福嶋隆史のニュース

これは酷い。国語のプロが追及する、新センター試験「12の不備」

まぐまぐニュース! / 2017年05月25日02時47分

まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、「ふくしま国語塾」主宰・福嶋隆史さんの記事では、今回のモデル問題例を「求めている技能が明確になった」と一部評価しつつ、「不備が多過ぎる」と12箇所の問題点を厳しく指摘。福嶋さんは「設問者と採点者のレベルの低さ」を痛烈に批判し、もはや「記述設問は廃止すべき」との持論を展開しています。 大学入学共通テスト(センタ [全文を読む]

不可解な設問、的ハズレな指導要領。ヒドすぎる全国学力テストの実情

まぐまぐニュース! / 2016年05月23日07時25分

しかし、メルマガ『ふくしま式で文学・評論を読み解く!』の著者である、国語指導のカリスマ・福嶋隆史さんは「こんなテストでは国語力を測ることはできない」と、その問題の質を批判しています。気になる、その問題の中身とは? 200万人超の子どもたちが被害者である みなさんこんにちは。福嶋隆史です。 さて、遅くなりましたが、全国学力テストの分析をお送りします。 当初は [全文を読む]

国語の読解問題で「本文をよく見ろ」と指導しすぎるのは逆効果な理由

まぐまぐニュース! / 2016年12月13日02時04分

「国語の読解問題はとにかく本文を読め!」学生時代、学校や塾の国語の授業でこんなことを言われた経験はありませんか? ところが、まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、「ふくしま国語塾」主宰・福嶋隆史さんの記事によると、レベルの高い記述問題を解くときには「本文を読めば読むほど答えが出せなくなる」とのこと。果たして、その理由とは一体何なのでしょうか? 記 [全文を読む]

国語指導のカリスマ福嶋隆史が語る「日本の国語教育に足りないもの」

まぐまぐニュース! / 2016年06月06日06時45分

「ふくしま国語塾」での直接指導や多くの著作、メディア出演や講演会を通じ、子ども達の国語力向上のため尽力されている福嶋隆史さん。 現代における国語教育の問題点とは? 本当の国語力ってどんなもの? 国語を学ぶことの意義とは? 福嶋さんの目指す国語の教育の未来とは?難関校受験生の親御さんはもちろん、全国の国語指導者にも是非知ってもらいたいことがある、と熱を帯びて [全文を読む]

“考える力”を数値化する「国語技能検定」第1回開催 小学4年から大人まで 実施は8月21日 申込受付中

PR TIMES / 2016年07月19日13時48分

【備考】サイトに例題10問ありhttp://www.yokohama-kokugo.com/160821_kokugo_ginou_kentei.html■国語力の実体である「3つの力」・「ふくしま式」と冠された市販の問題集はこれまでに24万8千部発行されており、中でも『ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版]』(大和出版/福嶋隆史著)は、発 [全文を読む]

“考える力”を数値化する「国語技能検定」第1回開催 小学4年から大人まで、申込受付を7月10日開始

@Press / 2016年07月08日10時00分

備考: サイトに例題10問あり ※子の付き添いで来る親が「受講」のみ参加できるコースあり (この場合の費用は6,000円[税込])URL : http://www.yokohama-kokugo.com/160821_kokugo_ginou_kentei.html■国語力の実体である「3つの力」「ふくしま式」と冠された市販の問題集はこれまでに24万8千部 [全文を読む]

フォーカス