鶴屋南北のニュース

バレエダンサー・首藤康之「予想外過ぎた」 歌舞伎『四谷怪談』に挑戦!

anan NEWS / 2016年06月03日22時30分

これまでお仕事でご一緒してきて、串田さんのお作りになる世界を信頼していますし、それを拠り所に頑張りたいと思っています」 ◇6月6日(月)~29日(水) 渋谷・Bunkamura シアターコクーン 作/四世鶴屋南北 演出・美術/串田和美 出演/中村獅童、中村勘九郎、中村七之助、首藤康之、笹野高史、片岡亀蔵、中村扇雀 1等ベンチ席1万3500円~3等席4000 [全文を読む]

歌舞伎『東海道四谷怪談』がチャリティに?!

PR TIMES / 2016年02月19日16時16分

http://www.knk.or.jp ▼劇団「前進座」公式サイト▼ http://www.zenshinza.com/ [画像2: http://prtimes.jp/i/8147/36/resize/d8147-36-709288-2.jpg ] --------------- 鶴屋南北の最高傑作として、歌舞伎屈指の人気作として、今日でも私たちを楽 [全文を読む]

妖怪&怪談ブーム 動乱や災害の前後100年サイクルで来る?

NEWSポストセブン / 2014年10月19日07時00分

江戸の文化文政時代、鶴屋南北の四谷怪談や、幽霊や妖怪の浮世絵を描いた葛飾北斎などによる一大怪談ブームに始まり、明治大正時代の柳田國男、泉鏡花、芥川龍之介、夏目漱石、小泉八雲ら文豪によるブーム、そして現在のブームまで、日本では約100年ごとに怪談が大流行していると、東さんは著書『なぜ怪談は百年ごとに流行るのか』(学研パブリッシング刊)に書いている。「当時、 [全文を読む]

『喰い女』三池崇史監督、「この映画を観て自分は本物の愛かどうか確かめてほしい(笑)」

AOLニュース / 2014年08月22日22時00分

「本物の愛を確かめろ!」と身も凍るメッセージを頂戴した! 「そもそも歌舞伎のため題材で、もともとは鶴屋南北がデッチ上げたウソ話」と説明する本作は、いわゆる過去の"四谷怪談モノ"とは"ある点"で決定的に違うと三池監督は力説する。「これまでにも『東海道四谷怪談』をモチーフにした作品はたくさんあったけれど、この『喰女-クイメ-』のポイントはズバリ、役者ですね。ど [全文を読む]

大胆な濡れ場に挑戦した日南響子ちゃんに直撃 「自由奔放なタイプなので・・・」

AOLニュース / 2013年07月19日17時05分

モデル、歌手、女優と活躍中の日南響子クンが大胆な濡れ場に挑戦した、スキャンダラスな時代劇『桜姫』が超絶公開中! 愛する男を追い、遊女にまで身を落とすヒロインの桜姫を演じた日南クン! 「同世代の女子に観てほしいです!」と同性のファンへ推奨した! 幕末の歌舞伎狂言作者・四世鶴屋南北の演目「桜姫東文章」に大胆なアレンジを加え、現代風にしたエンターテインメント! [全文を読む]

永竹由幸氏遺作『オペラと歌舞伎[新版]』発売のお知らせ

@Press / 2012年05月11日13時30分

株式会社水曜社(所在地:東京都新宿区)は、永竹由幸氏遺作『オペラと歌舞伎[新版]』を2012年5月26日に刊行いたします 近松門左衛門とメスタージオ、鶴屋南北とロッシーニ、河竹黙阿弥とヴェルディ……。 イタリアと日本の芸術はあたかも双子の兄弟のように似ている。西暦1600年頃に、日本とイタリアでほぼ同時期にオペラと歌舞伎という極めて類似した芸能が誕生した [全文を読む]

フォーカス