最多の通算16期がかかります。挑戦者は初のタイトル戦出場となる斎藤慎太郎七段(24)です。 [画像2: https://prtimes.jp/i/22608/77/resize/d22608-77-503116-1.jpg ] 宿泊プランは対局前日の5月31日(水)にホテルニュー [全文を読む]

有名人「歴史的大不貞」はこんなに甘美だった!(3)石田純一のあのフレーズ真相

アサジョ / 2017年03月26日06時00分

美人棋士の林葉直子と、中原誠永世十段との暴露合戦がきっかけである。 2人が5年もの不倫関係にあったことが明るみになったが、ワイドショーをにぎわせたのは、林葉の留守電に残された中原のメッセージの数々。「これから直子邸に突入します。事件になっても知りませんよ」「私は林葉直子の愛人でしたと週刊誌に売ります」 中原はこれを受けて不倫の事実を認めたが、同時に林葉から [全文を読む]

「名人戦に勝利できたのは"運"」引退が決定した生ける伝説棋士・加藤一二三が将棋人生を語る

ニコニコニュース / 2017年01月24日20時39分

しかし、十五世名人・大山康晴とのタイトル戦、十六世名人・中原誠との名人戦を振り返る中で、彼が口にした言葉はあまりにも意外なものだった。すべての写真付きでニュースを読む名人戦で勝てたのは運だった?加藤: 名人戦について話しますと、昭和48年に中原(誠)名人と戦って、七番勝負、ものの見事に4連敗。その後、中原名人とは1982年の名人戦で戦って、ついに念願の名人 [全文を読む]

2016年が特別ではない!有名人たちが味わった「不貞」の甘い蜜

アサ芸プラス / 2017年01月22日09時59分

『前の人とのことがあったにもかかわらず、学ばない人間なんだなと自分のことが悲しいです』と反省の弁を残しています」(芸能ライター) 98年、美人棋士の林葉直子と中原誠永世十段との泥沼の不貞騒動も、大きな話題となった。「5年もの間、不貞関係にあった2人ですが、林葉の留守電に残された中原のメッセージ『これから直子邸に突入します。事件になっても知りませんよ』『私は [全文を読む]

フォーカス