真下正義のニュース

【Vote】熟した男の魅力。お気に入りの名バイプレイヤー俳優は?

cafeglobe / 2017年03月27日22時45分

『交渉人 真下正義』『逃亡者 木島丈一郎』『アンフェア』ほか、北野武作品にも多数出演する。無名だった30代半ばまでウェスタン村でアルバイトをしていたことから、ガンプレイが得意。 松重豊さん。強面の高身長ゆえ、バイプレイヤーながら目立つ。2012年に主演した『孤独のグルメ』が大ヒット、シリーズ化されている。多趣味なことでも知られ、釣り、写真、園芸を好む。そし [全文を読む]

ユースケが“日本一不運な刑事”に!「碓氷弘一シリーズ」ドラマ化

Smartザテレビジョン / 2017年03月07日05時00分

そんな主人公・碓氷を、刑事役としての主演は、興収42億円の大ヒットを記録した映画「交渉人・真下正義」以来12年ぶり、テレビドラマでは初となるユースケが演じる。一見どこにでもいる普通のおじさんのような碓氷刑事は、どんなパートナーと組まされても相手の力を引き出し、自らの力に変えて事件を解決する“懐の深さ”を発揮するという、これまでの刑事ドラマにはなかったタイプ [全文を読む]

いまどきの高校生の一番好きな映画ランキング

DreamNews / 2016年11月16日10時00分

いまどきの高校生が一番好きな映画アンケートランキング 順位 題名 監督 第一位 千と千尋の神隠し 宮崎駿 第二位 イミテーション・ゲーム モルテン・ティルドゥム 第三位 るろうに剣心(シリーズ) 大友 啓史 第三位 ホームアローン(シリーズ) クリス・コロンバス 第三位 相棒(シリーズ) 和泉 聖治 第四位 ULTRAMAN 小中 和哉 第四位 2012 [全文を読む]

またやるの!? 5位『ドクターX』…続編やりすぎなドラマ・映画ランキング

VenusTap / 2016年11月03日20時40分

しかし、本編と2本の映画のヒットにあやかって、サブキャラを主役にした『交渉人 真下正義』、『容疑者 室井慎次』といったスピンオフ作品が続々と登場。「スピンオフ作品ばっかりで何がしたいの?」、「織田裕二が主演の作品以外は正直イマイチ。制作側のゴリ押し感が伝わってきてウンザリ」など、本編が良すぎたためか、織田裕二扮する青島以外の人物を主役にした作品には、1作目 [全文を読む]

大切なのは信頼?愛情?感謝?リスペクト?日本ドラマのお似合い夫婦たち!

日本タレント名鑑 / 2016年05月31日11時55分

大ヒットドラマ『踊る大捜査線』からは、サブキャラながらも主演映画も制作された真下正義と柏木雪乃。雪乃の事が好きで好きで仕方ない真下と、それに応えた雪乃・・・という印象が強いですが、真下がしっかり雪乃を支え、雪乃もそれに応える関係は夫婦として理想的です。無気力キャリア組だった真下が、被害者や市民の気持ちに寄り添う熱い警察官になったのも、雪乃を思う気持ちがあ [全文を読む]

ムロツヨシ「僕を覚えて」と必死にアピールした下積み時代

WEB女性自身 / 2014年10月31日10時00分

さらに28歳のときに『踊る大捜査線』のスピンオフ映画『交渉人 真下正義』にも出していただいたのですが、トントン拍子でうまくはいかなかった」中山「まだなかなか世の中に出られないんだ」ムロ「またコツコツ舞台に出て、バイトざんまいの日々の再開です。コンサート会場の設営バイトではチーフみたいな立場まで上り詰めちゃって(笑)。『僕、バイトは一生懸命やりますけど、本業 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】小泉孝太郎の実家で大歓迎されるムロツヨシ。純一郎氏と2人で食事も。

TechinsightJapan / 2014年08月17日16時20分

そんな2人が初共演を果たした2005年の映画『交渉人 真下正義』の現場で、お互いにどんな第一印象を抱いていたかについても明かされた。 ムロの第一印象を「すごくピースフルな人だと思った」と振り返る小泉は、その場を明るく盛り上げながらも細かい配慮も忘れないムロの言動に接して「ステキだな」と感じたという。また、小泉はムロとの関係を「おそらく一生の付き合いになる [全文を読む]

若手アニメーション作家支援プロジェクト「HAG」 最終候補者8名による最終選考プレゼンテーション実施

@Press / 2014年07月30日17時30分

その後も『交渉人 真下正義』、『サマータイムマシン・ブルース』、『UDON』等、数々の作品を手掛ける。2012年にアニメ作品『PSYCHO-PASS』で総監督デビュー。2013年より『さぬき映画祭』のディレクターも務めている。 [全文を読む]

「神戸三宮映画祭」前夜祭にネプチューン:原田泰造や豪華監督陣らが集結

Entame Plex / 2014年05月30日15時23分

その淀川さんの生まれ故郷(神戸)で映画祭ができて光栄です」(佐々部監督)、「神戸は、『交渉人 真下正義』で地下鉄のシーンが出てくるんですが、毎晩終電が終わったら三宮から潜って、2週間くらい毎晩撮っていました。(今回の上映について)ショートムービーを大画面で見るとどうなのかと、自分でも楽しみです」(本広監督)、「震災の一年前にロケハンをしたのですが、予算の都 [全文を読む]

スタッフ300人に1500円の弁当買った織田裕二に内田有紀対抗

NEWSポストセブン / 2012年09月13日06時59分

青島を“先輩”と呼んでいた真下正義(ユースケ・サンタマリア、41才)が湾岸署の署長に出世するなど、15年の歳月が感じられる『FINAL』。その中心にいたのは、もちろん主役の織田だが、今作ではこれまでとはちょっと違う表情を見せていたという。 「映画の撮影が行われたのは、寒い時期でした。そんなとき、織田さんは300人近くいるスタッフや出演者全員に、1個150 [全文を読む]

フォーカス